国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」

「HAARPという最終兵器」と「亡国の人物から攻撃される国土交通省」と「日本奴隷化計画」

国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」メールマガジン
http://www.mag2.com/m/0000154606.html
まぐまぐ大賞政治部門第一位!わかりやすい!面白い!得をする!政治経済の裏にある「あなたが絶対に知らない」ような情報を発信します。
このマガジンを読むと政治経済の謎が解けるでしょう。
独創的な情報分析マガジンです。
過去記事http://blog.mag2.com/m/log/0000154606
2008年 6月 23日配信

「HAARPという最終兵器」と「亡国の人物から攻撃される国土交通省」と
「日本奴隷化計画」

これからどうなるか?

HAARP関連に詳しいサイト
ニューワールドオーダー
http://yasumiyama.justblog.jp/blog/cat2738050/index.html
http://310inkyo.jugem.jp/


HAARPは17日時点で一度おさまった。


こちらが公表してから突然動きを鎮静化させたHAARPの画像。
http://www.asyura2.com/08/senkyo51/msg/374.html


あちらもこちらを見ているらしいから
公表すると動きがストップすることが今までも
あった。

今回、手がこんでいると思われたのは、
東日本ハウス株が上昇するまえに、
ちょっとした決算修正の発表を東日本ハウスが行っているが
その決算修正の発表のために値上がったとでっちあげている
存在がいた。

あんな軽微な決算修正の情報で
あれほど大規模に(100倍規模)に
株の出来高が増大することなど
決してありえないが、これにだまされる人間もいるらしく、
ネット上で「決算修正をしたから東日本ハウスが
値上がったので地震によるものではない」と主張する人物もいた。
はたして本気でそう信じているのか
それとも扇動するためのアルバイトなのかは知らないが。
なんにしても子供だましである。


<亡国の人物から攻撃される国土交通省>
現在、国土交通省が、「亡国の人物」から攻撃をうけていると思われる。

<小泉政権以来の基本方針>
従来、この小泉政権の特徴は、
1国民をだますこと
2国民を無恥にしておくこと
であった。

最大の目的は、「国民をなるべく無力化すること」であった。

<国民を無力化する理由>
なぜかというと国民が力をもつと、
亡国の人物本人たちは、危険だと思うからである。

彼らは全く本来は無能であるがゆえに
他人が力をもつと「政権交代させられるかもしれない」と
いう恐怖感をもっているからである。

<国民が気付かないうちに売国で金儲け>
そして、国民が気付かないうちに、亡国の人物たちは
金儲けを行い、
しばしば不正な手段を使ってきた。

<ターゲットは国家公務員>
そして、国家公務員という人たちをターゲットにしている。

国家公務員とは、何か?

これは、従来の日本では、
「東京大学等を卒業して国家経営に関わる人達」のことであった。
つまり、「最もだませない人たち」である。

歴史上どの国でも
官僚批判をして官僚が追放されたら、そのあと、
もっと腐敗した勢力が権力を握るのである。

<ユ○ヤ外資の基本戦略>
それでは、これからどういう方向に日本を持っていくと、
ユ○ヤ外資は「日本自体を支配できる」と考えているのだろうか?

そしてまた、今、亡国の人物が国土交通省を攻撃するその理由と背景とは?

また、民主党対策を、亡国の人物はどう戦略を考えるだろうか?

<軍需産業のため>
○現在、ユ○ヤ外資および、亡国の人物にとっての最大の利権は、
「軍需産業に金をつぎ込むこと」である。
それをやりたい。

<防衛省からまともな官僚を追放>
現在の防衛省でまともな官僚は邪魔である。
→守屋事務次官を更迭。
→秋山氏についての証人喚問は自民党欠席

<ミサイルに税金をつぎこむ>」
○軍事ミサイル配備合法化法案(別名 宇宙基本法案)
を可決したい。
→民主党の議員に協力してもらって可決。これで民主党内で協力で動いたのは、
野田佳彦議員だと報道されている。

<民主党を小沢でなくせば政権交代がなくなる>
○民主党のトップを小沢一郎でなくしたい。
選挙で怖いのは小沢一郎だけ。歴史上唯一、
野党政権を実現させたことのある人物は、小沢一郎ただ一人だけ。
そして何度も小泉政権以降、選挙を行ったが
はじめて自民が負け始めたのが、小沢党首になってから。
前原党首だったときは、民主党は歴史上の大敗をして解党寸前だった。
<前原新党<CHANGE>を準備>
→現在,前原前代表を、代表とする改革新党<CHANGE>を小泉チルドレンと
合流させることで準備中。

<口実が必要>
ただ、民主党から割って出るためには、「口実」が必要。
そのため、「枝野が、民主党代表選挙に出る」ということで現在調整中。

<枝野代表で自民党がサポート>
枝野が「出馬」すれば、大量の偽装民主党(本当は自民党)サポーター票が
枝野に投票される。
枝野が代表選で選出される。

<政権交代はなくなる>
これで民主党は政権交代できなくなるはず。

<そして、枝野が選ばれなければ
「民主主義的でない」と不満を表明。>

「やむにやまれず」枝野と前原が新党結成。
前原が政党の党首。
枝野は、法務大臣。として自民党と連立する。

月刊Voice竹中平蔵対談。ドラマCHANGEと小泉純一郎を関連付け、
民主党の賛同者を暗示
http://www.asyura2.com/08/senkyo51/msg/337.html

<マスコミに世論誘導をお願いする>
「枝野が、代表選挙に出ることは、民主党の政策論争が良くなって好ましい」
という
キャンペーンをマスコミがやる。

逆に「無投票小沢再選は、民主主義的ではなく良くない。絶対にそれだけは
やってはいけない。それをやったら民主主義の自殺である」という論調で
書いてもらうように
各大新聞社幹部に機密費と一緒にお願いをする。

○政権寄りの報道をしてくれる
Y新聞社、
産○新聞社、
フ○テレビ、
夕刊フ○
、そして「いつもついてゆきます下駄の雪」
の時事○信社には、
コミュニケーションを担当者と密にとり
お願いをしておく。

<電通にもはたらきかける>
○電通の自民党プロジェクトチームにもそういった
「絶対無投票再選をしてはならない」
という世論をつくってもらうようにお願いをする。

○電通は、まずそういった世論を作り出すために
大新聞社の一面にそういった記事をのっけて、
そのあと、波状攻撃の
ようにテレビ局が「後追い報道」のごとく報道。

(実際には、「そういった世論を作る」ことで事前に
(大新聞社の一面に出る前に)
決まっている。

○電通が持っている枠(あたかも記者が記事を客観的に書いているかのように
一般には見えるが、実は広告枠である囲み記事のこと)
(←シークレット情報)
をフルに使ってキャンペーンをする。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%BB%E9%80%9A

○現在、電通の経営権を外資に売り飛ばし、マスコミを
完全支配させることで水面下で動いている。

<電通従業員持株会が株を放出>
そのため、電通従業員持株会が保有している株式2.5%余りを
24社程のマスコミに割り当てて放出するという
「とても不自然な動き」を電通幹部がした。

当然、この24社のマスコミにアプローチして電通株を
ゆずってもらうように動く「マスコミ完全支配をもくろむ謎の存在」
は出てくる。


<高級取りの電通をなるべく安月給にして外資に売り飛ばす計画>
○電通を外資に売り飛ばす際に問題となるのは、
「高級取り」であるということ。
大体、部長クラスで国会議員と同じ2500万円ぐらいの年収である。

そのために役職者に「減棒主義」(別名 年棒制)、
仕事の価値を上司がなるべく認めないでボーナス削減する制度
(別名 成果主義)を導入。
 58歳で役職を返上する制度など変な人事制度ばかり導入。
(58歳になったら役職を返上する制度)

日々やる気を失う電通マンが続出している。

ついに小泉改革の「果実」
が電通マンの給与削減に大きく貢献。

あとは「坂道を転げ落ちる岩」
ローリングストーンのように減る一方。
もうレースクイーンとも遊べない

電通マンに贈る歌はこちら
THE ROLLING STONES ROCK AND A HARD PLACE
http://jp.youtube.com/watch?v=oZGgIWWesd4

<時事通信という大株主>

しかし気にかかるのは電通の大株主は時事通信社という
小泉政権べったりの通信社であるということである。
「どこに株を売り飛ばすかはもう決まっているらしい」という
噂があるが、ユ○ヤ外資が狙っているため非常に危険である。

<週刊誌の記事は事前に電通が目を通している>
週刊誌の記事は、事前に電通がチェックしてから記事がのる。

唯一それをやっていないのは、全く広告をのせていない
「週刊金曜日」ぐらいである

○以前ホリエモンをかくれみのにしてフジテレビをユ●ヤ外資が買収しようと
試みたが、現在、日枝会長に働きかけて
フジテレビグループを持ち株会社にしようとして再編成している。

<産経を外資へ>
そして産経新聞社を切り離して
どうも外資に経営権を売り渡す方向で動いているらしい。

そのため「サンケイリビングという黒字部門をわざわざ産経新聞
から切り離す」という不自然な動きをしている。

○読者も気づいていると思われるが、最近、大きく紙面の論調が
変化しているのが、産○新聞社と夕刊フ○。
この2社は、以前は、硬骨な論調であったが、
約1年半前ぐらいから、非常に露骨に政権寄りの論調に変化した。

夕刊フジの論調が変化したのは、2ちゃんねるの西村ひろゆき
バッシング時と、民主党議員の山本モナ問題のときが
大きく変化している。

ユ○ヤ外資が支配したくて仕方がない日本
http://jp.youtube.com/watch?v=T5C4Bh-2UgM&feature=related
23,736

ちなみに東京都副知事は猪瀬。
非常に危険である。

<まだまともな役所>
国土交通省は、まだまともな役所である。

空港ビルの外資保有について反対していた。

反対理由は、テロの危険性を唱えていた。

実質空港ビルを外資が保有してしまったら
テロの危険性は果てしなく増大してしまうだろう。

<河川管理分割に反対>
そして今回、米州制導入に際して
河川管理を一貫して反対していたのは、
河川局長である。

なぜかというと河川管理は、
専門性が必要であることと
分割は国益に反するからであると思われる。

<河川を分割管理することで水素エネルギー化を阻止したい多国籍企業>
それでは、河川管理を
州ごとにしたい売国勢力の最大の理由は
「河川とは、「ダム」に関係して、次世代の
水素エネルギーを考えた時の重要な財源として民営化して売り飛ばしたい」
からであると推定される。

<石油エネルギーという限界を脱する>
現在、石油エネルギーに限界が生じているが、
これを支配してきたのがデービッド ロッ●フェラーである。

<地球温暖化に警告>
この石油エネルギーの出す二酸化炭素による地球温暖化に
危機を唱えたのが、アルゴアである。

<アルゴアに便乗商法>
それに便乗して
石油から原子力エネルギーへと
転換させようとしているのがジェイロッ●フェラーである。

<それに対抗する最先端の日本>
ところが、日本では、原子力ではない究極の
クリーンエネルギーの水素エネルギーや
燃料電池というものが存在することに
気付き始めているのである。
このゴールに到達するのは日本以外にあり得ない。

<水エネルギーを支配するために多国籍企業が動いている>
そのため、水を支配するために多国籍企業が動いている。
そのためには、河川―ダムー水道局を多国籍企業が
「民営化」して支配下にいれて
ぎゅうぎゅうに「値上げ」して金儲けをしたいのである。

<河川分割の本音>
そのためには、多国籍企業は「河川を分割してほしい」
のだ。

<新たな奴隷制度>
なぜなら、米州制度とは、日本を解体して
その地域ごとに
官僚の代わりに多国籍企業が統治して
金を徹底して民衆からしぼりとる新たな奴隷制度だからである。

<水道民営化>
現在、ミャンマーやタイなどで水道局が民営化されて
多国籍企業がもっているが、料金は5割増加になっている。

そして危険なのはまだまだある。
HAARP関連である。
これは、実質人間の精神にも影響を与えることができる
最悪の兵器である。

以下の謎の映像をみて考えてほしい。

一見ヤシのように見えるが、米国のいたるところに
「携帯電話の電波塔」という偽りのふれこみで
配置されている「目的は極秘」のタワー
http://jp.youtube.com/watch?v=t9abppsNl4w

上記の「目的は極秘」のタワーの正体を見抜き、日本に
配置されるのを許さないのは国土交通省以外にない。
http://jp.youtube.com/watch?v=lSX1xCbRlWY

<絶妙のタイミングで痴漢で逮捕される国土交通省
の若手役人>

つい先週、18日に
国土交通省の28歳の役人が、電車で女性のおしりを
さわったということで逮捕されているが
なんだか「絶妙のタイミング」のニュースである。
国土交通省の印象を悪くするために
「絶好のタイミング」
のニュースであった。

<不自然な点>
なんと朝の8時45分からの10分間。
夜ではない。
なんと全国に「実名報道」されている。
例がない。
東大理科一類から工学部を卒業。
仕事ぶりはとても真面目だったらしい。

お尻をさわったということで女のひとが
手をつかんで鉄道警察に突き出した。
私鉄。
住んでいた場所は報道によれば
川崎市高津区らしい。

東急田園都市線の 
上り急行列車の溝の口〜三軒茶屋駅間で、
前に立っていた神奈川県に住む女子大生(20)の
尻をさわった。とあるが、
「神奈川県」である。


大々的に2ちゃんねるに、植草事件のときと
同じ人物がスレッドを乱立させている。

「つい我慢できなくて」と言ったと報道されているが、
植草氏の事件同様、こういう報道は信用できない。
<亡国のキャンペーン>
とにかく、今現在、
亡国の人物は
「国土交通省の悪いイメージを一般大衆に植え付けたい」
のである。

<過去の事件>

過去の事件を振り返ってみよう。
りそな銀行インサイダー事件を指摘していた
植草氏

→突然痴漢として逮捕。実際は、冤罪。

道路公団民営化に対して
反対していた、藤井総裁

→突然強制解任。実際にはこの道路公団民営化は
腰抜かすほど政府の嘘や犯罪が隠されている。


小泉構造改革を声高に批判していた鈴木宗男氏
→やまりんで逮捕。
実際には、法律に触れていないが「犯罪だ」としてマスコミが先行報道
でっちあげられている。


佐藤優氏
→外務省のラスプーチンとして虚偽報道をされた上、逮捕。
実は、完全な冤罪。

郵政民営化は国民のためにならないと反対した議員
→「抵抗勢力」とレッテル貼られて落選。

そして現在、小泉政権の「明白なる売国主義」にあくまで反対している
国土交通省がターゲットになっているのである。

そしてここの大臣が、大衆迎合の色の強い冬柴である。
非常に危険である。
もし河川局長を7月の人事で売国にいいなりになる
人物を据えられたら、
実質日本が水素エネルギー社会に転換して救われることは
なくなってしまうだろう。

おそらく河川局長は
○ダムはこれ以上つくりません
○河川は分割して結構です。
○ダムは民営化しましょう

という人物が選ばれるはずである。

なぜなら、ユ●ヤ外資は
日本に自前でエネルギー源をもってほしくないからである。

田中康夫氏が脱ダムということを唱えているが、
今回水素エネルギーのことを考えたときに
非常にこの方針はまずいと思われる。

この本を読んでもらいたい。

水の世紀
http://www.junkudo.co.jp/detail2.jsp?ID=0103244712
地球に存在する水は、海水が97,5%、
淡水(塩の入っていない水)はわずか2,5%。
そして、人類が利用できる水は0,01%である。

ウオーターマネー
http://www.junkudo.co.jp/detail2.jsp?ID=0103969904
石油から水へ世界覇権戦争

Terminator 2 theme song
http://jp.youtube.com/watch?v=uXQTzJgU6qc&feature=related
235,300 

病人倍増計画
<消費者庁はビタミンやハーブを非合法化する>
http://www.asyura2.com/08/senkyo51/msg/326.html

HAARPによる岩手大地震と政権交代とバービーボーイズ再結成
http://www.asyura2.com/08/senkyo51/msg/204.html
12194

小野寺光一のマニフェスト 
「バービーボーイズを再結成させて日本武道館で
コンサートをする。」


<紀伊国屋でDVDが第五位!売り切れ!>
なんと紀伊国屋書店で
バービーボーイズ
ライブのDVDが
売り上げ第五位に入った!
6月22日付け
しかも売り切れてしまっている!

<ブックオフでは売り切れ!>
ブックオフにいったら
バービーボーイズのCDがすべて売り切れていた。
それまでベスト盤が4枚あったらしいが
すべて売り切れていた。
売り切れ続出!!!

他に考えられる手法としては
○音楽番組にバービーボーイズ再結成をお願いする。
○ソニーミュージックにバービーボーイズ再結成をお願いをする。


プロジェクト<楽しかった時代を思い出させる> 
バービーボーイズを再結成させる。
○バービーボーイズは、我々にとって「日本が楽しかった時代」を思い出させる
バンドである。大体1987年ごろに活躍している。
この曲を聴くとその楽しかったころが よみがえる。
先日、スマスマで一日だけの再結成が放送されていた。
http://natalie.mu/news/show/id/6430 
杏子さんも「もう一度バービーでやりたいとずっと思っていたけど
なかなか機会がなかった」と言っていた。
こういう時に再結成を決めるのは、「今現在、視聴者はどう思っているか?
再結成を期待しているか?」が関係してくるはずである。
つまりは「今現在のCDの売れ行き等」で決定されるはずである。 
バービーファンのサイト
http://ameblo.jp/barbee-night/
を見ると、7月19日にイベントをやるらしいが、これは
バービーボーイズ本人たちの出演はない形式らしい。 

というわけで、バービーボーイズの再結成を促すために 
蜂-Barbee Boys Completes Sigle Collection
をおすすめしたい。 

HMV
http://www.hmv.co.jp/product/detail/2533509


新星堂
http://www.shinseido.co.jp/

タワーレコード
http://www.towerrecords.co.jp/sitemap/CSfCardMain.jsp?GOODS_NO=1535272&GOODS_SORT_CD=101

なぜか蜂-Barbee Boys Completes Sigle Collectionにベストセラーマークがいつのまにか
ついている!すごい!
http://www.towerrecords.co.jp/sitemap/SiteManager.jsp

アマゾンでなんと438位になっている!すごい!
(アマゾンで500位以内というのはすごい。
新譜でなくてここまでランクアップすることは通常ない。)

http://www.amazon.co.jp/%E8%9C%82-BARBEE-BOYS-Complete-Single-Collection/dp/B000NY13ZO/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=music&qid=1214168398&sr=1-1

デイスクユニオン
http://diskunion.net/

ネオウイング
http://www.neowing.co.jp/list_from_code_banner.html?key=2637
http://www.neowing.co.jp/detailview.html?KEY=MHCL-1053


ツタヤ
http://www.tsutaya.co.jp/item/music/view_m.zhtml?pdid=20312062

石丸電気通販サイト
http://refino.jp/

山野ミュージック
http://www.yamano-music.co.jp/
http://www.yamano-music.co.jp/userSearchProd.do;jsessionid=0B05F21F584AE6867DC815031415739E

