間違いだらけの資格取得術 ~メルマガ編~

■間違いだらけの資格取得術 ~メルマガ編~ ◇第189号「資格試験主催者だけが知るおいしいビジネス」□

カテゴリー: 2017年08月16日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ vol.00189━2017.8.16━━
■間違いだらけの資格取得術 ~メルマガ編~□    
◇第189号「資格試験主催者だけが知るおいしいビジネス」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

■毎年、夏になると私は中小企業診断士を受験していた頃を思い出します。

 診断士は例年、8月の第1土日曜日の実施されるのでそれは地獄でした。

 当時、東京での受験は青山学院大学で学校が夏休みのため、試験当日

 には教室に冷房が入っていなかったのです。

 断っておきますが、真夏の出来事ですよ。

 まるでサウナで受験しているようでまた、窓を開けていたためセミの声

 もうるさく、暑さと騒音で今思い出しても最悪の受験でした(笑)。


■こんな話で、今の若い方に話ししてもピンと来ないかもしれませんが、

 実際あったことなので仕方ありません。

 紆余曲折を経て三度目の受験で診断士になった私は翌年、実習を

 受けて、中小企業診断士として登録することができました。

 私は、勧められるままに診断協会(任意)に入会しました。

 ちなみに私が入会していた協会および支部支会の正式名称は、社団法人

 中小企業診断協会東京支部中央支会。


■年会費はたしか4万8千円でした。

 内訳は協会費が3万円、支部会費が1万5千円、支会費が3千円でした。  

 これを見て結構高いと感じた人は金銭感覚に長けているかもしれません。

 最初の頃、私も様々な支会に顔を出して入会を検討したりしていました。

 ただ、どの会も会員同士互いに「先生、先生」と呼び合うことに、妙な

 違和感を持ちました。

 活動の内容にも興味や関心が持てず当時、仕事が当時多忙だったことも

 ありだんだん疎遠になり、二度と行くことはありませんでした。


■それでも私は会員にはなっていて、会費だけは6年間支払い続けました。

 ただ、診断協会の名誉のために言いますと、私が「何か違うな」と

 感じただけで、診断協会の支部や支会はどこの都道府県もそれぞれ

 真面目に活動しています。もちろん現在も。

 ただ、資格試験主催者というのは多かれ少なかれ受験生や有資格者から

 金を巻き上げる(表現が悪いか!)システムはあります。

 
■たとえば年間約25万人が受験申し込みをするという宅建士。

 宅建士の試験は(財)不動産取引推進機構が主催しています。

 しかし、25万人ということは受験料が7千円なら、

 ざっと25万人×7千円=17億5千万円の収入になります。

 これって単純に考えてもスゴイと思いませんか?

 もちろん、それだけの数の受験生(全員が受験する訳ではない)を

 捌くのはたいへんです。全国の試験会場、試験監督、人員の手配、

 セキュリティ対策などで何億円も掛かると思います。

 ただ、試験がマークシートなら採点もラクそうです。


■しかし、資格試験主催をビジネスとして考えるとやはりおいしいと

 思います。

 たとえばあなたが何か購入するとき、向こうの言い値で買うことは

 少ないと思います。(まあ、モノにもよりますが)

 価格競争が品質やサービスの向上を高めてきたことは事実ですし、

 それこそマンションから大根一本まで値引きはあります。


■唯一、価格競争とは無縁の世界が資格試験の世界です。

 ちなみに資格スクールでも早割や特割などのキャンぺーンもあるので、

 やはり学校同士の価格競争はあると考えるべきです。
  
 しかし、いまだかつて「〇〇士の受験料、高いからもう少し安くして」

 なんて言った人は世の中に一人もいません。

 なぜなら受験料は主催者側が決めたのですから、受験するためには

 それに従い、受験者はその金額を支払わう義務があります。


■経済の基本である需要と供給のバランスで考えれば、受験生が多く

  なれば当然受験料は引き下げたりするわけですが(笑)、受験生が

  増えても値上げはあっても、高速道路の料金のような値下げは絶対

  ない世界が資格試験です。

 私も商業コンサルタント時代、宅建(当時)の資格を目指して10万

 円程度の講座料金を支払い、横浜にある資格スクールに毎週日曜日

 足繁く通っていたことがありました。


■本試験も受ける準備をして受験料も支払ったのですが、仕事との折り

 合いがつかずとうとう宅建の試験は諦めざるを得ませんでした。
 
 結果として講座料金、受験料とも丸損でしたが、当時はソンをしたと

 いう実感は全然なかったですね。

 それどころか、清々しい気持ちというか、受験はできなかったけど

 講座も最後まで受講して、自分なりによく頑張ったという感じでした。


■常に前向きな気持ちが資格試験に向かわせるため、私のように受験

 できなくてもまた、たとえ途中で挫折したり、試験に合格できなく

 てもそれが丸々ソンだったんだと思わせないところに資格の魔力が

 あります。

 しかし、もしあなたがギャンブルで10万円擦ってしまったらそれ

 こそ後悔は測りしれない筈です。

 資格ってハマると本当にコワいですね(笑)。

 本日もご愛読ありがとうございました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■資格コンサルタント末木紳也のホームページ
 発行者Webサイト: http://www.shikaku-21.com
□ご連絡先:業務(仕事)ご依頼・お問い合せフォーム、
 http://www.shikaku-21.com/gform1.htmlからご連絡ください。
■電話:046-865-0183
 メールマガジンについてのご意見 ご連絡先⇒ info@shikaku-21.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■発行者 「■間違いだらけの資格取得術 ~メルマガ編~□」末木 紳也
  発行者Webサイト: http://www.shikaku-21.com
■本文に関するご意見,ご感想はこちらまでお願いします。
 info@shikaku-21.com
★過去の全バックナンバーがご覧になれます。
 ⇒ http://backno.mag2.com/reader/Back?id=0000153126
★このメールマガジン転送は結構ですが掲載された記事の内容を許可なく転載する
 ことを禁じます。お問い合わせ下さい。 (C) Copyright -2005
■購読解除はこちらからお願いします。
  http://www.mag2.com/m/0000153126.htm

間違いだらけの資格取得術 ~メルマガ編~

発行周期: 不定期 最新号:  2019/01/23 部数:  198部

ついでに読みたい

間違いだらけの資格取得術 ~メルマガ編~

発行周期:  不定期 最新号:  2019/01/23 部数:  198部

他のメルマガを読む