出版プロジェクト・ビジネス書編

出版プロジェクト・ビジネス書編

■■+++++++++++++++++++++++++++++++++++++
■■ 出版プロジェクト・ビジネス書編                     2013.9.2
■■                                       vol.200
■■                                 発行:The Appleseed Agency Ltd.
■■+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

このメルマガでは、作家のエージェント・株式会社アップルシード・エージェンシーが、
あなたがベストセラー作家になるための情報とテクニックをお贈りします。

■CONTENTS--------------------------------------------------------------------     
★トピックス                                
★9月の新刊のご案内                          
★著者インタビュー
『ネガティブシンキングだからうまくいく35の法則』(かんき出版)
森川陽太郎さん
~ネガティブは決して“悪”ではない。ありのままの自分を受け入れよう~
------------------------------------------------------------------------------
■トピックス  ~所属作家たちの近況をお知らせします~
------------------------------------------------------------------------------
◎当メルマガがおかげさまで「200号」を迎えました!
 いつもご愛読いただきどうもありがとうございます。
 これからも読者のみなさまの役に立つ、ヒントになる、楽しめる内容を発信することを、
 より一層心がけて制作していきたいと思います。
 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。 

★『ネガティブシンキングだからうまくいく35の法則』(かんき出版)の著者で
 メンタルトレーナーの森川陽太郎さんが、日本テレビ「ナカイの窓」(毎週
 水曜日21:58~)に「ココロジスト」としてレギュラー出演されています!
 http://www.ntv.co.jp/nakainomado/

★「BPnetビズカレッジ」で濱田秀彦さんが好評連載中です! 
 「上司の言い分vs部下の言い分」
 http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20130826/362621/

★「BPnetビズカレッジ」で奥野宣之さんの書評コラムが好評連載中!
 「3冊だけ」で仕事術向上! 奥野宣之「ビジネス書、徹底比較レビュー」
 http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20130826/362586/
  
★Facebookに弊社の公式ファンページを作りました。
 弊社所属作家の新刊情報、イベント情報などをリアルタイムでお知らせしていきます。
 どうぞ、よろしくお願いします。
 http://on.fb.me/uIHLNQ

------------------------------------------------------------------------------
■9月の新刊案内                         
------------------------------------------------------------------------------  
★『売上目標は立てるな!』
 岩渕龍正/著 阪急コミュニケーションズ
 http://amzn.to/13VwII0
歯科業界のカリスマコンサルタントとして知られる著者が、従業員20人までの会社で
抜群に効果を発揮するノウハウを教えます。
会社のやる気を高めるリアルマネジメントの手法とは!?
中小企業経営者・管理職必見です。

★『あたらしい野宿(上)』
 かとうちあき/著 亜紀書房
 http://amzn.to/180A2P1
旅コミ誌「野宿野郎」編集長がみなさんに(遠まわしに)オススメする、
野宿についての実践本。
ダメダメ小学生「のじゅくん」と一緒に、さあ夜空の下へ抜け出そう!
(日本野宿学会推薦図書)

★『お灸で美しくなる ~症状別ガイドブック』
 齋藤剛康/著 遊タイム出版
 http://amzn.to/14K2tyg
鍼灸の第一人者である齋藤先生が教える自分ですぐにできる61のツボを紹介!
女性特有の悩みに効果があるお灸。美容、体質改善、健康促進、体調不良など、
症状別のツボをイラストでわかりやすく掲載しています。

★『女のキレイは子宮から~いますぐ始める「子宮エクササイズ」』
 南部洋子/著 草思社
 http://amzn.to/14FUsOH
「子宮を大事にすれば、自分の体がもっと好きになる」
大学病院の助産婦を経て女性の健康相談窓口を25年間運営してきた著者が、子宮が
健康になり美容にも効果がある“超簡単エクササイズ”をご紹介します。 

★『テクニックはあるが、「サッカー」が下手な日本人』
 村松尚登/著 河出書房新社
 http://amzn.to/1aUvXhz
日本とスペインにおける「サッカーの本質の捉え方」の違いとは何か。
それを知ることが、日本がワールドカップで優勝するための第一歩になる!
FCバルセロナスクールなど強豪国スペインで12年の指導経験を持つ著者による名著
がついに復活! 
サッカーファンのみならず指導者も必読の一冊!

