国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」

ついに「政府の悪い行為を指摘するネットを弾圧へ」<言論弾圧>と<植草事件>の類似性 国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」


国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」メールマガジン
http://www.mag2.com/m/0000154606.html
まぐまぐ大賞政治部門第一位!わかりやすい!面白い!得をする!政治経済の裏にある「あなたが絶対に知らない」ような情報を発信します。
このマガジンを読むと政治経済の謎が解けるでしょう。
独創的な情報分析マガジンです。
過去記事http://blog.mag2.com/m/log/0000154606
2007年12 月8 日配信

ついに「政府の悪い行為を指摘するネットを弾圧へ」

<言論弾圧>と<植草事件>の類似性 

<言論弾圧>と<植草事件>の類似性

政府にとって「不都合な真実」を書く人物を処刑したい

という構想が以前からあったが、ついにネットで書く人物を、

処罰する方向になる。


<投票のお願い> 

「まぐまぐ大賞2007」というイベントが開催されています。

 本選の投票締め切りは、 12月10日(月)午前10時30分です。 

こちら  http://www.mag2.com/events/mag2year/2007/ から、

 真ん中あたり、
 「政治行政地域情報部門」で 

「国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」 を選んでください。 

そして「総合大賞」で、 

名前 国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」

 ID   0000154606   でご投票願います ! 

コピーしてはりつけてください。

 <IDを見る場合の参考>

 もし、IDの書式でエラーが出る場合は 

以下でマガジンIDの数字の欄をコピーしてお 使いください。 

http://www.mag2.com/m/0000154606.html

 投票こちらから 
 http://www.mag2.com/events/mag2year/2007/ 
そしてご自身のメールアドレスを入れます。 

携帯アドレスでもヤフーアドレスでも何でもOKです。

 そして投票したら 投票ボタンをおして 完了です! 

投票したよと一言私まで メールをください。

 メールをいただくと非常に嬉しいので 

よろしくお願いします。
 onoderakouichi@●yahoo.co.jp ●をとってください!

※また20名ほど入れたよと教えてくれたので
現在、390票には達している。(教えてくれた人のみ)

          <言論弾圧が始まる>
歴史を見ればわかるが、過去、政治家に悪質な人物が就任したり

左右できるようになると、必ず、言論弾圧が起きる。

毛沢東は、国家元首になったあとに「知識があると
危険だから」という理由で、

知識階層を何千万人
と殺しているし、

レーニンが、国家元首になったあとに、
「政府を批判するなんてお前は頭がおかしいはずだ」

とこれも2000万人を精神病院に送り、殺してしまっている。

たとえば、政府の犯罪を告発しようとする人物が現れると

言論弾圧の対象となる。

以前、りそな銀行国有化のときの不正インサイダー取引を

告発しようとしていた植草一秀氏がそうだ。

裁判所は、政府から圧力が加わったらしく

きちんとやるべき手続きを省略しているし

植草氏に不利な証言をしようとして出てきた

証人の証拠がおかしいと思っていろいろと

質問していた一人の裁判官は突如、人事異動で交代させられている。

<参考>
http://www.uekusa-tri.co.jp/column/2007/1016a.html
http://www.uekusa-tri.co.jp/column/2007/1016b.html

http://yuutama1.blog.shinobi.jp/Entry/112/

「知られざる真実」
ジュンク堂書店
<現在 在庫 6冊>
http://www.junkudo.co.jp/detail2.jsp?ID=0108083172
紀伊国屋書店
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/490314528X.html
アマゾン <現在 和書で3002位>
http://www.amazon.co.jp/

「植草事件の真実」
http://www.junkudo.co.jp/detail2.jsp?ID=0001020339

「植草一秀氏を応援するブログ」
http://yuutama1.blog.shinobi.jp/

佐藤優氏(外務省の優秀な官僚。現在、起訴のため休職中なので
作家活動をしていたところ、大宅賞を受賞。)
も
「国家の罠」
http://www.junkudo.co.jp/detail2.jsp?ID=0210133171
<ジュンク堂 現在 在庫 47冊>
で書いているが、

「国家が、「この人物を有罪にする」と、意思決定をしたら、
アリ地獄に落ちたアリのように「どうもがいても」のがれられない
仕組みになっているのである。

と言っている。

しかも、捜査が森元首相まで及ぼうとすると
「捜査が突如終結した」というくだりまである。

植草氏は、今回の「知られざる真実」を発表する直前に
外国人の何か得体の知れない人物に後をつけられたりして
生命の危険を感じ、「知られざる真実」を出版すると
殺されるのではないかとまで悩んで周辺に相談をしていたが
勇気をもって出版に踏み切ったという経緯がある。

<参考>
りそなインサイダー取引という小泉政権
の犯罪を暴こうとしていた植草一秀氏
痴漢冤罪事件に見る
不可解さhttp://www.asyura2.com/07/senkyo29/msg/117.html
<41565人が閲覧済>

植草一秀は二度死ぬ。しかし復活する。
http://www.asyura.com/0601/senkyo26/msg/753.html
<現在 4360名が閲覧済み>
りそな銀行インサイダー取引と
植草一秀痴漢でっちあげ事件と
亡国のイイジ○を検察に聞く
http://www.asyura2.com/0601/senkyo26/msg/918.html
<現在 9135人閲覧済み>

植草氏についてMIXIに書かれたうそについて
http://www.asyura.com/0601/senkyo26/msg/990.html
<現在 2002人が閲覧済み>

<りそなインサイダー犯罪を隠ぺいする目的か>
http://www.asyura.com/0610/senkyo28/msg/961.html
<現在1875人が閲覧済>

植草教授は亡国のイージ○の天敵か?
http://www.asyura2.com/0601/senkyo26/msg/627.html
<現在 4621名が閲覧>

亡国のイイ○○にはめられた植草教授を救え
http://www.asyura2.com/0610/senkyo27/msg/1208.html
<現在 1256名閲覧>
以上が、政府のインサイダー取引を告発しようとしていた
植草氏がまきこまれた事件であった。

そして、ネット上で、政府が犯罪を行っていることを告発する
勢力にも「言論弾圧」を加えて「封じ込めたい」というのが
今回のネット情報規制のねらいである。

はなゆーさんのブログより抜粋
はなゆー http://alcyone.seesaa.net/ > 

総務省:通信・放送法制統合へ ネット情報規制 
(毎日新聞) 
http://mainichi.jp/life/electronics/news/20071206k0000e040043000c.html http://s01.megalodon.jp/2007-1206-2059-48/mainichi.jp/life/
  electronics/news/20071206k0000e040043000c.html 
新法が制定されれば、影響力の大きいメディアによって
ネット配信さ れたコンテンツが政治的に偏っていたり、
有害だと判断された場合は 配信者(事業者や個人)に対し
削除や訂正を求めることができるよう になる。 

《政府や与党や与党系宗教団体の批判を繰り返していた有名ブログ  が、
ブログサービスから永久追放処分となった
実例
ブログ『北国tv』
http://anarchist.seesaa.net/article/10880981.html  http://www.asyura2.com/0510/senkyo17/msg/947.html 


ワブログ(有限会社ペンギンファクトリー)の不当なブログ
停止措  置をゆるさない
 (A&U大阪)

 http://aanduosaka.cocolog-nifty.com/blog/2007/03/post_be95.html http://www.asyura2.com/0601/it09/msg/563.html 
2005年11月から有限会社ペンギンファクトリーが運営する「ワ  ブログ」
にて開始したA&U大阪のブログが、2007年3月22日、
一方的に利用を解除されました。 



☆ネット規制が始まるぞ (10月13日の「二階堂ドットコム」) >
http://www.nikaidou.com/2007/10/post_622.html 

 (略)
「○○○○ネット監理審議会」が認定したら規制をかけるという ところ
から始まって、
やがては政治家や官僚のことを書いても規制にかかるようになるな。

憲法があるから規制を表立って立てなくとも、普通の無料ブログでは、
運営会社が当局の様子を伺うようになるから バンバン消されるだろう。

(略)

それか、どこからどこまでが有害情報かというのを広く指定されて、
いわゆる新聞協会、雑誌教会のような既存メディアの談合団体に入っ
ていないネットのブロガーはやがて、個別に刺されるだろう。 
(略) このネット規制の問題は、表現の自由に関わる憲法問題になるので、 
法案でやろうとするといろいろ面倒だから、行政処分・省令などでいろいろ
やってくる予感がするよ。 

ブログが、報道コードに抵触するおそれのある件 
(4月21日 > の「オフィス・マツナガ」) 
 http://blog.officematsunaga.com/2007/04/21/aoyoyiyceoaeyyeeaneiicei/ 

良識あるとされる新聞協会などのお偉いさんは、うちのろくでもない 
 ボスなどに「報道陣の一員として、ブログの世界でも
良識ある行動を とって、
そのお手本を他のブロガーさんにしめすべきだ。
そして、ブログで報道やニュースをあっかっているブロガーさん達と
、自主的 に、
ブログ・報道協会などをつくる方向で、貴殿は動くべきでない か?
それが、良識ある報道陣に課せられた義務である」 > > (略) > > 
あちこちで、おきているブログ閉鎖事件。 
 



☆国境なき記者団
ブロガーに向けた手引書を発表
2005年9月26日の
「CNET News」
 http://www.asyura2.com/0601/livedoor1/msg/134.html 
http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20087605,00.htm 
フランスのパリに拠点を置く言論の自由の擁護団体
国境なき記者団」は、
ウェブに対する厳格な 検閲を実施している中国やイランといった
国々におけるブログの運営 方法を記した手引書を発表した。 

「ブロガーおよびサイバー反体制派のための手引 書)」と
題された全87ページに及ぶこの小冊子
 RWBのJulien Painは同手引書の序論の中で、
「主要メディアが (政府による)検閲や圧力を受けている国々では、
ブロガーだけが真 のジャーナリストである場合が多い」とし、
さらに「政府の反感を 買ったり、時に逮捕される危険を冒してまで、
独立した報道を提供しているのは彼らだけだ」と述べている。 

以上 はなゆーさんのブログより抜粋
はなゆー http://alcyone.seesaa.net/ > 

<投票のお願い> 

「まぐまぐ大賞2007」というイベントが開催されています。

 ノミネートされて選ばれました! 

本選の投票締め切りは、

 12月10日(月)午前10時30分です。

 こちら
  http://www.mag2.com/events/mag2year/2007/ から
、 真ん中あたり、

 「政治行政地域情報部門」で

 「国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」 を選んでください。
 
横の三角マークをクリックして 選ぶだけです!(簡単)

 そして「総合大賞」で、

 名前 国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」

 ID   0000154606   でご投票願います !

 コピーしてはりつけてください。

 <IDを見る場合の参考> 

もし、IDの書式でエラーが出る場合は 

以下でマガジンIDの数字の欄をコピーして

 お 使いください。

 http://www.mag2.com/m/0000154606.html 

もし、それでもどうしてもエラーが

ID番号で出る場合は 手入力をしてください!

 10ケタの半角数字です。 

キーボードの左上に半角/全角というボタンを押して 

「半角」にしてから

 0000 とゼロを4つ打ってから154606と打ってください。

 0000154606 国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」

 そしてご自身のメールアドレスを入れます。

 携帯アドレスでもヤフーアドレスでも何でもOKです。

 そして投票したら

 投票ボタンをおして 完了です! 

投票したよと一言私まで メールをください。 

メールをいただくと非常に嬉しいので 

よろしくお願いします。 

onoderakouichi@●yahoo.co.jp ●をとってください 

きているメールは全て読んでいます。 

今白熱しているのですぐに返信はできないかもしれませんが、

 全て読んでいます! ありがとうございます! 

小野寺光一


国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」メールマガジン
http://www.mag2.com/m/0000154606.html
まぐまぐ大賞政治部門第一位!わかりやすい!面白い!得をする!
創刊以来約30ヶ月余りで読者数1万249名突破!
記録破りのNO1超高度経済成長メールマガジン
マスコミ、政治家も多数愛読 政治経済の裏にある
「あなたが絶対知らない情報」を配信します。登録しないと損。
過去記事http://blog.mag2.com/m/log/0000154606
※小泉構造改革・売国奴・郵政民営化・道路公団民営化・猪瀬
飯島・竹中・外資の真相を明らかにする。

国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2018/09/09
部数 10,874部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2018/09/09
部数 10,874部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング