フェアウッド・マガジン-世界のニュース

FAIRWOOD世界のニュース【第111号】(テキスト版)


カテゴリー: 2013年10月31日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  F A I R W O O D   M A G A Z I N E
  フェアウッド・マガジン  世界のニュース
                   第111号           2013年10月31日
  --- フェアな木材を使おう ---        http://www.fairwood.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ロシア極東の保護価値の高い森林に植生するナラやタモなどの広葉樹が、
違法に伐採された後に中国国内でフローリングに加工されて国外へ流通して
いた一例が環境団体であるEIAにより指摘されました。
―――――――――――――――――――――――――――――――――
【中国ロシア情報】
●2013.10.14 IllegalLogging.info:米国企業、ロシアの森林における違法伐採へ関連の疑い
米国の主要フローリング・チェーンが、絶滅に瀕しているアムールトラの
生息地であるロシアの保護林から違法に伐採された木材を故意に購入したと
して、環境擁護グループの報告書において告発されている。アムールトラは
現在世界において約450頭程度しか残っていない。
先週発表されたレポートによると、ワシントンに基盤をおく環境調査エー
ジェンシー(EIA)は、3年にわたる調査の一環でロシアへ渡り、そこでバージ
ニアに所在する木材販売会社の中国系サプライヤーであるスイフンヘイ興佳
グループの製材所を見つけたという。
原文はこちら(英語)
http://www.illegal-logging.info/content/us-firm-linked-alleged-illegal-logging-russian-forests-%E2%80%93-report

●2013.10.11 商務部:ロシア極東地区での中国の木材企業による違法伐採が深刻
ロシア環境調査署の報告によると、ロシア極東の中国企業の製材所は違法に
森林を伐採し、現地の広葉樹林が破壊されているという。調査によると、
ロシア極東地区の80%の広葉樹林材は違法材である。2008年、ロシアは原木
輸出税を25%まで引き上げ、ロシア国内での外資による木材加工企業の設立
を奨励した。しかし、中国は厳格な森林保護・造林政策により、木材市場の
需要は増え、中国企業はロシア国内で次々に製材所を設立し、その大多数が
違法伐採を行っているという。
原文はこちら(中国語)
http://www.mofcom.gov.cn/article/i/jyjl/m/201310/20131000342852.shtml

●2013.10.24 中国木業信息網:黒龍江―ロシア極東地域が重点的に木材精密加工協力を実施
2013年黒龍江―ロシア極東地域協力及び大型企業事業商談会において、黒龍
江省大興安嶺地区は中国企業22社、ロシア企業7社を招き、木材精密加工と
鉱物開発等の分野の対ロシア協力を重点的に追求し、総事業費約14.8億元の
5件の協力事業を契約する予定である。
原文はこちら(中国語)
http://www.wood168.com/woodnews/33414.html

●2013.10.24 中国緑色時報:福建省最大の木材輸入拠点が?州市に
福建省?州市林業局によると、2012年の同市の木材輸入量は前年比40.6%増の
225.5万立方メートルであった。同市には各種林木加工経営企業が1000社近く
あり、年間生産高は345.2億元にのぼる。そのうち、木製家具、人造板等の生
産高は急速に増えており、同市は福建省最大の木材輸入拠点となっている。
原文はこちら(中国語)
http://www.wood168.com/woodnews/33412.html

●2013.10.24 中国緑色時報:ニュージーランドがロシアを抜いて中国最大の原木輸入元に
2012年に中国の原木の輸入量は3789万立方メートル、製材は2067万立方メー
トルで、国際木材貿易で大きな割合を占めている。現在、中国の木材資源の
対外依存度はすでに45%に達し、木材は石油、鉄鉱石に次いで対外依存度の
高い自然資源の一つとなっている。かつてはロシアと東南アジア市場に依存
する割合が高かったが、2007年にはロシアからの原木輸入量が原木の総輸入
量の68%を占め最大の輸入元となった。
しかしここ数年、中国の木材輸入ルートは多元化傾向にある。ロシアからの
原木輸入量は年々減少し、2012年には原木輸入総量の29.5%まで減少した。
一方、大西洋や北アメリカの木材は急速に増えており、2012年にニュージー
ランドから輸入された原木は全体の22.8%にあたる862万立方メートル、2013
年上半期は514万立方メートルで、初めてロシアを抜いた。
原文はこちら(中国語
)http://www.wood168.com/woodnews/33417.html

