フェアウッド・マガジン-世界のニュース

FAIRWOOD世界のニュース【第174号】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  F A I R W O O D M A G A Z I N E
  フェアウッド・マガジン  世界のニュース
         第174号           2019年1月31日

  --- フェアな木材を使おう ---     http://www.fairwood.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
本年もフェアウッド世界のニュースをどうぞよろしくお願いいたします。
北海道において大規模な森林の認証取得が報告されています。ロシアにおける
FSC認証も拡大しており、世界で第二の規模に達しています。
他方、ベトナムの違法伐採に関する報道が続けざまに伝えられています。
EUとの自主的二国間合意も合意された同国の今後が注目されます。
───────────────────────────────────
【違法伐採問題】
●2019.1.7 SankeiBiz:ベトナム、自然保護区で森林破壊相次ぐ 高価な漢方薬の樹木を乱伐
ベトナム南部の大都市ホーチミン市の北方、カンボジアとの国境地帯のビン
フォック省の自然林で、政府による自然保護区として封鎖されているにも
かかわらず、森林破壊が続いている。種子が漢方薬として高価で取引される
樹木を目当てに侵入者が絶えないことが原因だ。国営ベトナム・ニューズが
報じた。
ビンフォック省では昨年1月以降に124件の違法伐採が摘発された。うち30件
が違法木材輸送、28件が森林破壊だったという。さらに同省ドンフー地区で
は、直径1メートルの大樹24本が不法に伐採されているのが発見された。
森林管理官によれば、漢方薬で使われる種子「莫大(ばくだい)」を取るの
が伐採の目的だ。既に30本の違法伐採が発見された。伐採された木材の総量
が35立方メートルを超えるなど、付近の森林地帯は荒廃が続いているという。
詳しくはこちら
https://www.sankeibiz.jp/macro/news/190107/mcb1901070500002-n1.htm

●2018.12.4 Mongabay:ベトナムの違法伐採に対するセーフガードを追う
2018年10月に最終的に合意された、合法的に調達された木材のベトナムから
EUへの輸入に関する協定は今、この国の現実に直面し、足止めを食っている。
EUによるベトナムとの森林法の施行、ガバナンスおよび貿易(FLEGT)行動
計画は、木材産業に依然として汚職腐敗、盗伐、および違法伐採があること
を浮き彫りにしている。森林認証を行う世界的な非営利団体であるNepconに
よると、年間3万から5万件の森林関連法違反が報告されている。
公式な認証の規則と手続きは、取引のあらゆるレベルにおいて長い間記録さ
れてきた。 それにもかかわらず、中央高地で伐採されたものが、東南アジア
最大級の木材加工工場、および「億万長者の村」と呼ばれる木材市場の町ま
で運ばれる際には、セーフガードは存在するが現場レベルでは無視されてい
のが現状である。
原文はこちら(英語)
https://news.mongabay.com/2018/12/tracing-the-safeguards-against-illegal-logging-in-vietnam/

●2019.1.25 VietNamNews:違法伐採がいにしえの森林を脅かす
北部ディエンビエン省の森林Na Penにある樹齢何百年にもなる木々が違法に
伐採され、いにしえの森の未来が危険にさらされているVietNamNewsが伝えた。
Na Nhanコミューンに位置するNa Penは、省内にある森林でも最大であるが、
家を建てるための木材需要が高いため、そして有効な森林管理が行われてい
ないため、さらなる森林破壊を引き起こされている。
Na Penの周辺5km圏内では、違法伐採者によって使用されているチェーンソー
の音だけでなく、切り倒される木々の音も聞こえる。 このような事態が現状
をかき乱している。
森林で引き起こされた被害はいとも簡単に見ることができる。 そこには、
まだ伐られたと思われる直径20~25cmの切り株が点在している。さらに森の
なかへ進むと、数百平方メートルが違法に伐採されていた。
原文はこちら(英語)
https://vietnamnews.vn/environment/484440/illegal-logging-threatens-old-forest.html

●2019.1.30 IllegalLoggingPortal:木材購入者向け、FLEGTライセンス製品の利点に関する新たな資料
現在、新しいウェブページにおいて、木材購入者はFLEGTのライセンスをもつ
木材を取引することでのビジネス上の利点と、こういった取引が生産国にも
たらす社会的、環境的、経済的なメリットについて学ぶことができる。
EU FLEGT Facilityが作成したページは、トレーダー、仕様書作成者、建築家
小売業者に加え、サステナビリティの専門家や木材製品の最終消費者にも向け
られている。
そこでは、文章、写真、アニメ映像を駆使し、EUが熱帯地域の木材輸出諸国
と協力して違法伐採を阻止し、合法木材製品の貿易を促進する方法が説明さ
れている。
原文はこちら(英語)
https://www.illegal-logging.info/content/new-resource-timber-buyers-benefits-flegt-licensed-products
FLEGTライセンス製品についてのサイトはこちら(英語)
www.timberbuyers.flegtlicence.org

【森林減少と対策】
●2019.1.23 環境ビジネス:環境情報開示のCDP、気候変動・水・森林分野の「Aリスト」企業公表
環境情報開示に取り組む国際的な非営利団体CDP(シーディーピー)は1月22日
「気候変動」「ウォーター(水)」「フォレスト(森林)」に関する調査に
おいて、最高評価である「Aリスト」企業を認定し公表した。
複数の日本企業がAリスト認定:「気候変動」では126社、「ウォーター」で
は27社、「フォレスト」では7社が「Aリスト」企業に選定された。
「気候変動」Aリストは、製品の省電力化や温室効果ガス排出削減活動、再生
可能エネルギーの導入などで特に優れた活動を行っている企業に与えられる。
国内ではソニー(東京都港区)や丸井グループ(東京都中野区)などが選ばれた。
詳しくはこちら
https://www.kankyo-business.jp/news/021889.php

【日本は今!】
●2019.1.10 電氣新聞:バイオマス混焼石炭火力、新設はFIT対象外に/エネ庁
経済産業省・資源エネルギー庁は、新設のバイオマス混焼石炭火力発電をFIT
(再生可能エネルギー固定価格買取制度)対象電源から外していく方針だ。
一般木材・未利用材・建設資材廃棄物を使うバイオマス混焼石炭火力は2019
年度から、一般廃棄物を使うものは21年度から、それぞれFIT認定を行わない。
バイオマス混焼石炭火力は、バイオマス混焼分の発電量がバイオマス専焼
発電所向けの価格で買い取られている。ただ、エネ庁の調べで発電コストが
想定値より低いと分かり、FITからの自立は可能と判断した。
出所はこちら
https://www.denkishimbun.com/archives/36466

●2019.1.12 スマートジャパン:木質バイオマスの利用が加速、FITで発電用途の間伐材利用が増加傾向に
林野庁が「木質バイオマスエネルギー利用動向調査」の結果を公表。2017年
にエネルギーとして利用された木質バイオマスは、木材チップ、木質ペレット
薪(まき)、木粉の全てで前年比増となった。
林野庁は2018年12月、毎年行っている「木質バイオマスエネルギー利用動向
調査」について、2017年の調査結果を公表した。対象となる全国1447事業所
のうち1398事業所から回答があり、2017年にエネルギーとして利用された
木質バイオマスは、木材チップ、木質ペレット、薪(まき)、木粉の全てで
前年比増となった。
出所はこちら
http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1901/21/news047.html

●2019.1.16 J-FIC:アイヌ文化継承へ、北海道国有林で林産物採取の特例措置
アイヌ文化を継承するため北海道の国有林内で林産物を採取できる特例措置
がつくられる。政府が通常国会で成立を図るアイヌ新法に規制緩和規定を
盛り込む。共用林を設定し、林産物採取の自由度を高めるようにする方針。
詳しくはこちら
http://www.j-fic.com/rinseibn/rn596.html

●2019.1.29 J-FIC:道南地域に約16万3,000haに及ぶ認証林が誕生
北海道の道南地域に約16万3,000haに及ぶ国内最大級の認証林が誕生した。
「はこだて森林認証推進協議会」が昨年10月16日付けで約7万9,000haの民有
林を対象にSGEC認証を取得したのに続き、12月25日付けで約8万4,000haの
道有林についても道がSGEC認証を取った。
詳しくはこちら
http://www.j-fic.com/rinseibn/rn597.html

●2019.1.28 日本経済新聞:針葉樹で作る家具、地産地消で間伐材も活用 天童木工 
高級家具といえば丸太を切ったむく材がイメージされるが、天童木工(山形
県天童市)は成形合板の高級品で知られる。薄く切り出した板を張り合わせ
た合板だからこそデザインと耐久性を両立でき、バタフライスツールなどの
名作を生んだ。その天童木工が針葉樹を使った家具を始めた。ナラなど広葉
樹が一般的だが、常識を覆す2度目の挑戦で地産地消による家具など新市場を
開拓する。
詳しくはこちら
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO4055775028012019L01000/

【ロシア情報】
●2019.1.9 FSC Russia:2018年時点でロシア国内でFSC認証をうけた森林は4523万haに達する
ロシア国内でFSC認証をうけた森林は、2018年12月時点で4523万haに達した。
FSCロシアによると、これはロシアがカナダに次ぎ世界で2番目に広大な認証
林を有することを意味している。
また、2018年に流通のCoC認証は、684件から756件へと10.5%増加した。
FSC認証をうけた森林は、ロシアの31の地方自治体に広がっている。
詳しくはこちら(ロシア語)
https://ru.fsc.org/ru-ru

--------------------------------------------------------------
■ お知らせ
--------------------------------------------------------------

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★第35回フェアウッド研究部会
「江戸にえらばれた西川材~22世紀につなぐ」
2019年2月22日(金)17:00~@東京・渋谷
https://www.fairwood.jp/news/pr_ev/2019/190222_ev_fwkenkyu35.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
江戸のまちを支え続けてきた西川材。埼玉県飯能市は、古くから林業が盛ん
であり、江戸の西方から川づたいに材が運ばれたことから西川林業地と呼ば
れ、今にいたるまで長い歴史を歩んできました。東京からほど近い場所に
広がる森林から生み出される木々の色艶は美しく、年輪も密であることから
良質な木材として重用されています。
第35回フェアウッド研究部会は「江戸にえらばれた西川材~22世紀につなぐ」
と題し、古い歴史を持ちながらも常に新しい試みに挑戦し続ける林業家の
井上淳治氏をお迎えします。次世代につなぐ森づくり、家づくりに加え、
良質な材の可能性を広げる製品開発、将来世代へむけた木育にいたるまでの
幅広い取り組みを行う西川林業地の今をお話いただきます。

■開催概要
日時:2019年2月22日(金)17:00~20:00(開場:16:30)
場所:地球環境パートナーシッププラザ
(〒150-0001東京都渋谷区神宮前5-53-70国連大学ビル1F、
http://www.geoc.jp/access/、03-3407-8107)
会費:3,000円(懇親会費1,000円を含む。当日受付でいただきます)

■プログラム
第1部:「江戸にえらばれた西川材~22世紀につなぐ」
井上淳治氏/NPO法人西川・森の市場代表理事

第2部:懇親会

■講師プロフィール
井上淳治氏(いのうえ・じゅんじ)
1960年生まれ。西川林業地の林業経営者。大学卒業後、奈良県の製材工業で
の製材見習いを経て、1984年4月から家業の林業に従事。1997年きまま工房
「木楽里」を開設。林業から建築・木工まで、木材コーディネーターとして
活動。

■お申込み
お申し込みフォーム(https://ssl.form-mailer.jp/fms/0fb016c0441802)
にてお申し込みください。フォーム記入ができない場合、「第35回フェア
ウッド研究部会参加希望」と件名に明記の上、1)お名前2)ふりがな3)ご所属
(組織名及び部署名等)4)Eメールアドレスを、メールにてinfo@fairwood.jp
まで送付ください。
※定員60名

■お問合せ/主催
地球・人間環境フォーラム(担当:坂本)
http://www.fairwood.jp、info@fairwood.jp、TEL:03-5825-9735
ワイス・ワイス(担当窓口/広報課 野村)
http://www.wisewise.com、press@wisewise.com、TEL: 03-5467-7003

■関連情報
フェアウッド研究部会 https://www.fairwood.jp/consultation/kenkyu.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2018フェアウッド10大ニュースを公表しました
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
毎月1回配信している「フェアウッド世界のニュース」で2018年に配信した
ニュースの中から、フェアウッドの視点で選んだ10大ニュースを選びました。
10件のうち半数が違法伐採問題に関連するニュースで、今なお続く違法伐採
問題への対処の必要性が感じられる内容でした。

詳しくはこちらをご覧ください。
https://www.fairwood.jp/news/press/181228.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
フェアウッドカフェ ショッピングサイトがリニューアルしました
https://www.fairwood.jp/cafe/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
森や作り手の見える木製品がみつかるフェアウッドカフェのショッピングサ
イトが新しくなりました。
リニューアルに伴い、お買い物の際、カード決済、銀行振り込み、コンビニ
決済がお選びいただけるようになりました。

何の木なのか、どこで育った木なのか、誰の手で生まれ変わったのか、ひと
つひとつ物語や想いのつまった商品をご紹介していきます。フェアウッド
カフェは、使ってくださるあなたや、あなたの大切な人にフェアウッドな
暮らしを提案します。

ぜひご利用ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆フェアウッド・パートナーズのWEBサイト
「クリーンウッド法に対応する木材DDのための実践情報」
https://www.fairwood.jp/consultation/howto_dd.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2017年5月20日施行された「合法伐採木材等の流通及び利用の促進に関する法律
(通称「クリーンウッド法」)」に対応するのに望ましい木材DD(デュー
デリジェンス)を行うための実践的な情報をお届けします。
※更新情報:
国別リスク情報「3.ルーマニア」に「その2」を追加しました。

■合法性確認とデューデリジェンス
■合法性確認のための木材DDのステップ
 1.情報収集
 2.リスク評価
   (1)初期リスク評価
   (2)詳細リスク評価
 3.リスク緩和措置
■国別リスク情報
 1.中国
   (1)違法リスクの高い輸入相手国の事例
   (2)木材輸入の現状と違法伐採対策など
 2.マレーシア・サラワク州
 3.ルーマニア
   (1)その1
   (2)その2
 4.ベトナム

問合せ 「木の流れから、未来をつくる」フェアウッド・パートナーズ
 Eメール:info@fairwood.jp
 国際環境NGO FoE Japan(三柴、佐々木、TEL:03-6909-5983)
 地球・人間環境フォーラム(坂本、飯沼、TEL:03-5825-9735)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆パーム油について知るためのWEBサイト紹介
『あぶない油の話』パーム油のことを知るサイト
http://plantation-watch.org/abunaiabura/ 

「パーム油調達ガイド」
http://palmoilguide.info
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
プランテーション・ウォッチでは、パーム油の消費者向けと企業向けのウェ
ブサイトを立ち上げています。

一般消費者向けには、『あぶない油の話』パーム油のことを知るサイトを通じ
て、【パーム油】が身の回りの多くの食品に多く含まれていること、そして、
その【パーム油】の生産のためのプランテーション 開発が引き起こしている
環境問題や社会問題について伝え、情報を発信しています。

パーム油を調達している企業向けには、パーム油の調達リスクに対処し、
サプライチェーン管理を実践するための情報や手順をまとめた情報提供サイト
「パーム油調達ガイド(http://palmoilguide.info)」があります。
是非、サイトをご覧いただき、ご活用ください。

『あぶない油の話』パーム油のことを知るサイト
http://plantation-watch.org/abunaiabura/ 
「パーム油調達ガイド」
http://palmoilguide.info

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☆森林と私たちの暮らしのつながりについて学ぶ教材

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
世界の森林問題について学んでもらうための映像教材をフェアウッド・パート
ナーズが関わり作成しています。
社内や地域での環境・森林をテーマとした勉強会等の企画に活用ください!

■映像資料
「人と木」(無料)
http://www.gef.or.jp/activity/forest/hitotoki/
「木の来た道」(定価3,000円/図書館価格:12,000円)(税別・送付料込)
 http://www.fairwood.jp/news/pr_ev/2009/pr090623_publish_woew.html
「森の慟哭」(詳細下記参照)
 http://www.foejapan.org/forest/palm/dvd_01.html

■お問合せ
FoE Japan(三柴) Tel: 03-6909-5983 
地球・人間環境フォーラム(坂本) Tel: 03-5825-9735
E-mail: info@fairwood.org

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・みなさんの知人、友人、ご家族の方にもこのメールマガジンをお知らせして
ください。メールマガジンの登録、バックナンバーはこちらです。
 http://www.fairwood.jp/news/newsbk.html
・本メールマガジンの記事について、無断転載はご遠慮ください。
 ただし、転載許可の表記のある場合を除きます。
・本メールマガジンに関するご意見・ご感想などは下記のEmailにお寄せくだ
 さい。お待ちしております。e-mail: info@fairwood.jp

発 行 : フェアウッド・パートナーズ http://www.fairwood.jp
編 集 : 坂本 有希/三柴 淳一
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ついでに読みたい

フェアウッド・マガジン-世界のニュース

発行周期:  ほぼ 月刊 最新号:  2019/03/14 部数:  611部

他のメルマガを読む