出版プロジェクト・ビジネス書編

出版プロジェクト・ビジネス書編

■■+++++++++++++++++++++++++++
■■ 出版プロジェクト・ビジネス書編         2011.11.21
■■                             vol.176
■■                       発行:The Appleseed Agency Ltd.
■■+++++++++++++++++++++++++++

このメルマガでは、作家のエージェント・株式会社アップルシード・
エージェンシーが、あなたがベストセラー作家になるための情報とテ
クニックをお贈りします。

■CONTENTS----------------------------------------------------     
★トピックス                                
★11月の新刊のご案内                          
★編集者インタビュー
『誰でもリーダーになれる3つの約束』(和田裕美著)
 担当編集者 長濱良さん(幻冬舎)
~「リーダーシップ本」を越えた、
      人間関係を築くための普遍的な作品。それが本書です~
--------------------------------------------------------------
■トピックス  ~所属作家たちの近況をお知らせします~
--------------------------------------------------------------
★弊社所属のビジネス書作家・長野慶太さんが三田文学新人賞を受賞
 しました。新しい活躍に乞うご期待。
 http://www.amazon.co.jp/dp/B005PYWNW4/

★「BPnetビズカレッジ」で奥野宣之さんの新連載コラムがスタート!
 「3冊だけ」で仕事術向上! 奥野宣之「ビジネス書、徹底比較レビュー」
 http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20111024/288360/

★『人生は1冊のノートにまとめなさい』(ダイヤモンド社)を書い
 た奥野宣之さんが、ベストセラー『働く君に贈る25の言葉』の著者・
 佐々木常夫さんと「ダイヤモンド・オンライン」で、「記録するこ
 とのメリット」について対談しています。
 http://diamond.jp/articles/-/12306

★リクルートエージェントの細井智彦さんが、新刊『転職面接必勝法
  実践編』(講談社)で紹介している「内定率倍増ノウハウ」をベー
 スに作成した模擬面接の実例ムービーを公開中!
 指導した6000人が面接を突破している必見のノウハウ。
 本と合わせてご覧ください。
 http://asagency.exblog.jp/16153536/

★Facebookに弊社の公式ファンページを作りました。
 弊社所属作家の新刊情報、イベント情報などをリアルタイムでお知ら
 せしていきます。どうぞ、よろしくお願いします。
 http://on.fb.me/uIHLNQ

--------------------------------------------------------------
■11月の新刊案内                         
--------------------------------------------------------------  
★『日本代表・李忠成、北朝鮮代表・鄭大世
            ~それでも、この道を選んだ』
 古田清悟・姜成明/著 光文社
 http://amzn.to/ssZQFC
それぞれの「道」を選んだ2人のサッカー人生が、ワールドカップを
賭けた舞台で交差<クロス>する。2人のテレビディレクターが3年
間追い続けた、「代表ストライカー」の苦難と絶望、そして歓喜。

★『「必ず眠れる」技術』
 森下克也/著 角川SS新書
 http://amzn.to/vRwNZo
数多くの患者の不眠の悩みに応えてきた心療内科医が、気持ちよく眠
るために“真に役立つ方法”を紹介。睡眠不足のビジネスマンから、
加齢による寝不足に悩む方まで、眠りのトラブルを抱えるすべての方
に役立つ本です。

★『誰でもリーダーになれる3つの約束』
 和田裕美/著 幻冬舎
 http://amzn.to/rSqgJf
25歳で部下100人を率いた、元世界No2セールスウーマンが贈る“上司
の入門書”。
「リーダーになろうとする人にもともとの資質なんて必要ない」。
この考えを土台に、著者が実践してきた3つの「約束」とは?
今日からすぐに着手できる、部下から信頼を得てのびのびと成長させ
るための実践テクニックを紹介! 

★『ランニング手帳2012』
 池田美穂/著 ディスカヴァー・トゥエンティワン
 http://amzn.to/usRo3m
シドニー五輪金メダリスト 高橋尚子さん推薦!
アシックスランニングクラブコーチによる、毎日書きこむだけで無理
なく楽しく続けられる、ランナーのための手帳、ついに登場!
目標距離達成シート、大会記録シート、フルマラソンラップタイム表、
マラソン大会一覧など、お役立ち情報も満載!

★『自分を広告する技術』
 佐藤達郎/著 講談社
 http://amzn.to/qhRkLp
大手広告会社で長年クリエイティブディレクターを務め、カンヌ国際
広告祭で審査員も務めた著者が、最先端の広告事例を参考にしながら、
就活やビジネスの場面で「抜け出す」ためのノウハウを紹介。
広告が磨き上げてきたテクニックを、「自分という商品」を売り込む
ときに活用しないのはもったいない!

★『和田裕美の営業手帳2012』
 和田裕美/著 ダイヤモンド社
 http://amzn.to/qzqGVG
営業のカリスマ・和田裕美さんの仕事に対する思想がすみずみにまで
反映された手帳です。例えば「仕事は週の前半に終わらせる」という
ことを週間スケジュール表に反映させ、水曜日と木曜日の境界線が太
かったり、月末近くには「ラストまであと3日」といった言葉が小さ
く入っていたり、和田さんにじかに励まされている気になれます。

★『FCバルセロナの人材育成術』
 村松尚登/監訳 アルベルト・プッチ・オルトネーダ/著
 アチーブメント出版
 http://amzn.to/owcIQN
FCバルセロナは、トップチームからジュニアまで世界最高峰のレベル
にありながら、チームを勝利に導きながら、メッシやシャビをはじめ、
世界的なスター選手の育成に成功しています。そのバルサのカンテラ
(下部組織)のテクニカルディレクターである著者が、バルサの指導
哲学を現役選手のインタビューを交えながら、明らかにします。

★『ここから。』
 鎌田實・山本高史 KKベストセラーズ
 http://amzn.to/qzqGVG
医師の鎌田實と、コピーライターの山本高史。この異色コンビが語る
新しい尺度のコミュニケーション論です。ココロとコトバのおっさん
による、これからの日本を生き抜くヒントを伝授します。

★『心を元気にする処方せん』
 奥田弘美/著 保健同人社
 http://amzn.to/qYQ1Rt
毎日をもっと明るくポジティブに過ごすために、同じ悩みを自力で改
善してきた人たちがどう工夫し、どう乗り越えたのか、その生の声を
お届けします。ちょっとした生活の工夫やアイデアなど「心を元気に
する処方せん」が満載。“プチうつ”から抜け出すための新しいタイ
プのセルフケアBookです。

★『監督ザッケローニの本質』
 片野道郎、アントニオ・フィンコ/著 光文社
 http://amzn.to/pBcotk
ベストセラー『モウリーニョの流儀』の著者とイタリア人敏腕記者に
よる、「ザック本の決定版」登場!
デル・ピエーロ、アルベルティーニ、サッキ、モラッティ……キーパ
ーソンが語る「監督ザッケローニの本質」とは?
ワールドカップ予選、そして2014年ブラジル大会に向けて、日本サッ
カーのこれからを見届けていくために、いま必読の1冊。
 
★『プチ菜園生活のすすめ』
 中村純子/著 ディスカヴァー・トゥエンティワン
 http://amzn.to/oyGSn7
カフェリブロ作家養成ゼミ出身の著者が、婚活に続き、いま流行の個
人農園の体験談をまとめたコミックエッセイ。ベランダ菜園の楽しみ
方や菜園生活の醍醐味など、食生活を安全に楽しくするヒントがいっ
ぱい詰まっています。

★『40代から上り調子になる人の77の習慣』
 霜田里絵/著 文藝春秋
 http://amzn.to/q3ovoK
40代から上り調子になる人と、老化の坂道を転げ落ちる人の違いは
「脳にいい習慣」にあり。銀座にクリニックを開業する脳神経内科医
の著者が、今日からできる脳を若くする77の方法を伝授します。

------------------------------------------------------------
★編集者インタビュー
『誰でもリーダーになれる3つの約束』(和田裕美著)
 担当編集者 長濱良さん(幻冬舎)
~「リーダーシップ本」を越えた、
      人間関係を築くための普遍的な作品。それが本書です~
--------------------------------------------------------------
『誰でもリーダーになれる3つの約束』
http://amzn.to/rSqgJf

~~~~~

・著者の和田裕美さんと今回初めてお仕事された中で、感じたことが
あれば教えてください。

長濱良さん(以下敬称略)
 和田さんには、休日も昼も夜も関係なく連絡が通じる、常にお仕事
をされているという印象があります。私にとっては、「いつもONの
方」です。
 でも、直接お会いすると、疲れはもちろん、日々の多忙さを、決し
てお見せになられることはありません。そして、いつも元気や力を、
大して忙しくもない私の方がいただいてしまいます。著者と編集者は
本来逆の立場であるはずで、申し訳ないのですが……。

・最初にこの本の企画をご覧になり、どんな部分に魅力を感じて書籍
化しようと思われましたか?

長濱
 作品の骨格を拝読したとき、こんなリーダーがいて欲しい、と思っ
たのがすべてです。
 一読して、厳しいけれど優しくてあたたかい、人間臭いリーダー像
がパッと頭に浮かび、こんな人についていきたいと強烈に思いました。
 また、和田さん初のリーダーシップ本という挑戦的な面も、僭越で
すが、大きな「魅力」と映りました。

・今回、「リーダーシップ」に関する本をつくるにあたって、このテ
ーマの著者としての和田裕美さんの魅力や、類書の著者にはない強み
はどんな点にあるとお考えですか?

長濱
 この作品は、和田さんがリーダーとしての資質が自分自身にないと
自覚されてから、何度も何度も課題や壁にぶつかりながら、一つずつ
それをクリアし、真のリーダーになられていった「痕跡」です。
 だからこそ、その中で見出された、人に行動の動機を与えて、成長
を促す手法は具体的で生々しく、読む側の胸にスッと落ちてきます。
 「リーダーの資質」って、よく耳にする言葉ですが、幼少期に誰も
が教えられたことを大人になっても忘れず、見落とさず、実直に繰り
返しできることが、大切な資質のひとつであることを実感できます。
 それは、上司と部下という関係のみならず、例えば、先輩と後輩、
保護者と子ども、友人同士、同僚同士という関係性の中でも、大切な
心配り、心づかいであることに気づくことができます。
 「リーダーシップ本」を越えた人間関係を築くための普遍的な作品。
それが強みだと思います。

・本書の製作過程で、いちばん苦労した点はどんなところですか?

長濱
 初めて和田さんの作品を担当させていただきました。すべては私の
力不足が原因ですが、編集がどこまで原稿に手を出していいのか、と
ても迷いました。
 当初手を加えすぎてしまい、和田さんの魅力を損なう原稿にしてし
まいました。結果として、和田さんに最初から書き直していただくこ
とになってしまいました。
 とても時間がかかってしまい、和田さんには多大なご尽力をいただ
いてしまいました。

・和田さんの著書は、どの本も独特の会話調や自然体の文体が共感し
やすいと好評ですが、今回そのあたりについては、何か意識をされま
したか?

長濱 
 私が当初手を加えてしまい、損なってしまった和田さんの魅力とは、
まさにその独特の文体です。ですので、和田さんに再度お書き直しい
ただいたあとは、その点を強く意識して製作をしました。
 あくまで読者と同じ目線に立って語りかける文体は、メッセージが、
染み入るように伝播する効果があるのだと感じています。

・和田さんは今回の執筆で、過去の会話やエピソードを思い出したり
アレンジしたりするのに苦労されたとおっしゃっていましたが、編集
側は、どんな点を意識していましたか?

長濱
 単なるノウハウ本にとどまらず、和田さん自身が真のリーダーにな
られた「痕跡」というコンセプトを強く押し出して、そこから編み出
されたノウハウの生々しさ、奥深さ、暖かさをお伝えいただきたかっ
たので、各項目にエピソードをお入れいただくよう、しつこいほど繰
り返しお願いしてしまいました。
 和田さんにはとてもご苦労をお掛けしてしまったのですが……。

・リングのようなシンプルなデザインが目を引くカバーとなっていま
すが、装丁にはどのような思い、狙いがこめられていますか?

長濱
 2つのリングの組み合わせは、人が人についてくる、人と人が繋が
るといった作品全体のコンセプトを、デザイナーの方に表出していた
だきました。
 和田さん初のリーダーシップ本ということもあり、永く読者にお読
みいただきたい、いつまでも手にお取りいただきたいという願いを込
めて、より王道的な、よりシンプルなデザインにしていただきました。 

・タイトルなどは、どのような工夫をされましたか? 

長濱
 当初、『資質ゼロでもリーダーになれる3つの約束』がタイトルで
したが、発行直前になって変更させていただきました。
 和田さんのこれまでの作品のタイトルは、前向きな内容が多く、そ
れが読者の方の心を掴んできたのだろうという判断からです。
 『3つの約束』の『3つ』は、量的なハードルの低さを強調したか
ったのではありません。リーダーだからといって大上段に構えるので
はなく、まずは誰もができる心配り、心づかいを実直にやっていくこ
とが大切だという質的な思いを込めています。

・この本を告知していくにあたって、どのようなことを実施されてい
ますか?

長濱
 告知は、新聞広告なども打たせていただいておりますが、ビジネス
誌などの編集部の方に直接お伺いしてPRさせていただくといった、
地道な活動をしています。
 おかげさまで、発売以来、堅調な売行きです。

・本日はどうもありがとうございました。

----------------------------------------------------------------
メルマガをお読みの皆さんで、本にしたら絶対売れる!!という
企画・原稿をお持ちでしたら、弊社あてにご応募ください。
くわしくは企画原稿検討の要項
(http://www.appleseed.co.jp/debut/)
をご覧ください。検討させていただきます。

ご意見・ご感想は(info@appleseed.co.jp)までお願いいたします。

【最後にお知らせ】

こちらにもどうぞご訪問ください。

・株式会社アップルシード・エージェンシーのサイト
http://www.appleseed.co.jp/

・公式ブログ
http://asagency.exblog.jp/

・はたらく社員のブログ
http://aastaff.exblog.jp/

・鬼塚忠「カフェリブロ作家養成ゼミ」ブログ
http://blog.goo.ne.jp/appleseed_august

・メルマガ「出版プロジェクト・物語小説編」
http://www.appleseed.co.jp/mailmagazine/
________________________________________________________________

配信 株式会社アップルシード・エージェンシー
編集 宮原陽介  文責 鬼塚忠
E-mail:info@appleseed.co.jp
http://www.appleseed.co.jp/
〒162-0824
新宿区揚場町2-12 セントラルコーポラス401
tel:03-3513-4325  fax:03-3260-4437

ついでに読みたい

出版プロジェクト・ビジネス書編

発行周期:  隔週刊 最新号:  2017/12/04 部数:  776部

他のメルマガを読む