【木材流通と合法性】
●2013.9.30 FODAQ :EUとインドネシア、自主的二国間協定(VPA)に署名
ヨーロッパ連合とインドネシアは本日、違法木材の取引を停止するであろう
歴史的な協定に署名した。この協定に基づき、合法性が担保された木材と木
材製品だけがEUに輸出されることになる。インドネシアは、このような協定
を結んだアジアで最初の国であり、EUへの木材輸出国としてはアジア最大の
国家である。
ヨーロッパ環境委員のジャネス・ポトクニク氏は次のように語った:「EUと
インドネシアが、違法木材の伐採およびそれに関連する取引の排除に関して
共有の目標を達成するために実際に役立つ方法で協力し合ったことは非常に
喜ばしい。この協定は、環境のためにも、また責任ある企業活動にとっても
有益であり、インドネシアの木材に対する消費者の信頼度を高めるだろう」。
原文はこちら(英語)
http://drevesina.fordaq.com/fordaq/news/EU_Indonesia_VPA_34282.html

●2013.10.14 Mongabay:ノルウェイ政府、マレーシアの2つの伐採企業を、ボルネオにおける‘深刻な環境的ダメージ’を理由としてブラックリスト対象とする。
7,600億ドル規模のノルウェイ政府系投資ファンドは、深刻な環境的ダメージ
を引き起こしたとして、マレーシアの2企業の株式を売却した。12日土曜日、
世界で最大規模の政府系投資ファンドであるノルウェイ政府年金基金(CPFG)
が、粗放な森林伐採と木材プランテーションを行っているマレーシアの2企業
WTK ホールディングス・リミテッドとタ・アンホールディングス・リミテッ
ドを売却したと発表した。この決定は、ファンドの倫理委員会の勧告に基づ
いて下された。倫理委員会の行った調査では、大規模な森林破壊の‘容認で
きない危険性’、環境法の不遵守、そして不十分な森林管理の手段が明らか
になっている。
原文はこちら(英語)
http://news.mongabay.com/2013/1014-norway-pension-fund-logging-divestment.html

●2013.10.8. FORDAQ :政府機関の閉鎖によりアメリカでの伐採および木材取引が中止 
AP通信によると、米国森林局は、政府機関の一部閉鎖の結果をうけて、合衆
国内での樹木の伐採施業および木材の販売を休止すると発表した。
米国議会では、医療保険制度の改正をめぐり共和党議員と民主党議員の間の
論争に決着がつかず、そのため連邦政府の予算案の通過は見送りとなった。
米国森林局は、国内全域の450社の木材購入者に対して、今週全ての木材取引
および管理契約を一時停止する旨、すでに通知を出している。なお、さらに
詳細の通知があるまで米国の150か所の国有林での伐採施業は中止することに
なる。
原文はこちら(英語)
http://drevesina.fordaq.com/fordaq/news/Loggin_timber_sales_cease_US_34382.html

【日本は今!】
●2013.10.8 J-FIC:WTOでカナダ・EUなど5か国が木材ポイントに異議
日本で4月から実施されている「木材利用ポイント制度」について、カナダや
EU(欧州連合)など5か国がWTO(世界貿易機関)のルールに抵触している恐
れがあると主張している。国産品と輸入品を平等に扱う内外無差別の原則が
守られていないとして、カナダが日本に対して質問書を提出、これにEU、ア
メリカ、ニュージー-ランド、マレーシアが同調している。
詳しくはこちら
http://www.j-fic.com/rinseibn/rn470.html

●2013.9.30 FORDAQ:日本の家具輸入が急増
2013年7月の日本におけるオフィス家具の輸入は、同年6月度を50パーセント
以上上回る急増をみせた。7月の上位四位の供給元は、中国(31%)、ポーラン
ド(18%)、ポルトガル(12%)、そしてマレーシア(9%)であった。7月の輸入総額
は2.13億円にのぼり、これは、2013年度の月間輸入額としては2番目となる。
供給の内訳は、52%がアジアの輸出者、46%はEUの輸出者となっている。
原文はこちら(英語)
http://drevesina.fordaq.com/fordaq/news/Japan's_furniture_imports_surge_34284.html

●2013.10.4 西日本新聞:政府、森林の伐採量を23%拡大 次期の15年計画決定
政府は4日、全国の森林整備の指針となる「全国森林計画」(2014~28年度)
を閣議決定した。全国的に増えている森林資源を積極活用するため、15年間
の伐採計画量(間伐を除く)を現行計画から23%増やし約3億6千万立方メー
トルとする。
多様な森づくりを進めるため、スギやヒノキなど同じ種類の木を同時期に植
えて育てる「育成単層林」の面積を減らし、種類や高さの異なる木を育てる
「育成複層林」を74%増の約180万ヘクタールに拡大することも目指す。全国
の森林面積約2500万ヘクタールは維持する。
計画は、農相が5年ごとに15年を1期として策定する。
出所はこちら
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/politics/article/43971

●2013.10.26 北國新聞:森林再生へ間伐材買います 金沢市とNPO
市とNPO法人「角間里山みらい」は12月、間伐材を買い取り、里山保全に取り
組む県内初の「木の駅」プロジェクトを実施する。森林所有者から間伐材を
集め、朝市や農産物直売所などで利用できる地域通貨「森券(もりけん)」
と交換する。買い取った間伐材はまきなどに有効活用される。間伐を促し、
市民を水害や土砂災害から守る森林の再生を図る。
「木の駅」はNPO法人などが木材を買い取る取引場所を設け、地域通貨と交換
する形で間伐材を購入する。間伐を行う森林の所有者が増えれば、森林再生
が進むため、福井、岐阜県など全国約30カ所で行われている。
詳しくはこちら
http://www.hokkoku.co.jp/subpage/H20131026104.htm

●2013.10.25 被災住宅の補助、継続の方向 県、利用実績13億円 
県は24日の県議会9月定例会決算特別委員会で、本年度までとしている東日本
大震災の被災住宅の補修・改修に対する補助について来年度も継続する方向
で検討していく考えを示した。
県は被災者の住宅再建を促す独自事業の一つとして、被災住宅を補修したり
改修して耐震化やバリアフリー化、県産材利用を進めた場合に最大170万円を
補助する制度を創設。期限を本年度までとしていた。沢村正広建築住宅課総
括課長は、職人不足などを背景に当初見込みよりも時間がかかっていること
を挙げ「継続の方向で検討したい」と答弁した。
県によると、制度開始から7月末までのこの補助事業の利用実績は4866件、
金額で約13億5100万円となっている。
出所はこちら
http://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20131025_6
--------------------------------------------------------------
■ お知らせ
---------------------------------------------------------------
☆フェアウッドカフェ雑貨が木材利用ポイントで購入いただけます
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
木材利用ポイントの発行・交換商品等との交換の申請受付が7月1日から始ま
ります。フェアウッドカフェの食器や雑貨なども木材利用ポイントの交換商
品にラインナップされます。

木材利用ポイント事業は、地域材の適切な利用によって森林の適正な整備と
保全を促進することを目的とした国の事業。対象地域材を活用した木造住宅
の新築や改築(木質化)、木材製品及び木質ペレットストーブ・薪ストーブ
を購入すると、地域の農林水産品等と交換できる木材利用ポイントがもらえ
るという仕組みです。

木材利用ポイントWEBサイトはこちら:
http://mokuzai-points.jp/apply/index.html

10月29日にはPR大使である乃木坂46が農相を訪問し、フェアウッド製品のうち
もくもくハウスのおもちゃを手に取材に応じました。

記事詳細はこちら:
http://photo.sankei.jp.msn.com/highlight/data/2013/10/29/26nogizaka/

ポイントの申請等詳しいことは木材利用ポイントのWEBサイトをご覧ください。
また、フェアウッドカフェのWEBサイトでも木材利用ポイントについてお知ら
せする予定です。

ポイントが利用できるフェアウッド製品はこちら:
http://www.fairwood.jp/cafe
---------------------------------------------------------------
☆ドキュメンタリー映画「タイガからのメッセージ」上映情報
@神楽シネマ<2013年10月~>
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
http://www.abovo.jp/wp/taiga/

極東ロシアに広がる針葉樹と広葉樹の森。その森のことをロシアでは‘タイ
ガ’と呼びます。日本から約2時間でハバロフスクやウラジオストクに飛び、
そこから5時間ほど(悪路を思い切り飛ばして!)車で行けば、すでにタイガ
の原生林の中です。

日本のすぐ近くにあるこの森には、絶滅危惧種のアムールトラやシマフクロ
ウをはじめ、ヒグマやツキノワグマ、イノシシやアカシカが生息しています。
そして、その多種多様な生物や植物と長い間共生してきた先住民族ウデへが
暮らしています。命あふれる森とそこに暮らす人々の生活を1年間おいかけた
ドキュメンタリー「タイガからのメッセージ」。

監督の三上雄己をはじめ制作者とのトークも上映後に行います。
ぜひお越しください。

◆日時◆毎月1回のペースで上映しています。
10月以降の詳細は映画公式WEBサイトで確認ください。
http://www.abovo.jp/wp/taiga/
◆入場料◆2,000円(要事前予約)
◆定員◆毎回40名(先着順)
◆場所◆神楽サロン 2階
アクセス:有楽町線・南北線「市ヶ谷駅」出口5より徒歩5分
または、JR「飯田橋」西口、東西線・有楽町線・南北線「飯田橋駅」出口B2a
より徒歩8分
地図:http://www.kagurasalon.com/access.html
住所:〒162-0843 東京都新宿区市谷田町3-13 神楽ビル
TEL:03-6265-0580 / FAX:03-6265-0581
◆お申込み・お問い合わせ◆
Eメールまたはお電話にて(1)お名前(2)よみがな(3)Eメールアドレス(4)電話
番号(5)参加日を添えて、表題を【「タイガからのメッセージ上映会」の件】
として以下までお申し込みください。
神楽サロン(担当:戸谷、瀧澤)
Eメールアドレス:info@kagurasalon.com
TEL:03-6265-0580/FAX:03-6265-0581

「タイガからのメッセージ」予告編はこちらからご覧いただけます。
http://www.youtube.com/TaigaForumSince2009
---------------------------------------------------------------
☆フェアウッド東北支援シリーズ WEBショップでの販売を開始しました!
東北の木と暮らそう~森と、東北の明日につながる想いを~
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
災害からの復興にがんばる岩手、宮城、福島をフェアウッドで応援したい。
そんな想いから、フェアウッド・パートナーズでは、東北の山が育んだ”
フェアウッド東北支援シリーズ”を取り揃えました。

各地の木工職人さんたちの手で一つ一つ丁寧に作られた木工品は、東北、
そして森の元気につながり、心豊かな暮らしを演出します。フェアウッドの
イベント出店、またはWEBショップでお買い求めいただけます。ぜひご来店く
ださい。

・WEBショップURL:
http://www.fairwood.jp/cafe/shop/products/list.php?category_id=17

WEBショップでは、それぞれの生産地の様子が分かる映像をみることができ
ます。地域特有の森や木と付き合い続ける職人さんたちの生き様や思いを是
非ご覧下さい。

また、今回あわせて発行するフェアウッド東北シリーズのパンフレットを置
いていただけるカフェなども募集しています。ご関心のお持ちの方はお問い
合わせください。

【お問合せ】
フェアウッド・パートナーズ
info@fairwood.jp
http://www.fairwood.jp
TEL:03-5825-9735(地球・人間環境フォーラム)
または03-6907-7217(FoE Japan)

