国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」

自民党への警告<今日は自民党のお葬式>森派を駆逐せよ 国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」

国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」メールマガジン
http://www.mag2.com/m/0000154606.html
まぐまぐ大賞政治部門第一位!わかりやすい!面白い!得をする!政治経済の裏にある「あなたが絶対に知らない」ような情報を発信します。
このマガジンを読むと政治経済の謎が解けるでしょう。
独創的な情報分析マガジンです。
過去記事http://blog.mag2.com/m/log/0000154606
2007年 9月23日配信
おそらく、今日、福田が総裁として選出されてしまうのだろう。

まさしく自民党のお葬式の日である。

小泉構造改革とは、森派の国家規模の詐欺であった。

であるから、今回、森、小泉、安部、福田と続く4代 森派という
最悪の体制を自民党は内部でくつがえす必要があった。

しかし談合政治によって福田になりそうだ。

河野太郎という国会議員が出しているメルマガでは、
以下のように発表されている。
つまり麻生のほうが国民には圧倒的な人気であるということだ。

ごまめの歯ぎしり  メールマガジン版
              衆議院議員河野太郎の国会日記
===========================================================
神奈川県第十五選挙区支部総裁予備選挙管理委員会発表

予備選挙結果

有権者数 1811
総投票数 1156票
投票率   63.8%

福田康夫    227票

麻生太郎    909票

無効        20票

以上 引用終わり

<小野寺光一>
われわれの目標は、自民党と民主党との真の競争体制に持ち込むことである。

つまり、
自民党という森派を中心とする「シス」と

民主党がM原や、長島監督に似た名前の代議士を中心とする
「ダークサイド」が主権を握る「ダースベイダー」化した、
2大政党制
は望まないということだ。

自民党は、森派ではない、たとえば麻生氏や、
民主党は、小沢氏を中心とした、
競争的な2大政党制を
望む。

つまりどちらもユダヤ族議員ではなく、
どちらも日本人のことを第一に考える議員でなければだめだということだ。

ユダヤ戦争財閥に対しての貢献度を競うような
2大政党制は私は望まない。

日本国民に対してよいことをするという
2大政党制を望むということだ。


自民党をぶったぎる前に、そう自民党に警告したい。
一国民として。




国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」メールマガジン
http://www.mag2.com/m/0000154606.html
まぐまぐ大賞政治部門第一位!わかりやすい!面白い!得をする!創刊以来約28ヶ月余りで読者数9593名突破!
記録破りのNO1超高度経済成長メールマガジン。
マスコミ、政治家も多数愛読。政治経済の裏にある
「あなたが絶対知らない情報」を配信します。登録しないと損。
過去記事http://blog.mag2.com/m/log/0000154606
※小泉構造改革・売国奴・郵政民営化・道路公団民営化・猪瀬
飯島・竹中・外資の真相を明らかにする。

国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」

発行周期: 週刊 最新号:  2019/02/17 部数:  10,600部

ついでに読みたい

国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」

発行周期:  週刊 最新号:  2019/02/17 部数:  10,600部

他のメルマガを読む