フェアウッド・マガジン-世界のニュース

FAIRWOOD世界のニュース【第167号】


カテゴリー: 2018年07月02日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  F A I R W O O D M A G A Z I N E
  フェアウッド・マガジン  世界のニュース
         第167号           2018年7月2日

  --- フェアな木材を使おう ---     http://www.fairwood.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
世界の森林減少のスピードは緩やかになっていると言われていますが、原生林に
ついては減少が加速しているとの研究発表が公表されました。特に熱帯林の減少
は、大豆、パーム油、牛肉、紙の生産に起因するとされ、各地の先住民族団体が
サプライチェーンを通じた取組みの強化を求めています。SDGs目標15に挙げられ
ている「森林の持続可能な利用と森林破壊の阻止、森林の回復」の目標年は2020
年。日本も消費国としてアクセルを踏み込む時期にきています。
───────────────────────────────────
【森林減少問題】
●2018.06.21 AFP通信:世界の原生林、縮小のペース加速 研究発表 
世界の原生林が2014年から2016年の間に年間約9万平方キロメートルのペースで縮
小したとの研究結果が英オックスフォードで開催された国際学術会議で発表され
た。それ以前の13年間に比べて20%加速しているという。
衛星画像の分析によると、森林破壊を食い止めるための国連主導の取り組みにも
かかわらず、今世紀最初の17年間平均で毎日200平方キロ以上の原生林が失われた。
世界資源研究所(WRI)の上席研究員、フランシス・シーモア(Frances Seymour)
氏は「原生林の規模縮小はまさに世界規模の悲劇だ。気候安定性の重要な基盤
を人間が組織的に破壊し続けているのだから」と語り、「炭素を蓄えるインフラ
としては、森林は地球に存在する、効果が実証済みで費用のかからない、唯一の
安全な天然のインフラだ」と続けた。
原文はこちら(英文)
http://www.afpbb.com/articles/-/3179388

●2018.05.31 ニコニコニュース:シベリア地方の市民、中国林業企業の乱伐採に抗議
ロシアの極東地域では、中国企業による森林の乱伐採を抗議する集会が各地で行
われた。イルクーツク市とウラン・ウデ市の市民は、中国企業が木を伐採した後、
森林再生のための植林活動を行っておらず放置したと批判した。米メディア・
ラジオ・フリー・アジア(RFA)が30日報じた。ウラン・ウデ市中心部での集会で
は、シベリア地方中部の森のほとんどは、中国企業の乱伐採で消えたと訴えた。
中国企業は50年間の長期森林投資プロジェクトとの約束をしたものの、「植林を
全くしておらず、伐採後、森は草木のない野原に変わり果てて、荒れ放題だ」と
糾弾した。
詳しくはこちら
http://news.nicovideo.jp/watch/nw3559348

●2018.06.01 Mongabay:2900万ドルの森林伐採罰金:ブラジルの大豆貿易のゲームチェンジャーに?
ブラジルのIBAMA(環境と再生可能な天然資源研究所)が立ち上げたオペレーショ
ン・ソイソースは、ブラジル東部のサバンナ草原セラードにおける違法伐採によ
り、国際的大豆商社や農家に1億570万リエル(2,900万米ドル)の罰金が科された
と結論づけた。カーギル社、ブンゲ社などの5つ商社は、森林伐採許可のない土地
で栽培された大豆購入により、2,460万リエル(650万米ドル)以上の罰金を科さ
れた。衛星モニタリングで得られた地理空間データにより、77のセラードで環境
政策が準拠されていないことが判明した。一部のアナリストは、罰金が警鐘とな
り、業界のゲームチェンジャーにもなり得ると述べた。一方では、森林伐採は大
豆生産モデルに組み込まれており、罰金には長期的な影響はほとんどないとの意
見もある。 
原文はこちら(英語)
http://bit.ly/2IGsclW

●2018.06.21 Mongabay:米国と中国の貿易戦争は、ブラジルの大豆輸出とアマゾンの森林破壊を加速させる
トランプ大統領は、中国との貿易戦争に突き進んでいる。米中の全面的な貿易戦
争は、ブラジルのアマゾンでの森林破壊の進行、先住民族への圧力強化、気候変
動の激化など、予期せぬ影響を与える可能性がある。中国が大豆と牛肉を含む商
品の購入先を米国からブラジルにシフトさせることが懸念される。ブラジルは今
年、世界最大の大豆生産国として米国を凌駕すると予測され、米中貿易戦争がブ
ラジルの商品作物生産の著しい急増をもたらした場合、森林減少率が急上昇する
可能性がある。科学者たちは、現在年17%のアマゾンの森林破壊が年20-25%を超
えた場合、熱帯雨林をサバンナに変え、炭素排出量を大きく膨らませ、地域的、
さらには地球規模の気候を不安定化させる可能性があると懸念している。
原文はこちら(英語)
http://bit.ly/2IJIR7Y

【違法伐採問題】
●2018.06.04 FLEGT:EIAがカンボジアとベトナムの違法木材加工を報告
環境調査エージェンシー(EIA)は、カンボジアで続く違法伐採、木材ロンダリン
グ、密輸の詳細を発表した。 このレポートはEIAの以前の報告に引き続き、近隣
諸国で違法に伐採され、違法にベトナムへの輸入される木材について報告してい
る。報告書「連続犯:ベトナムによる違法なカンボジア木材の継続的な輸入」で
は、両国の当局関係者が共謀しているとみている。
原文はこちら(英文)
http://bit.ly/2IJjjIq

●2018.06.07 Mongabay:政府の禁止にもかかわらず、ボルネオ・オランウータンの生息地で違法伐採が続く
ボルネオのオランウータン生息地域で、インドネシア政府が昨年規制していた違
法伐採が続いていることがグリーンピース(GP)の調査により判明した。GPは木
材会社が保有するコンセッションで少なくとも6つの伐採キャンプを報告したが、
この企業Mohairson Pawan Khatulistiwa(MPK)社自体が違法伐採に従事している
かどうかは不明だと指摘した。
昨年、政府がMPK社に事業停止を命令して以降、GPがこの地域での商業的伐採の兆
候を見出したのは2度目となる。
原文はこちら(英語)
http://bit.ly/2tIAdlQ

【パーム油関連】
●2018.06.19 サステナブル・ジャパン:三井住友銀行、石炭火力発電、パーム油、森林で融資方針発表
三井住友銀行は6月18日、石炭火力発電、パーム油、森林の3セクターについて融
資方針を制定した。同日から運用を開始した。
パーム油では、違法伐採や児童労働等の人権侵害が行われている可能性の高いパ
ーム油農園開発への融資を禁止する。一方、RSPO認証やそれに準ずる認証を受け
ているパーム油農園開発は支援する。RSPOの認証としての実効性については言及
しなかった。森林では、違法伐採や違法な焼却が行われている可能性のある事業
に対する融資を禁止する。
三井住友銀行が石炭火力発電に関する融資方針を発表したことで、この1ヶ月間で
メガバンク3行の方針が出揃ったことになる。
詳しくはこちら
https://sustainablejapan.jp/2018/06/19/smbc-coal-power-policy/32716

●2018.05.28 Forest People Program:インドネシアの森林破壊、土地伐採、権利侵害を強調する公開書簡
インドネシアの200以上の団体が、インドネシア大統領、欧州連合議長、EU加盟国
首脳に対し、インドネシアにおけるパーム油部門の有害な影響を強調する公開書
簡を送った。この文書では、持続不可能で違法なバイオ燃料をEUのサプライ
チェーンから排除し、EUの貿易規則と政策における人権、土地保有権およびコミュ
ニティ森林の保護を強化することを求めている。
「現地の住民は紛争、嫌がらせ、犯罪行為、人権侵害、労働権の奪取や社会経済
的、環境的問題を経験している。住民の慣習的利用地では、旱魃、森林火災、水
質汚染、 漁業資源の減少、食料安全保障の喪失など、生態系の劣化が生じ、これ
らが地元の人々、特に女性や子供の生活の質を低下させている。」
原文はこちら(英語)
http://bit.ly/2KEExc9

●2018.06.26 Forest People Program:人々と森林のためのサプライチェーンソリューション 
世界の熱帯雨林減少の半分以上は、大豆、パーム油、牛肉、紙の4つの商品によっ
て引き起こされ、世界の温室効果ガス総排出量の15%をもたらす。商業的農業商
品の拡大のための土地の開発の約半分が、地域との協議、同意、または適切な社
会的・環境的影響評価なしに違法に行われている。EUはこれらの違法に生産され
た製品について年間約60億ユーロを支払っている。
世界の先住民族団体からなる「人権、森林伐採、サプライチェーンに関する
『ギャップを閉じる』フォーラム」の代表団は、パリを訪問し政府や企業に対し、
コミュニティと森林に対する権利の保護を強化するよう呼びかけた。
フォーラムで作成された提言では、紛争を引き起こし、人々と土地、森林に深刻
な被害を及ぼすリスクの高い商品のグローバルサプライチェーンにおける、ポジ
ティブで効果的な変化を促進することを目指している。
原文はこちら(英文)
https://www.forestpeoples.org/en/node/50252

【2020年東京オリンピック・パラリンピック関連】
●2018.06.22 日本経済新聞:木材利用でも環境配慮 FSC認証マック紙容器に採用
FSC認証木材の利用が日本でも広がっている。日本マクドナルドは2020年までに国
内の紙製容器や包装を全てFSC認証品に切り替える。ミニストップも認証木材を使
って建てた店舗を18年度中に20店舗開く。今後、同認証を採用する動きが日本で
も相次ぎそうだ。
日本マクドナルドでCSR部に所属する岩井正人マネージャーは「若年層を中心に高
まっているエシカル(倫理的な)消費意識に対応した」と話す。
世界の認証林面積は1億4900万ヘクタール(12年)から2億ヘクタール(18年)を
超え、世界の森林の約5%を占める。日本での認知度は18%と欧州や中国(70%)に
比して低いが、東京五輪や、環境問題に熱心な企業に優先的に投資する動きが強
まり、積極的に認証を活用する機運が高まっている。
詳しくはこちら[有料会員限定]
https://www.nikkei.com/article/DGKKZO32067280R20C18A6TJ2000/

【中国情報】
●2018.06.20 中国木業信息網:フランスが中国第2のオーク材供給国に
フランスではオークの原木輸出が急増し、価格も上昇している。これは主に、中
国の需要増によるものである。従来フランスのオーク生産者は原木を工場に販売
し、木材に切断し、床材や家具などの各種製品を生産していたが、現在は、個人
の森林所有者は直接中国の買い手に木材を売却している。買い手はさらに高い価
格を支払うことを望み、自ら加工を行うため、フランスの製材所の多くは加工用
木材の不足に陥っている。
フランスは世界第三位のオーク材産業生産国である。一方、中国は世界最大の木
材輸入国で、その需要は増加の一途をたどっており、その需要を満たすため中国
のメーカーは海外でオーク材を購入せざるを得ない。フランス国家森林協会
(FNB)の統計によると、2018年1月までの一年間に、フランスの中国向け
オーク材の輸出量は35%増え、オーク材輸出量全体の70%を占める。
中国にとって、フランスはロシアに次ぐ第2のオーク材供給国ということになる。
原文はこちら(中国語)
http://www.wood168.net/woodnews/50439.html

●2018.06.19 中国木材信息網:木材産業規格の策定後、ラオスの海外発注量が急増
2016年大統領令第15号が公布されて以降、約349軒の木材加工場及び1,000軒以上
の家族経営の作業場が閉鎖された。ラオス当局はすでに木材加工工場の所有者に
対し、法律を厳格に遵守し、未払いの税金をすべて支払うよう警告した。
ラオス当局は、加工工場に対するさらに厳密な監督は、木材加工企業に対しさら
に多くの投資を奨励するだけでなく、現地の人々に雇用の機会を生み出す、とし
ている。現在、ほとんどの木材加工企業は経営状況を改善し、第15号令の要求事
項を満たしている。現在すでに総額3,000万米ドルを超える、6万立方メートル以
上の加工木材製品が海外に輸出されており、その主要な輸出先は中国である。多
くの木材加工工場では海外から職人を雇用しているが、特に中国の熟練工が多く、
中国市場向けに木製品を生産している。
ラオス政府関係者によると、大統領令の施行は違法伐採問題を解決するだけでな
く、木材工業の腐敗も防止し、全体的に良い影響を生み出しているという。
原文はこちら(中国語)
http://www.wood168.net/woodnews/50432.html

【日本は今!】
●2018.06.20 J-FICニュース: 
自民党の有志議員199名が「官公庁営繕を考える議員の会」を立ち上げた。官公庁
施設の建設などは国土交通省の官庁営繕部が所管しており、施設整備の対象は
約5,300施設(約1,300万平方メートル)、指導・監督の対象は約1万3,000施設
(約4,800万平方メートル)に及ぶ。現場の実態に合った発注方式への切り替えや、
防災対策、木材利用の促進などが課題になっている。
詳しくはこちら
http://bit.ly/2tMZYBj

●2018.06.26 共同通信:木質バイオマス専焼で国内最大クラスの約75MW発電事業
株式会社レノバは、共同事業者の住友林業株式会社等と共に苅田バイオマス事業
において、6月22日にプロジェクトファイナンスを組成した。本事業は、100%木質
バイオマスを燃料とした出力規模約75MWの発電事業であり、同種の発電所として
は、日本国内でも最大クラスでレノバは、同規模のバイオマス発電事業を他の地
域でも推進中。
レノバは、リードスポンサーとして事業開発の推進を担い、住友林業グループは、
国内未利用材やパーム椰子殻(PKS)の供給を、ヴェオリアグループは発電所の
運営を担当する。2021年の運転開始を目指しす。
詳しくはこちら
https://www.kyodo.co.jp/pr/2018-06-26_1820262/

●2018.06.29 日本経済新聞:爆買いされる九州産木材 17年、輸出額7割増
九州南部を中心に木材の輸出が急増している。2017年の九州経済圏(九州7県と
山口、沖縄県)の輸出額は中国向けを中心に前年比約7割増、過去最高の116億円
を記録した。8月からは住宅の梁など付加価値の高い構造材も中国へ輸出できる
ようになり、「一段の輸出拡大が見込める」(門司税関)という。
九州圏の輸出額は全国の約6割を占め、17年までの5年間で7倍近くに増えた。
パレットや梱包箱、コンクリート型枠など向けに、日本では値がつかない低質の
丸太がけん引。輸出の8割がスギ丸太で、スギ丸太全国トップの産出量を誇る宮
崎県のほか、熊本県や大分県が供給している。太いスギ丸太をくりぬいて作る中
国の富裕層向けの棺(ひつぎ)用の丸太の輸出も好調だ。
詳しくはこちら(要会員登録)
https://www.nikkei.com/article/DGKKZO29458790W8A410C1EA1000/

--------------------------------------------------------------
■ お知らせ
--------------------------------------------------------------
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第29回フェアウッド研究部会
浜松市の天竜材(FSC認証材)の販路拡大戦略 
2018年7月18日(水)18:30 @東京・表参道

https://www.fairwood.jp/news/pr_ev/2018/180718_ev_fwkenkyu29.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
日本有数の林業地「天竜」。その天竜林業地を域内に有する浜松市では、近年、
公共的建築物への地域材利用に取り組んでおり、さらに地域産のFSC認証材の活用
を積極的に進めています。これは域内でFSC認証材の安定供給体制が構築されてい
ることを意味します。
今回、こうした域内の木材加工・供給体制の構築をどのように進めてきたのか、
実現できた秘訣、そして今後の展望や課題等について、浜松市産業部林業振興課
森林・林業政策グループ主任の藤江俊允さんをお招きしてお話いただきます。

●開催概要
日 時: 2018年7月18日(水)18:30~21:30(開場:18:00)
場 所: 株式会社ワイス・ワイス(〒150-0001東京都渋谷区神宮前5-12-7 2F)
会 費: 3,000円(懇親会費1,000円を含む。当日受付でいただきます)

●プログラム(内容は予告なく変更することがあります) 
第1部:講演「浜松市の天竜材(FSC認証材)の販路拡大戦略」
藤江俊允氏/浜松市産業部林業振興課森林・林業政策グループ主任

第2部:懇親会

●お申込み
以下の申し込みフォームよりお申し込みください。
https://ssl.form-mailer.jp/fms/0fb016c0441802

フォーム記入ができない場合、「第29回フェアウッド研究部会参加希望」と件名
に明記の上、1)お名前 2)ふりがな3)ご所属(組織名及び部署名等)4)Eメールア
ドレスを、メールにてinfo@fairwood.jpまで送付ください。
※定員50名

●お問合せ
地球・人間環境フォーラム(担当:坂本)
http://www.fairwood.jp、info@fairwood.jp、TEL:03-5825-9735
ワイス・ワイス(担当窓口/広報課 野村)
http://www.wisewise.com、press@wisewise.com、TEL: 03-5467-7003

■関連情報
フェアウッド研究部会 https://www.fairwood.jp/consultation/kenkyu.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆フェアウッド・パートナーズのWEBサイト
「クリーンウッド法に対応する木材DDのための実践情報」

https://www.fairwood.jp/consultation/howto_dd.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
フェアウッド・パートナーズでは、CW法のより実効性の高い運用に貢献し、違
法伐採対策に積極的に取り組もうとお考えの事業者の後押しとなるべく、ウェブ
サイト「クリーンウッド法に対応する木材DD実践情報」を2017年10月に公開
しました。月に1回更新・追加していく予定です。CW法のもと木材製品等の合法性

確認に積極的に取り組もうとお考えの事業者の皆様のお役にたつ情報提供を目指
しています。ぜひご活用ください。

■合法性確認とデューデリジェンス
■合法性確認のための木材DDのステップ
 1.情報収集
 2.リスク評価
   (1)初期リスク評価
   (2)詳細リスク評価
 3.リスク緩和措置
   ・サプライチェーンのリスク評価
   ・書類の評価
   ・認証制度の活用
■国別リスク情報
   1.中国
   (1)違法リスクの高い輸入相手国の事例
    事例1:パプアニューギニア(PNG)から中国への輸出
    事例2:リベリアから中国への輸出
    事例3:ペルーから中国への輸出
   (2)木材輸入の現状と違法伐採対策など
    中国の木材輸入の現状
    中国の違法伐採対策
    中国から木材製品を輸入している消費国の対応
   2.マレーシア・サラワク州
   3.ルーマニア

問合せ 「木の流れから、未来をつくる」フェアウッド・パートナーズ
 Eメール:info@fairwood.jp
 国際環境NGO FoE Japan(三柴、佐々木、TEL:03-6909-5983)
 地球・人間環境フォーラム(坂本、飯沼、TEL:03-5825-9735)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆パーム油について知るためのWEBサイト紹介
『あぶない油の話』パーム油のことを知るサイト
http://plantation-watch.org/abunaiabura/ 

「パーム油調達ガイド」
http://palmoilguide.info
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
プランテーション・ウォッチでは、パーム油の消費者向けと企業向けのウェブ
サイトを立ち上げています。

一般消費者向けには、『あぶない油の話』パーム油のことを知るサイトを通じ
て、【パーム油】が身の回りの多くの食品に多く含まれていること、そして、
その【パーム油】の生産のためのプランテーション 開発が引き起こしている
環境問題や社会問題について伝え、情報を発信しています。

パーム油を調達している企業向けには、パーム油の調達リスクに対処し、サプ
ライチェーン管理を実践するための情報や手順をまとめた情報提供サイト
「パーム油調達ガイド(http://palmoilguide.info)」があります。
是非、サイトをご覧いただき、ご活用ください。

『あぶない油の話』パーム油のことを知るサイト
http://plantation-watch.org/abunaiabura/ 
「パーム油調達ガイド」
http://palmoilguide.info

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☆森林と私たちの暮らしのつながりについて学ぶ教材

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
世界の森林問題について学んでもらうための映像教材をフェアウッド・パート
ナーズが関わり作成しています。
社内や地域での環境・森林をテーマとした勉強会等の企画に活用ください!

■映像資料
「人と木」(無料)
http://www.gef.or.jp/activity/forest/hitotoki/
「木の来た道」(定価3,000円/図書館価格:12,000円)(税別・送付料込)
 http://www.fairwood.jp/news/pr_ev/2009/pr090623_publish_woew.html
「森の慟哭」(詳細下記参照)
 http://www.foejapan.org/forest/palm/dvd_01.html

■お問合せ
FoE Japan(三柴) Tel: 03-6909-5983 
地球・人間環境フォーラム(坂本、根津) Tel: 03-5825-9735
E-mail: info@fairwood.org

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・みなさんの知人、友人、ご家族の方にもこのメールマガジンをお知らせして
 ください。メールマガジンの登録、バックナンバーはこちらです。
 http://www.fairwood.jp/news/newsbk.html
・本メールマガジンの記事について、無断転載はご遠慮ください。
 ただし、転載許可の表記のある場合を除きます。
・本メールマガジンに関するご意見・ご感想などは下記のEmailにお寄せくだ
 さい。お待ちしております。e-mail: info@fairwood.jp

発 行 : フェアウッド・パートナーズ http://www.fairwood.jp
編 集 : 坂本 有希/三柴 淳一
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
───────────────────────────────────
■今回の記事はいかがでしたか?
 下記ページより、あなたが記事の評価を行う事ができます!
  http://melma.com/score_60b178QlF0cDRP9IK0a5o5K45be7ad39/ 
□このメルマガのバックナンバーやメルマガ解除はこちら
  http://melma.com/backnumber_83539/ 
□その他のメルマガ解除や登録メルマガの検索はこちら
  http://melma.com/contents/taikai/ 
───────────────────────────────────


フェアウッド・マガジン-世界のニュース

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 月刊
最新号 2018/07/12
部数 588部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

フェアウッド・マガジン-世界のニュース

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 月刊
最新号 2018/07/12
部数 588部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング