林英臣の元氣メール

林英臣の元氣メール第1084号「捏造がいったん固定化されると、そのままずっと騙され続けてしまう」

カテゴリー: 2018年07月06日
★☆林英臣の元氣メール第1084号☆★ 30年第38号 雅号は綜観(そうかん)
「捏造がいったん固定化されると、そのままずっと騙され続けてしまう」
平成30年7月6日 皇紀2678年(西暦2018年)本暦(旧暦)五月二十三日
====================================
こんにちは。列島各地で集中豪雨。交通機関もマヒしています。
明日は伊那谷(長野県)で講義の予定ですが、もしかしたら中止・延期となる
かも知れません。現在、中央高速道路もJR飯田線も、駒ヶ根から南が機能して
いないという連絡が入りました。

☆伊那谷文明維新塾 7月7日(土)
演題:西郷隆盛が心服した男~橋本左内と『啓発録』に学ぶ立志の基本
会場:駒ヶ根駅前アルパ3階
参加費:3000円 懇親会別途2000円
お問い合せ:0265・85・2070(事務局・宮田村議・清水正康さん)

◆来週は浜松と京都で講義します。
☆東林志塾(浜松)7月10日(火)午後6時30分~9時00分
じっくり味わい、人生の骨格を養う「論語」講座(5)
信頼される人物となれば仕事は自ずと与えられる、上に立つ者の態度が大事 他
戦前の日本は思想戦に敗れていた!封印の書『学術維新原理日本』講話(5)
医術・医学における人格の復興論、綜合大学に綜合無し、ロシア革命はマルクス
主義の実験、5千年の実験報告が歴史、日本人の立つ大地は日本 他
会場:21世紀倶楽部(静岡新聞社・静岡放送プレスタワー)
参加費:オブザーバー3000円 
電話090・5875・7687(事務局・川岸和花子さん)
FAX0538・38・9944

☆京都林英臣勉強会
日時:7月14日(土)午後4時~7時 懇親会は午後7時から
演題:「世界情勢の展望と日本人の役割」
会場:ちおん舎(中京区)
参加費:社会人3000円 大学生2000円 高校生1500円
中学生・小学生1000円 家族割引あり
ご予約は→小笹嘉洋(おざさよしひろ)さんへ ozasa57577@docomo.ne.jp
または小笹嘉洋さんのフェイスブックからどうぞ

◆大和言葉合宿、残席3名となりました!
★名古屋で大和言葉の合宿講座「日本語48音で知る名前の秘密」第5回
日本語の真髄である大和言葉を基礎から学べ、名前の意味まで分かってしまう
決定版の合宿講座です。林が最初から最後まで講義・指導致します。
生涯生かせる知恵が身に付く本講座に、是非ともお運び下さいませ。
~魂に響く神代のコトダマ~《名前で分かるあなたの天命》
日時:7月15日(日)13時~16日(月・祝日)12時
神秘の大和言葉。48音の音義。やまとことば姓名判断+相性診断。
会場:料理旅館わたなべ(名古屋市千種区)
受講料2万5千円(研修費、修了証)、宿泊費1万円(夕食・朝食込み)
※再受講の場合は割引あり。定員15名 ※残席3名となりました!
お問い合せ・お申込み:中日本やまとことば研究会(代表・山本道代さん)
090・9185・3827 sunflowermichi1977@gmail.com

◆本号の「日記」の小見出しです。→内容は下記をご覧下さい。
☆北陸神道青年協議会研修会で講義~会場は福井市

◆本号の「評論・随筆」の小見出しです。→内容は下記をご覧下さい。
☆福井が生んだ日本一の志士、橋本左内先生

◆連載は一回休みまして、「総研レポート」を載せました。
今回は、小川剛生(たけお)氏著『兼好法師』中公新書(2017年11月25日
発行)を読んでの感想文です。今まで抱いていた疑問が解けました!

