フェアウッド・マガジン-世界のニュース

FAIRWOOD世界のニュース【第142号】(テキスト版)


カテゴリー: 2016年05月31日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  F A I R W O O D   M A G A Z I N E
  フェアウッド・マガジン  世界のニュース
               第142号          2016年5月31日
  --- フェアな木材を使おう ---        http://www.fairwood.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
合法伐採木材流通・利用促進法が成立しました。他方で、ロシアから中国へ
の違法木材流通が摘発されており、中国を経由して我が国へも輸出される木
材・木質製品の違法リスクは依然として高いままとなっていますが、新法は
このようなリスクを取り除くものと成り得るのでしょうか。
───────────────────────────────────
【日本は今!】
●2016.05.13 産経ニュース:合法木材扱う企業を認定 違法伐採対策で新法
発展途上国などで違法に伐採された木材の流通を防ぐため、合法的に伐採さ
れた木材の利用に取り組む企業を認定、登録する制度の新設を柱とした合法
伐採木材流通・利用促進法が13日の参院本会議で可決、成立する。
輸入業者や、木を多く利用する建築、家具製造、製紙などの業者は、合法伐
採された木材を扱うことを努力義務とする。合法伐採木材の利用に取り組む
企業は、国の認定機関に登録され「登録木材関連事業者」を名乗る優遇措置
が受けられる。
詳しくはこちら
http://www.sankei.com/photo/daily/news/160513/dly1605130007-n1.html

●2016.05.10 河北新報:南三陸町新庁舎 地元産「FSC材」利用増へ
国際機関「森林管理協議会(FSC)」の認証を受けた宮城県南三陸町の森林管
理者らが、適切に管理された同町の森林で生産される建築材「FSC材」を、新
しい役場庁舎用に供給するプロジェクトチーム(PT)を発足させた。公共施
設で国内初となる「FSCプロジェクト全体認証」の取得を目指す。
グループは、同町歌津の町有林から南三陸杉など約800立方メートルを切り出
し、集成材や内装材、家具を製作する計画。町内産の「FSC材」を新庁舎に活
用する方針の町に協力し、利用割合を100%に近づける態勢づくりを進める。
詳しくはこちら
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201605/20160510_13061.html

●2016.05.16 朝日新聞:「西川材」再興へ走り出す
東吾野(あがの)駅周辺にはスギやヒノキが立ち並ぶ。木目や色つやが美し
く「西川材」として江戸時代から重宝された。昔は江戸まで川に流して運ん
でいたという。
駅から約1.4キロ歩くと、西川材を加工する工房「木楽里(きらり)」がある。
約80ヘクタールの森林で林業を営む代表の井上淳治さん(56)が、「無垢
(むく)の木の良さを伝えたい」と、1997年に開いた。オーダーメイド家具
などを作るほか、利用者が工房で作ることもできる。「西川材になるには50
~200年かかる。年代物でつくったものは『木味(きあじ)』が違う」と井上
さん。
詳しくはこちら
http://www.asahi.com/articles/ASJ4H7DZKJ4HUTNB02P.html

●2016.05.12 中日新聞:木質バイオマス発電 中部ガスが新会社
中部ガス(愛知県豊橋市)は十一日、木質バイオマス発電所を豊橋市臨海部
に建設して運営するための新会社「サーラeパワー」を六月二十一日に設立す
ると発表した。四月に自由化された家庭向け電力小売りに参入したのに続き
発電所も自前で設けて将来的に地産地消の電力供給を目指す。
発電能力は二万二千百キロワット、年間発電量は一般家庭約四万世帯分に当
たる約一億五千万キロワット時。国の固定価格買い取り制度を活用し、売電
する。総事業費約百億円を投じて今年中に着工し、二〇一八年末に完成。
一九年四月に本格稼働する。
詳しくはこちら
http://www.chunichi.co.jp/article/shizuoka/20160512/CK2016051202000117.html

