林英臣の元氣メール

林英臣の元氣メール第1134号「言ったからにはやる、やるからこそ言う。言うが成る、だから誠!」

カテゴリー: 2019年03月14日
★☆林英臣の元氣メール第1134号☆★ 31年第16号 雅号は綜観(そうかん)
「言ったからにはやる、やるからこそ言う。言うが成る、だから誠!」
平成31年3月14日 皇紀2679年(西暦2019年)本暦(旧暦)二月八日
====================================
こんにちは。本当に早いもので、来週はお彼岸ですね。
明日から西日本3連戦!神戸→広島→大阪を回ります。

◆本号の「日記」の小見出しです。→内容は下記をご覧下さい。
☆浜松・東林志塾(日内地孝夫塾頭)で“3本立て”の講義
◆本号の「評論・随筆」の小見出しです。→内容は下記をご覧下さい。
☆演説が当落を決める!~説得には順序がある~

◆連載から、ちょっとご紹介!→詳しくは下記をご覧下さい。
結局、信用の基本は言行一致にあります。言ったからにはやる、やるからこそ
言う。そうして言うが成れば誠(まこと)となります。「武士に二言無し」と言う
ように、昔から日本人は信用の積み重ねを大事にしてきました。

◆久し振りに政経倶楽部・千葉支部で話します!
★政経倶楽部連合会・千葉支部例会 3月20日(水)開場 午後5時30分
会場:ホテルグリーンタワー幕張 ※最寄り駅JR海浜幕張駅徒歩2分
演題:列島と半島の歴史的違い~甘く見てはいけない朝鮮半島情勢
連絡・お申込先:一般社団法人政経倶楽部連合会事務局長 眞壁和彦さん
   http://www.seikei-club.jp MAIL info@seikei-club.jp

====================================
●日記● 平成30年3月12日

◆3月12日(火)、浜松・東林志塾(日内地孝夫塾頭)で講義。
前回から“3本立て”で話すようにしている。

【1時間目】は世界情勢について下記の内容を述べる。
「北朝鮮は、米朝首脳会談によって経済制裁の解除を期待したがダメだった。
南北平和統一への道が頓挫したことに、韓国文大統領は落胆。行き場を失った
文大統領は、一転して日本との関係悪化を避けようとしているようだが具体的
提案は無い。体制崩壊を恐れる北朝鮮は、やはり核とミサイルに頼るか?
朝鮮半島は極東の火薬庫!巻き込まれてはならぬ。」

【2時間目】は、人生の骨格を養う「論語」講座で下記の内容を説く。
中年以降に出会った友人との交際の心得~淡交と節度。
悪政が行われているときは、愚者のふりをしてでも、ときを待たねばならない。
日本では「天道」=「皇道」となることで、「人道」と「政道」が矛盾しない。

【3時間目】は、戦前に書かれた封印の書『学術維新原理日本』講話。
マルクスが唱えた「労働価値説」の問題点について学ぶ。

====================================
●評論・随筆●

◆演説が当落を決める!~説得には順序がある~◆

間もなく統一地方選が始まる。当落を決するのは、やはり演説だ。

熱意を込めなければ誰も振り向いてくれないものの、ただ絶叫して終わる
ようでは情けない。分かり易く順序立てて話すことも心掛けよう。
一つのパターンとして、下記の話し方はどうだろうか。

まず、地域や地区の良さを誉める!歴史・風土・人情・資源・産業など
次に、地域の問題点を挙げる!これから起こる危機をしっかり突く
続いて、それに対する解決策を掲げる!具体案を数カ条
最後に、共にこの地域に住むことの「利」を説く!

話す順序は、1誉める→2危機を突く→3解決案→4トドメ。

1で心を開き、2で“眠り”から覚めて貰う。「では、どうしたらいいのか」と
感じてきた頃に3を述べ、4で「この候補者に託そう」と心に決めていただく。

これこそ支那戦国時代に、弁舌で活躍した縦横家らによる説得の要諦なり。

あの候補者のスピーチは全然違う、心にグッと来て希望を持てた。今まで
モヤモヤしていた気持ちがスッキリ整理された。そう言われるよう、しっかり
コトダマ砲を磨いて欲しい!

○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○
下記連載は、林英臣が説いてきた「綜學」を解説しています。一言で言えば、
綜學は綜合学問です。現代文明の行き詰まりを解決し、人類を危機から救う
には、人類全体を見渡し、その英知を綜合することの出来る学問が必要である
という思いによって体系化しました。読者の人生や経営の悩みを救うヒントも、
きっと見つかることでしょう。可能な限り、分かり易く書いてまいります。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【綜學】現代文明の行き詰まりを救う全体学~連載その135

◇言ったからにはやる、やるからこそ言う。言うが成る、だから誠!◇

それから、短期の心得として、信用構築の必要性を述べておきます。とかく本音
は行動に現れるものです。それも小事や細事に現れます。そこで、今出来る小事
をやっているかどうかや、小さな約束を守れるかどうかが肝腎となり、それらを
見れば信用に足る人かどうかが判明することになります。

どんなに大きな夢を描いていても、今出来る小事に全然取り組んでいないよう
では、結局何も為すことなく終わる可能性が高いです。実際に行うのはまだ先だ
と考えて、今出来る準備を何一つ進めないまま過ごしていたら、もしもチャンス
が来たとしても立ち上がることは難しいでしょう。日々の鍛錬や勉学、志の
確認、情報の収集、資金の積み立てなど、天命に向かって今からやっておくべき
事はいろいろあるはずです。

小さな約束としては、何気なく頼まれた事や、集合時間・締切日などを守ること
が肝腎です。時間を大和言葉で「とき」と言います。「とき」の「と」は戸・
閉じる・止まる・留めるの「と」で閉止を、「き」はきつい・厳しいの「き」で
強烈・厳粛な様子を表します。即ち「とき」は、強く止まるもの・厳然と刻まれ
ていくもののことであり、活動し躍動することによって強く刻まれていく足跡が
時間(時刻)なのです。

そうであれば、何もしなければ時間は進みませんし、進化も止まったままとなり
ます。それも、自分の時間をストップさせたままならまだしも、小さな約束を
守らないことによって相手の時間をも阻害してしまったら、全治の進化を阻止
してしまうことになってしまいます。日本人が時間を守るのは、共に「とき」を
刻み合うことによってお互いの天命を成就し、全体の生成発展を図ろうとする
悲願があるからです。

結局、信用の基本は言行一致にあります。言ったからにはやる、やるからこそ
言う。そうして言うが成れば誠(まこと)となります。「武士に二言無し」と言う
ように、昔から日本人は信用の積み重ねを大事にしてきました。

小さな約束を守るというのは、言い換えれば小さな仕事をキチンとやり切ると
いうことです。そういう誠実な人のところに、やがて大きな仕事がやって来る
ものです。世間は、その人の「まこと」を確認し、責任感の有無を見て重要な
仕事を頼んでくるというわけです。

兎に角、目の前の取り組みを立志大成に繋(つな)げていくよう心掛けましょ
う。二宮尊徳翁は「小を積んで大と為せ(積小為大)」と唱え、松下幸之助翁は
「成功の要諦は、成功するまで続けるところにある」と教えました。

筆者は、この二人の教えを組み合わせ、「大きな成功の要諦は、小さな事を成功
するまで積み重ねるところにある」と弟子たちに説いています。

それから、努力と結果の間に生ずるタイムラグにも注意しましょう。今日の努力
が成果として現れるのは、来月かも知れないし来年かも知れません。努力が直ち
に結果に繋がるのは、何事であれ少し慣れてきた初期の頃の話であり、先へ進む
ほど如何に努力しようが苦心しようが、なかなか進歩しない自分に苛立ちを
感じる時期があります。そういうときこそ、努力と結果の間に生ずるタイムラグ
に負けてはいけないのです。

なお、3つの団子を貫いている串ですが、その一番元があるのが「原点」、
つまり人生の種です。原点からきちんと伸びた串ならば、長期・中期・短期の
3つの団子を、しっかり刺し通すことが出来ます。(続く)

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
◆林塾・塾士が講義する綜學講座のご案内 ※下記以外にも多数の塾士が、
綜學と原点・大局・本氣・徹底の講義・指導を全国各地で行っています。
関東:「むさしの綜學塾」
綜學師範代・伊藤央(ひさし)塾士(5期生、東京都小平市議)
https://www.facebook.com/musashino.sougakujuku/?fref=ts

関西:「綜學社福丸塾」
綜學師範代・福丸孝之塾士(1期生、大阪府茨木市議)
https://www.facebook.com/sogakushafukumarujuku/?fref=ts

関西:「一般社団法人・松南志塾」
綜學師範代・南出賢一塾士(4期生、大阪府泉大津市長)
https://www.facebook.com/events/117101805577735/?fref=ts

◆綜學実践会のご案内
会場:綜學社京都研修所
担当:末利公一学匠、桑原恭祐学匠
問い合わせは→ koichi.suetoshi@gmail.com

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
☆林英臣政経塾「政治家天命講座」第14期を開講中!
→ http://www.hayashi-hideomi.com/seikeijuku/
関東講座・関西講座・九州講座

◆政治家志望ではないが、政治家天命講座には参加してみたいというご要望を
しばしば頂きます。林塾の支援会員になって下されば、全国各地開催の講座を
何回でもご聴講頂けます。林塾の「国是議会」へもご案内申し上げます。
詳しくは下記をご覧下さい。何卒宜しくご支援の程お願い申し上げます。
http://www.hayashi-hideomi.com/seikeijuku/%e5%bf%97%e6%8f%b4%e4%bc%9a%e5%93%a1%e5%8b%9f%e9%9b%86/

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
◆林英臣(綜観)が全国各地で熱講!◆
【講演テーマ例】※単発講演だけでなくシリーズ講座も可能です。
☆松下幸之助翁の「遺言」~松下政経塾生に本当に求めていたこと~
☆「側近学」入門~ナンバー2・側近・軍師をどう見つけるか~
☆西郷隆盛が心服した男~橋本左内と『啓発録』に学ぶ立志の基本
☆やまと言葉と日本人の感性~アは開く、ウは閉じる、そして名前の意味は~
☆強国を相手に外交を全うした大政治家、小村寿太郎の胆力はどこから来たか!
☆渋沢栄一と松下幸之助から学ぶ日本経営道~公益経営7つのキーワード~
☆『徒然草』で味わう中世の心 鎌倉武士と質実剛健、もののあはれと無常観
☆織田信長と天下布武~悪名を残してでも立ち向かったのは何のためか?
☆赤穂義士に学ぶ「武士の一分」~忠臣蔵に感動する間は、日本はまだ大丈夫~
☆空海に学ぶ日本人の大きさ~大宇宙と自分を結び、思う存分天命に生きよ!~
☆古事記は人類最高の神話なり!~壮大な宇宙観と天地の生成、人類の大使命~
☆東洋思想で心胆を鍛え、信念を練る~論語、老子、韓非子、孫子の兵法など~
☆伸びる若者が学んでいる立志の基本「原点・大局・本氣・徹底」と綜學十訓
☆山鹿素行の教えと葉隠武士道~今日一日を命懸けとなって生きよ!~
☆「日本のこころ」1万2千年史~日本精神の起源と、その発展~
☆明治維新150年~日本の何がおかしくなったのか~その5つの歪みを正す
☆「新日本創成論」~地方再生の決め手と公益繁栄経済
◆講演お問い合せはこちらから→ http://www.hayashi-hideomi.com/request
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【林英臣著書のご紹介】
★戦前の真実が分かる本!~『大國民讀本を読む』 昭和2年出版の意訳本
日本は明治からおかしくなった~150年間の歪みを正すための答が見つかる!
お名前・〒ご住所・お届け先の電話番号、またはご本人の携帯番号・冊数などを
お知らせ下さい。頒価1000円。  → tokita@nosmedia.co.jp
03・3664・3733(株式会社ノスメディア 常田(トキタ)さん)

★最新著『原大本徹 短編集〈1〉』博進堂1944円 
★復刻版が出来ました→この男に賭けてみたい!『龍馬起つ』博進堂1620円
★復刻版が出来ました→平成の志士へ『日本復活』博進堂1080円
★復刻版が出来ました→世界も日本も総転換『生き筋のシナリオ』博進堂1728円
★『東洋的器量の研究』物欲資本主義を超える文明原理 博進堂1543円
★東洋的人物の研究『人間の奥行きと惹き付ける力』博進堂1620円
★東洋的達人の研究『念子が養う超人的能力』博進堂1800円
★東洋的英知の研究『力を抜けば強くなる』博進堂1296円
★入手しました→立志読本『すべては志からはじまる』四国中央立志会500円
★ロングセラー!大和言葉48音の秘密を解く『縄文のコトダマ』博進堂1029円
★ロングセラー!よみがえる古事記の言霊『やまとことば伝説』博進堂3600円
★リーダーを元氣にする『やるしかない人が読む本』博進堂1543円
★上司が読む心のワクチン!『心の的を射る人・外す人』博進堂1543円
★松下幸之助と韓非子の教え『人を動かす「7つの術」』太陽企画出版1512円
★『人を動かす「7つの術」』は 韓国からオファーがあり翻訳出版されました。
以上、ご注文はこちらからどうぞ→ http://www.hayashi-hideomi.com/books

★共著:『経営者のための日本の心入門講座』政経倶楽部編1000円
(「佐藤一斎~幕末志士三千人の師、その教え方と育て方」講演録掲載)
★共著:『経営者のための近現代史入門講座』政経倶楽部編1000円
★『経営者のための東洋思想入門講座』政経倶楽部編1000円
★共著:経営者からの提言『真・日本再生』政経倶楽部編800円
上記4冊は政経倶楽部事務局へご注文下さい→ info@seikei-club.jp

★CD出版「吉田松陰《立志実践》の教育」日本経営合理化協会
ご注文はこちらから→  http://www.jmca.jp/prod/1908.html
★CD出版「林英臣の《側近学》」日本経営合理化協会
ご注文はこちらから→  http://www.jmca.jp/prod/1962.html

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
◆本メルマガを、お仲間にも是非お勧めください!
「林英臣の元氣メール」のバックナンバー・配信登録・停止はこちら
→  http://archives.mag2.com/0000149323/index.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆林が唱導している文明論と構想☆
◎「文明維新」東西文明が800年周期で交代。21世紀は世界史激変の転換期
◎「日本改新」2020年頃、日本に新しい社会秩序を誕生させよう! 
◎「国是担当地方議員構想」平成の龍馬を1000人育成!
               
はやしひでおみ 
林英臣政経塾 塾長(政治家天命講座主宰)
→ http://www.hayashi-hideomi.com/seikeijuku/
学術研究団体・綜學社 代表
国会綜學勉強会 講師
一般社団法人・政経倶楽部連合会 主席顧問→ http://www.seikei-club.jp
同法人併設・日本政経連合総研 理事長
一般社団法人・公益資本主義推進協議会 相談役
公益財団法人・松下政経塾 一期生

○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○
☆転送・転載・引用など(悪意・乱用でない限り)大歓迎です。出所(林英臣の
元氣メール)を必ず明記して下さい。あらかじめ当方にご一報下されば嬉しく思
います。
林 英臣 e-mail        :soukan@hayashi-hideomi.com
林 英臣 ホームページアドレス :http://www.hayashi-hideomi.com/

○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○

ついでに読みたい

林英臣の元氣メール

発行周期:  不定期 最新号:  2019/03/23 部数:  1,680部

他のメルマガを読む