*フェアウッド東北シリーズの販売・普及活動は、平成24年度都内産品販売
活動支援事業助成金により実施されています。
---------------------------------------------------------------
☆森林と私たちの暮らしのつながりについて学ぼうキャンペーン実施中
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
http://www.fairwood.jp/news/pr_ev/2010/100825_pr_mokuzaifukyu.html

フェアウッド・パートナーズでは、世界の森林問題を木材を通して多くの方に
知ってもらいたいと出前講座の実施やイベントへの出展などの活動を環境省と
の共同のキャンペーンを実施しています。以下の映像教材を活用した出前講座
を受け付けています。
社内や地域での環境・森林をテーマとした勉強会等の企画に活用ください!

■映像資料
「人と木」
 http://www.gef.or.jp/activity/forest/world/dvd_hitotoki.html
「木の来た道」
 http://www.fairwood.jp/news/pr_ev/2009/pr090423_publish_woew.html
「森の慟哭」
 http://www.foejapan.org/forest/palm/dvd_01.html

■お問合せ
FoE Japan(中澤、中畝) Tel: 03-6907-7217 E-mail: info@fairwood.org
地球・人間環境フォーラム(坂本、根津) Tel: 03-3813-9735
----------------------------------------------------------------
☆サラワクの先住民族の森から
 ~ドキュメンタリー「森の慟哭(どうこく)」好評販売中
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
「私は聞きたい。私がもしあなたたちの街に行って銀行を破壊したら、何が起
こるでしょう?それは私たちの現状と同じです。ここは私たちが食料を得る土
地であり、私たちの銀行です。この森が私たちの銀行なのです」

サラワクは、かつて世界中に熱帯木材を輸出していた豊かな森を有していまし
た。しかしその森林は急速に後退し、残された二次林も次々とパーム・プラン
テーションの海に飲み込まれていっています。日本は昔もそして今でも、サラ
ワクからの木材の最大顧客です。
FoE Japanでは、一人でも多くの皆さまに、サラワクの森林をとりまく問題を
知って頂くため、ドキュメンタリー「森の慟哭」(監督:中井信介、22分)を
制作しました。映像ではデータや先住民族の皆さまの森の利用、開発の状況な
どを活き活きと紹介しています。
熱帯林や先住民族の権利に関して関心のある方、開発問題や消費者教育の教材
として、ぜひご活用下さい。

【定価】 3,150円(消費税・送料込み)
【図書館価格*】 12,600円(消費税・送料込み)
 ※上映会向け貸し出し可能
 * 不特定多数の方への貸出を行う場合、図書館価格となります。
【問合せ】 国際環境NGO FoE Japan 森林プログラム(佐々木)
 Tel: 03-6907-7217、Fax: 03-6907-7219、E-mail:forest@foejapan.org

詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.foejapan.org/forest/palm/dvd_01.html
----------------------------------------------------------------

その他の記事、ニュースは http://www.fairwood.jpでご覧いただけます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・みなさんの知人、友人、ご家族の方にもこのメールマガジンをお知らせして
 ください。メールマガジンの登録、バックナンバーはこちらです。
 http://www.fairwood.jp/news/newsbk.html
・本メールマガジンの記事について、無断転載はご遠慮ください。
 ただし、転載許可の表記のある場合を除きます。
・本メールマガジンに関するご意見・ご感想などは下記のEmailにお寄せくだ
 さい。e-mail: info@fairwood.jp

発   行 : フェアウッド・パートナーズ http://www.fairwood.jp
編   集 : 坂本 有希/三柴 淳一
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

フェアウッド・マガジン-世界のニュース

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 月刊
最新号 2018/10/01
部数 597部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

フェアウッド・マガジン-世界のニュース

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 月刊
最新号 2018/10/01
部数 597部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング