フェアウッド・マガジン-世界のニュース

FAIRWOOD世界のニュース【第103号】(テキスト版)


カテゴリー: 2013年02月28日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  F A I R W O O D   M A G A Z I N E
  フェアウッド・マガジン  世界のニュース
                   第103号     2013年2月28日
  --- フェアな木材を使おう ---        http://www.fairwood.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
EU木材規則の施行が3月3日に迫ってまいりました。市場が関係する世界各国
でも、政府による規制や企業による自主的な取り組みが目立っていますが、
信頼性の実証には長い時間がかかるでしょう。
今月は、中国とロシア関連の報道を特集しています。
―――――――――――――――――――――――――――――――――
【中国ロシア情報】
●2013.2.7  MONGABAY.COM:モザンビークから中国へ流通する木材の約半数は違法
EIA(環境調査エージェンシー)の最近の報告によると、モザンビークの森林
から中国の会社に流通する木材の48%が違法に伐採されており、蔓延する汚職
と脆弱なガバナンスに起因しているという。国連によると世界で4番目に発展
が進んでいない国であるモザンビークに、この違法伐採は税収から2900万ド
ル支出させていると、レポートは伝えている。
「近年のモザンビーク政府による中国への木材の違法な貿易を抑制するため
の称賛に値する努力にも関わらず、我々の調査では、非常に階級の高い政治
家(非良心的な中国人貿易者と結託している)が、いかにモザンビークの貿
易法・森林法を破り、今やモザンビークの森林の持続的な伐採量に圧力をか
けているのかを明らかにした」と、EIAの森林活動家、クリス・モイエは言っ
ている。
原文はこちら(英語)
http://news.mongabay.com/2013/0207-hance-mozambique-logging.html#PXq0TO5mB8gUoyGr.99

●2013.2.11 北海道新聞社:凍土解けカラマツ枯れる 東シベリア、温暖化影響か
ロシアの東シベリアで地下にある永久凍土の融解が進み、その影響で地表の
カラマツが枯れて森林が減少しているとの研究結果を海洋研究開発機構(神
奈川県横須賀市)などのチームが11日付の国際学術誌に発表した。 
北極海周辺が温暖化して凍土が解けているとみられ、土壌に含まれる水が増
え、根の生育環境が悪化するらしい。森林減少によって、さらに温暖化を加
速させる恐れがあり警戒が必要という。 
チームは東シベリアのヤクーツク周辺で、50メートル四方のカラマツ林を追
跡調査。2006~11年の間に約15%のカラマツが枯れたことを確認した。 
出所はこちら
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/topic/440611.html

●2013.02.20 中国木業信息網:2012年の中国の原木輸入量が初めて減少
2012年の中国の原木輸入量は初めて減少し、2011年に比べて443万3100立方
メートル減であった。ニュージーランドからの木材輸入量が昨年比4.59%増
加した以外、その他の原木輸入国からの輸入量はすべて減少した。例えば、
ロシアからの輸入量は1118万3000立方メートル(昨年比20.52%減)で2007年
に比べると1421万2600立方メートル減少している。
原文はこちら(中国語)
http://www.wood168.com/woodnews/28897.html

●2013.02.17 中国木業信息網:2013年のラオスの伐採許可はさらに減少
ラオスでは近年の森林の乱伐により、森林資源が大きく減少している。この
ため、政府は2013年に厳しい伐採規制措置を実施する。2012年にラオス政府
によって伐採許可を受けた中国の業者の多くが2013年の許可を受けられずに
いる。この影響により、中国国内の木材市場においてラオス材はいずれ必ず
品薄になると見込まれる。
原文はこちら(中国語)
http://www.wood168.com/woodnews/28852.html

●2013.02.13 世界日報:カナダの中国向け木材輸出量は10年間で22倍に
カナダの中国向け木材輸出量は年々増加しており、2002年から2012年までの
10年間で22倍に増えた。最近では中国人の木造建築による住宅建設に対する
理解が広がり、中国市場での木材需要量を後押ししている。
原文はこちら(中国語)
http://www.wood168.com/woodnews/28802.html

●2013.02.08 森工経銷信息網:2012年の中国産原木価格が史上最高に
『木材資源季刊』の分析によると、2012年の中国の国産の原木価格は上昇傾
向にある。2012年第4四半期の杉の原木価格は2011年同期比13%増で、史上最
高値を記録した。
原文はこちら(中国語)
http://www.ljforest.com/sgx/t_news.asp?id=1857

●2013.02.01 新華網:中ロ木材貿易プラットフォームが保税倉庫の利用を開始
2013年2月1日、中ロ木材貿易センター公共保税倉庫及び税関監督管理庫の利
用が正式に開始した。すでに米国、ロシア、タイ、インドネシアなど約10カ
国の海外企業を含む企業60社が中露木材貿易センターと契約を結んだ。この
保税倉庫は黒竜江省ハルビン市の賓西経済技術開発区内にあり、敷地面積は
27万平方メートル、同省唯一の保税倉庫と税関監督管理の二つの機能を集め
た一体型のプラットフォームである。この公共保税倉庫を通じて、企業は国
が規定する各種税制優遇措置のほか、中継貿易、物流配送、商品展示、簡単
な加工等のサービスを受けられる。
原文はこちら(中国語)
http://news.xinhuanet.com/yzyd/fortune/20130201/c_114588838.htm

【熱帯林関連情報】
●2013.2.6 SankeiBiz:アジア・パルプ・アンド・ペーパー・グループ(APP) 自然林伐採の即時かつ全面的中止を誓約
アジア・パルプ・アンド・ペーパー・グループ(APP)は、インドネシア国内
のサプライチェーン全体を対象として自然林の即時伐採停止を発表しました。
APPのすべての原料供給会社は、2月1日以降、独立評価を通じた長期管理計画
のもとで保護価値の高い地域が特定されるまで、自然林の伐採を停止しました。
また、フォレスト・トラスト(TFT)が行う高炭素蓄積(HCS)評価によって
すべての森林地域が特定されることになり、APPは将来の植林開発を森林地域
で行わないことを確かなものとします。
詳細はこちら
http://www.sankeibiz.jp/business/news/130206/prl1302061909057-n1.htm

●2013.2.8 MONGABAY.COM:熱帯地域における熱帯雨林の炭素排出および貯留は、温暖化が1℃進むことで500億トンずつ増加する可能性がある
二酸化炭素の集中に起因する樹木の急成長は、熱帯地方の森林の死滅によっ
て増加する二酸化炭素の放出を相殺する可能性があると、気候モデリングに
基づいた最新の研究で断言されている。
今週のネイチャー誌に掲載されたこの調査は、毎年の二酸化炭素レベルの変
化が、いかにして熱帯雨林の炭素貯留の長期的な割合へ影響を与えるのかを
見ている。この調査により、以前のモデルは、二酸化炭素施肥から増加した
成長量を過小評価する一方、二酸化炭素レベルの極端な流動性を想定してい
たことにより、伐採後残った木の根の可能性を過大に見積っていたかもしれ
ないと判定している。この研究は、熱帯雨林は地球規模で1℃気温上昇する毎
に530億トンの炭素を排出している一方で、急激な成長を通して膨大な量の炭
素を吸収しているようだ、と結論づけている。
原文はこちら(英語)
http://news.mongabay.com/2013/0107-rainforest-carbon-fertilization.html#GpwGgxEiCZisFUbf.99

【日本は今!】
●2013.2.6 毎日JP:森林保全:南三陸町、NTTドコモと契約 /宮城
南三陸町とNTTドコモは、森林保全に関する基本契約を締結した。ドコモが、
森林保全などを評価して二酸化炭素(CO2)吸収量を算定する財団法人「フォ
レストック協会」(東京)の認定制度を通じ、町有林のCO2吸収量を購入する。
同町は面積の約77%が森林で、継続的な管理が課題。ドコモはアカマツ、ス
ギなどの森林約813ヘクタールが年間に吸収するCO2約4444トンのうち、2000
トン分を2000万円で購入した。来年以降も同町内の間伐材を使って町内で
作った携帯電話グッズの販売収益を基に支援を続ける。町は資金を使い、間
伐や造林を行う計画。
詳しくはこちら
http://mainichi.jp/area/miyagi/news/20130206ddlk04040180000c.html

●2013.2.25 東日本激災復興新聞:復旧資材の確保・木材破砕機支援で
林野庁は、仮設住宅などの復旧資材確保のため、早期に稼動可能な木材加工
流通施設などの廃棄・復旧・整備や原木流通に対して支援するとしている。
被災地では、仮設住宅の建築や、がれきの処理を迅速・円滑に進めるととも
に、必要な木材の供給が求められている。早期に稼動可能な木材加工流通施
設などの廃棄・復旧・整備や原木流通に対する支援を行う。仮設住宅7万戸な
どの復旧資材確保として、木材供給等緊急対策費に59億2400万円が補正された。
詳しくはこちら
http://www.saigai-fukkou.jcpress.co.jp/wp01/archives/6958

●2013.2.23 読売新聞:奄美の環境保全へ森林100ヘクタール購入 日本ナショナル・トラスト
公益社団法人の日本ナショナル・トラスト協会(東京)が、奄美大島・瀬戸
内町にある民有の森林約100ヘクタールを購入した。環境保全が目的で、一帯
では絶滅が危惧されるアマミノクロウサギも確認されている。
協会は企業や個人の寄付を集めた基金を活用し、保護の必要性が高い土地を
購入し、将来的な維持・管理を目指している。今回は基金から2000万円を拠
出して購入したという。
関健志事務局長は「奄美は世界自然遺産の候補地になり、過度な開発が行わ
れないようにする必要がある。地元と相談しながら、まとまった森林を購入
できた。保全だけでなく、地元と連携して地域の活性化にもつなげたい」と
話している。
詳しくはこちら
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/kagoshima/news/20130222-OYT8T01648.htm

●2013.2.20 岐阜新聞:木質バイオマス発電推進 県、岐セン計画に9億8千万円支援
染色加工の「岐セン」(瑞穂市)は、山に放置されている未利用材を活用し
た木質バイオマス発電施設の建設を同市内で計画、新年度着工を目指してい
る。発電した電力は全量売電する見通しで、未利用材の活用と売電に特化し
た施設は県内初となる。県は、建設を支援するため新年度当初予算案に9億
8000万円を計上した。再生可能エネルギーの産業化や、県内の森林整備の促
進、山村地域での雇用創出に期待を寄せている。
詳しくはこちら
http://www.gifu-np.co.jp/news/kennai/20130220/201302200855_19380.shtml

【欧米関連情報】
●2013.2.8 The Bulletin:地球温暖化がアメリカの森林に大きな変化をもたらしている
地球温暖化が森林火災および森林への昆虫の蔓延を加速させ、洪水や干ばつ
の頻発を引き起こしているとして、アメリカ合衆国農務省は、国家の森林に
は大きな変化が待ち受けているだろうと、今週発行された報告で警告してい
る。千以上もの科学的研究の編纂が国家気候アセスメントの一部となってお
り、これは近い将来に国全体を通して森林をどう管理するかの指針として役
に立つ。山火事によって焼かれた地域は少なくとも次の25年で二倍になり、
昆虫の蔓延は山火事以上の年間ペースで多くの土地に影響を与えるという。
原文はこちら(英語)
http://www.bendbulletin.com/apps/pbcs.dll/article?AID=/20130208/NEWS0107/302080358/1009/NEWS01&nav_category=NEWS01

●2013.2.9 EDMONTON JOURNAL:木質ペレットは雇用を創出しノースウェスト準州を活性化させる
ヘイ川のビジネスマン、ブラッドメイプは、2年のうちに荷船いっぱいの木質
ペレットがマッケンジー川を下降していき、イヌヴィックのような場所で冬
を越し、燃料用の川岸倉庫になることを願っている。
現在高価であるディーゼルやプロパンを燃やしている地域では、ペレットは
50%の経費の節約になる。加えて、木材を伐採しそれをペレットに加工する
過程で多くの雇用が創出され、事実上雇用機会のない居住地域の経済を好転
させることに役立つ。
「これによりお金を儲けたいと同時に、何か地域に利益をもたらすことをし
なくてはならない。失業率はとても高い。」とメイプ氏は言う。
「伐採がまもなく行なわれる地域のファースト・ネーション5部族およびメ
ティ族は、この件に関して乗り気で、私たちが承認を求めて彼らの領海、領
土へ行く際には協同するそうだ。」
原文はこちら(英語)http://www.edmontonjournal.com/business/Wood+pellets+could+warm+communities+while+creating+jobs/7940355/story.html

---------------------------------------------------------------
■ お知らせ
---------------------------------------------------------------
☆3/15 フェアウッドセミナー
「日本の違法伐採対策について ~合法木材と小売業界の役割~」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
http://www.foejapan.org/forest/doc/evt_130315.html

2006年のグリーン購入に基づく基本方針の見直しや「木材・木材製品の
合法性・持続可能性の証明のためのガイドライン」の公表、合法木材の
供給体制の整備などにより、合法木材は徐々に普及してきています。

一方、一般消費者等の合法木材に対する認識は十分ではなく、需要側
から「合法木材」への要求を一層高めていけるかが課題となっており、
これにはエンドユーザーを顧客とする小売業界の協力、取組みが重要です。

本セミナーでは、各業界の先進的な取組みを紹介します。
海外からのゲストとして、家具製造小売業界でも早くから原料調達における
遡及性の確保に努めてきたIKEAの林業部担当者をお招きし、調達・製品
製造の現状から自社の取り組みまでをご報告いただきます。

またディスカションでは、今後の合法木材の効果的な普及のために、
小売業界においてどのような取組みが可能なのかを一緒に考えたいと思います。

日時:2013年3月15日 14:00~17:30
会場:リビングデザインセンターOZONE 8F セミナールームA
   (新宿区西新宿3-7-1 新宿パークタワー内 Tel:03-5322-6500)
定員:80名

プログラム:
●日本政府及び海外の消費国の取組み
  林野庁木材貿易対策室 川口大ニ氏

●各国の生産現場の現状
  国際環境NGO FoE Japan 三柴淳一/佐々木勝教

●先進企業の取組み(予定)
 ・イオン(株) グループ環境・社会貢献部  鈴木裕章氏

 ・朝日ウッドテック(株) 環境推進室  谷口正剛氏

 ・IKEA トレーディングサービス林業部  ミハイル・タラソフ氏

●パネルディスカッション
 パネリスト:上記発表者
 ※コーディネーター:足立直樹氏(サステナビリティ・プランナー)

■申し込み方法:
・以下の申し込みフォームより(推奨)
 https://www.foejapan.org/event/event_form.html

・または、以下の項目をご記入の上、FoE JapanまでFAXかメールでお申し込み
下さい。 

  1.件名「2013年3月15日(金)「フェアウッドセミナー」参加申込み」
  2.お名前、3.ご所属、4.住所、5.電話番号、6.FAX番号、7.メール、
  8.ご要望

申込先:国際環境NGO FoE Japan (担当:三柴/佐々木) 
 Tel : 03-6907-7217/FAX: 03-6907-7219/
 Eメール:forest@foejapan.org

詳細:http://www.foejapan.org/forest/doc/evt_130315.html

主催:国際環境NGO FoE Japan、地球・人間環境フォーラム


*本セミナーは平成24年度林野庁補助事業地域材供給倍増事業
(公共建築物等への地域材の利用促進及び木質バイオマスの利用拡大)
「木材のトレーサビリティの確保」課題事業の一部として開催いたします
---------------------------------------------------------------
☆東北の木と暮らそう~森と、東北の明日につながる想いを~
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
http://www.fairwood.jp/news/pr_ev/2013/1302_ev_tohoku.html

災害からの復興にがんばる岩手、宮城、福島をフェアウッドで応援したい―
そんな想いから、フェアウッド・パートナーズでは、東北の山が育んだ
“フェアウッド東北支援シリーズ”をWEBで販売しています。東北3県の木工
職人さんたちの手で丁寧に作られた木工品に、じかに触れていただくことの
できる展示販売会とトークショーを都内で行います。ぜひ東北と森の
元気につながるフェアウッドを体験しに来てください。

◆イベント/アサンテサーナカフェ◆
展示販売日程:2013年3月2日(金)~16日(土)
ワークショップテーマ:東北の木に込めた想い
WS日時:2013年3月2日(土)16:00-18:00
講師:小椋淳美さん(きこりの店)
定員:40人(要申し込み)
参加費:2,000円(お皿、コーヒー&お菓子付)

内容:国産広葉樹でお皿を作ります。軽く表面をサンドペーパーがけし、オ
イルを塗って仕上げ、お持ち帰りいただきます。あたたかい木のぬくもりを
感じながら、木の食器のメンテナンス方法までを学ぶことができます。ゲス
トは南会津町の雪深い山間で、良質な木製品を作り続ける「きこりの店」の
小椋淳美さんです。ワークショップの後は、アサンテサーナの美味しいコー
ヒーと焼き菓子を頂きながら、小椋さんとフェアウッドトークをする予定で
す。きっと東北の森が身近に感じられる時間になることでしょう。

場所:アサンテサーナカフェ(〒153-0062東京都目黒区三田2-7-10-102、
TEL:03-3791-2147、FAX:03-3792-5395、
http://www.p-alt.co.jp/asante/archives/cafe/top.php)

*お申込み:アサンテサーナカフェ宛お電話またはFAXにてお申し込み下さい

◆お問い合わせ◆
フェアウッド・パートナーズ:info@fairwood.jp
地球・人間環境フォーラム(坂本):03-5825-9735
国際環境NGO FoE Japan(佐々木):03-6907-7217
---------------------------------------------------------------
☆セミナー「熱帯林とパーム農園 ~企業が目指す持続可能な資源利用~」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
東南アジアで拡大するパーム農園と減少する熱帯林問題への対応として
「持続可能なパーム油のための円卓会議(RSPO)」では、環境・社会に配慮
した持続可能なパーム油の認証を開始しました。日本でも一部でその取り扱
いが始まっています。本セミナーではRSPO最新動向や取り組みのメリット、
また企業の取り組み先進事例についてお話いただき、持続可能な資源利用の
可能性を探ります。またインドネシアとマレーシアの現地調査より、生産地
の課題とオルタナティブへの取り組みについてご報告します。

1.「RSPOの最新動向と企業の課題(仮題)」 
武末克久(株式会社レスポンスアビリティ)
2.「バリューチェーンの選択・変更による持続可能な資源利用を目指して」
杉本信幸(味の素株式会社 環境・安全部兼CSR部専任部長)
ほか

開催日:2013年3月1日(金) 13:30~16:30
会場:貸会議室 内海 2階教室(東京都千代田区三崎町3-6-15)
http://www.kaigishitsu.co.jp/company/access.html
資料代:500円(主催団体会員は無料)
申し込みフォーム:https://ssl.form-mailer.jp/fms/af293dbd233262
主催:メコン・ウォッチ、国際環境NGO FoE Japan、地球・人間環境フォー
ラム、サラワク・キャンペーン委員会、熱帯林行動ネットワーク、レイン
フォレスト・アクションネットワーク日本代表部
◆申込み:下記フォームからお申込み下さい。
https://ssl.form-mailer.jp/fms/af293dbd233262
◆問い合わせ先:メコン・ウォッチ
メール:event@mekongwatch.org
---------------------------------------------------------------
☆フェアウッド東北支援シリーズ WEBショップでの販売を開始しました!
東北の木と暮らそう~森と、東北の明日につながる想いを~
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
災害からの復興にがんばる岩手、宮城、福島をフェアウッドで応援したい。
そんな想いから、フェアウッド・パートナーズでは、東北の山が育んだ”
フェアウッド東北支援シリーズ”を取り揃えました。

各地の木工職人さんたちの手で一つ一つ丁寧に作られた木工品は、東北、
そして森の元気につながり、心豊かな暮らしを演出します。フェアウッドの
イベント出店、またはWEBショップでお買い求めいただけます。ぜひご来店く
ださい。

・WEBショップURL:
http://www.fairwood.jp/cafe/shop/products/list.php?category_id=17

WEBショップでは、それぞれの生産地の様子が分かる映像をみることができ
ます。地域特有の森や木と付き合い続ける職人さんたちの生き様や思いを是
非ご覧下さい。

また、今回あわせて発行するフェアウッド東北シリーズのパンフレットを置
いていただけるカフェなども募集しています。ご関心のお持ちの方はお問い
合わせください。

【東北フェアウッドシリーズ生産者の紹介】
★岩手 大野木工
北上山地に育つアカマツやトチなどを素材に、木目の美しさを生かしながら
時間をかけて作った器は、木のぬくもりとやさしさを感じさせてくれます。

★宮城 もくもくハウス
三陸海岸や北上川からもたらされる霧が豊かな森を育てます。登米市津山町
の木工職人が矢羽加工などの技法を活かし、黙々と木のやさしさを伝えます。

★福島 きこりの店
磐梯山の南西、雪深い山間の南会津町。四季折々の山の姿は厳しくもあり、
美しくもあり、とても表情豊かです。ブナ、ケヤキ、トチといった、山を彩
る木をお手元でお楽しみください。

【お問合せ】
フェアウッド・パートナーズ
info@fairwood.jp
http://www.fairwood.jp
TEL:03-5825-9735(地球・人間環境フォーラム)
または03-6907-7217(FoE Japan)

*フェアウッド東北シリーズの販売・普及活動は、平成24年度都内産品販売
活動支援事業助成金により実施されています。
----------------------------------------------------------------
☆LUSHのエコにこだわったコンセプトショップ京都四条通り店OPEN
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
http://www.lushjapan.com/contents/kyoto/concept.asp

京都随一の繁華街四条通りに面し、オーナーがグリーンにこだわった新築ビ
ルに入居することになった同店。LUSHジャパンはGo! Greenをキャッチフレー
ズにした環境配慮型コンセプトショップとしてオープンさせました。新鮮な
野菜や果物を使ったコスメを手作りする世界初の”キッチン”を配し、シェ
フ作り立てコスメを量り売りすると言う画期的なお店です。
同店では、フェアウッドパートナーズが木材調達をお手伝いし、内装材には
吉野杉の壁板や吉野桧の陳列棚、諸塚どんぐり材の小物備品がふんだんに使
われています。また、箱庭には里山の植栽を再現するため、近隣地域で生産
された在来種のみを使った緑化ユニットを設置しました。
---------------------------------------------------------------
☆Soup Stock Tokyo アトレ四谷店で諸塚どんぐり材を活用
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
スープをメインディッシュとする店舗Soup Stock Tokyo を展開する株式会社
スマイルズさんには、諸塚どんぐり材プロジェクトに参加いただいていまし
たが、このたび3月14日にリニューアルオープンのアトレ四谷店において、
諸塚どんぐり材を採用いただきました。
壁面には製材時に出た皮つきのままの端材を有効活用。製材所で積み上げて
いた原板の雰囲気にヒントを得たオブジェです。荒々しい皮付き材の迫力を
残しながらもすっきりしたデザインです。
この他、JRの鉄道林を整備した時の杉材を使ったり、尾鷲ヒノキのフローリ
ング材製造時の端材を障害者授産施設で組み立てたオブジェ、東北のクリ材
を使ったカウンターなど、産地が明らかな木材を店舗デザインに積極的に取
り入れています。
詳しくはこちら
http://www.fairwood.jp/news/pr_ev/2012/120316_pr_morotsuka.html

◎諸塚どんぐり材で作った製品カタロクが出来ました!
こちらからカタログがダウンロードできます。
http://www.fairwood.jp/consultation/morotsuka/donguricatalogue_s.pdf

■お問合せ
FoE Japan(中澤) Tel: 03-6907-7217
E-mail: info@fairwood.org
----------------------------------------------------------------
☆フェアウッドカフェin熊本
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
昨年の2月から、九州・熊本でもフェアウッドカフェが定期的に開かれていま
す。「エコ・コミューン山ノ神」にある松下生活研究所の1階スペースを活用
して地域のママさんたちが中心になって定期的に開かれている「フェアウッ
ドカフェin熊本」。
フェアウッド・パートナーズが制作したドキュメンタリー「木の来た道」の
上映会などを実施しています。中国のロシア材の輸入・加工、日本の広葉樹
製材、持続可能な木材調達に取り組む大手住宅メーカーなど、木材製品が私
たちの手に渡るまでがよく分かります。
3.11の福島東電原発事故は、科学技術に依拠した手に負えない代物によるも
のです。 自然と寄り添いながら生きてきたかつての私たちの暮らしはどこに
行ったのでしょうか。人と暮らし木と暮らすことを考えてみたいと思います。
毎月第1土曜日と第3木曜日に「フェアウッドカフェin熊本」は開かれて
います。

【参加費】500円(オーガニックなランチ付き)
【場所】松下生活研究所(熊本市山ノ神2-9-16 エコ・コミューン山ノ神)
【定員】毎回10名程度 ※要申込
【申込み・問い合わせ】松下生活研究所(松下)まで
(TEL:096-202-4136、E-mail:tsg@indigo.plala.or.jp)
【主催】松下生活研究所、ネットワークココ、
「生地の家」職人'ネットワーク
---------------------------------------------------------------
☆森林と私たちの暮らしのつながりについて学ぼうキャンペーン実施中
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
http://www.fairwood.jp/news/pr_ev/2010/100825_pr_mokuzaifukyu.html

フェアウッド・パートナーズでは、世界の森林問題を木材を通して多くの方に
知ってもらいたいと出前講座の実施やイベントへの出展などの活動を環境省と
の共同のキャンペーンを実施しています。以下の映像教材を活用した出前講座
を受け付けています。
社内や地域での環境・森林をテーマとした勉強会等の企画に活用ください!

■映像資料
「人と木」
 http://www.gef.or.jp/activity/forest/world/dvd_hitotoki.html
「木の来た道」
 http://www.fairwood.jp/news/pr_ev/2009/pr090423_publish_woew.html
「森の慟哭」
 http://www.foejapan.org/forest/palm/dvd_01.html

■お問合せ
FoE Japan(中澤、中畝) Tel: 03-6907-7217 E-mail: info@fairwood.org
地球・人間環境フォーラム(坂本、根津) Tel: 03-3813-9735
----------------------------------------------------------------
☆サラワクの先住民族の森から
 ~ドキュメンタリー「森の慟哭(どうこく)」好評販売中
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
「私は聞きたい。私がもしあなたたちの街に行って銀行を破壊したら、何が起
こるでしょう?それは私たちの現状と同じです。ここは私たちが食料を得る土
地であり、私たちの銀行です。この森が私たちの銀行なのです」

サラワクは、かつて世界中に熱帯木材を輸出していた豊かな森を有していまし
た。しかしその森林は急速に後退し、残された二次林も次々とパーム・プラン
テーションの海に飲み込まれていっています。日本は昔もそして今でも、サラ
ワクからの木材の最大顧客です。
FoE Japanでは、一人でも多くの皆さまに、サラワクの森林をとりまく問題を
知って頂くため、ドキュメンタリー「森の慟哭」(監督:中井信介、22分)を
制作しました。映像ではデータや先住民族の皆さまの森の利用、開発の状況な
どを活き活きと紹介しています。
熱帯林や先住民族の権利に関して関心のある方、開発問題や消費者教育の教材
として、ぜひご活用下さい。

【定価】 3,150円(消費税・送料込み)
【図書館価格*】 12,600円(消費税・送料込み)
 ※上映会向け貸し出し可能
 * 不特定多数の方への貸出を行う場合、図書館価格となります。
【問合せ】 国際環境NGO FoE Japan 森林プログラム(佐々木)
 Tel: 03-6907-7217、Fax: 03-6907-7219、E-mail:forest@foejapan.org

詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.foejapan.org/forest/palm/dvd_01.html
----------------------------------------------------------------

その他の記事、ニュースは http://www.fairwood.jpでご覧いただけます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・みなさんの知人、友人、ご家族の方にもこのメールマガジンをお知らせして
 ください。メールマガジンの登録、バックナンバーはこちらです。
 http://www.fairwood.jp/news/newsbk.html
・本メールマガジンの記事について、無断転載はご遠慮ください。
 ただし、転載許可の表記のある場合を除きます。
・本メールマガジンに関するご意見・ご感想などは下記のEmailにお寄せくだ
 さい。e-mail: info@fairwood.jp

発   行 : フェアウッド・パートナーズ http://www.fairwood.jp
編   集 : 坂本 有希/三柴 淳一
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

フェアウッド・マガジン-世界のニュース

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 月刊
最新号 2018/10/01
部数 597部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

フェアウッド・マガジン-世界のニュース

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 月刊
最新号 2018/10/01
部数 597部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング