出版プロジェクト・ビジネス書編

出版プロジェクト・ビジネス書編

■■+++++++++++++++++++++++++++
■■ 出版プロジェクト・ビジネス書編         2011.12.19
■■                             vol.178
■■                       発行:The Appleseed Agency Ltd.
■■+++++++++++++++++++++++++++

このメルマガでは、作家のエージェント・株式会社アップルシード・
エージェンシーが、あなたがベストセラー作家になるための情報とテ
クニックをお贈りします。

■CONTENTS----------------------------------------------------     
★トピックス                                
★12月の新刊のご案内                          
★編集者インタビュー
『プレゼンかけこみ寺』(天野暢子著)
 担当編集者 八島 心平さん(Nanaブックス)
 ~売れる本にするために、
        企画や原稿は、できるだけ多くの人の目に触れさせてみて~
--------------------------------------------------------------
■トピックス  ~所属作家たちの近況をお知らせします~
--------------------------------------------------------------
★12万部ベストセラー『東大生が教える!超暗記術」(徳田和嘉子著)
 のオーディオブックが発売になりました!
 日本最難関の東大入試を潜り抜けた著者が、苦労の末に見出した暗
 記のテクニックを「カンタンに」「楽しく」「わかりやすく」紹介!
 http://www.febe.jp/product/103663

★弊社所属のビジネス書作家・長野慶太さんが三田文学新人賞を受賞
 しました。新しい活躍に乞うご期待。
 http://www.amazon.co.jp/dp/B005PYWNW4/

★「BPnetビズカレッジ」で奥野宣之さんの新連載コラムがスタート!
 「3冊だけ」で仕事術向上! 奥野宣之「ビジネス書、徹底比較レビュー」
 http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20111209/293284/

★『人生は1冊のノートにまとめなさい』(ダイヤモンド社)を書い
 た奥野宣之さんが、ベストセラー『働く君に贈る25の言葉』の著者・
 佐々木常夫さんと「ダイヤモンド・オンライン」で、「記録するこ
 とのメリット」について対談しています。
 http://diamond.jp/articles/-/12306

★リクルートエージェントの細井智彦さんが、新刊『転職面接必勝法
  実践編』(講談社)で紹介している「内定率倍増ノウハウ」をベー
 スに作成した模擬面接の実例ムービーを公開中!
 指導した6000人が面接を突破している必見のノウハウ。
 本と合わせてご覧ください。
 http://asagency.exblog.jp/16153536/

★Facebookに弊社の公式ファンページを作りました。
 弊社所属作家の新刊情報、イベント情報などをリアルタイムでお知ら
 せしていきます。どうぞ、よろしくお願いします。
 http://on.fb.me/uIHLNQ

--------------------------------------------------------------
■12月の新刊案内                         
--------------------------------------------------------------  
★『20代女性がセックスしてない 彼女たちはなぜ男に求められない?』
 杉浦由美子/著 角川Oneテーマ21新書
 http://amzn.to/v97VT1
彼氏がいるのにセックスレス。自分の性生活と欲望を抵抗なく語る、
ごくごく普通の現代20代女性たち。取材して浮かび上がってきた、
彼女たちが考える「社会性」とは……? 
30代以上とは明らかに違う。20代女性は何を考えているのか。
「セックス<社会性」世代のつらさ。

★『だから、僕らはこの働き方を選んだ』
 馬場正尊 林厚見 吉里裕也/著 ダイヤモンド社
 http://amzn.to/s7Ue1O
自分の働き方は自分でつくる!
やりたい仕事で自由に稼ぐ、会社員でもフリーランスでもない「いい
とこどり」の働き方。
【働き方3.0】やりたいことをやって、ちゃんと食べていく、自由と
幸せをデザインする新しい時代の、フリーエージェント・ワーキング。

★『小さな会社と小さな自分を大きくする51のスキル』
 安藤竜二/著 アスペクト
 http://amzn.to/rHEmFD
カネなし・コネなし・学歴なしからの“たたき上げ”ブランディング
プロデューサー、安藤竜二。
愛知県岡崎で立ち上げた「サムライ日本プロジェクト」は、いまや世
界が注目する。
そのブランディング業師が伝授する“自分術、仕事術”のすべて。

★『カルテット!』
 鬼塚忠/著 河出書房新社
 http://amzn.to/rrip1x
バイオリニストとして将来が有望視される中学生の開だが、その家族は
崩壊寸前。そんな中、家族カルテットで演奏することになって……。
家族、初恋、音楽を描いた、涙と感動の青春&家族物語、待望の文庫化。
映画化! 浦安にて12月17日より先行上映、1月7日より全国公開!

★『だから損する日本人』
 石角完爾/著 阪急コミュニケーションズ
 http://amzn.to/tAy8kX
反論をしない、歯並びに無頓着、CAやウェイトレスに笑顔を見せな
い……典型的な日本人の考え方や振る舞いがどれほど欧米人からバカ
にされ、本当に「ちょっとしたこと」でどれだけ日本人が国際場裡で
損をしているか。世界を飛び回る国際派弁護士で「ユダヤ人」でもあ
る著者が、ゼッタイに損をしない「世界標準」の作法を語ります。

★『あいづちひとつで会話がとぎれない話し方のコツ66』
 北原千園実/著 永岡書店
 http://amzn.to/rzIISd
会話の基本要素の「聞く」「話す(質問する)」「答える(話してもら
う)」を、それぞれどのようにすれば会話が弾み、相手とコミュニケー
ションをうまくとれるかを紹介します。

★『日本代表・李忠成、北朝鮮代表・鄭大世
            ~それでも、この道を選んだ』
 古田清悟・姜成明/著 光文社
 http://amzn.to/ssZQFC
それぞれの「道」を選んだ2人のサッカー人生が、ワールドカップを
賭けた舞台で交差<クロス>する。2人のテレビディレクターが3年
間追い続けた、「代表ストライカー」の苦難と絶望、そして歓喜。

★『「必ず眠れる」技術』
 森下克也/著 角川SS新書
 http://amzn.to/vRwNZo
数多くの患者の不眠の悩みに応えてきた心療内科医が、気持ちよく眠
るために“真に役立つ方法”を紹介。睡眠不足のビジネスマンから、
加齢による寝不足に悩む方まで、眠りのトラブルを抱えるすべての方
に役立つ本です。

★『誰でもリーダーになれる3つの約束』
 和田裕美/著 幻冬舎
 http://amzn.to/rSqgJf
25歳で部下100人を率いた、元世界No2セールスウーマンが贈る“上司
の入門書”。
「リーダーになろうとする人にもともとの資質なんて必要ない」。
この考えを土台に、著者が実践してきた3つの「約束」とは?
今日からすぐに着手できる、部下から信頼を得てのびのびと成長させ
るための実践テクニックを紹介! 

★『ランニング手帳2012』
 池田美穂/著 ディスカヴァー・トゥエンティワン
 http://amzn.to/usRo3m
シドニー五輪金メダリスト 高橋尚子さん推薦!
アシックスランニングクラブコーチによる、毎日書きこむだけで無理
なく楽しく続けられる、ランナーのための手帳、ついに登場!
目標距離達成シート、大会記録シート、フルマラソンラップタイム表、
マラソン大会一覧など、お役立ち情報も満載!

★『自分を広告する技術』
 佐藤達郎/著 講談社
 http://amzn.to/qhRkLp
大手広告会社で長年クリエイティブディレクターを務め、カンヌ国際
広告祭で審査員も務めた著者が、最先端の広告事例を参考にしながら、
就活やビジネスの場面で「抜け出す」ためのノウハウを紹介。
広告が磨き上げてきたテクニックを、「自分という商品」を売り込む
ときに活用しないのはもったいない!

★『プレゼンかけこみ寺』
 天野暢子/著 ナナ・コーポレート・コミュニケーション
 http://amzn.to/lygV6f
「困った!」「どうしよう……」「恥ずかしくて聞けない」
プレゼンのあらゆる場面で、そんな経験がある人は多いはず。
本書では、資料の作成から話し方、トラブル対策まで、安心して本番
に挑むための実践的な知恵を“プレゼン・コンシェルジュ"が紹介。
Q&A方式と豊富な図解で初心者にもやさしい、手元に必携の1冊です。

------------------------------------------------------------
★編集者インタビュー
『プレゼンかけこみ寺』(天野暢子著)
 担当編集者 八島 心平さん(Nanaブックス)
 ~売れる本にするために、
        企画や原稿は、できるだけ多くの人の目に触れさせてみて~
--------------------------------------------------------------
『プレゼンかけこみ寺』
http://amzn.to/lygV6f

~~~~~

・この企画をご覧になって、どの部分に魅力を感じて書籍化しようと
思われましたか?

八島心平さん(以下敬称略)
 第一はタイトルです。「かけこみ寺」という言葉に、プレゼンで悩
む人に対する訴求力があると感じました。
 第二は、目次構成です。プレゼン分野で実績のある著者の天野暢子
さんならではの要素が凝縮されており、対象読者の共感を広く得やす
い書籍になるのでは、と考えました。

・プレゼンテーションのポイントをQ&A方式で紹介している本書ですが、
Qの大部分がNanaブックスのみなさんで考えられたものだと、天野さん
から伺いました。どんなことを意識してQを立てましたか?

八島
 対象読者の目線でQを想定できるか?という点です。
 対象読者のレベルをどこまで下げるか(または上げるか)といった
点に留意し、アップルシード・エージェンシーの宮原陽介さんにも多
大なご助言をいただきながらQを作成していきました。

・本書の製作過程で、いちばん苦労した点、気をつけた点はどんなと
ころですか?

八島
 上記と重複しますが、「読者がわからないこと、知りたいことを本
当にQ&Aで提供できているか」です。
 稿を重ねるなかで、この部分は天野さん、宮原さんと度々すり合わ
せを行いながら進めさせていただきました。
 震災の影響もあり、かなりタイトなスケジュールでの進行は苦労し
ました。

・今回、プレゼンに関する本をつくるにあたって、このテーマの著者
としての天野さんの魅力、類書の著者にはない強みはどんな点にある
とお考えですか?

八島
 テレビ業界で培った多くのプレゼンノウハウを体系立てて保持され
ているところです。加えて、その溢れんばかりのバイタリティ、フッ
トワーク力は天野さんならではの魅力です。
 企画すり合わせ~原稿ご執筆~販促と、すべての面で精力的にご活
動され、制作側としても大きな励みをいただきました。

・タイトル、書店での売り方などは、どのような工夫をされましたか? 
また、この本を告知していくにあたって、どのようなことを実施されて
いますか? その反響なども併せて教えて下さい。

八島
 今回は、特に類書比較を徹底しました。
 実際の販促活動とは少し異なるのですが、類書との重複項目の精査や、
カバーなどの要素も含めて天野さんの既刊書ともどう差異化していくか
を検討しました。
 本書の告知では、弊社が発行している月刊誌媒体『月刊総務』での著
者・書籍紹介を行いました。
 併せて天野さんの側でも、積極的に書店様などへのPR活動を行なって
いただいています。

・普段、著者の発掘方法、企画のテーマを考えるときのポイント、アン
テナの張り方、情報の集め方についてどんなことを意識されていますか?

八島
 「読者が読後に一つでも具体的なアクションを取ることができる」企
画作りを念頭に置いています。

・本が売れないと言われて久しいですが、ご担当される本に関して、類
書との差別化や店頭でのアピールなど、制作~販売において常に工夫さ
れている、もしくは気をつけていらっしゃるポイントなどはありますか?

八島
 類書設定です。自分が立てた企画に類書を設定するのも自分なので、
必ず主観が入ります。「この本が類書だったら企画が通りやすくなる」
などの色気を考えず、本当にこの類書は類書足りえているのか、という
点を疑うようにしています。

・八島さんは、普段どんなテーマの本を手がけていらっしゃいますか? 
また、今一番「作ってみたい」と思っているのはどんなテーマですか?

八島
 直近ではメールやソーシャルメディア、クラウドツールなどを用いた
仕事術関連の書籍です。
 自分の仕事の進め方にも直結しそうなテーマを扱うことが増えています。
 今後は、そうしたツールの使い方、仕事の進め方を生活面に応用した
書籍を形にしたいと思っています。

・「一緒に本を作ってみたい」と思う著者はどんな人物ですか? 逆に、
「こんな著者とは一緒に作りたくない」と思うのは、どんな人物ですか?

八島
 企画出し~企画承認~原稿執筆~脱稿と、フェーズごとの目標を共有
できる著者の方は、私に限らず多くの編集者に好まれると思います。
 特に、企画の正式承認に向けて、編集者と一緒に歩いていただける執
着心のある著者の方との本作りは熱がこもります。
 できればご一緒したくないな……と思ってしまう方は、上述とは逆の
パターンの著者の方です。

・本作りにエージェントが関わることのメリットにはどのようなことが
あると思われますか?

八島
 数多くの出版社を相手に企画提案・交渉を行なう目利き中の目利きな
ので、一出版社の編集者が察知し得ない多くの情報を教えてもらえるケ
ースがあります。
 そうした「本作りのエキスパート」が書籍作成に関わることは、「売
れる本」を作る上で、著者にも出版社側にも大きなメリットがあります。

・ビジネス書作家を目指す読者の方へメッセージをお願いいたします。

八島
 ビジネス書はご自身の企画を書籍という形にしやすいジャンルですが、
その分売れる書籍にすることも難しいジャンルです。
 ご自身の企画を売れる本にするためにも、ご自分で温められた企画や
原稿は、できるだけ多くの人の目に触れさせることをおすすめします。

・本日はどうもありがとうございました。

----------------------------------------------------------------
メルマガをお読みの皆さんで、本にしたら絶対売れる!!という
企画・原稿をお持ちでしたら、弊社あてにご応募ください。
くわしくは企画原稿検討の要項
(http://www.appleseed.co.jp/debut/)
をご覧ください。検討させていただきます。

ご意見・ご感想は(info@appleseed.co.jp)までお願いいたします。

【最後にお知らせ】

こちらにもどうぞご訪問ください。

・株式会社アップルシード・エージェンシーのサイト
http://www.appleseed.co.jp/

・公式ブログ
http://asagency.exblog.jp/

・はたらく社員のブログ
http://aastaff.exblog.jp/

・鬼塚忠「カフェリブロ作家養成ゼミ」ブログ
http://blog.goo.ne.jp/appleseed_august

・メルマガ「出版プロジェクト・物語小説編」
http://www.appleseed.co.jp/mailmagazine/
________________________________________________________________

配信 株式会社アップルシード・エージェンシー
編集 宮原陽介  文責 鬼塚忠
E-mail:info@appleseed.co.jp
http://www.appleseed.co.jp/
〒162-0824
新宿区揚場町2-12 セントラルコーポラス401
tel:03-3513-4325  fax:03-3260-4437

ついでに読みたい

出版プロジェクト・ビジネス書編

発行周期:  隔週刊 最新号:  2017/12/04 部数:  775部

他のメルマガを読む