★『1000人の患者を看取った医師が実践している 傾聴力』
 大津秀一/著 大和書房
 http://amazon.gwbg.ws/icib
大切な人の悩み相談に真剣に答えたり、自分なりに一生懸命アドバイスもしている
のに、なぜか相手が元気にならない……。
そんな経験があるあなたへ、現場の第一線で活躍する緩和ケア医である著者が、医
療や介護現場で実践している、本当の「聴く力」を伝授します。

★『なぜか評価される人の仕事の習慣』
 濱田秀彦/著 中経出版
 http://amazon.gwbg.ws/gzae
頑張っていてもいまひとつ「評価の低い人」と、常に「周囲からの評価が高い人」
の差は、いったいどこにあるのか?
「できる人」がどうやって評価を高め、残念な人がどこで損をしているのか、その
違いを具体例とともに紹介し、評価を逆転させるためのちょっとしたポイントを説
く一冊。

★『ハーバードとグーグルが教えてくれた人生を変える35のルール』
 石角友愛/著 ソフトバンククリエイティブ
 http://amazon.gwbg.ws/hii
日本の暗記中心の教育がイヤになり、16歳で高校を中退。
単身日本を飛び出しアメリカへ渡った著者が、世界の最高の頭脳エリートが集ま
る場所、ハーバード・ビジネススクールとグーグルで叩き込まれた学び方、生き方
・働き方を紹介します。

★『「いい人生だった」と言える10の習慣』
 大津秀一 /著 青春出版社
 http://amazon.gwbg.ws/efbh
終末期医療、緩和医療にたずさわる著者は、1000人をこえる人たちの最期を看取
ってきました。
その中には、後悔を残しながら亡くなった人や、自分の人生に満足しながら穏や
かに息を引き取った人など、さまざまな人々がいたといいます。
どう過ごしたら「いい人生だった」と思えるのか──。
本書では、満足して人生を終えた人たちが実践していた習慣を解説します。

★『日本はバルサを超えられるか』
 村松尚登・小澤一郎/著 河出書房新社
 http://amzn.to/12dnx22
来るべき世界での戦いに向けて日本サッカー界の次世代の選手たちに必要な育成
システムを、スペインとバルサを知り尽くした指導者とジャーナリストがそれぞ
れの視点から徹底提言! 
「育成環境」「指導者」「保護者」「Jリーグ」「メディア」といった多角的なテ
ーマにそって、けして他国の模倣ではなく、日本の強みを活かした日本オリジナ
ルの育成システムづくりに関して多角的に検証・提案した1冊。

★『プロの残業術』
 長野啓太/著 草思社
 http://amzn.to/11bx6ek
仕事、お金、将来......あなたの人生の9割は、残業時間の使い方で決まる。
3000人以上の経営者に面接してきたコンサルの超プロが明かす、画期的な
残業ノウハウ。

★『ネガティブシンキングだからうまくいく35の法則』
 森川陽太郎/著 かんき出版
 http://amzn.to/143C0OB
従来ありがちな前向き・ポジティブ路線の自己啓発書の「逆」を行く「OKライン
メソッド(目標は低くして、小さな成功を積み上げて自信を得る)」を中心として、
結果を出し続けているトップビジネスマン・プロ選手に共通する「成功する目標
設定」の方法を紹介します。

------------------------------------------------------------------------
★著者インタビュー
『ネガティブシンキングだからうまくいく35の法則』(かんき出版)
森川陽太郎さん
~ネガティブは決して“悪”ではない。ありのままの自分を受け入れよう~
------------------------------------------------------------------------
(著者紹介)
元サッカー選手として、スペインやイタリアでプレー。5度の手術と5年に渡るリ
ハビリの末に引退。
その後、心理学やメンタルトレーニングを学び、自身の経験を体系化。
2008年、株式会社リコレクトを設立し、代表取締役に就任。
「OKラインRメソッド」という、後ろ向きな気持ちのままでも結果を出すことが
できる独自の手法で、ビジネスパーソン、アスリートから子どもまで、年間1200
回以上、延べ1万人以上に対し、メンタルサポートサービスを展開している。
これまで、NHK、森ビル株式会社、東京経営者協会などの企業向け研修講師や、
フウガすみだ(2009年度全日本フットサル選手権優勝)、後藤史氏(女子サッカ
ースペインリーグ1部ラーヨバジェカーノ所属)などのトレーナーを担当。
「2012年ミス・ユニバース・ジャパンファイナリスト講師」や、モデル、アーテ
ィストのメンタルサポートにも携わる。
著書に『いつもの自分トレーニング』(ダイヤモンド社)がある。

