お目々を拝借

第659話「なぜ睡眠が必要なのでしょう?」

◎━━━━━━━━━━◎
   お目々を拝借 
◎━━━━━━━━━━◎

■ 第659話「なぜ睡眠が必要なのでしょう?」

 人だけでなく動物は必ず眠ります、
どうして眠らなきゃならないのでしょう。

その謎の一端を解き明かしたと、
東京大学のグループが発表しました。

脳の中心部の下の方に「海馬」がありますが、
新しい記憶は一旦海馬に記憶されます。

その後、記憶は海馬の中で整頓され大脳皮質に移動するか、
そのまま忘れてしまうかが決められるそうです。

 今回は、
海馬がお休みを取るために眠る必要があるとのお話です。

現代の人間は洪水のような情報の中で日々生活しています。
ですから海馬は休む暇なく記憶させられている
(働かされている)、
言い換えれば休息をとらせてやる必要があります。

東大グループは海馬から出ている脳波の一種
SWR(sharp wave ripple)が、
睡眠中は少し弱まっていることを突き止めたそうです。

その意味は、睡眠中にはシナプスの繋がり度合いを弱め、
必要な情報は確保しながら
記憶キャパシティーを確保しているとのことです。

 マウスの実験からは、
活動中は記憶に関わったニューロンのほうが、
そうでないニューロンに比べて、
SWRが発生中によく活動することが分かったそうです。

一方睡眠中は、
眠り始めたころは差が明確ではないのですが、
睡眠の経過と供に差が顕著になったことも
突き止めたそうです。

また睡眠中にSWRを阻害し続けると、
十分な睡眠を取っているにも関わらず、
マウスの脳回路が興奮状態のままなので
(クールダウンができていないので)
寝不足のような状態になるそうです。

 自閉症スペクトラム(コミュニケーションが困難で、
限定された行動や反復行動などを起こす)や、
統合失調症(幻覚や妄想という症状が特徴的な精神疾患)の
患者の睡眠中のSWRを測定すると、
クールダウンが行われていない場合が多いそうです。

研究グループは老人の社会不適応についても、
SWRの観点から改善できる可能性があると述べています。

 頭を休めるのは、
体を休めるのとは違って難しそうですが、
情報過多の中で生活している現代だからこそ
「海馬のクールダウン」が必要なのかもしれません。

素人考えですが、適度な運動によって体を疲れさせ
「ぐっすり眠る」のが一番のようです。


☆ 技術経営コンサルタント、ITコーディネーター
  小西 正暉

★ スマホ用のホームページを開設しました!
  http://www.e-mk1.net/

☆ メルマガに対する、ご意見・ご感想をお寄せください。   
  mk.pv@r8.dion.ne.jp まで    

============================================================
 本メールマガジンの記事を許可なく転載することはご遠慮下さい。
 Copyright (C) 2018「お目々を拝借」 All rights reserved.
============================================================

お目々を拝借

発行周期: 週刊 最新号:  2019/01/11 部数:  68部

ついでに読みたい

お目々を拝借

発行周期:  週刊 最新号:  2019/01/11 部数:  68部

他のメルマガを読む