出版プロジェクト・ビジネス書編

出版プロジェクト・ビジネス書編

■■+++++++++++++++++++++++++++
■■ 出版プロジェクト・ビジネス書編           2012.5.7
■■                             vol.184
■■                       発行:The Appleseed Agency Ltd.
■■+++++++++++++++++++++++++++

このメルマガでは、作家のエージェント・株式会社アップルシード・
エージェンシーが、あなたがベストセラー作家になるための情報とテ
クニックをお贈りします。

■CONTENTS----------------------------------------------------     
★トピックス                                
★5月の新刊のご案内                          
★著者インタビュー
『だから、僕らはこの働き方を選んだ』(ダイヤモンド社)
 林 厚見さん (共著:馬場正尊、吉里裕也)
~3人それぞれの異なる視点をすり合わせ、
                ユニークな「東京R不動産」の働き方を綴った一冊~
--------------------------------------------------------------
■トピックス  ~所属作家たちの近況をお知らせします~
--------------------------------------------------------------
★弊社所属のビジネス書作家・長野慶太さんが三田文学新人賞を受賞
 しました。新しい活躍に乞うご期待。
 http://www.amazon.co.jp/dp/B005PYWNW4/

★「BPnetビズカレッジ」で奥野宣之さんの新連載コラムがスタート!
 「3冊だけ」で仕事術向上! 奥野宣之「ビジネス書、徹底比較レビュー」
 http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20120423/306601/

★Facebookに弊社の公式ファンページを作りました。
 弊社所属作家の新刊情報、イベント情報などをリアルタイムでお知ら
 せしていきます。どうぞ、よろしくお願いします。
 http://on.fb.me/uIHLNQ

--------------------------------------------------------------
■5月の新刊案内                         
--------------------------------------------------------------  
★『「処方せん」的読書術 心を強くする読み方、選び方、使い方』
 奥野宣之/著 角川書店 
 http://amzn.to/Jec3ja
長引く不況、リストラや就職難、リアルやネット上での人間関係……。
この「生きづらい」時代を乗り越えるために、速読でも多読でもない、
全く新しい"心を鍛える"方法論としての読書術を紹介する。

★『貧乏セレブ入門 』
 星川かつら/著 駒草出版 
 http://amzn.to/JPGYGf
お金がなくても、華のある生活はできる! 
いまだアルバイトなくしては暮らしていけない、WAHAHA本舗の貧乏劇団員が、
長年研究・実践してきた“プアーリッチ”道を恥じらいなく伝授。
さあ、今日からみんなでレッツ・エンジョイ・不況!!

★『働くプロの心の整理術』
 長野慶太/著 青春出版社
 http://amzn.to/IGUCGn
仕事ができる人ほど、心の雑音をうまく消している。
悩みやストレスをかかえながらも、それでも働いて成果をあげなければいけない!
本書はそんな現場で働くビジネスマンに向けて書かれた本です。
クライアント数約2000社を誇るコンサルの超プロが獲得してきた実践ノウハウを
伝授します!

★『なぜ「お客様は神様です」では一流と呼ばれないのか』
 奥谷啓介/著 ぱる出版
 http://amzn.to/ISRrzm
「プラザ合意」で知られるニューヨークの超高級ホテル、「ザ・プラザ」と
称されるホテルで10年間マネージャーとして学んだ著者が「無駄なおもてなし、
儲かるおもてなし」を考察し、日本にあるべき本当のおもてなし、
ホスピタリティを提案する。
サービス業に携わる人にとって大きな共感と啓示を与える一冊。

★『うちの子が「朝、起きられない」にはワケがある』
 森下克也/著 メディカルトリビューン
 http://amzn.to/Ju2ikt
本書は「起立性調節障害」に対する無知と無理解から来る負のスパイラルを
なくすために、心療内科医として長年子供たちを診察する中から積み上げられた
治療や日常生活の中で取り組めるトレーニング方法について書いています。
また、親や教師など周りにいる大人たちがどのように対応し、どんな言葉を
かければよいかもわかる1冊です。

★『ユダヤ人の成功哲学「タルムード」金言集』
 石角完爾/著 集英社
 http://amzn.to/Ju2aBD
ユダヤ人社会の根幹をなす口伝律法「タルムード」由来の説話の数々を、
国際弁護士で自らユダヤ教に改宗した著者が紹介し、世界の現状に即して解説。
お金と強運を引き寄せるユダヤ5000年の叡智がタルムードにある!

★『あなたが上司から求められているシンプルな50のこと』
 濱田秀彦/著 実務教育出版
 http://amzn.to/I7Frfe
なぜ、あなたの評価はなかなか上がらないのか?
それは、「上司の期待」を正確に把握していないからです。
本書では14年間の講師業を通じ、1000組以上の上司・部下の組み合わせを
見てきた著者が、5000人の管理職の期待から集約した「上司の信頼」
「正しい行動・努力の指針」「高い評価」をもたらす50の項目を提案します!

★『集中力・思考力・予見力がみるみるアップする脳トレパズル JUZU』
 小柳和久/著 ダイヤモンド社
 http://amzn.to/I7Fnfo
この「JUZU」は、著者の運営する脳力開発教室でも特に人気の高い教材。
このパズルには、脳の認知能力を高める効果があります。
図形・数字から予見や空間認知をすることで、仕事の効率もアップし、物忘れ、
ボケ防止にもつながります。
茂木健一郎氏推薦!

★『ネガティブな気持ちが消える方法』
 ダフニ・クロス/著 サンマーク出版
 http://amzn.to/GZevXB
「日本は悲しみとネガティブなエネルギーに覆われている」
英国最高峰のスピリチュアル・カウンセラーが日本人に緊急メッセージ。
悲しみ、苦しみ、怒り……苦しいストレスのもとである、ネガティブな
エネルギーを取り去る方法があります。
著者がスピリットから教わった「青い光のクレンジング・メソッド」は、
どんな問題も癒してくれる強力な力があります。

★『考える鉛筆』
 小日向京/著 アスペクト
 http://amzn.to/He8XwM
何ひとつ役に立たない、すばらしき鉛筆大全。鉛筆は、思考のジャマ
をしない唯一の筆記用具である。シンプルなのに、すいすいスラスラ、
書けば書くほど「考え」は浮かぶ。そんなすばらしき鉛筆の魅力を、
持ち方から、削り方、書き方、運び方、香り方、愛し方にいたるまで、
そのすべてを縦横無尽に語りつくします。

★『転職できる人、できない人』
 細井智彦/著 ぱる出版
 http://amzn.to/HgpHVF
あなたの仕事力は、果たして転職しても通用するのか。セミナー受講
者10万人超、6,000人の転職希望者を内定に導いた「転職サポートのカ
リスマアドバイザー」がお届けする、いざ転職というときにも困らず
に、今の職場での居心地もよくなる方法です。

★『だから、僕らはこの働き方を選んだ』
 馬場正尊 林厚見 吉里裕也/著 ダイヤモンド社
 http://amzn.to/s7Ue1O
自分の働き方は自分でつくる!
やりたい仕事で自由に稼ぐ、会社員でもフリーランスでもない「いい
とこどり」の働き方。
【働き方3.0】やりたいことをやって、ちゃんと食べていく、自由と
幸せをデザインする新しい時代の、フリーエージェント・ワーキング。

------------------------------------------------------------
★著者インタビュー
『だから、僕らはこの働き方を選んだ』(ダイヤモンド社)
 林 厚見さん (共著:馬場正尊、吉里裕也)
~3人それぞれの異なる視点をすり合わせ、
                ユニークな「東京R不動産」の働き方を綴った一冊~
--------------------------------------------------------------
(著者の1人 林 厚見さんのプロフィール)
株式会社スピーク共同代表、「東京R不動産」ディレクター。
1971年東京生まれ。東京大学工学部建築学科卒業。
マッキンゼー・アンド・カンパニーにて経営戦略コンサルティングに従
事した後、コロンビア大学建築大学院不動産開発科修了。
不動産ディベロッパーを経て、2004年に吉里裕也氏と株式会社スピーク
を設立、現在共同代表。
「東京R不動産」では、主に事業面のマネジメントを担い、ほかに不動産
の開発・再生における事業企画・プロデュース、新規事業開発、カフェ
・宿の経営などを行う。

株式会社スピーク
http://www.speac.co.jp/

東京R不動産
http://www.realtokyoestate.co.jp/

『だから、僕らはこの働き方を選んだ』
http://amzn.to/s7Ue1O

~~~~~

―――「東京R不動産」は、“東京で一番「面白い」不動産屋”という評
判もある、ユニークな物件紹介サイトですが、今回、「働き方」について
の本を執筆しよう、ということになったのはどうしてですか?

林 厚見さん(以下、敬称略)
 アップルシード・エージェンシーの鬼塚さんから、「東京R不動産」のユ
ニークな組織やビジネス、ワークスタイルについての本を出したらどうか
と言われたのがきっかけでした。
 本業自体の話ではなかったので実は少しためらったのですが、ビジネスマ
ンや若い人たちに伝えられることもあると思ったこと、そして僕らにとって
も新しい出会いにつながれば、という思いもありました。

―――サブタイトルにある“フリーエージェント”といえば、ダニエル・ピ
ンクの著書、『フリーエージェント社会の到来』を思い起こす人も多いと思
いますが、みなさんが実際に実践し、そこで得られたこの働き方のノウハウ
や経験を「書籍」の形で伝えることで、読者にどんなメッセージを伝えたい
と思われましたか?

林 
 実はダニエル・ピンクの定義と我々のスタイルは少し異なります。
 我々のはフリーランスと組織人の間、チームとして連携する自由なる個人
というイメージ。この本ではそのあり方とともに、仕事に対するスタンスや、
僕らなりの人生観のようなものも織り交ぜて伝えようとしました。

―――帯にある「やりたいことを、好きな仲間とおもしろく。自由で、充実
していて、ちゃんと稼ぐ」という理想の働き方を実現するにあたって、みな
さんが感じている大事なポイントはどんなことでしょうか?
 
林 
 「志を明確にすること」です。それがあってこそ、好きな仲間が集まるし、
壁にあたってもやりたいことを続けていける。
 思いの根っこが共有できていれば、自由なチームでも回っていく、と考え
ています。
 また、やりたいことや好きなことを仕事としてやっていくのは大変なこと
なので、たくましさや戦略も必要であるという信念もあります。

―――不動産物件紹介サイトを運営する著者の「不動産本」ではなく「働き
方本」をつくるにあたって、どんな点に気をつけられましたか?
 また、その点について編集者やエージェントからはどんな指示・アドバイ
スがありましたか?

林 
 僕らはついつい建築や不動産の話に寄ってしまったり、「東京R不動産」の
メインビューワーであるクリエーターたちに向けての話に偏ってしまいがちで
した。
 執筆途中で繰り返し、「誰に、何を伝えるのか」という問いに立ち戻るよう
にしましたが、それでも偏ったようで…。よく指摘を受けました。

―――「東京R不動産」のサイトは、デザイン面でもとてもこだわりを感じら
れますが、今回の書籍のデザイン面について、著者のお三方からはどんな希望
がありましたか? 
 また、最終的に今回のデザインに決まったときの感想はいかがでしたか?

林 
 シンプルで美しく、それでいてどこかにエッジが立つようなデザインを希望
しました。具体的なイメージやアイデアは、スープデザインの尾原史和さんを
信じお任せしました。
 最終的には、全員一致の素晴らしい提案をいただきました。

―――今回、3人の著者の共著というスタイルでの執筆にあたって、どんな点
が難しかったですか? 
 共著という面以外での、制作中の苦労についても合わせてお聞かせください。

林 
 3人共著は、正直、すり合わせにかなりの手間がかかりました。
 構成はスムーズにいきましたが、具体的な言葉やフレーズのレベルで「違和
感がある!」「なぜだ!」といった会話は散々しました。
 編集サイドの皆さんには本当にご迷惑をおかけしました。
 ただ僕らは3人それぞれに別の視点を持っており、それが合わさることで今
の働き方や仕事ができているので、必要なプロセスでした。

―――本書の発売後、周囲やネット上なので、どんな反響がありましたか? 
印象に残る感想や意見などがありましたら、教えてください。
また、とくにどんな方に読んでもらいたいと思われますか?

林 
 就職の応募は増えましたね。
 「サイトのことは知っていたけど本を読んで背中を押された」とか、
 「本を読んでまず仕事のスタンスに共感した」とか、さまざまな形で。
 また、Facebookでの反響は身近でリアリティがありました。

―――最後になりますが、ビジネス書作家を目指すメルマガ読者のみなさまに、
メッセージをお願いします。

林 
 ふだん考えていることをより深く考えるいい機会になりました。楽しかったです。

・本日はどうもありがとうございました。

----------------------------------------------------------------
メルマガをお読みの皆さんで、本にしたら絶対売れる!!という
企画・原稿をお持ちでしたら、弊社あてにご応募ください。
くわしくは企画原稿検討の要項
(http://www.appleseed.co.jp/debut/)
をご覧ください。検討させていただきます。

ご意見・ご感想は(info@appleseed.co.jp)までお願いいたします。

【最後にお知らせ】

こちらにもどうぞご訪問ください。

・株式会社アップルシード・エージェンシーのサイト
http://www.appleseed.co.jp/

・公式ブログ
http://asagency.exblog.jp/

・はたらく社員のブログ
http://aastaff.exblog.jp/

・鬼塚忠「カフェリブロ作家養成ゼミ」ブログ
http://blog.goo.ne.jp/appleseed_august

・メルマガ「出版プロジェクト・物語小説編」
http://www.appleseed.co.jp/mailmagazine/
________________________________________________________________

配信 株式会社アップルシード・エージェンシー
編集 宮原陽介  文責 鬼塚忠
E-mail:info@appleseed.co.jp
http://www.appleseed.co.jp/
〒162-0824
新宿区揚場町2-12 セントラルコーポラス401
tel:03-3513-4325  fax:03-3260-4437

ついでに読みたい

出版プロジェクト・ビジネス書編

発行周期:  隔週刊 最新号:  2017/12/04 部数:  776部

他のメルマガを読む