●2016.05.22 日経電子版:「早生樹」里山変える 成長早く、林業に好循環
成長の早い「早生樹」を里山に植える試みが広がっている。伐採まで長期間
かかるスギやヒノキと異なり、投資を早く回収できる林業の登場で里山が生
まれ変わる可能性がある。
大型連休が始まった4月29日。兵庫県宍粟(しそう)市では地域住民ら約50人
が集まり、センダンの苗木65本を植樹した。かつては農地だったが、30年以
上も耕作が放棄されていた。そこで地元の有志が所有者から土地を借り、林
業に転用することを決めた。
センダンは国内では街路樹などに使われる。「センダンは双葉より芳し」の
ことわざで知られるセンダンとは別の種類だ。アジアなどの暖かい地域に分
布する広葉樹の一種で、成長が非常に早い。針葉樹のスギやヒノキは植えて
から木材として利用するまで40~50年かかるが、センダンなら10~20年程度
で十分だ。
詳しくはこちら
http://style.nikkei.com/article/DGXMZO02368390W6A510C1TZD000/

【違法伐採問題】
●2016.04.29 TheIrrawaddy:ミャンマーは森林保全のため営利目的の伐採を禁止した
ミャンマー環境省の高官が木曜日に発表したところでは、新たに選挙で選ば
れた民主化指導者アウンサンスーチー氏が、森林減少との戦いのため儲かる
商売である木材伐採を禁止した。ミャンマーの豊かな森林は、最も価値ある
天然資源である。しかし2011年の改革が始まるまでの49年間、国を支配して
きた前軍事政権の収入源であった伐採業により森林が奪われてきた。
2014年4月ミャンマーは森林伐採を遅らせ森林の保全を推し進めるために、丸
太輸出を禁止した。2010年、国土の森林被覆面積は、1990年の58%から47%
にまで縮小したことを森林省のデータが示している。
原文はこちら(英語)
http://m.irrawaddy.com/burma/burma-bans-lucrative-logging-in-bid-to-preserve-forests.html

●2016.05.06 中国林業集団公司:ハバロフスク税関が中国への密輸木材を差し押さえ
ロシアのハバロフスク税関広報課によると、同税関は中国への密輸木材を差
し押さえた。立件された刑事事案は11件にのぼる。ある会社の経営者は輸出
するために、シナノキ、トドマツ、エゾマツを伐採するための他の森林リー
ス許可証を利用して、1364立方メートルのヤチダモを密輸し、その木材価値
は1800万ルーブル以上にのぼったという。
原文はこちら(中国語)
http://www.wood168.net/woodnews/45299.html

●2016.05.19 Mongabay:アマゾンのダム計画が地元農家を怯えさせる違法伐採者を呼び寄せている
オスバリンダ・ペレイラさんとダニエル・ペレイラさんはアレイア入植計画
地に自身の農園を持っているが、そこで違法伐採者に暴力によって脅されて
いる。パラ州西部のタライロンの町から40kmにあるアレイア入植計画地に夜
が訪れ、バイクが近づいてくる轟音によって静寂が引き裂かれた。フードを
被り正体を隠し武装した男たちは、ペレイラ夫妻の家に乗り付け周りを取り
囲んだ。二人はフルーツの栽培で生計を立てていたが、彼らの人里離れたア
マゾンの家から出て行くよう仕向ける違法伐採者に協力しないがために今は
懸賞金をかけられている。
原文はこちら(英語)
https://news.mongabay.com/2016/05/proposed-amazon-dam-attracts-illegal-loggers-threatens-local-farmers/?utm_source=feedburner&utm_medium=email&utm_campaign=Feed%3A+Mongabay+%28Mongabay+Environmental+News%29

【東南アジア情報】
●2016.05.29 朝日新聞:消える熱帯林、日本へ輸出 合板需要、伐採に先住民提訴も マレーシア・サラワク州
日本の輸入合板のほぼ半数を占める産地、ボルネオ島北部のマレーシア・サ
ラワク州で、手つかずの熱帯林が急速に失われている。現地を訪ねると、伐
採は奥地まで及び、森に頼って生活する先住民と伐採企業との争いが多発し
ていた。
詳しくはこちら(閲覧には、サイト内にて登録必要)
http://www.asahi.com/articles/DA3S12382188.html?ref=nmail_20160529mo

●2016.4.16 ジャカルタ ポスト:ベトナムとEUが木材の輸出規制に合意する
ベトナムとEUはVNTLAS(ベトナム木材合法性保証システム)がEUやその他の
国に輸出される木材や木材製品、同様にベトナム国内の市場においても適用
されることに合意した。双方はFLEGT(森林法、施行、ガバナンス及び貿易)
にもとづきVPA(自主的二国間合意)を協議する6度目の会合の中で合意に
至ったと水曜日にハノイで行われた記者会見でハ・コン・トゥン農業農村開
発代理が発表した。
原文はこちら(英語)
http://www.thejakartapost.com/seasia/2016/04/14/vietnam-eu-agree-on-timber-export-regulations.html

●2016.04.27 東奥日報:マレーシア・サラワク州ルポ「森奪われ、先住民困窮」
「昔は木の実のなる場所や時期で獲物のイノシシや鹿が現れるのを予測でき
た。でも伐採された今はそれが難しく、遠くまで探しに行かなければならな
い」―。赤道直下、マレーシア・ボルネオ島の北部に位置するサラワク州。
先住民族プナン人の集落ロングセピゲン村でディア・ゲダウさん(61)は声を
振り絞った。
「業者は口では『皆さんの土地には入らない』と言うのに、ある日突然やっ
てくる。伐採をやめてほしい」
出所はこちら
東奥日報2016年4月27日号

●2016.04.29 日本経済新聞:王子HDと住友林業、ミャンマーで製材工場竣工式 
王子ホールディングス(HD)と住友林業は29日、ミャンマー南東部モーラ
ミャインで製材品工場の竣工式を開いた。現地産ゴムを家具製造や建材用に
加工し日本や中国に輸出する。記念式典に出席した王子木材緑化の大原寛信
社長は、現状約8千立方メートルの工場の年産能力を2017年度以降に倍増する
計画を明らかにした。
同国で日系企業の林業分野の投資は11年の民主化後初という。大原社長は
「持続可能な林業に貢献する」と述べた。
新工場の運営会社は資本金が225万ドルで王子木材緑化が54%、住友林業グル
ープが26%、現地家具大手が20%をそれぞれ出資する。約120人を雇用し昨年
末から段階的に稼働している。
詳しくはこちら
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ29H2Y_Z20C16A4TJC000/

【ロシア情報】
●2016.04.28 イルクーツク州政府:イルクーツク州が全伐採木材に対するマーキングシステムの試験的パイロット地域になる
ロシア大統領令により2017年に開催されるエコロジー年の枠組みにおいて
イルクーツク州内において全伐採木材に対するマーキングシステムの試行が
始まる。この件は、ロシア天然資源・環境省大臣であるセルゲイ・ドンスコ
イ氏により、4月27日にモスクワで開催された同省の会議にて発表された。
イルクーツク州知事のセルゲイ・レフチェンコ氏は、この決定へのコメント
として、丸太のマーキングあるいはチップ付けは、伐採された木材の流通を
管理する上では不可欠であると述べている。
原文はこちら(ロシア語)
http://irkobl.ru/news/202534/

●2016.05.16 EastRussia:丸紅がサハリンにおいて木材加工会社の設立を計画している
木材加工生産を含むサハリンにおける一連のプロジェクトを日本企業の丸紅
が計画している。本件はサハリン州知事のオレグ・コジェミャコ氏とロシア
副首相・極東大統領全権代表のユーリ・トルトネフ氏と丸紅株式会社の会長
である朝田照男氏との会合の結果として発表された。
「丸紅との会合では、我々がこれから検討する一連のプロジェクトが提案さ
れた。それには、木材加工、最新の環境基準に適合したパルプ・紙製品、サ
ハリンのための給水・浄水、および医療施設の建設が含まれる」と、コジェ
ミャコ氏が述べている。
原文はこちら(ロシア語)
http://www.eastrussia.ru/news/v-planakh-yaponskoy-marubeni-zapustit-na-sakhaline-predpriyatie-po-pererabotke-drevesiny/

●2016.05.18 国際木業雑誌:2015年のロシアの針葉樹材の輸出価格は22%下落
2015年、ロシアが国外市場に向けて販売した針葉樹材の量は2240万立方メー
トルで、前年より5%増加した。しかし販売額は27億米ドルで前年より7.53億
米ドル減少し、下落率は22%であった。ロシアの針葉樹材の輸出の主要市場
である中国は、ロシアから980万立方メートルの針葉樹製材を輸入し(前年比
18%増)、輸入額は9.73億米ドルであった(同8%減)。中国が輸入する針葉
樹材におけるロシア材のシェアは約50%である。
原文はこちら(中国語)
http://www.wood168.net/woodnews/45384.html
 
--------------------------------------------------------------
■ お知らせ
--------------------------------------------------------------
☆展示&販売「杉の木クラフト×フェアウッド@パン・オ・スリール」
料理がおいしくなる木の器~木を生かすクラフト展~
http://www.fairwood.jp/cafe/news/suginoki160517.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

産地や作り手が明らかな木材=フェアウッドでできた木工製品をご紹介する
「フェアウッドカフェ」が、福岡県糸島を拠点に暮らしの道具を作る工房
「杉の木クラフト」とのコラボレーションで、身近にある素材を使って暮
らしを豊かにする生活道具を紹介する展示・販売会を開催します。場所は
店内の内装から家具に至るまでフェアウッドを取り入れているパン屋さん
「パン・オ・スリール」です。ぜひご来場ください。

会場:パン・オ・スリール
(渋谷区渋谷1-4-6、TEL:03-3406-3636、
 渋谷駅から徒歩5分、表参道駅から徒歩9分)
会期:2016年5月17日(火)~6月18日(土)8:00-20:00(日・月は定休日)
主催:杉の木クラフト、パン・オ・スリール、フェアウッド・パートナーズ
問合せ:パン・オ・スリール(店頭/TEL:03-3406-3636)
フェアウッド・パートナーズ(info@fairwood.jp/TEL:03-5825-9735)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆2016年JATAN報告セミナー 日本に入ってくる《熱帯紛争産品》
-サラワクとスマトラで起こっている原料調達の危うさ-
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
日本がマレーシアやインドネシアから大量に輸入する合板材、紙製品の生産
地域では、森林伐採による環境破壊だけでなく、製紙用やパーム油のプラン
テーション開発に土地転換されることで森に生活を依存した先住民は暮らし
を奪われ、土地紛争や人権問題も起きています。日本企業はサプライチェー
ンを含め原料調達に対し、環境劣化や人権侵害、汚職などに関与しないよう
対策を講じるべきでしょう。

本セミナーでは東南アジアの環境問題や少数民族を取材する内田 道雄氏、昨
年現地を訪れ調査を行ったトム・エスキルセン氏と原田公による現地のレポ
ートと日本企業との関わりについてお伝えします。

【プログラム】
~スマトラ編~
・燃える森に生きる―インドネシア・スマトラ島 紙と油に消える熱帯林:
内田道雄(フォト・ジャーナリスト)

~サラワク編~
・サラワク産合板製品の国内サプライチェーン:原田公(JATAN運営委員)
・サラワクの森で起こっていること:トム・エドワードソン(サラワク・
キャンペーン 委員会)

【日時】:6月10日(金)18:30~20:00(質疑応答含む)
※20:15より同会場にて「JATAN会員のつどいと総会」を行います。
20:45 終了予定
【会場】:地球環境パートナーシッププラザ(GEOC)
 http://www.geoc.jp/access/
【資料代】 500円、JATAN会員無料
【お申込み】 お申し込みはこちら
→http://goo.gl/forms/PSkxHIZ8mdccfIPY2
お電話(03-5269-5097)、E-mail(info@jatan.org)でもお申し込みを承ってお
ります。件名を「6月10日申込」として、【お名前】、【ご連絡先】、【参加
希望プログラム「報告会」 「つどい」「両方」】をご連絡下さいますようお
願いします。
【お問い合わせ】 熱帯林行動ネットワーク(JATAN) 担当:中司(なかつか)
〒162-0022 東京都新宿区新宿1-23-16 3F
 TEL: 03-5269-5097、 URL: http://jatan.org、 Email: info@jatan.org

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆6/11 FoE Japan活動報告会&会員総会のご案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
合法木材利用促進法が成立した昨今、日本企業による木材調達が今後どのよ
うに変化するのか。木材生産国調査から違法伐採対策法策定のための働きか
けまでを行ってきた担当者が詳細を伝える報告会&FoE Japan会員総会を開催
します。スタッフが勢ぞろいするこの機会に、日頃ご支援をいただいている
皆さまと意見交換ができればと思います。

セミナーに続く第二部では、FoE Japanの2016年度会員総会を行います。公開
で行いますので、ご関心のある方はどなたでもご参加ください。 

また、第一部では、4月から始まった電力小売自由化についての公開セミナー
も開催いたします。私たちは電力を選ぶことで社会を変える大きなチャンス
に直面しています。何がどう変わるのか、それによって、どのように社会を
変えられるのか、何が必要なのか、FoE Japanでパワーシフト・キャンペーン
を担当する吉田明子がわかりやすく解説します。

【日 時】2016年6月11日(土)14:00~17:00 
【場 所】新宿NPO協働推進センター501会議室 (新宿区高田馬場4-36-12)
>地図:http://www.city.shinjuku.lg.jp/content/000143374.pdf
【参加費】500円(FoE Japanサポーターは無料)
【申込み】以下のフォームよりお申込み下さい。
◆FoE Japanサポーター(正会員、賛助会員)
https://www.foejapan.org/event/supt/agm_form.html
◆一般の方:
https://www.foejapan.org/event/event_form.html

【問合せ】FoE Japan 篠原(info@foejapan.org)

【プログラム】
●14:00~ 第一部 公開セミナー
・電気を選んで社会を変える!~どうする?電力小売自由化時代での選択
(スピーカー:吉田明子)

・FoE Japan活動報告
 違法伐採対策法策定に向けたFoE Japanの活動 (三柴淳一)
 バタン石炭火力発電所の建設反対を求める活動 (波多江秀枝) 

●15:30~ 第二部 会員総会 (公開)
2015年度活動報告と決算報告
2016年度活動計画と予算計画
監事の選任 

★サポーター(正会員、賛助会員)の方へ 
準備の都合上、会員総会への出欠を6月9日(木)までに下記出欠連絡フォー
ムよりお知らせください。
(欠席の場合もご連絡をお願いします)

 >会員総会出欠連絡フォーム
https://www.foejapan.org/event/supt/agm_form.html

※定款上、会員には正会員と賛助会員があり、総会での議決権を有するのは
正会員のみ、となります。入会時に正会員のご希望をいただいていない方で
今回より正会員を希望される方は、申込みフォームにて「正会員」をご選択
下さい。 
※正会員と賛助会員の違いは、年一回行われる会員総会での議決権の有無の
みです。会費、会員特典などに違いはございません。
※ご自身のご登録内容について確認の必要な方は、事務局までお問合せ下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆第7回フェアウッド研究部会
持続可能な社会と「いまさら聞けない認証の話」
2016年6月30日(木)18:30~@東京・表参道
https://www.fairwood.jp/news/pr_ev/2016/160630_ev_fwkenkyu7.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
原材料の調達から製品に至るまで、持続可能な調達や行動を無視した活動は
限界を迎えることでしょう。 ではどのように取り組んでいけばいいのか。
2020年、またさらにその先の未来に向けて、日本はどのような舵を切る必要
があるのでしょうか。

フェアウッドに繋がる一つの選択肢として、森林認証があります。
でも、そもそもなぜ合法・違法だけではなく認証が存在するの?
実際のところ「認証材」「認証製品」といえるのはどんな状態なんでしたっ
け?森林認証以外にも世の中には認証やラベルってたくさんあるけれど、何
がどう違うの?な~んていう「いまさら聞けない話」を、一度洗いざらい整
理して復習してみませんか? な~んていう「いまさら聞けない話」を、一度
洗いざらい整理して復習してみませんか?

6月のフェアウッド研究部会は、(株)FEM/Control Union Japanの山口真奈
美さんを講師にお迎えし、持続可能な社会に向けた「いまさら聞けない認証
の話」を基礎からみっちりお話いただき、「認証製品」に対するあまたある
誤解を解いていただこうと思います。

●開催概要
日 時:2016年6月30日(木)18:30~21:30(開場 18:00) 
場 所:株式会社ワイス・ワイス(〒150-0001東京都渋谷区神宮前5-12-7 2F)
会 費:3,000円(懇親会費含む、当日受付でいただきます) 

プログラム(内容は予告なく変更することがあります) 
第1部:第1部:講演 持続可能な社会と「いまさら聞けない認証の話」
(山口真奈美氏/株式会社FEM・Control Union Japan 代表取締役)

第2部:懇親会

【講師プロフィール】
山口真奈美氏
地球環境や社会的問題の解決に向けた、国際認証の研究の傍ら環境・CSR・生
物多様性・教育関連事業を手掛け、研究所等を経て2003年FEM 設立。
2006年より国際的な認証検査機関Control Unionの日本支部も担い、エシカル
に纏わる様々な国際基準を軸に、多岐にわたる認証を展開。
また、環境や社会に配慮したエシカルなライフスタイルへと繋げるために
様々な活動にも従事。

【お申込み】
お申し込みフォームにてお申し込みください。
フォーム記入ができない場合、「第7回フェアウッド研究部会参加希望」と件
名に明記の上、1.お名前2.ふりがな3.ご所属(組織名及び部署名等)4.Eメー
ルアドレスを、メールにてinfo@fairwood.jpまで送付ください。 

【お問合せ】
地球・人間環境フォーラム(担当:坂本)
http://www.fairwood.jp、info@fairwood.jp、TEL:03-5825-9735
ワイス・ワイス(担当窓口/広報課 野村)
http://www.wisewise.com、press@wisewise.com、TEL: 03-5467-7003

【関連情報】
フェアウッド研究部会
原則、毎月第3木曜日の夜に開催しています。詳細が決まり次第、上記WEBサ
イトでお知らせしていきます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆グローバル・ウィットネス 最新の報告書
『違法行為の黙認:日本の自主的制度は違法木材取引を見逃している』
https://www.globalwitness.org/en/reports/wilful-ignorance/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
世界の多くの国が違法伐採問題にとりくむ必要性に目覚めている。違法伐採は
熱帯雨林を破壊し、気候変動を悪化させ、森林に住む人々の住居、食料、薬を
奪い、豊かな森林をもちながら金銭的に貧しい国々の経済を損なう一方で、国
際組織犯罪を助長している。
この脅威の深刻さを理解する主要木材消費国の大半は、需要を抑制することで
違法木材市場に打撃を与えるべく、違法に調達された木材製品の輸入を禁止す
る措置をとってきた。しかし、日本は世界第4位の木材輸入国であるにも関わ
らず、G7 の中で現在、唯一、違法木材の輸入を禁止する法律を定めていない。
日本では違法木材の輸入を防ぐ法律がない中、木材の合法・違法を監視するの
は企業頼みである。本報告書は違法木材が日本の市場で取引される可能性に対
して、企業の自主規制がいかに効果を上げていないかを示唆している。グロー
バル・ウィットネスは日本の木材輸入大手7社の調達動向をアンケート調査と
追加調査によって調べ、違法木材を市場に流入させないための対策を評価した。
その結果、日本の主要7社が、違法伐採が横行し深刻な社会的・環境的被害
を生んでいるマレーシア・サラワク州の雨林から大量の木材を調達しているこ
とが分かった。
違法伐採の事実はよく知られているにも関わらず、日本の企業はサラワクから
の輸入品を精査して違法木材を排除する努力をほとんど行っていない。
詳しくはこちら(英語)。日本語版の報告書もダウンロードできる。
https://www.globalwitness.org/en/reports/wilful-ignorance/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆違法伐採についてのコーナーを更新しました
https://www.fairwood.jp/forest/illegallogging.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
フェアウッド・パートナーズのWEBサイトの違法伐採についてのコーナーをリ
ニューアルし、最近の国際的な違法伐採対策や、フェアウッド・パートナーズ
による日本国内の違法伐採対策を強化するための取り組みについて紹介してい
ます。
資料や過去に開催したセミナーの一覧などもございます。是非ご覧ください。

