出版プロジェクト・ビジネス書編

出版プロジェクト・ビジネス書編

■■+++++++++++++++++++++++++++
■■ 出版プロジェクト・ビジネス書編           2013.6.3
■■                             vol.197
■■                       発行:The Appleseed Agency Ltd.
■■+++++++++++++++++++++++++++

このメルマガでは、作家のエージェント・株式会社アップルシード・
エージェンシーが、あなたがベストセラー作家になるための情報とテ
クニックをお贈りします。

■CONTENTS----------------------------------------------------     
★トピックス                                
★6月の新刊のご案内                          
★編集者インタビュー
『愛されて仕事がうまくいく女になる 43のヒント』(金澤悦子・著)
黒川可奈子さん(サンマーク出版)
~タイトル、内容、デザイン……本づくりのすべてを“読者目線”で~
--------------------------------------------------------------
■トピックス  ~所属作家たちの近況をお知らせします~
--------------------------------------------------------------
★アップルシード・エージェンシーでは、ただいま社員を募集しています。
 下記、詳細をご確認の上、ご応募ください。
 応募締め切りは、2013年6月10日(月)必着になります。
 http://www.appleseed.co.jp/aboutus/recruit.html

★『ネガティブシンキングだからうまくいく35の法則』(かんき出版)の著者で
 メンタルトレーナーの 森川陽太郎さんが、日本テレビ「ナカイの窓」(毎週
 水曜日21:58~)に「ココロジスト」としてレギュラー出演されています!
 http://www.ntv.co.jp/nakainomado/

★「BPnetビズカレッジ」で濱田秀彦さんの新連載がスタート!
 「上司の言い分vs部下の言い分」
 http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20130516/350819/

★「BPnetビズカレッジ」で奥野宣之さんの書評コラムが好評連載中!
 「3冊だけ」で仕事術向上! 奥野宣之「ビジネス書、徹底比較レビュー」
 http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20130523/351717/
  
★Facebookに弊社の公式ファンページを作りました。
 弊社所属作家の新刊情報、イベント情報などをリアルタイムでお知らせ
 していきます。どうぞ、よろしくお願いします。
 http://on.fb.me/uIHLNQ

--------------------------------------------------------------
■6月の新刊案内                         
--------------------------------------------------------------  
★『プロの残業術』
 長野啓太/著 草思社
 http://amzn.to/11bx6ek
仕事、お金、将来......あなたの人生の9割は、残業時間の使い方で決まる。
3000人以上の経営者に面接してきたコンサルの超プロが明かす、画期的な残業ノウハウ。

★『最新最強の就活セミナー 面接・自己分析・自己PR '15年版』
 細井智彦/著 成美堂出版
 http://amzn.to/137vOnI
面接のプロが伝授! 6千人以上を内定に導いた面接指導のカリスマが成功するコツをずばり解説。
別冊『面接お役立ち手帖』は知っておきたい就職活動の基本情報や面接のマナー、面接頻出質
問などを収録。
役立つ情報がもりだくさん。この1冊で面接は万全。

★『「朝30秒の正座」で腰痛が治る』
 金聖一/著 ダイヤモンド社
 http://amzn.to/ZxImqm
病院に行ってもムダ。マッサージは気休め。
でも「金式正座」ならつらい腰痛が1カ月で治ります。
道具もクスリも通院も必要ありません。ひざ痛や太っている人でもラクラクできます。
30万人への治療で生み出された最強メソッド。

★『和田裕美の性格がよくなるメールの書き方』
 和田裕美/著 光文社
 http://amzn.to/183bCoU
嫌われる文章、書いてない? 今この瞬間も、世界のあちこちで飛び交っているメールが、知
らないうちに相手を怒らせたり、誤解を招いたりと、“事件"を巻き起こしています。
でも、どう書けばいいの?……そんな悩みを持つ人のために、世界No.2セールスウーマンとし
て知られる著者の人気セミナーがついに単行本化! たくさんの“悪い例文"を用いた解説と、
人とのつながりを強くする文章“8つの基本"で「性格がよくなる文章の書き方」が身につく!

★『サンゴレンジャー』
 さかいたまき/著 朝日新聞出版
 http://amzn.to/13yDgsU
舞台は沖縄県石垣島。サンゴ礁を破壊する大規模な橋の建設計画をめぐる対立の渦中に、環
境省の熱血自然保護官、矢島が着任する。
美しいサンゴを守るべく、仲間とともに問題解決に立ち向かうが、やがて島中を巻き込む大
騒動となることに……「レンジャー」たちが熱く奔走する、痛快青春エンターテインメント!
青柳翔、田中圭、佐々木希出演でついに映画化! 2013年6月、全国ロードショー。 

★『アベノミクスが引き金になる 日本国債 暴落のシナリオ』
 石角完爾・田代秀敏/著 中経出版
 http://amzn.to/13yDgJE
以前から、ハイパーインフレによる日本国債暴落を唱えてきた著者は「アベノミクスはアベ
ノリスクだ」と懸念を唱えている。
「アベノミクス」のどこがヤバいのか、リフレ政策を実行することで日本国債はどうなるの
か等、その実態を明らかにするとともに、これからの生活の守り方を指南する一冊。

★『ああ不妊治療~8年・1000万費やしたアラフォー漫画家の体当たりコミックエッセイ~』
 榎本由美/著 徳間書店
 http://amzn.to/159ebbv
「お金はどれくらいかかる?」「やっぱり治療は痛いの?」「気になる卵子老化のこと」など
など、なかなか人には聞きにくい基礎的な情報をわかりやすく追体験しながら、時にはクス
ッと笑ってしまうようなエピソードが満載で、不妊治療に興味がある人、現在進行形の人、
いま不妊治療をお休みしている人、様々な形で妊活を卒業した人など、悩める現代女性必読! 

★『世界最高ホテル「ザ・プラザ」 超一流の働き方』
 奥谷啓介/著 経済界
 http://amzn.to/ZVCvZm
「プラザ合意」で知られるレジェンドホテル「ザ・プラザ」。
数多くの小説や映画の舞台となってきたアメリカ栄華の象徴。宿泊ゲストが超一流なら、そ
こで働く従業員も超一流。他では存在しえない「プロフェッショナル集団」の仕事の流儀!
全世界のVIPらに愛され、マネージャーとして超一流の世界で学んだ世界標準の「サービス」
「心の持ち方」「自分の活かし方」「生き方」を公開!

★『ユダヤの「生き延びる智慧」に学べ』
 石角完爾/著 朝日新聞出版
 http://amzn.to/159dqz0
想像を絶する苦難を乗り越え、ユダヤ人は成功を収めてきた。
いかにしてユダヤ人は生き延びてきたのか。
未曽有の危機に見舞われた日本人が学ぶべきものは何か。
ユダヤ教に改宗してユダヤ人になった国際弁護士がユダヤ五千年の知恵を明かす!

★『命を救った道具たち』
 高橋大輔/著 アスペクト
 http://amzn.to/17B2sRf
ロシアのアムール河で突然、乗っていた船が壊れた。
その時、わたしがバックパックの中から取り出したものとは――。
ロビンソン・クルーソーの家を発見した探検家・高橋大輔が命を保つために使い続けてきた
道具たちと探検世界を語りつくす。

★『アジの開きかた、人生のひらき方』
 喰始/著 KKベストセラーズ
 http://amzn.to/10ZpvjF
今年で30周年を迎えるWAHAHA本舗。
しかし、4月からの全国公演がLAST公演になる。 
その主宰者・喰始が語る「LAST」の意味とは?
中高年に贈る応援歌エッセイ。 

★『愛されて仕事がうまくいく女になる 43のヒント』
 金澤悦子/著 サンマーク出版
 http://amzn.to/SrAbmj
1万人以上の働く女性を取材してきた著者による「職場で愛される女性」になる方法とは。
いつも輝いていて、たくさんの人が集まって応援してくれ、仕事もうまくいく……。
そんな「愛されヂカラ」のある女性になるためのヒントが詰め込まれています。
あなたらしく愛されながら、幸せな仕事、幸せな生き方への第一歩を踏み出しましょう!

------------------------------------------------------------
★編集者インタビュー
『愛されて仕事がうまくいく女になる 43のヒント』(金澤悦子・著)
黒川可奈子さん(サンマーク出版)
~タイトル、内容、デザイン……本づくりのすべてを“読者目線”で~
--------------------------------------------------------------
『愛されて仕事がうまくいく女になる43のヒント』
http://amzn.to/SrAbmj

~~~~~

───最初に著者の金澤悦子さんとお会いになったときの第一印象はどうでしたか? 
また、金澤さんの「ビジネス著者」としての魅力はどこにあると思われましたか?

黒川可奈子さん(以下、敬称略)
 最初にお会いしたとき、明るくておしゃれさんで、「素敵なお姉様!」と思ったのが印象
に残っています。
 また、もともと雑誌をつくられていたこともあり、見出しになるような、独自でおもしろ
い言葉をお持ちなのも、著者としてすばらしいと思いました。
 弊社では「自分の言葉をもっている著者かどうか」が強く問われるので、「もくもくする」
「「分身の術」を使う」といったキャッチーな見出しがすでに企画書にたくさん散りばめら
れていたのが魅力的でした。

───今回の企画内容をご覧になって、書籍化したいと思われたポイントはどこですか?
また、御社内の会議や検討時での、この企画についての感想はいかがでしたか?

黒川
 先に述べたように、やはり言葉の使い方がとてもおもしろく上手だという声があがりました。
「ほぼそのまま見出しに使えるのでは?」と言われたほどです。
 当初は100個近く項目案があったのですが、特におもしろいものだけに絞って、楽しく読め
る本にしようということでGOサインが出ました。

───本書のタイトルは「愛されて仕事がうまくいく女になる43のヒント」ということですが、
どんな読者に、どうなってもらうことをイメージして作られたのですか?
そのために気をつけたこと、こだわったところはどんなところになりますか?
また、著者の金澤さんへはどんなアドバイスをされたのでしょうか?

黒川
 「バリバリとしたキャリアウーマン」というよりも、「周りに助けられながら、周りと協力し
ながら自分らしく仕事をしたい」と思っている女性読者をイメージしました。
 ただ、愛されることとは、誰かに媚びたり、自分を偽ったりすることではありません。あく
まで自然体で、自分らしく、という本になるように意識しました。

 金澤さんには、原稿を書く際に、女性が読みやすいように、ところどころで口語的な表現を
入れたり、「♪」や「!」を入れて楽しい感じがする文章にしてくださいとお願いしました。
きゃぴきゃぴしすぎず、読みやすい、とてもいい原稿に仕上げていただきました。

───類書との差別化を図るために、タイトルやデザイン、売り方など何か工夫されたポイン
トや、苦労された点がありましたら教えてください。

黒川
 タイトルは、とにかく「読者がどうなりたいのか」ということをイメージして決めました。
働く女性にとって、ただ仕事ができるようになるだけではなく、愛されることもきっと重要な
はずです。そこで、「仕事がうまくいく」と「愛される」の両方の言葉を使った、ちょっと贅
沢なタイトルになりました。

 デザイン面は、読者対象がほぼ全員女性ということもあり、ピンクをどこかに使いたいと考
えました。ただ、ピンクが強すぎると、恋愛本のようなイメージになってしまいます。あくま
でビジネス書としてつくっているので、白ベースでシンプルに、アクセントとしてピンクを入
れるようにしました。
 このあたりのバランスは、少し苦労しましたね。実は、本文の用紙も少しピンクがかかって
いるものを選びました。この本の最大のこだわりポイントかもしれません(笑)。

───黒川さんが最近手がけられたのはどんな本ですか? 簡単にご紹介ください。

黒川
 ザ・ボディショップやスターバックスなどでCEOを務められてきた、岩田松雄さんの『「つ
いていきたい」と思われるリーダーになる51の考え方』という本を昨年つくりました。
 おかげさまで好評をいただき、第二弾として、『「君にまかせたい」と言われる部下になる
51の考え方』という本も編集しました。5月末に刊行されます。今度は、リーダーからみた、
「引き上げたい」と思う理想の部下の姿についてまとめていただきました。

───黒川さんは、ふだん企画を考える際、どんなことを大事にされていますか? 
また、今後手がけてみたいテーマがあれば、教えてください。

黒川
 金澤さんの本も、上記の岩田さんの本も、企画を考えたりタイトルをつけたりする際に、読
者が何と言われたらうれしいのか、どんな言葉にひっかかるのか、読者はどうなりたいのか、
ということを考えています。
 働く女性だったら、ただバリバリ仕事をこなしたいのかというと、そうではなくて、周りと
うまく付き合いながら幸せな気持ちで仕事に向かいたいという人のほうが多い。そう仮定して、
タイトルをつけたり、企画の中身をつめていきました。

 今後は、強いて言えば健康やダイエットというテーマでヒットをつくりたいと思っています。
ただ、ジャンルやテーマに限らず、一流のすごい人の本をつくりたいと、いつも考えています。

───「一緒に本をつくってみたい」と思う著者はどんな人物ですか?
逆に、「こんな著者とは一緒につくりたくない」と思うのは、どんな人物ですか?

黒川
 やはり、その分野での“一番の人”とやってみたいという気持ちがあります。
 そして、その分野での経験から語れるものがたくさんあるかどうか、語る言葉がおもしろい
かどうかを考えます。
 どんなにすごい実績がある人でも、語れる言葉がなければ本はつくれないし、逆に言葉だけ
おもしろくても、読者がこの人の言うことなら読みたい、という実績や信頼感がなければ、中
身の薄いものになってしまうと思います。

 また、編集者に任せていただける部分が多いほうがいいです(笑)。原稿の中身などはその
分野のプロである著者の意見を採用することも多いのですが、タイトルや装丁、見出しなどは、
本づくりのプロとして版元や編集者に任せていただけるとうれしいですね。

 一緒につくりたくないと残念ながら思ってしまう人は、自分のために本をつくろうとしてい
る人。自分のブランディングやビジネスのためというのが透けて見えるとテンションが下がり
ます。あくまで世の中のため、読者のため、という気持ちがある方としかやりたくありません。

───本づくりにエージェントが関わることのメリットにはどのようなことがあると思われま
すか?

黒川
 なかなか編集者だけでは見つけられないような、新しい著者さんと出会えるのが大きいと思
います。

───最後になりますが、ビジネス書作家を目指すメルマガ読者のみなさまに、メッセージを
お願いします。

黒川
 まだ本を書いたことがなくても、無名でも、ベストセラー著者になる可能性はたくさんあり
ます! すてきな企画をお待ちしています。

───黒川さん、ありがとうございました!

----------------------------------------------------------------
メルマガをお読みの皆さんで、本にしたら絶対売れる!!という
企画・原稿をお持ちでしたら、弊社あてにご応募ください。
くわしくは企画原稿検討の要項
(http://www.appleseed.co.jp/debut/)
をご覧ください。検討させていただきます。

ご意見・ご感想は(info@appleseed.co.jp)までお願いいたします。

【最後にお知らせ】

こちらにもどうぞご訪問ください。

・株式会社アップルシード・エージェンシーのサイト
http://www.appleseed.co.jp/

・公式ブログ
http://asagency.exblog.jp/

・はたらく社員のブログ
http://aastaff.exblog.jp/

・鬼塚忠「カフェリブロ作家養成ゼミ」ブログ
http://blog.goo.ne.jp/appleseed_august

・メルマガ「出版プロジェクト・物語小説編」
http://www.appleseed.co.jp/mailmagazine/
________________________________________________________________

配信 株式会社アップルシード・エージェンシー
編集 宮原陽介  文責 鬼塚忠
E-mail:info@appleseed.co.jp
http://www.appleseed.co.jp/
〒162-0824
新宿区揚場町2-12 セントラルコーポラス401
tel:03-3513-4325  fax:03-3260-4437

ついでに読みたい

出版プロジェクト・ビジネス書編

発行周期:  隔週刊 最新号:  2017/12/04 部数:  776部

他のメルマガを読む