林英臣の元氣メール

林英臣の元氣メール第1136号「指導者に必須!インテリジェンスを生かせる器量と能力…」

カテゴリー: 2019年03月23日
★☆林英臣の元氣メール第1136号☆★ 31年第18号 雅号は綜観(そうかん)
「指導者に必須!インテリジェンスを生かせる器量と能力…」
平成31年3月23日 皇紀2679年(西暦2019年)本暦(旧暦)二月十七日
====================================
こんにちは。イチロー選手の引退は本当に残念ですが、限界まで挑戦した姿勢に
大変心打たれました! 見習いたいと思います。

◆3月25日(月)は、四国中央立志会で講義します。 
☆社長・幹部対象3月25日(月)午後2時~4時 
『論語』に学ぶ経営者・経営幹部の心得 第23回
☆社員・中堅対象 3月25日(月)午後7時~9時
よく分かる やまとことば入門シリーズ 第5回
参加費:2000円(初回無料)
会場:両講座とも ホテル グランフォーレ(四国中央市三島朝日)
会場お問い合せ 電話0896・23・3355(ホテル グランフォーレ)

◆3月26日(火)は国会綜學勉強会で「韓非子と法家思想」を演題に
帝王学を講義します。午後6時から衆院第二議員会館会議室で開催します。
お知り合いの国会議員がおられましたら、是非ともお伝えくださいませ。

◆本号の「日記」の小見出しです。→内容は下記をご覧下さい。
☆政経倶楽部連合会・千葉県支部3月例会で東アジア情勢を述べる
☆政経倶楽部連合会・名古屋支部7周年記念例会に主席顧問として参加

◆本号の「評論・随筆」の小見出しです。→内容は下記をご覧下さい。
☆男たちよ、心の艶(つや)を取り戻そう!
☆いま日本中に蔓延している手強い「嫉妬菌」!対策は十分か?
☆迷ったときに、どちらを選ぶか?

◆連載は1回お休みし、総研レポート第20号を届けします。
→詳しくは、「評論・随筆」の下をご覧下さい。

3月21日の政経倶楽部名古屋支部7周年記念例会で、江崎道朗先生のご講義
を拝聴。先生は、安全保障とインテリジェンスがご専門の評論家。とても
インパクトのある内容であり、その中に改めて確認出来たことや、新たに知った
こと、今後に生かすべき視点など、有益な内容が多々あった。

以下は、その小見出し
☆戦前の日本は自滅~我が国はコミンテルンの謀略に対抗出来なかった
☆問題は情報を生かせるかどうか~政治がダメだと謀略に引っ掛かりやすくなる
☆相手は一枚岩ではない~視野を狭くせず、よく観て味方を増やせ!
☆歴史の見直しが進んでいる~日本は国益を守るために真珠湾を攻めた!
☆トランプ大統領がマスコミを叩く理由~フェイクニュースに敢然と立ち向かう!
☆国家の存続にインテリジェンス(情報と理解力)は極めて重要

◆「総研レポート」の下に「4月度:各地志塾・勉強会のご案内」を入れました。
是非とも一度、林のライブ講義にお運び下さいませ。
各地の世話役の皆様には、いつも大変お世話になり有り難うございます。
お手数ですが日時・曜日、会場、テーマなどをご確認下さい。また、予定が
変更になる場合がありますので、念のため問い合わせ先にお尋ね下さい。

====================================
●日記● 平成30年3月20日~21日

◆3月20日(水)、政経倶楽部連合会・千葉県支部(山本克己支部長)3月
例会で講義。「列島と半島の歴史的違い~甘く見てはいけない朝鮮半島情勢」
を演題に、北朝鮮や韓国の情勢に留まることなく、アメリカの動きなども交え
ながら今後の予測を述べた。千葉県支部で毎年講義してきたが、今回が最も
好反応であったと思う。林塾から下記4名が参加。

田沼隆志塾士(3期生、元衆議院議員、千葉県四街道市で活動中)
長谷川雄祐塾祐(5期生、千葉県習志野市で活動中)
小川義人塾士(6期生、千葉県印西市議)
山口孝弘塾士(7期生、千葉県八街市議)

◆3月21日(木)、政経倶楽部連合会・名古屋支部(牧山育美支部長)
7周年記念例会に参加。講師の江崎道朗先生のご講義の前に、主席顧問として
祝辞を述べた。江崎先生の講義内容は、下記「総研レポート」第21号をご覧
ください。林塾から下記3名が参加。

水野岳男塾士(7期生、岐阜県各務原市議)
藤井浩人塾士(7期生、元岐阜県美濃加茂市長)
黒部一彦塾士補(13期生、愛知県西尾市議)

====================================
●評論・随筆●

◆男たちよ、心の艶(つや)を取り戻そう!◆

各地で講義していると、男より女のほうが、すこぶる元気があるということに
気づく。

大抵の男は、会場に辿り着くまでに精力の大半を使い果たしてしまうが、
女は違う。会場入りしてテンションが上がり、講座中に泣き、懇親会で高笑い
しているではないか!

男たちはヨレヨレだ。それにしても、もう終わっている男たちの相手をするのは
正直言って疲れる。

いくつになっても語る言葉に未来が多い。そういう男はいないのか?
松下幸之助翁は、85歳で松下政経塾を開き、90歳で新党を作ろうとして
いた。

自戒も込めて言う。発奮せよ!日本男児。
さあ、これから何をやるのか? 天命は何か?
男たちよ、共に心の艶(つや)を取り戻そうではないか!

◆いま日本中に蔓延している手強い「嫉妬菌」!対策は十分か?◆

いま日本中に「嫉妬菌」が広がっている気がしてならない。
現在あなたも、嫉妬菌の攻撃を受けてはいないだろうか。

嫉妬菌は昔からあった。あの聖徳太子もお困りになったようで、
「憲法十七条」(第十四条)に下記のように書かれている。

「嫉妬はやめよう。自分が誰かを嫉妬すれば、誰かが自分を嫉妬している。
嫉妬病は、際限が無い。他人の智恵が自分よりも優れていれば喜べないし、
才能が自分よりも高ければ嫉(ねた)んでしまう。このままだと、賢者や聖人の
素質を持った人を潰してばかりとなる。そうして優秀な人物が現れなくなった
ら、どうやって国を治めていけるのだろうか。」

確かに、普段の会話の内容も、人を誉めることよりも貶(けな)す内容のほうが
格段に多い。人間には、他人の悪口を心地良く感じる性(さが)というものが
あって、つい批判や抽象に組みしてしまうのだ。

嫉妬菌は、こちらがどんなに気を付けていたとしても、隙を見付けては侵入して
くる。なかなか手強いのだが、“免疫力”を高めることで可能な限り冒されない
ようにしたい。

それには、揺るぎない信念を持ち、確固たる志を立て、それを毎日魂に刻み込ん
でいくのが一番だ。

開き直りも必要だ。そもそも人から同情されてばかりいるようでは、あまりにも
情けない。よく考えてみれば嫉妬は、それを受けて、やっと一人前になった証
(あかし)とも言える。

勿論、わざわざ嫉んでくる輩を増やす必要はない。大小を問わず普段お世話
くださる方々への感謝を忘れず、実際に御礼の言葉をくどいほど頻繁に伝え、
昔から付いて来てくれている功臣や老臣たちには居場所(名誉)を整え、常に
周囲に対して謙虚に振る舞っていれば、嫉妬菌の増殖はかなり防げるだろう。

そして、バカなふり、出来ないふり、知らないふりが出来て、相手に「こいつ
には自分より劣るところがある」などと思わせる演技力も重要だ。立場が下の人
や目下の人、若者たちへも丁寧に接することを心掛けたい。

兎に角、本当に戦うべき相手と戦う前に、知人や友人、仲間からの嫉妬で潰され
てしまうようなことの無いよう、よくよく注意しよう。

◆迷ったときに、どちらを選ぶか◆

迷ったら早く死ぬ方を選べ。
それが葉隠武士道の教えだ。

人間、今の道に行き詰まれば、新しい生き方を模索して当然である。
どちらに行こうか悩んだら、以下を自問自答してみよう。

人生を賭けて惜しくないのはどちらか?
死ぬ時に悔いが残らないのはどちらか?
他に任せることが出来ず、自分にしかやれないのはどちらか?
そして、どちらが天下国家のためになるか?

重心が浮き、目が泳いでいるうちは、まだダメだ。

寿命が縮まっても構わないから、この道を行く!
そういう覚悟の定まる方を選んでくれ!

○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○
連載「綜學入門」は1回お休みし、下記総研レポートをお届けします。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
日本政経倶楽部連合 併設・日本政経連合総研レポート第21号 林 英臣

◆指導者にインテリジェンスを生かせる器量と能力があるかどうか…◆

3月21日の政経倶楽部名古屋支部7周年記念例会で、江崎道朗先生のご講義
を拝聴。先生は、安全保障とインテリジェンスがご専門の評論家。とても
インパクトのある内容であり、その中に改めて確認出来たことや、新たに知った
こと、今後に生かすべき視点など、有益な内容が多々あった。以下に、その
「林メモと考察」を記して総研レポートとする。

◆戦前の日本は自滅~我が国はコミンテルンの謀略に対抗出来なかった

戦前のアメリカ世論は、日本との戦争を望んでいなかった。共和党のフーバー
大統領らも開戦に反対。ところが、ソ連の指導者スターリンに取り込まれた
ルーズベルトは、日本との開戦に舵を切ることになる。コミンテルン(ソ連を
中心とする共産主義の国際的指導機関、国際共産主義インターナショナル)が
アメリカに潜入しており、ホワイトハウスはコミンテルンに乗っ取られていた
のである。

この事実は、これまでも近代史の研究者らの指摘にあったが、江崎先生は「戦前
の日本は自滅した」と斬り込まれる。日本にとって本当の敵はルーズベルトを
動かしていたコミンテルンであり、我が国はその謀略に対抗出来ず、まんまと
はめられて自滅したという事実を深く反省しなければならないのである。

◆問題は情報を生かせるかどうか~政治がダメだと謀略に引っ掛かりやすくなる

しかし、戦前の日本のインテリジェンス(情報と理解力)は決して無能では
なく、むしろ優秀であった。アメリカのバックにソ連がいるという情報を、戦前
の外務省や内務省が詳細に掴んでいたという事実を江崎先生は紹介された
(昭和16年2月発行「米国共産党調書」全286頁など)。

問題は、せっかく集めた情報を政治家が生かせるかどうかだ。江崎先生は「政治
が混乱すると謀略に引っ掛かり易くなる」と嘆かれた。

◆相手は一枚岩ではない~視野を狭くせず、よく観て味方を増やせ!

ではインテリジェンスにおいて、指導者は何に気を付けるべきか。江崎先生の
お話の中に「視野を狭くしないこと」「情緒的にならないこと」「事実
(ファクト)をもとにすること」という注意点があった。

視野を狭くしないための心得として、「相手国は一枚岩ではない」という認識を
持てと言われた。つい我々は、「アメリカは、こう考えている」「チャイナは、
こう思っている」などと、一国の意志を一つに括りたがる。ところが、どの国
にも様々な議論があって当たり前。多様である以上、日本から仕掛けるべき
ロビー活動や工作活動の足掛かりは必ずある。常に日本の味方を増やし、国益を
守るよう務めるのが外交の使命なのだ。

また、「親日的だが弱い日本を求めている派」と「反日的だが強い日本を求めて
いる派」が、アメリカ内にあるという江崎先生の現実観も、ナルホドと膝を
打った! 前者は理解者のようでいて実は頼りにならず、後者は敵のようでいて
実は味方に付けるべき相手である。

◆歴史の見直しが進んでいる~日本は国益を守るために真珠湾を攻めた!

アメリカでは歴史の見直しが進んでおり、「日本は国益を守るために真珠湾を
攻めた」という、日本の立場を理解する見解が広がっているというお話も興味
深かった。「アメリカによる戦後対日政策を決めたのもソ連のスパイたち」なの
だそうだ。日本国民は歴史の見直しに遅れを取らないよう、近代史を今一度
しっかり学び直さねばならないと思う。

またバルト三国では、「第二次世界大戦をはじめたのはドイツとソ連」という
歴史認識を表に出せるようになったとのこと。独ソ不可侵条約の下、ドイツの
東進とソ連の西進が密約されていたという事実が背景にある。ソ連の侵略を世界
に明示出来るようになったのだ。

◆トランプ大統領がマスコミを叩く理由~フェイクニュースに敢然と立ち向かう!

それから、トランプ大統領がマスコミを叩く理由についての説明もあった。
アメリカのマスコミは左翼であり、フェイクニュースだらけ。これまでの政治家
はマスコミの報道姿勢に対して静観せざるを得なかった。そこに、敢然と立ち
向かったのがトランプ大統領だと。

その流れから、トランプ大統領は「共産主義犠牲者の国民的記念日」(2017年
11月7日)で、共産主義との戦いを宣言しているという紹介があった。

◆国家の存続にインテリジェンス(情報と理解力)は極めて重要

問題解決の基本として、林は常々「全体を観る」「核心を掴む」「流れを読む」
という三カ条を述べてきた。その考察に「相手は一枚岩ではない」という視点を
入れねばならないということを痛感した。アメリカもチャイナも一枚岩ではない
ということを前提に、キーパーソンを探り、流れを見通していかねばならないの
だ。

ということは、味方陣営も一枚岩ではないということになる。本当の敵はどこに
いるのか。それを的確に掴まなければ、足元を掬われて自滅することになる。

兎に角、国家の存続のために、インテリジェンスは極めて重要であるということ
をしっかり学ばせていただいた。指導者に、インテリジェンスを生かせる器量と
能力があるかどうかだ。(以上)

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
●平成31年4月度:志塾・勉強会などのご案内●

林英臣が講義する講演会・勉強会です。お気軽にご参加いただけます。
是非ともお運びを!東北→関東→中部→関西→中国→四国→九州の順になって
います。隔月開催などの会は、5月以降の案内になっている場合があります
のでご注意ください。
開催日時・場所・内容が、予告なく変更される場合があります。
念のため問い合せ先にご確認の上、ご参加ください。
☆印は連続の勉強会、★印は単発の講演会です。

☆米沢綜學塾 
日時:8月27日(火)午後6時半~9時
松下幸之助塾長の遺言(3) 卒塾者は“経営者”になって欲しい、
 議論倒れになるな、正しい思いや願いは必ず通る 他
直弟子・林英臣(松下政経塾1期生)が当時の塾長講義録を基に説き明かす!
国難を乗り越えるヒントが、きっとここにある!
会場:置賜総合文化センター 後援:米沢市教育委員会
お申込:fax0238-21-4185 mit-a@omn.ne.jp(相田光照)
実行委員長:相田光照塾士(林塾7期生、山形県米澤市議)

☆会津立志セミナー 第27期・第1回
日時:6月26日(水)午後6時半~9時
主催:會津聖賢塾(代表・江花圭司さん、林塾7期生、喜多方市議会議員)
演題:戦前の真実を示す幻の書!林平馬著『大國民讀本』を読む
   「日本主義」~日本に生きているということの自覚からはじめよう
会場:大和川酒造
参加費:各回2000円
連絡先:090・7323・3314(江花さん)

★湘南天命講座(第12期)
人生の原点・大局・本氣・徹底を明らかにし、人生プログラムを構築。
日時:来年2月15日(土)13時~16日(日)15時30分
会場:雉子亭・東栄荘(箱根湯本温泉)
定員:8名 参加費:48000円(昨年度、宿泊費は別途)
お申込→ nakasuji@y-roumu.com (中筋宣貴さん)

☆日本的経営の根本道場!経世志塾(東京)
日時:4月3日(水)午後4時~6時半 午後7時から有志で懇親会
※新会場の初回につき、午後3時から湯島聖堂見学会を行います
演題:「日本の心」1万2千年史~日本精神の起源と、その発展~
縄文神道から近代思想に至るまで、日本人は何を受け入れ、どう考えてきたのか
会場:湯島聖堂(昌平坂学問所・斯文会館) 参加費:5000円
お問い合せ→ e-mail: y-matsui@seishin.co.jp
(事務局・松井祐子さん)

☆東林志塾(浜松)
日時:4月9日(火)午後6時30分~9時00分
じっくり味わい、人生の骨格を養う「論語」講座(13)
孔子は弟子をどう推薦したか、限界は自分がつくっている、やせ我慢の美学 他
戦前の日本は思想戦に敗れていた!封印の書『学術維新原理日本』講話(13)
美濃部達吉博士への批判、後進的な社会状況からロシア革命の原因を学ぶ 他
会場:21世紀倶楽部(静岡新聞社・静岡放送プレスタワー)
参加費:オブザーバー3000円 
電話090・5875・7687(事務局・川岸和花子さん)
FAX0538・38・9944

★平成31年度「遠州公開講座」
日時:11月24日(日)午後1時30分開場
※演題未定
会場:浜松プレスタワー(最上階大ホール)定員200名
参加費:3000円(学生無料)
申込:0538・43・2855(実行委員長・内田鉱二さん)
enshu21@hayashi-hideomi.com

☆伊那谷文明維新塾
日時:6月1日(土)9月7日(土)11月9日(土)
午後6時開始~9時15懇親会終了
演題:未定 
会場:駒ヶ根駅前アルパ3階(未定)
参加費:3000円 懇親会別途2000円
お問い合せ:0265・85・2070(事務局・宮田村議・清水正康さん)

☆「名古屋綜學院 林ゼミ」4月6日(土)午前10時~午後4時
第4回演題~文明法則史学による大局観・日本編~
これまで「古墳時代の社会秩序」「奈良平安の社会秩序」「鎌倉室町の社会秩序」
「織豊徳川の社会秩序」「近代日本の社会秩序」「戦後の準社会秩序」が存在
した。2020年を超えると、「新日本社会秩序」が誕生する!
年間予定などの詳細とお申込は、こちらをご覧下さいませ↓
https://www.facebook.com/events/289655238302778/

★名古屋で大和言葉の合宿講座「日本語48音で知る名前の秘密」第6回
日本語の真髄である大和言葉を基礎から学べ、名前の意味まで分かってしまう
決定版の合宿講座です。林が最初から最後まで講義・指導致します。
生涯生かせる知恵が身に付く本講座に、是非ともお運び下さいませ。
~魂に響く神代のコトダマ~《名前で分かるあなたの天命》
日時:7月14日(日)13時~15日(月・祝日)12時
神秘の大和言葉。48音の音義。やまとことば姓名判断+相性診断。
会場:料理旅館わたなべ(名古屋市千種区)
前回の受講料2万5千円(研修費、修了証)、宿泊費1万円(夕食・朝食込み)
※再受講の場合は割引あり。定員15名
お問い合せ・お申込み:中日本やまとことば研究会(代表・山本道代さん)
090・9185・3827 sunflowermichi1977@gmail.com

★政経倶楽部連合会・名古屋支部例会 6月20日(木)に開催予定

☆「東海こころざし勉強会」
日時:平成30年4月19日(金)午後6時受付 6時半~9時
演題:御代替り直前!「天皇とは」
〜歴代天皇の祈り・言霊・行動にみる大御心〜
先人の守ってきたタテイトを知り、新しい時代を前向きな社会心理に導こう!
参加費:一般:3,000円、学生:2,000円
会場:信長が戦勝祈願をしたことで知られる手力雄神社(岐阜県各務原市)
申込先:「東海こころざし勉強会」090・8070・4570(水野岳男代表)
メール yoshiaki.tanimoto55@gmail.com (谷本佳亮さん)

★京都林英臣勉強会・改元を祝う特別例会
日時:5月1日(水)午後2時~5時
演題:「天皇とは何か」~改元にあたって、今一番日本人が学ぶべきこと~
下記のような、他では聞けない内容を話します!
神代から続いている皇室のタテイト
男系による継承が平和の基礎となる理由
祭祀王としての天皇の役割
御製(お歌)にみる大御心
昭和天皇の泣けるエピソード 他
会場:ちおん舎(中京区)
お問い合せは小笹嘉洋(おざさよしひろ)さんへ ozasa57577@docomo.ne.jp
または小笹嘉洋さんのフェイスブックからどうぞ
https://www.facebook.com/events/547997815681413/?notif_t=plan_user_associated&notif_id=1550561428258241

★政経倶楽部連合会・大阪支部月例会※次回は未定
会 場:JSKビル((株)ジェイエスケー)3階 研修室
大阪市北区西天満3-5-20 TEL:06-6313-1369
会 費:会員2000円 ビジター3000円
連絡先:大阪支部・菊池哲也さん
Mail: info@seikei-club.jp URL http://www.seikei-club.jp

☆関西林英臣勉強会 第3期2回目(年4回開催)
日時:6月15日(土)午後1時半受付 午後2時~5時
演題:聖徳太子
~危機渦巻く内政と外交、若き指導者がどう日本の再生を図ったか~
☆学びの主なポイント
1「仏教興隆の詔」から、国民の意識レベル向上の必要性を知る
2「憲法十七条」から、不完全な人間が集まった組織をまとめる心得を知る
3「留学生の派遣」と「大化改新」から、教育と人財育成の重要性を知る
会場:難波神社
参加費:年間お申込の方1万2千円(大学生8000円、高校生以下無料)
    各講座3500円(大学生2000円、高校生以下無料)
お問合わせ:まず下記へメールを下さい。主催者からご連絡致します。
info@hamanoyukiko.com

☆今啓林会(神戸)4月5日(金)午後6時半~9時
じっくり味わい、人生の骨格を養う「論語」講座(14)
相手のレベルに応じて語らねば伝わらない。「仁」は身近な事から行え。他
戦前の日本は思想戦に敗れていた!封印の書『学術維新原理日本』講話(14)
マルクスにとって宗教とは何だったのか。ロシア革命後、トルストイや
ドストエフスキーなどの偉大な作家が現れなくなったのはなぜか。他
会場:神戸一宮神社 社務所  参加費:ビジター3000円
電話078・242・3399(今啓パール(株)今井啓介さん)

★政経倶楽部連合会・広島支部例会 4月12日(金)午後6時半~8時半
演題:「天皇とは何か」~改元にあたって、今一番日本人が学ぶべきこと~
会場:社会保険労務士法人サトー研修室(広島市中区・広島三栄ビル8階)
連絡先:広島支部長・佐藤克則さんTEL:082-546-2080 FAX:082-546-2081
 katsunori2006s@sato-co.jp

四国中央立志会 
☆社長・幹部対象5月27日(月)午後2時~4時 
『論語』に学ぶ経営者・経営幹部の心得 第24回
☆社員・中堅対象 5月27日(月)午後7時~9時
よく分かる やまとことば入門シリーズ 第6回
参加費:2000円(初回無料)
会場:両講座とも ホテル グランフォーレ(四国中央市三島朝日)
会場お問い合せ 電話0896・23・3355(ホテル グランフォーレ)

★九州政経倶楽部例会 5月21日(火)に開催予定

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
◆林塾・塾士が講義する綜學講座のご案内 ※下記以外にも多数の塾士が、
綜學と原点・大局・本氣・徹底の講義・指導を全国各地で行っています。
関東:「むさしの綜學塾」
綜學師範代・伊藤央(ひさし)塾士(5期生、東京都小平市議)
https://www.facebook.com/musashino.sougakujuku/?fref=ts

関西:「綜學社福丸塾」
綜學師範代・福丸孝之塾士(1期生、大阪府茨木市議)
https://www.facebook.com/sogakushafukumarujuku/?fref=ts

関西:「一般社団法人・松南志塾」
綜學師範代・南出賢一塾士(4期生、大阪府泉大津市長)
https://www.facebook.com/events/117101805577735/?fref=ts

◆綜學実践会のご案内
会場:綜學社京都研修所
担当:末利公一学匠、桑原恭祐学匠
問い合わせは→ koichi.suetoshi@gmail.com

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
☆林英臣政経塾「政治家天命講座」第14期を開講中!
→ http://www.hayashi-hideomi.com/seikeijuku/
関東講座・関西講座・九州講座

◆政治家志望ではないが、政治家天命講座には参加してみたいというご要望を
しばしば頂きます。林塾の支援会員になって下されば、全国各地開催の講座を
何回でもご聴講頂けます。林塾の「国是議会」へもご案内申し上げます。
詳しくは下記をご覧下さい。何卒宜しくご支援の程お願い申し上げます。
http://www.hayashi-hideomi.com/seikeijuku/%e5%bf%97%e6%8f%b4%e4%bc%9a%e5%93%a1%e5%8b%9f%e9%9b%86/

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
◆林英臣(綜観)が全国各地で熱講!◆
【講演テーマ例】※単発講演だけでなくシリーズ講座も可能です。
☆松下幸之助翁の「遺言」~松下政経塾生に本当に求めていたこと~
☆「側近学」入門~ナンバー2・側近・軍師をどう見つけるか~
☆西郷隆盛が心服した男~橋本左内と『啓発録』に学ぶ立志の基本
☆やまと言葉と日本人の感性~アは開く、ウは閉じる、そして名前の意味は~
☆強国を相手に外交を全うした大政治家、小村寿太郎の胆力はどこから来たか!
☆渋沢栄一と松下幸之助から学ぶ日本経営道~公益経営7つのキーワード~
☆『徒然草』で味わう中世の心 鎌倉武士と質実剛健、もののあはれと無常観
☆織田信長と天下布武~悪名を残してでも立ち向かったのは何のためか?
☆赤穂義士に学ぶ「武士の一分」~忠臣蔵に感動する間は、日本はまだ大丈夫~
☆空海に学ぶ日本人の大きさ~大宇宙と自分を結び、思う存分天命に生きよ!~
☆古事記は人類最高の神話なり!~壮大な宇宙観と天地の生成、人類の大使命~
☆東洋思想で心胆を鍛え、信念を練る~論語、老子、韓非子、孫子の兵法など~
☆伸びる若者が学んでいる立志の基本「原点・大局・本氣・徹底」と綜學十訓
☆山鹿素行の教えと葉隠武士道~今日一日を命懸けとなって生きよ!~
☆「日本のこころ」1万2千年史~日本精神の起源と、その発展~
☆明治維新150年~日本の何がおかしくなったのか~その5つの歪みを正す
☆「新日本創成論」~地方再生の決め手と公益繁栄経済
◆講演お問い合せはこちらから→ http://www.hayashi-hideomi.com/request
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【林英臣著書のご紹介】
★戦前の真実が分かる本!~『大國民讀本を読む』 昭和2年出版の意訳本
日本は明治からおかしくなった~150年間の歪みを正すための答が見つかる!
お名前・〒ご住所・お届け先の電話番号、またはご本人の携帯番号・冊数などを
お知らせ下さい。頒価1000円。  → tokita@nosmedia.co.jp
03・3664・3733(株式会社ノスメディア 常田(トキタ)さん)

★最新著『原大本徹 短編集〈1〉』博進堂1944円 
★復刻版が出来ました→この男に賭けてみたい!『龍馬起つ』博進堂1620円
★復刻版が出来ました→平成の志士へ『日本復活』博進堂1080円
★復刻版が出来ました→世界も日本も総転換『生き筋のシナリオ』博進堂1728円
★『東洋的器量の研究』物欲資本主義を超える文明原理 博進堂1543円
★東洋的人物の研究『人間の奥行きと惹き付ける力』博進堂1620円
★東洋的達人の研究『念子が養う超人的能力』博進堂1800円
★東洋的英知の研究『力を抜けば強くなる』博進堂1296円
★入手しました→立志読本『すべては志からはじまる』四国中央立志会500円
★ロングセラー!大和言葉48音の秘密を解く『縄文のコトダマ』博進堂1029円
★ロングセラー!よみがえる古事記の言霊『やまとことば伝説』博進堂3600円
★リーダーを元氣にする『やるしかない人が読む本』博進堂1543円
★上司が読む心のワクチン!『心の的を射る人・外す人』博進堂1543円
★松下幸之助と韓非子の教え『人を動かす「7つの術」』太陽企画出版1512円
★『人を動かす「7つの術」』は 韓国からオファーがあり翻訳出版されました。
以上、ご注文はこちらからどうぞ→ http://www.hayashi-hideomi.com/books

★共著:『経営者のための日本の心入門講座』政経倶楽部編1000円
(「佐藤一斎~幕末志士三千人の師、その教え方と育て方」講演録掲載)
★共著:『経営者のための近現代史入門講座』政経倶楽部編1000円
★『経営者のための東洋思想入門講座』政経倶楽部編1000円
★共著:経営者からの提言『真・日本再生』政経倶楽部編800円
上記4冊は政経倶楽部事務局へご注文下さい→ info@seikei-club.jp

★CD出版「吉田松陰《立志実践》の教育」日本経営合理化協会
ご注文はこちらから→  http://www.jmca.jp/prod/1908.html
★CD出版「林英臣の《側近学》」日本経営合理化協会
ご注文はこちらから→  http://www.jmca.jp/prod/1962.html

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
◆本メルマガを、お仲間にも是非お勧めください!
「林英臣の元氣メール」のバックナンバー・配信登録・停止はこちら
→  http://archives.mag2.com/0000149323/index.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆林が唱導している文明論と構想☆
◎「文明維新」東西文明が800年周期で交代。21世紀は世界史激変の転換期
◎「日本改新」2020年頃、日本に新しい社会秩序を誕生させよう! 
◎「国是担当地方議員構想」平成の龍馬を1000人育成!
               
はやしひでおみ 
林英臣政経塾 塾長(政治家天命講座主宰)
→ http://www.hayashi-hideomi.com/seikeijuku/
学術研究団体・綜學社 代表
国会綜學勉強会 講師
一般社団法人・政経倶楽部連合会 主席顧問→ http://www.seikei-club.jp
同法人併設・日本政経連合総研 理事長
一般社団法人・公益資本主義推進協議会 相談役
公益財団法人・松下政経塾 一期生

○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○
☆転送・転載・引用など(悪意・乱用でない限り)大歓迎です。出所(林英臣の
元氣メール)を必ず明記して下さい。あらかじめ当方にご一報下されば嬉しく思
います。
林 英臣 e-mail        :soukan@hayashi-hideomi.com
林 英臣 ホームページアドレス :http://www.hayashi-hideomi.com/

○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○

ついでに読みたい

林英臣の元氣メール

発行周期:  不定期 最新号:  2019/03/23 部数:  1,680部

他のメルマガを読む