<構成>
・インドネシアの違法伐採
・ロシアの違法伐採
・消費国側の違法伐採対策(new)
・各政党の立法に向けた動き(new)
・NGOによるセミナー・資料とメディア掲載(new)
https://www.fairwood.jp/forest/illegallogging.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆「『あぶない油の話』パーム油のことを知るサイト」開設のご案内
http://plantation-watch.org/abunaiabura/ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
この度、プランテーション・ウォッチが新たに消費者向けのウェブサイトを立
ち上げました。

一般消費者の方々に【パーム油】が身の回りの多くの食品に多く含まれている
こと、そして、その【パーム油】の生産のためのプランテーション 開発が引
き起こしている環境問題や社会問題について伝え、情報を発信していくサイト
です。日本では、まだまだ知られていないこの【パーム油】の存在を多くの人
に知っていただくために作成しました。【パーム油】に関する動画も集めてみ
ました。

是非、このサイトをご覧いただき、ご活用いただければと思います。
http://plantation-watch.org/abunaiabura/ 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆森林と私たちの暮らしのつながりについて学ぶ教材
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
世界の森林問題について学んでもらうための映像教材をフェアウッド・パート
ナーズが関わり作成しています。
社内や地域での環境・森林をテーマとした勉強会等の企画に活用ください!

■映像資料
「人と木」(無料)
 http://www.gef.or.jp/activity/forest/world/dvd_hitotoki.html
「木の来た道」(定価3,000円/図書館価格*:12,000円)(税別・送付料込)

 http://www.fairwood.jp/news/pr_ev/2009/pr090623_publish_woew.html
「森の慟哭」(詳細下記参照)
 http://www.foejapan.org/forest/palm/dvd_01.html

■お問合せ
FoE Japan(三柴) Tel: 03-6909-5983 
地球・人間環境フォーラム(坂本、根津) Tel: 03-5825-9735
E-mail: info@fairwood.org

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

・みなさんの知人、友人、ご家族の方にもこのメールマガジンをお知らせして
 ください。メールマガジンの登録、バックナンバーはこちらです。
 http://www.fairwood.jp/news/newsbk.html
・本メールマガジンの記事について、無断転載はご遠慮ください。
 ただし、転載許可の表記のある場合を除きます。
・本メールマガジンに関するご意見・ご感想などは下記のEmailにお寄せくだ
 さい。お待ちしております。e-mail: info@fairwood.jp

発 行 : フェアウッド・パートナーズ http://www.fairwood.jp
編 集 : 坂本 有希/三柴 淳一
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

フェアウッド・マガジン-世界のニュース

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 月刊
最新号 2018/07/31
部数 590部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

フェアウッド・マガジン-世界のニュース

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 月刊
最新号 2018/07/31
部数 590部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング