出版プロジェクト・ビジネス書編

出版プロジェクト・ビジネス書編

■■+++++++++++++++++++++++++++
■■ 出版プロジェクト・ビジネス書編           2012.3.5
■■                             vol.182
■■                       発行:The Appleseed Agency Ltd.
■■+++++++++++++++++++++++++++

このメルマガでは、作家のエージェント・株式会社アップルシード・
エージェンシーが、あなたがベストセラー作家になるための情報とテ
クニックをお贈りします。

■CONTENTS----------------------------------------------------     
★トピックス                                
★3月の新刊のご案内                          
★著者インタビュー
『小さな会社と小さな自分を大きくする51のスキル』(アスペクト)
 安藤竜二さん
〜企画誕生のきっかけは、講演会の聴講者やお客様の“声”から。
            リアルな自分の経験だけにこだわり執筆〜
--------------------------------------------------------------
■トピックス  ~所属作家たちの近況をお知らせします~
--------------------------------------------------------------
★弊社所属のビジネス書作家・長野慶太さんが三田文学新人賞を受賞
 しました。新しい活躍に乞うご期待。
 http://www.amazon.co.jp/dp/B005PYWNW4/

★「BPnetビズカレッジ」で奥野宣之さんの新連載コラムがスタート!
 「3冊だけ」で仕事術向上! 奥野宣之「ビジネス書、徹底比較レビュー」
 http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20120220/299727/

★Facebookに弊社の公式ファンページを作りました。
 弊社所属作家の新刊情報、イベント情報などをリアルタイムでお知ら
 せしていきます。どうぞ、よろしくお願いします。
 http://on.fb.me/uIHLNQ

--------------------------------------------------------------
■2月の新刊案内                         
--------------------------------------------------------------  
★『アイデア・バイブル』
 加藤昌治/ナビゲート マイケル・マハルコ/著 ダイヤモンド社
 http://amzn.to/w8tA9K
『アイデアのおもちゃ箱』原書第2版の翻訳。旧版では削除されてい
た箇所も収載、よりわかりやすく改稿し大幅増補。ビジネスパーソン
が考える力をつけ、創造性を開発するのに役立つ発想法が、楽しく読
めるエピソードとともに多数紹介され、実践的なトレーニングまでで
きる決定版です。

★『わたしが子どもだったころ<イチ!>』
 NHK「わたしが子どもだったころ」制作グループ 編/著
 ポプラ社
 http://amzn.to/ymwGP3
さまざまなジャンルの第一線で活躍するひとたちが、そのユニークな
子ども時代について語ります。今を生きる子どもや親たちの大きな励
ましやヒントになる一冊!

★『巨人たちの本棚』
 久我勝利/著 光文社
 http://amzn.to/yf71U8
実業界の巨人と呼ばれるような経営者たちは、どのような本を読み、
どのような影響をうけたのか。実業界の巨人たちの”読書人生”と”
歴史上のベストセラー”が一度にわかる、画期的な読書案内。

★『【図解】「腰痛」がみるみる治る本』
 永井正之/著 PHP研究所
 http://amzn.to/wMBXhB
原因の9割は「身体の使い方」にあった!
筋肉を左右対称に使えば、自力で治せる!
もう腰痛に悩まない!驚異のメソッド。
腰の痛みに10分で効く、「シンメトリーエクササイズ」を紹介。

★『物語のように読む朝鮮王朝五百年』
 多胡吉郎/著 角川書店
 http://amzn.to/xu2SY2
朝鮮王朝500年の歴史が、物語を読むようにドラマチックにわかる! 
謀反から生まれた新王朝がなぜ長きにわたって栄華をほこったか。
韓流ドラマや探訪スポットの情報も盛りだくさん!

★『英語は恥ずかしいほどゆっくり話しなさい!』
 長野慶太/著 ダイヤモンド社
 http://amzn.to/ytGezH
32歳で渡米した著者が実践で身に着けたオリジナルの英語術。
それが「スロー・イングリッシュ」。
枕詞の利用、大げさなくらいのデフォルメ抑揚、間の取り方などなどの
さまざまなノウハウについて、誰にでも実践できる簡単なテクニックを紹介。
実践すれば間違いなく「英語がしゃべれる」ようになる1冊です。

★『ザ・サンキュー・マーケティング』
 金森重樹・監訳、ゲイリー・ヴェイナチャック/著 実業之日本社
 http://amzn.to/xqVwn8
小さな町の暮らしがオンライン上で拡散するいま、「サンキュー・マーケ
ティング」を実践する者だけが、ビジネス社会で勝ち抜ける!
「ソーシャルメディアで世界一成功した男」ゲイリー・ヴェイナチャックが、
そのマーケティング論とノウハウ、米国の最新事例をまとめた1冊。

★『ハリウッド流★モテる技術』
 マックス桐島/著 ディスカヴァー・トゥエンティワン
 http://amzn.to/wokHqS
ハリウッドで映画プロデューサーとして活躍する著者が、俳優はもち
ろん、衣装係やスタントマンなど、「モテる」ために“命をかけて”
考え抜いている達人たちから学んだその極意を伝授。
年齢を問わず“とにかくモテたい”男性はもちろん、彼氏や息子を
「モテ男子」に育てたい親御さんにも必読の一冊。

★『花いくさ』
 鬼塚忠/著 角川書店
 http://amzn.to/zROkWJ
切磋琢磨し厚き友情と信頼で結ばれていた、花の名手・池坊専好と茶の
名人・千利休。
しかし秀吉の怒りを買い利休は非業の死を。
専好の秀吉に対する怒りが増していく。
そんな専好に秀吉への復讐の機会が訪れる…。 

★『20代女性がセックスしてない 彼女たちはなぜ男に求められない?』
 杉浦由美子/著 角川Oneテーマ21新書
 http://amzn.to/v97VT1
彼氏がいるのにセックスレス。自分の性生活と欲望を抵抗なく語る、
ごくごく普通の現代20代女性たち。取材して浮かび上がってきた、
彼女たちが考える「社会性」とは……? 
30代以上とは明らかに違う。20代女性は何を考えているのか。
「セックス<社会性」世代のつらさ。

★『だから、僕らはこの働き方を選んだ』
 馬場正尊 林厚見 吉里裕也/著 ダイヤモンド社
 http://amzn.to/s7Ue1O
自分の働き方は自分でつくる!
やりたい仕事で自由に稼ぐ、会社員でもフリーランスでもない「いい
とこどり」の働き方。
【働き方3.0】やりたいことをやって、ちゃんと食べていく、自由と
幸せをデザインする新しい時代の、フリーエージェント・ワーキング。

★『小さな会社と小さな自分を大きくする51のスキル』
 安藤竜二/著 アスペクト
 http://amzn.to/rHEmFD
カネなし・コネなし・学歴なしからの“たたき上げ”ブランディング
プロデューサー、安藤竜二。
愛知県岡崎で立ち上げた「サムライ日本プロジェクト」は、いまや世
界が注目する。
そのブランディング業師が伝授する“自分術、仕事術”のすべて。

------------------------------------------------------------
★著者インタビュー
 『小さな会社と小さな自分を大きくする51のスキル』(アスペクト)
 安藤竜二さん
〜企画誕生のきっかけは、講演会の聴講者やお客様の“声”から。
            リアルな自分の経験だけにこだわり執筆〜
--------------------------------------------------------------
(著者紹介)
株式会社DDR代表取締役社長。
サムライ日本プロジェクト・総合プロデューサー。
1971年、愛知県岡崎市生まれ。
高校卒業後、ロックスターを夢見て上京するが挫折。
93年に岡崎の老舗木材会社の作業員からスタートして営業マンに。
2004年、上海で中国初のデザインギャラリー「KOO」をオープン。
06年、ブランディング・カンパニー、DDRを設立。
「サムライ日本プロジェクト」を立ち上げる。地元の“埋もれた逸品”
を「サムロック」とブランディングすることで、世界から注目される。
07年、経済産業省より地域中小企業サポーターに委嘱される。
著書に『地元の逸品を世界に売り出す仕掛け方―「知る人ぞ知る」を
「カネのなる木」に変える―』(ダイヤモンド社)。

株式会社DDR
http://www.ddr38.com/

安藤竜二OFFICIAL BLOG
http://ameblo.jp/ddr38/

『小さな会社と小さな自分を大きくする51のスキル』
http://amzn.to/rHEmFD

~~~~~

―――前作『地元の逸品を世界に売り出す仕掛け方』(ダイヤモンド社)
では、「サムライ日本プロジェクト」の立上げストーリーから、ブラン
ディングの実践的なヒントを得られる内容でしたが、本書はよりビジネ
ススキルのノウハウに特化した内容です。
 あらためて本書を執筆された経緯を教えてください。

安藤竜二さん(以下、敬称略) 
 私は全国を飛び回り、「中小企業だからこそできるブランディング術」
について、多くの中小企業の経営者や、個人商店の代表の方を相手にお話
をしています。
 また、講演だけでなく、実際に多数の中小企業のブランディングもお手
伝いしています。
 そんななか、講演の聴講者やお客様から「小さな会社でも大きく見せる
コツや、伝え方、そして自分自身のブランディングの実践的な方法」が知
りたいという声をいただくことが多く、本書を書くことになりました。

―――本書は具体的にどんな人に読んでもらいたいと思っていますか?

安藤 
 全国の中小企業の経営者や個人商店のオーナーさんもそうですが、今後、
起業・開業したいと思っている方、また大企業のなかで自分自身をしっか
りと発信しようと頑張っている方にも読んでもらいたいと思います。

―――今回の本では、「カネなし・コネなし・学歴なし」からのたたき上
げで身につけたことや、大小さまざまな失敗の経験、悔しかった思いなど
から得た気づきなど、ご自身が実際に身を持って自分のものにしてきたス
キルがたくさん紹介してあり、とても勇気づけられます。
 今回、51のスキルを選ぶにあたって、気をつけられたことやそこに込め
られた思いは、どんなことがありますか?

安藤 
 まずはリアルなこと。誰それがやったことではなく、実際に僕が経験し
て感じたこと、自分自身がそのとき何を思い、どう行動したのかをわかり
やすく伝えようと思いました。
 また、起業してからのことだけでなく、あえて起業するまでのサラリー
マン時代にしていたことも、その後の行動や現在の僕に繋がっているとい
う観点で取り入れました。

―――本書の執筆にあたり、苦労された点はありますか? また、それら
については編集者やエージェントから何かアドバイスがありましたか?

安藤 
 そうですね。苦労した点ではないのですが、エージェントの方からのア
ドバイスで気づきを得たことはあります。
 それは、自分では当たり前だと思っていた些細なことが、実は大多数の
人にとっては当たり前ではないということ。エージェントの方と自分の過
去を丁寧に振り返っていくなかで、あらためて気づかせていただきました。

―――本書を出して、周囲からはどんな反応がありましたか? また、読
者からの感想で印象に残っているものがあれば教えて下さい。

安藤 
 「2度、3度と読んでいる」「これをもとに自分はもちろん、会社の
スタッフの教育にも使っている」「地方で頑張っている」「方向性が見えた」
など、ブログやフェイスブック経由でご連絡をいただいたり、周囲の方から
直接感想をいただくことがたくさんあります。
 また、皆さんに共通して「元気が出た!!!」と言ってもらえることも
うれしいですね。

―――本を告知するために、具体的にはどんなことをされていますか?

安藤 
 FM愛知のパーソナリティーをしているので、そこでは多数の番組に出さ
せていただきました。
 また、メルマガの配信、フェイスブック、ブログも使っていますね。
 近くの本屋には、弊社製作のPOPを持っていき、置かせてもらっています。

―――ご自身の原稿内容を多くの方に理解していただくために、注意してい
ること、気をつけていることはありますか?

安藤 
 これは講演などでも気をつけていることですが、「分かりやすい言葉を使
うこと」です。英語の専門用語は使いません。皆さんが理解しやすく、共感
できる言葉で書いています。

―――企画を考える上で、どんなことをヒントにされていますか?

安藤 
 「20年前の自分だったら、どんな本が欲しいか」を考えています。
 今後は「なりたい目標の人はいるけど、その人に近づく方法が分からない」
という会社員の方に向けた本を、もっと、もっと、書いていきたいです。

―――最後になりますが、ビジネス書作家を目指すメルマガ読者の皆様に、
メッセージをお願いします。

安藤 
 本を出すということは、ものすごくすばらしい経験だと思います。
 自分の思いが多数の方に活字を通して伝わり、そしてその人の人生の一部に
なっていく。それってすごいことですよね。
 また、出版社、編集者、エージェント、そして本を売ってくれる書店の店員
さんと、本を出す過程ではたくさんの方と携わります。そんなみなさんの想い
を受け止めて自分のすべてを出し切って書いた本が、読者の方を勇気づけたり、
励ましたり、何よりも元気づけられるというのは、感無量です。
 僕もこれからも、がんばります!

・本日はどうもありがとうございました。

----------------------------------------------------------------
メルマガをお読みの皆さんで、本にしたら絶対売れる!!という
企画・原稿をお持ちでしたら、弊社あてにご応募ください。
くわしくは企画原稿検討の要項
(http://www.appleseed.co.jp/debut/)
をご覧ください。検討させていただきます。

ご意見・ご感想は(info@appleseed.co.jp)までお願いいたします。

【最後にお知らせ】

こちらにもどうぞご訪問ください。

・株式会社アップルシード・エージェンシーのサイト
http://www.appleseed.co.jp/

・公式ブログ
http://asagency.exblog.jp/

・はたらく社員のブログ
http://aastaff.exblog.jp/

・鬼塚忠「カフェリブロ作家養成ゼミ」ブログ
http://blog.goo.ne.jp/appleseed_august

・メルマガ「出版プロジェクト・物語小説編」
http://www.appleseed.co.jp/mailmagazine/
________________________________________________________________

配信 株式会社アップルシード・エージェンシー
編集 宮原陽介  文責 鬼塚忠
E-mail:info@appleseed.co.jp
http://www.appleseed.co.jp/
〒162-0824
新宿区揚場町2-12 セントラルコーポラス401
tel:03-3513-4325  fax:03-3260-4437

ついでに読みたい

出版プロジェクト・ビジネス書編

発行周期:  隔週刊 最新号:  2017/12/04 部数:  775部

他のメルマガを読む