国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」

姫井由美子インいけにえ 国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」

国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」メールマガジン
http://www.mag2.com/m/0000154606.html
まぐまぐ大賞政治部門第一位!わかりやすい!面白い!得をする!政治経済の裏にある「あなたが絶対に知らない」ような情報を発信します。
このマガジンを読むと政治経済の謎が解けるでしょう。
独創的な情報分析マガジンです。
過去記事http://blog.mag2.com/m/log/0000154606
2007年 9月 4日配信

姫井由美子インいけにえ

マドンナインいけにえではない。

<注>
「マドンナインいけにえ」マドンナ無名時代の映画。
マドンナのヌードが見れるとして
一時話題になったが内容は噴飯ものの映画。
安部が見たら、頭にきて「許せないリスト」に入れるかもしれない。(笑)


姫井由美子に対するブラックプロパガンダが週刊文春に載った。

民主党を襲うブラックPR
http://www.asyura2.com/07/senkyo41/msg/451.html

<いつも週刊文春>
どうも、いつも週刊文春にブラックPRは載る傾向がある。
古くは日本の高度経済成長を実現させ、所得倍増を成し遂げた
英雄の
「田中角栄」に対してのブラックPRだった。

このとき、韓国KCIAからの情報提供によって立花隆の
金脈追求が毎週の記事になり、
「巨大な善人」であった田中角栄を
「巨悪」と勘違いして、庶民は、「角栄を葬り去る」ことが
すばらしいと思い、熱狂した。

ところが、その「角栄を葬りされば、巨悪の根源がなくなり
日本は良くなるはず」
と文春の立花隆教祖の教えに従った一般民衆は、
その後、田中角栄を本当に失脚させてしまった。
実は「角栄を葬りさえすれば、景気を良くする
根源がなくなり日本は悪化する」
だったのだ。

<「所得倍増」ではなく「税金倍増計画」>

あのとき熱狂した一般大衆は
「所得倍増計画」どころか、「税金倍増計画」に見舞われている。

<道路公団藤井氏へのブラックPR>
少し前は、道路公団の藤井総裁に対してのブラックPRだった。
「文芸春秋」に最初に
載ってからその後、週刊文春にも載っていた。
実は、この最初「文芸春秋」に載った
時の四国副支社長は、後に「手記を自分で書いていない」
ことを証言するに
いたった。
これは、週刊誌で、小さな囲み記事で扱われたが
大きくは報道されなかった。

しかし、この四国副支社長は、
「原稿は猪瀬直樹さんに週刊文春の編集室で手渡されました」と
証言するにいたるのである。
つまり最初、この四国副支社長が、元となる出来事を猪瀬に伝えて、
猪瀬が
それを元に作成したのが、
あの記事だということを途中で路線変更して
暴露したのだ。

つまりゴーストライターが猪瀬だったのだ。

ここで当初、共同で組んでいた猪瀬が
この四国副支社長に激怒して
猛烈に攻撃するにいたる。

<藤井総裁がいなくなって、一斉無料化もなくなった>
そして、結果、藤井氏は辞任させられた。
そしてわれわれ日本人は、実は「何の問題もなく
全国の高速道路は、全国どこからでも一時間でのれるという
ネットワークが確実に作れたもの」をわざわざ
放棄してしまった。
<架空の危機>
実は、「借金がふくれあがって国民にその借金を
つけ回してしまうだろう」というのは
猪瀬が唱えた架空の危機だったとは、
日本人の1億2千万人のうち、
このメルマガの読者の一万人と情報通を除けばほとんど
誰も知らないのである。

「一斉無料化」も知らずに放棄して
「永久に有料化」を実現化させた。

<ここがサルの惑星>
まあ、真相を知っている人が映画化でもすれば、
「ここが実はサルの惑星だったのか」と思うだろう。

<死ぬまで渋滞>
結局、日本人は、猪瀬直樹御製の「無駄な高速道路を作るな」
というスローガンに踊らされて
「これから死ぬまでレジャーのときは、永遠に渋滞の中ですごす」
ということを選択したのであった。

確かに、通行料収入だけを考えて、
そのほとんどすべてを利益として
外資の株主に配当させて一部をキャッシュバック
させることだけを
考えていれば、日本国民の通行の便益のために
高速道路を作ることは「無駄だ」という考えに
なるのだろう。

<姫井由美子インいけにえ>
ところで

姫井由美子氏を扱った写真を見ると妙なことに気づく。

それは450枚超 トラ退治の姫
「姫井由美子」不倫愛欲アルバム
と題される、週刊文春の写真特集である。

確かに二人で写っているのだが、この写真を
撮っているのは一体誰なのか?ということだ。
仲居さんに
とってもらったようには見えないのである。
「豪勢な船盛りを前に。ヒメの手には二つの杯」
とある写真がある。
(下段真ん中)
この写真をよく見てみると、なぜかコップが
4つある。(杯ではなく、
いわゆるビールをつぐコップである)

これは、4人で旅行しているときにそのメンバー
にとってもらっている写真ではないのか?
二人きりだったら4つのコップはありえないのでは
ないか?

そして、またどうも不思議な写真がある。
右の上の写真。
「風呂上りで濡れ髪。眼鏡なしのヒメ。」
とある。
これも二人で乾杯してはいるが、
テーブルが手前にももう一組写っているのである。
つまり、集団で後援会の旅行に来ていて、
その中で二人で撮ってもらっているのではないか?
というように感じる。

どうもこの記事には、虚偽のにおいがぷんぷんする。
またドーベルマンになったような気分だ。

大体、動機が弱い。
「こんな告発をするのは本意ではありませんが、
彼女は国会議員になったとたん、バラエテイ番組などに
嬉々として
出演して、本来ならまじめに政策を勉強するべきなのに
勘違いもはなはだしい。
それに「新潮」に私たちの関係を直撃されると
「男女のつきあいなんてありませんよ」
と白々しいうそをついた。それではあの6年間は
一体なんだったのかと
怒りがこみあげてきたのです。」

こんなのは
「ゴーストライターがとってつけたような」
動機だと感じるのは私だけだろうか?

もし、仮に、「男女関係があった」と仮定して、
昔の彼女が有名になってから、週刊誌に
「自分との男女関係を否定する」
これは、通常、当たり前のことである。

しかし、これを聞いて、あなたは
「それでは、あのつきあった日々はなんだったのか」
と怒り狂って
週刊誌に実名告白をするにいたる
なんてことは通常ありえない。

<裏社会の参考>
これに参考になるのは、
田中森一「反転」
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4344013433.html
の中で
バーの女の子が「ねえ、私にのっちゃって。早くのっちゃってよ。
のってから、飲もうよ」としきりに性的関係を迫る場面が出てくる。

この特捜のエースだった田中森一の著書の面白いのは
あらいざらい本当のことを実名を出して
書いている点である。

そして田中氏は、当時
警戒してこの女の子を抱かなかった。

<実は500万円がわたっていた>
そしてその後、何年かして、その女の子とばったり再会するのだが、
その女の子が告白するには、実は、田中氏のスキャンダルをつかみたい
陣営が、その女の子に500万円を渡していて、それで
田中氏と寝て、それを元に失脚させるつもりで動いていたと
知るのだ。
つまり政敵を追い落とすには、500万円ぐらいが簡単に
うごめく世界なのである。


そして姫井氏の場合は、とにかくこの記事は不自然である。

もともとこの姫井由美子とこの男性は、
後援会つながりで県議だった時代に
知り合っている。
42歳と48歳である。
とても性的関係におぼれそうにない。

<後援会の旅行時?>
いろんな写真は、後援会の
小規模な旅行のときのものではないのだろうか?

たとえば明るい女性がリーダーのような会があると
たいてい、その女性に、「二人で写真を撮りたい」というと
恋人のように写真に写ってくれることがよくあるが、
そういう写真ではないのだろうか?

<ゴーストライターが書くエピソード>
どうも、ゴーストライターが書いているのではないか?
たとえば
センセーショナルにするためにいろんなエピソードを考えて
ゴーストライターが書く場合がある。
たとえば、

「彼女はかなりのMで
「ぶってぶって」とよくせがまれました。」

とある。
これはセンセーショナルである。

これが困るのは、たとえば、
姫井氏に近い誰かがこの記事を読む。
すると
姫井氏に質問しにくい。
「姫井さん、あのHするときに「ぶってぶって」
というんですか?」とは
質問しにくい。

こんな性癖がない場合は、もちろん、
「何いってるのよ!」と激怒するだろうし
仮にこんな性癖がある場合でも、もちろん、
「そんなことないわよ」と否定するだろう。
つまり誰も本人に質問しないのだ。

前回、姫井氏がホームページで簡潔に
「書いてあることはでたらめばかり」
と書いていたが、具体的に
「私はぶってぶって」などとは言いません。
とホームページに書くのはおそらくとても恥ずかしい。
なので書かない結果になる。

つまりこの「ぶってぶって」というエピソードは
一人歩きしだす。
(多分、ねつ造だろうが、こういう話題は明確に
否定しないと一人歩きしてしまう)

<変な記事>
それに変な記事がまだある。
36ページの上から2段目に
「抱き合うようなときに
彼女から「私はヤスユキを一生想うことができる」
とよく言われました。

イッショウオモウコトガデキル?
一体どこのフィリピーナの言葉なんだ 
といいたいようなセリフである。

また「ヤスユキの子供をつくりたい」「妻になってあげる」
「子供を生むなら東京で産む」
と完全にこのゴーストライターが
フィリピーナかなんかとつきあったときの
エピソードがいれられている。

一体この「子供を生むなら東京で産む」とは何なのか?
フィリピンじゃなくて東京に行きたいということか?

「「私はヤスユキを一生想うことができる。シャチョーサン」
と補えばわかりやすい。
「ヤスユキの子供をつくりたいシャチョーサン」
「妻になってあげる シャチョーサン」
「子供を生むなら東京で産む シャチョーサン」
と補うとわかりやすい。

<人物設定のはっきりしないゴーストライター>
それにこのゴーストライターの人物設定ははっきりしない。
姫井由美子に対して
かなりのMで「ぶってぶって」
というエピソード
を入れたかと思ったら、

彼女が
「結婚したら私が別荘を買ってあげる」
「当選したら私のボデイガード兼秘書にならせてあげる。
公設秘書でもいい。そうしたら、
身分は国家公務員だから教員は辞めて
そうしたほうがいいんじゃないの」
と完全にSの「女王様」としての
エピソードを入れているのである。

なんだか、このエピソードは、このゴーストライターが個人的に
であった
「ぶってぶってというかなりのM」
「フィリピーナ」
「かなりのSの女王様」との個人的な
エピソードをちりばめているのではないか?

<ど素人対応の姫井氏>
しかし、こういったブラックPRに対して
姫井氏は、「取材は受けません。無茶苦茶書いていいですから」
と言い放ったとあるから
超ど素人対応である。
先行きが心配な対応である。
こういったものは、明確に否定しないとだめなのだ。
おそらく彼女は
この私が不倫なんてするはずないじゃないとか
書かれていることがうそぐらいわかるはずだと思っているのかも
しれないが、直接あったことがなければ、一般大衆が
わかるわけがないのである。

姫井由美子ホームページ
http://himei.jp/



国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」メールマガジン
http://www.mag2.com/m/0000154606.html
まぐまぐ大賞政治部門第一位!わかりやすい!面白い!
得をする!創刊以来約28ヶ月余りで読者数9402名突破!
記録破りのNO1超高度経済成長メールマガジン。
マスコミ、政治家も多数愛読。政治経済の裏にある
「あなたが絶対知らない情報」を配信します。登録しないと損。
過去記事http://blog.mag2.com/m/log/0000154606
※小泉構造改革・売国奴・郵政民営化・道路公団民営化・猪瀬
飯島・竹中・外資の真相を明らかにする。

国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」

発行周期: 週刊 最新号:  2019/02/18 部数:  10,574部

ついでに読みたい

国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」

発行周期:  週刊 最新号:  2019/02/18 部数:  10,574部

他のメルマガを読む