株式会社リコレクト
http://www.recollect.co.jp

『ネガティブシンキングだからうまくいく35の法則』
http://amzn.to/143C0OB

~~~~~~

───ポジティブシンキングを勧める書籍が多いなかで、本書『ネガティブシン
キングだからうまくいく35の法則』というタイトルは強く印象に残りました。
なぜ、ネガティブシンキングで結果を出せたり、成功できるのでしょうか。
その理由を教えてください。

森川陽太郎さん(以下、敬称略)
 日本では、ポジティブシンキングが流行りすぎて「ありのままの自分」を受け
入れられない人が多くいます。でも、ポジティブな感情だけを感じて生きている
人はいません。
 ありのままの自分を受け入れるとは、ポジティブな感情もネガティブな感情も、
いいもの、悪いものと評価をせずに、そのまま感じることができることです。
 無理矢理ポジティブでいようとしても、ストレスが溜まるだけでうまくいきま
せん。ありのままの自分を受け入れることで、自分にあった実力を発揮するため
の方法を見つけることができるのです。

───森川さんは後ろ向きな気持ちのままでも結果が出せるという独自の手法で、
多くのスポーツ選手やビジネスパーソンのメンタルサポートをされていらっしゃ
います。そんななか、なぜ本書を執筆されようとお考えになったのでしょうか? 
あらためて出版の経緯を教えてください。

森川
 私自身が、サッカー選手としてイタリアやスペインでプレーしていた時に「ポ
ジティブシンキング」を実践していたのですが、そうではない自分の感情に素直
な選手達がどんどん結果を出しステップアップしていました。
 一方、私は、ポジティブシンキングを実践しても結果は出ないし、苦しくなる
ばかりで何もいいことがありませんでした。
 そのときに感じた、結果を出しステップアップできる人と、そうでない人の違
いは「ありのままの自分」を受け入れることができているかどうかどうかです。
 実際にメンタルトレーナーとして多くのアスリートやビジネスマンと関わって
いても、結果を出せるようになる選手は、ありのままの自分を受け入れることが
できています。
 ネガティブな自分も大切な自分の一部として捉えられる人のほうが結果を出し
続けることもできるし、ストレスのマネジメントも上手だということを、たくさ
んの人に知ってほしくて、本書を書きました。

───本書では、ビジネスやスポーツの大事な場面において、「自分の望む結果
を出す人」がどのようにネガティブな気持ちと向き合い、心の整理をしているの
かがたくさんの事例を交えて紹介されていました。
そのなかで、森川さんが一番印象に残っているネガティブシンキングだからこそ
うまくいった事例を教えてください。

森川
 日本人には限界を決めることは悪いことだという概念があります。その概念が
自分の自信を失う原因になっていた人が、自分に限界があることを受け入れたこ
とで結果を出せるようになり、自信を得られた事例は印象に残っています。
 自分には何ができて、何ができないのか、現実を見て判断できる人は、しっか
りと結果を出すことができるようになるのです。

───執筆にあたり、内容の構成や文章の書き方など、何か苦労されたことはあ
りますか? 
その際、編集者やエージェントからはどんなアドバイスがありましたか?

森川
 アスリートの事例を、ビジネスパーソンからも共感を得られるかたちにし、役
立つように書くのが難しかったです。
 いろいろな事例がある中で、編集者やエージェントからどんな事例がより共感
を得られるかアドバイスをもらいました。

───本書はどのような方に読んでほしいと思われますか?

森川
 ポジティブシンキングに違和感を感じている人や、現状を打開するための新し
い方法を探している人に読んでいただきたいです。

───本書の発売後、周囲やネット上などで、どんな反響がありましたか?
印象に残る感想や意見などがありましたら、教えてください。

森川
 ポジティブじゃなくてはいけないと考えていた人が「そうでなくても大丈夫な
んだとわかった」という声が多かったです。
 ラジオなどでお話しさせて頂いた時も、今まで苦しかった気持ちがラクになっ
たという声がたくさんありました。

───ご自身の原稿内容を多くの方に理解していただくために、ご執筆の際に注
意していること、気をつけていることはありますか?

森川
 自分の持っている「固定概念」がどれだけ自分の成功の邪魔をしているかを、
事例を通して解説するようにしています。

───企画のテーマを考えるうえで、どんなことをヒントにされていますか?

森川
 結果にこだわって仕事をすることです。そうすると面白い企画や、知ってほし
い理論ができてきます。

───次回はどんなテーマについて執筆したいと思われていますか?

森川
 次回ではないのですが、一生のうちでマンガの原作を書くのが夢です。

───最後になりますが、ビジネス書作家を目指すメルマガ読者のみなさまに、
メッセージをお願いします。

森川
 ビジネス書を書くときに理論はもちろん重要ですが、それに興味を持ってもら
うためのプロフィールがすごく大切だと思います。
 僕は、プロフィールを2か月に1回ぐらい書くのが趣味です。この2か月でど
のくらいスッテプアップできたかを実感できます。
 プロフィールが強くなればなるほど出版も近づくと思うので、みなさんもプロ
フィールを書くのを趣味にしてみてはいかがでしょうか。

───森川さん、ありがとうございました!


-----------------------------------------------------------------------------
メルマガをお読みの皆さんで、本にしたら絶対売れる!!という企画・原稿をお持ち
でしたら、弊社あてにご応募ください。
くわしくは企画原稿検討の要項
(http://www.appleseed.co.jp/debut/)
をご覧ください。検討させていただきます。

ご意見・ご感想は(info@appleseed.co.jp)までお願いいたします。

【最後にお知らせ】

こちらにもどうぞご訪問ください。

・株式会社アップルシード・エージェンシーのサイト
http://www.appleseed.co.jp/

・公式ブログ
http://asagency.exblog.jp/

・はたらく社員のブログ
http://aastaff.exblog.jp/

・鬼塚忠「カフェリブロ作家養成ゼミ」ブログ
http://blog.goo.ne.jp/appleseed_august

・メルマガ「出版プロジェクト・物語小説編」
http://www.appleseed.co.jp/mailmagazine/
________________________________________________________________

配信 株式会社アップルシード・エージェンシー
編集 宮原陽介  文責 鬼塚忠
E-mail:info@appleseed.co.jp
http://www.appleseed.co.jp/
〒162-0824
新宿区揚場町2-12 セントラルコーポラス401
tel:03-3513-4325  fax:03-3260-4437

ついでに読みたい

出版プロジェクト・ビジネス書編

発行周期:  隔週刊 最新号:  2017/12/04 部数:  776部

他のメルマガを読む