紀伊国屋
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/


これを、多くの人がこの1週間で買う
→ランキングではねあがる。
→音楽業界で話題になる。
→売上げ=客の潜在的ニーズと判断される。
→本当にバービーボーイズが再結成される。
となるはずである。 
私のメルマガは、芸能界でも愛読している方が多いらしく、たまにファンレターを
いただく。最近思うことだが、私がメルマガでとりあげたあとに
いろいろな波及効果のようなものが現れることが多い。
私がとりあげたマイナーな曲がなぜか翌日、ラジオや有線で流れたりする。
先日岡村靖幸の聖書(バイブル)が、流れていた。
http://jp.youtube.com/watch?v=-h-wDLOElzA&feature=related 

<著作権法案は、ネット弾圧のため>
そして私が思うのは、今、著作権がどうのこうの、YOU TUBEを規制すべきだと
して、著作権をかくれみのにして自民公明がインターネット弾圧をしようとしているが、
これは、業界にとって逆効果となる。
彼らは、日本人の「郵便貯金」を売り渡したように、「人の財産」などどうでも
いいと思っているのだ。「著作権がどうの」というのは、目的は
「業界を保護したい」のではなく、「ネットの自由な言論を弾圧する」ことにある。 
それに業界の人たちは気づき始めていると思われるが、
私がメルマガでYOU TUBEなどをつかって
とりあげると、その曲や、本は、「売れ始める」「ランクが
はねあがる」ことがとても多い。アマゾンで見ているとわかるが、大体
とりあげるときはランキングで1万6千位だったのが、翌日300位になったりする。
本気でとりあげると、上位100位以内にはいったり
紀伊国屋書店でその週第一位をとったりする。
<現行のままのほうが売上げがあがる>
YOU TUBEで公開していたほうが、CDやDVDの売れ行きは「跳ね上がる」はずである。
そして、「イベント告知」や「コンサート」「本の売れ行き」なども
相乗効果となるはずだ。 
なぜかというと、人は テレビで「無料」で流れてくる曲を元に
トレンドがつくられるが、YOU TUBEも似ているからである。
それに米国では、YOU TUBEで、曲を紹介したり
映画の一部を紹介することは合法であり問題でもなんでもない。 
とにかく、今の自民には、昔の田中角栄のような「景気を良くする」ノウハウを
持っている人物が皆無である。 

バービーボーイズ
目を閉じておいでよ
http://jp.youtube.com/watch?v=op4Gt95iFHg
72,040 
CHIBI
http://jp.youtube.com/watch?v=eIS97P6B0v4
736 
でもしょうがない
http://jp.youtube.com/watch?v=i83KAKpeWbA
55,136 

BARBEEBOYS INTERVIEW〜CHANCE TOURAI PV
http://jp.youtube.com/watch?v=61Drzka6jDM
3,374 
バービーボーイズ16年ぶりの再結成<スマスマでの一日再結成>
http://jp.youtube.com/watch?v=K4rU4KjAm-Q&feature=related
44,134 

なんだったんだ?7DAYS
http://jp.youtube.com/watch?v=13qCf7xsRcI&feature=related
188,262 
もォやだ!(PV)
http://jp.youtube.com/watch?v=sMOzoXbt7gA&feature=related

暗闇でdance 
のビデオクリップが秀逸だったが、
you tubeから削除されてしまったのは残念だ。


国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」メールマガジン
http://www.mag2.com/m/0000154606.html
まぐまぐ大賞政治部門第一位!わかりやすい!面白い!得をする!創刊以来約37ヶ月余りで読者数1万3234名突破!
記録破りのNO1超高度経済成長メールマガジン
マスコミ、政治家も多数愛読 政治経済の裏にある
「あなたが絶対知らない情報」を配信します。登録しないと損
過去記事http://blog.mag2.com/m/log/0000154606
※見やすい過去記事一覧http://groups.yahoo.co.jp/group/onoderakouichi/messages

国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」

発行周期: 週刊 最新号:  2019/02/17 部数:  10,600部

ついでに読みたい

国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」

発行周期:  週刊 最新号:  2019/02/17 部数:  10,600部

他のメルマガを読む