◆林塾関係者の選挙情報です。人物・識見とも、しっかりしています。
☆10月7日(日)告示→14日(日)投開票
今中真之助塾士(11期生)熊本県宇土市議選
☆10月19日(日)告示→28日(日)投開票
先崎温容塾士(6期生)福島県議会補欠選
☆11月11日(日)告示→18日(日)投開票
岩堀研嗣塾士(6期生)千葉県松戸市議選 

====================================
●日記● 平成30年7月3日~4日

◆7月3日(火)、北陸神道青年協議会研修会で講義(担当は福井神道青年会)。
全国協議会の役員も招かれ、総勢約50人の神職が学ぶ。
研修会全体のテーマは「愛國のすすめ」。

第二講師である林の演題は「原点・大局・本氣・徹底~立志大成の四カ条」。
原大本徹それぞれの意味を説明した後、聖徳太子・織田信長・幕末志士の
原大本徹を解説。さらに、現代志士が持つべき原大本徹について述べる。

第一講師は靖國神社権禰宜の野田安平氏で、演題は「靖國神社に関わった神職
たち」。第三講師は福井市立郷土歴史博物館館長の角鹿尚計氏。演題は「明治
維新の志~福井藩是を中心に」。角鹿氏は、攘夷であれ佐幕であれ、幕末維新期
の志士たちに一貫していたのが尊皇心であったということを強調された。

翌4日は昼で研修が終わり、丹巌洞という実に幻想的な所で昼食。丹巌洞は
松平春嶽、橘曙覧、橋本左内、中江雪江、横井小楠らが来遊した地元の名所。
その後、藤島神社(御祭神は新田義貞公)、足羽神社(御祭神は継体天皇)、
橋本左内墓所、福井県護国神社などをご案内頂く。

今回、下記3名の林塾出身者の世話を受けた。
渡辺英朗氏(林塾5期生、闇見神社禰宜、北陸神道青年協議会会長)
宮川貴文氏(林塾5期生、福井県護国神社禰宜)
長田光広氏(林塾5期生、福井県議会議員)

====================================
●評論・随筆●

◆福井が生んだ日本一の志士、橋本左内先生◆

日本中が鎖国か開国かで揺れる中、左内は一橋慶喜を首班とし、御三家や
外様大名をも連合させた救国政権構想を掲げていた。

ところが、既得権益を失うことを恐れた守旧派によって首を刎ねられてしまう。
安政の大獄だ。

あの西郷隆盛は、橋本左内に心底惚れ込んでいた。西郷が自決したとき、傍に鞄
が落ちていた。開けてみると、20年も前に左内から貰った手紙が入っていた。

まさに「人物は人物を識る」である。

もしも橋本左内の構想が実現していれば、坂本龍馬の出る幕なんて無かった気が
する。

左内や松陰らには、もっと長く生きて貰いたかった。彼らが指導すれば、
近代日本は、さらに立派になったはずだ。

今の世も、人物が要る。大人物が、どうしても欲しい。

○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○
◆「吉田兼好」はいなかった!? 吉田神道家の捏造が明らかに!◆

世の中には「間違いの定着」という問題がときどき起こる。『徒然草』の作者は
誰か、と問われれば「吉田兼好」と答えるのが常識なり。だが、なんと吉田姓は
後世の捏造らしい。徒然草の講義のため、小川剛生(たけお)氏著『兼好法師』
中公新書(2017年11月25日発行)を読んだところ、その“衝撃的な事実”を
知った。小川氏は同時代の資料を丹念に調査し、下記の内容を明らかにされた
(※同書の兼好の経歴を読んで林が要約。詳しくは『兼好法師』をご覧下さい)。

「卜部兼好(うらべかねよし)」が実名で、「吉田兼好」という名前は虚構。
一般的に知られる、京都吉田神社の神官を務めた吉田流卜部氏に生まれたという
出自は、後世に捏造された偽系図・偽文書に依拠していた。それは神道界に勢力
を築いた吉田家が、鎌倉後期の有名人であった卜部兼好を一門に組み込んだこと
によって起こされた(吉田兼倶の詐計)。

兼好の生まれた卜部家は、公家ではなく在京の侍(伊勢神宮と係わりのある一族
で、伊勢国から京都へ移ったか)。兼好は、弘安六年(1283)頃に誕生。永仁
元年(1293)頃、一家は関東に下向し金沢流北条氏に仕える。兼好は、元服
して「四郎太郎」を名乗る(仮名)。正安(しょうあん)元年(1299)頃、父
が亡くなる。母は鎌倉を離れて上洛し、姉は鎌倉に留まり小町という所に住む。

嘉元三年(1305)夏以前、兼好は姉を頼って下向し金沢(現・横浜市)に
居住。そして、母の指示を受け、施主として父の七回忌法要(称名寺)を務め
る。その後も、鎌倉・金沢に滞在することあり。

延慶三年(1310)頃、蔵人所(くろうどどころ、役所の一つ)に属して内裏
に仕えるか。応長元年(1311)春には京都東山(六波羅近辺)に住む。正和
二年(1313)以前に出家。叡山で修行し、横川や修学院にも居住した。晩年
の活動拠点は御室仁和寺の圏内に移るが、そこに居住したかどうかは分からない。

元徳二年(1330)冬以後、翌年秋までに徒然草成立という。延文二、三年
(1357~8)に没する。通説より5~6年長く、70代後半に亡くなった。
(要約ここまで)

この事実の発見によって、私の中に生じていた疑問が解けた。繊細な美意識と
恋愛観で知られる一方、徒然草には「武芸者の心得と勝負のコツ」と言うべき
硬派な内容がある。例えば92段には、弓道は集中力が大事であり、二本目を
あてにせず一矢で的を射よと書かれている。186段には馬術の極意として、馬の
個性を掴み、馬具を用意周到に点検することの大切さが述べられている。
あるいは、184段には執権・北条時頼に倹約を教えた母の話や、215段には
北条時頼とその部下にみる鎌倉武士の質素な暮らしぶりが記されている。

即ち、公家出身の文化人ではなく、武士出身で関東にも住んでいた人間通に
よる随筆が徒然草だったのである。それにしても、捏造がいったん固定化される
と、そのままずっと騙され続けてしまうことが恐ろしい。ときどき常識を疑って
みることが必要だと痛感した。(「日本政経連合総研レポート」第16号より)

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
◆林塾・塾士が講義する綜學講座のご案内 ※下記以外にも多数の塾士が、
綜學と原点・大局・本氣・徹底の講義・指導を全国各地で行っています。
関東:「むさしの綜學塾」
綜學師範代・伊藤央(ひさし)塾士(5期生、東京都小平市議)
https://www.facebook.com/musashino.sougakujuku/?fref=ts

関西:「綜學社福丸塾」
綜學師範代・福丸孝之塾士(1期生、大阪府茨木市議)
https://www.facebook.com/sogakushafukumarujuku/?fref=ts

関西:「一般社団法人・松南志塾」
綜學師範代・南出賢一塾士(4期生、大阪府泉大津市長)
https://www.facebook.com/events/117101805577735/?fref=ts

◆綜學実践会のご案内
会場:綜學社京都研修所
担当:末利公一学匠、桑原恭祐学匠
問い合わせは→ koichi.suetoshi@gmail.com

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
☆林英臣政経塾「政治家天命講座」第13期を開講中!
→ http://www.hayashi-hideomi.com/seikeijuku/
関東講座・関西講座・北陸講座

◆政治家志望ではないが、政治家天命講座には参加してみたいというご要望を
しばしば頂きます。林塾の支援会員になって下されば、全国各地開催の講座を
何回でもご聴講頂けます。林塾の「国是議会」へもご案内申し上げます。
詳しくは下記をご覧下さい。何卒宜しくご支援の程お願い申し上げます。
http://www.hayashi-hideomi.com/seikeijuku/%e5%bf%97%e6%8f%b4%e4%bc%9a%e5%93%a1%e5%8b%9f%e9%9b%86/

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
◆林英臣(綜観)が全国各地で熱講!◆
【講演テーマ例】※単発講演だけでなくシリーズ講座も可能です。
☆松下幸之助翁の「遺言」~松下政経塾生に本当に求めていたこと~
☆「側近学」入門~ナンバー2・側近・軍師をどう見つけるか~
☆西郷隆盛が心服した男~橋本左内と『啓発録』に学ぶ立志の基本
☆やまと言葉と日本人の感性~アは開く、ウは閉じる、そして名前の意味は~
☆強国を相手に外交を全うした大政治家、小村寿太郎の胆力はどこから来たか!
☆渋沢栄一と松下幸之助から学ぶ日本経営道~公益経営7つのキーワード~
☆『徒然草』で味わう中世の心 鎌倉武士と質実剛健、もののあはれと無常観
☆織田信長と天下布武~悪名を残してでも立ち向かったのは何のためか?
☆赤穂義士に学ぶ「武士の一分」~忠臣蔵に感動する間は、日本はまだ大丈夫~
☆空海に学ぶ日本人の大きさ~大宇宙と自分を結び、思う存分天命に生きよ!~
☆古事記は人類最高の神話なり!~壮大な宇宙観と天地の生成、人類の大使命~
☆東洋思想で心胆を鍛え、信念を練る~論語、老子、韓非子、孫子の兵法など~
☆伸びる若者が学んでいる立志の基本「原点・大局・本氣・徹底」と綜學十訓
☆山鹿素行の教えと葉隠武士道~今日一日を命懸けとなって生きよ!~
☆「日本のこころ」1万2千年史~日本精神の起源と、その発展~
☆明治維新150年~日本の何がおかしくなったのか~その5つの歪みを正す
☆「新日本創成論」~地方再生の決め手と公益繁栄経済
◆講演お問い合せはこちらから→ http://www.hayashi-hideomi.com/request
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【林英臣著書のご紹介】
★戦前の真実が分かる本!~『大國民讀本を読む』 昭和2年出版の意訳本
日本は明治からおかしくなった~150年間の歪みを正すための答が見つかる!
お名前・〒ご住所・お届け先の電話番号、またはご本人の携帯番号・冊数などを
お知らせ下さい。頒価1000円。  → tokita@nosmedia.co.jp
03・3664・3733(株式会社ノスメディア 常田(トキタ)さん)

★最新著『原大本徹 短編集〈1〉』博進堂1944円 
★復刻版が出来ました→この男に賭けてみたい!『龍馬起つ』博進堂1620円
★復刻版が出来ました→平成の志士へ『日本復活』博進堂1080円
★復刻版が出来ました→世界も日本も総転換『生き筋のシナリオ』博進堂1728円
★『東洋的器量の研究』物欲資本主義を超える文明原理 博進堂1543円
★東洋的人物の研究『人間の奥行きと惹き付ける力』博進堂1620円
★東洋的達人の研究『念子が養う超人的能力』博進堂1800円
★東洋的英知の研究『力を抜けば強くなる』博進堂1296円
★入手しました→立志読本『すべては志からはじまる』四国中央立志会500円
★ロングセラー!大和言葉48音の秘密を解く『縄文のコトダマ』博進堂1029円
★ロングセラー!よみがえる古事記の言霊『やまとことば伝説』博進堂3600円
★リーダーを元氣にする『やるしかない人が読む本』博進堂1543円
★上司が読む心のワクチン!『心の的を射る人・外す人』博進堂1543円
★松下幸之助と韓非子の教え『人を動かす「7つの術」』太陽企画出版1512円
★『人を動かす「7つの術」』は 韓国からオファーがあり翻訳出版されました。
以上、ご注文はこちらからどうぞ→ http://www.hayashi-hideomi.com/books

★共著:『経営者のための日本の心入門講座』政経倶楽部編1000円
(「佐藤一斎~幕末志士三千人の師、その教え方と育て方」講演録掲載)
★共著:『経営者のための近現代史入門講座』政経倶楽部編1000円
★『経営者のための東洋思想入門講座』政経倶楽部編1000円
★共著:経営者からの提言『真・日本再生』政経倶楽部編800円
上記4冊は政経倶楽部事務局へご注文下さい→ info@seikei-club.jp

★CD出版「吉田松陰《立志実践》の教育」日本経営合理化協会
ご注文はこちらから→  http://www.jmca.jp/prod/1908.html
★CD出版「林英臣の《側近学》」日本経営合理化協会
ご注文はこちらから→  http://www.jmca.jp/prod/1962.html

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
◆本メルマガを、お仲間にも是非お勧めください!
「林英臣の元氣メール」のバックナンバー・配信登録・停止はこちら
→  http://archives.mag2.com/0000149323/index.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆林が唱導している文明論と構想☆
◎「文明維新」東西文明が800年周期で交代。21世紀は世界史激変の転換期
◎「日本改新」2020年頃、日本に新しい社会秩序を誕生させよう! 
◎「国是担当地方議員構想」平成の龍馬を1000人育成!
               
はやしひでおみ 
林英臣政経塾 塾長(政治家天命講座、全国7会場)
→ http://www.hayashi-hideomi.com/seikeijuku/
綜學の研究と普及・綜學社 代表
一般社団法人・政経倶楽部連合会 主席顧問→ http://www.seikei-club.jp
 同法人併設・日本政経連合総研 理事長
公益財団法人・松下政経塾 一期生

○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○
☆転送・転載・引用など(悪意・乱用でない限り)大歓迎です。出所(林英臣の
元氣メール)を必ず明記して下さい。あらかじめ当方にご一報下されば嬉しく思
います。
林 英臣 e-mail        :soukan@hayashi-hideomi.com
林 英臣 ホームページアドレス :http://www.hayashi-hideomi.com/

○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○

林英臣の元氣メール

RSSを登録する
発行周期:  不定期
最新号:  2018/11/14
部数:  1,672部

もしくは
※各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

ついでに読みたい

林英臣の元氣メール

RSSを登録する
発行周期:  不定期
最新号:  2018/11/14
部数:  1,672部

もしくは
※各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。
他のメルマガを読む