フェアウッド・マガジン-世界のニュース

FAIRWOOD世界のニュース【第88号】(テキスト版)


カテゴリー: 2011年11月30日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  F A I R W O O D   M A G A Z I N E
  フェアウッド・マガジン  世界のニュース
                    第88号     2011年11月30日
  --- フェアな木材を使おう ---        http://www.fairwood.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
国内外ともに違法伐採の摘発が目立っています。加えて、合法性および持続
可能性の担保に際して信頼性が高いと言われる森林認証制度や合法証明制度
の不具合も発覚しています。
―――――――――――――――――――――――――――――――――
【日本は今!】
●2011.11.15 林野庁:「第24回 FAOアジア・太平洋林業委員会」及び「アジア森林パートナーシップ第10回会合」開催 
林野庁は、平成23年11月15日、11月7日~11月11日の間、北京市(中華人民共
和国)において開催された「第24回 FAOアジア・太平洋林業委員会
(APFC)」及び「アジア森林パートナーシップ(AFP)第10回会合」の結果概
要を公表した。
公表によるとAPFCでは、最近10年間で違法伐採問題が大きく取り上げられる
ようになり、取組が進んできたことを確認した。また、途上国の森林減少及
び劣化に由来する排出の削減等(REDD+)が森林ガバナンスの向上に大きく
貢献することを再確認した。
森林セクターにおいて十分に使われていない新しいコミュニケーション媒体
を用い、コミュニケーション手法を改善していくことの観点から、APFCに森
林コミュニケーション ワーキング グループを設立することで合意した。
詳しくはこちら
http://www.eic.or.jp/news/?act=view&serial=26131&oversea=0

●2011.11.21 北海道新聞:高級木メジロカバを違法伐採 岩内署、窃盗容疑で4人逮捕
岩内署などは20日、森林法違反(森林窃盗)の疑いで、帯広市柏林台北町1、
造材業「島田木材」専務島田浩太容疑者(34)と、同社社員の男2人、元社員
の男1人の計4人を逮捕した。 
逮捕容疑は、4人で共謀し、2010年8月から同年11月にかけ、胆振管内むかわ
町穂別福山の国有林内で、胆振東部森林管理署とカラマツ伐採の契約しかし
ていないのにメジロカバ13本(時価89万6966円相当)を無断で伐採、搬出し
た疑い。元社員以外の3人は容疑を否認している。メジロカバは高級家具の材
料として知られる。
詳しくはこちら
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/donai/333205.html

●2011.11.18 J-FIC:バーク(樹皮)の利用を東京電力に再度要請
放射能汚染によりバーク(樹皮)の持っていき場がなくなっている問題で、
福島県木材協同組合連合会と福島県森林組合連合会は11月16日、東京電力に
対して火力発電所で利用するよう協力を要請した。10月20日にも同様の要請
をしたが「ゼロ回答」だったため、再度の申し入れを行った。
詳しくはこちら
http://www.j-fic.com/

●2011.11.24 J-FIC:カナダが東北の被災地復興プロジェクトを発表。
カナダ政府、ブリティッシュコロンビア州そして、カナダの林産業界は、東
北の震災被災地の復興を支援する450万ドル(約3億5千万円)のプロジェクト
を発表した。この資金は、学校や高齢者のケアセンターなどの公共の建物の
建設に使われる。現在、カナダの木材グループは、日本政府と地元企業とと
もに、このプロジェクトを進めている。木材グループは地域に何が必要かを
見極め、施設の種類と建設計画の詳細を検討している。これらの建物は、カ
ナダの木材で建てられ、来年の春に建設が開始される。
詳しくはこちら(英語)
http://www.j-fic.com/

【東南アジア情報】
●2011.10.12 住友林業:住友林業グループのパプアニューギニアの山林事業会社
オープン・ベイ・ティンバー社がFSC(森林管理協議会)認証を取得
住友林業株式会社(社長:市川晃 本社:東京都千代田区 以下、住友林業)
のグループ会社で、パプアニューギニア独立国で植林及び植林木の輸出販売
等の山林関連事業を行っておりますオープン・ベイ・ティンバー(OBT)社(代
表者:細田勝美 住友林業の100%出資会社で木材の輸出入販売を行う晃和木
材株式会社の100%出資会社 以下、OBT社)は、この度、国際的な森林認証制
度を行う第三者機関であるForest Stewardship Council(森林管理協議会 
以下、FSC)から、FSC-FM/COC認証(*)を2011年9月に取得しました。
この認証を取得したことで、OBT社は森林管理及び林産物の生産・加工・流通
過程の管理の両方で、FSC認証制度の目的である、環境保全の点から見て適切
で、社会的な利益にかない、経済的にも継続可能な森林管理を推進すること
に寄与していると認められました。植栽している樹種はユーカリデグラプタ
(現地名:カメレレ)で、通常18年の伐期で植林を行っています。なお、本
件はパプアニューギニアにおいて、植林木を取り扱うケースでは初めての認
証取得となります。
詳しくはこちら
http://sfc.jp/information/news/2011/2011-10-12.html

●2011.11.16 ジャカルタグローブ:主要な違法伐採操業が崩壊
国家警察の特別犯罪班は、西カリマンタンのクブラヤ地区で深刻な被害を引
き起こす可能性のある違法伐採シンジケートを壊滅させたと発表した。月曜
日から遂行された作戦によって、警察は数千のオオハギ(mahang)広葉樹木の
押収という成果を得た。
「木材は、1869本を数え、原木のままであった。私たちは、林業省の専門の
立会人とともに、これらの材木を計測し、カウントしている最中にある」と
調査に参加している警察官が水曜日に明らかにした。
「容疑者はイニシャルがA・Iである個人で、そいつは林業のライセンスを持っ
ていない、ポンティアナックから来たビジネスマンだ」と、この事件を語る
公的な権限がないので、匿名を希望する情報源の人物は述べる。
A・Iなる人物は林業に関する法律に基づき、違法伐採の罪で告訴されるだろう
有罪となった場合、懲役10年または50億ルピア(555、000ドル)の罰金を科
されることになる。
詳しくはこちら(英語)
http://www.thejakartaglobe.com/news/major-illegal-logging-operation-disrupted/478996

【森林認証と合法性証明制度】
●2011.11.10 FORDAQ:マレーシア:MTCSはオランダ政府の調達に不適格 
2010年に、公式のオランダ政府の木材調達を司るTPACは、マレーシアの木材
認証制度(MTCS)が、オランダの木材調達基準を満たしていないと判断した
2011年10月19日、独立したパネルであるStichting Milieukeur(SMK)の審判
部は、この決定に対するマレーシア木材認証協議会(MTCC)の訴えを棄却し
た。
英国木材貿易ジャーナル誌は、TPACのMTCSへ下された判断の主な理由として
MTCSの主張する計画が先住民族の権利を十分に認識していないこと、さらに
公的な自然林をプランテーションを含むほかの用途に転換することに対して
十分な保護がないことを挙げている。
詳しくはこちら(英語)
http://drevesina.fordaq.com/fordaq/news/logs_softwood_plywood_27698.htmly

●2011.10.17 グリンピース:環境配慮を示すラベルである PEFCとSFIに生じた疑問
現在では、環境配慮を示すラベルのついた多くの紙や家具製品が利用可能で
ある。こうした商品を選ぶことによって、私たち消費者は以前よりもはるか
に、拡大する木材市場を支援することができ、生物多様性や気候の調節、森
林地帯の暮らしを犠牲にすることを避けられる。
しかし、私たちは、普段製品上で目にする環境配慮のラベルにどういった背
景があるか注意しなければならない。グリンピースが多くの環境NGOの協力を
得て発表した調査では、これらの内の2つの環境配慮を示すラベル-木材製品
の森林認証保証(PEFC)と持続可能な林業イニシアティブ(SFI)-は従事者
が主張するほど、持続可能な形で実践されていない。世界中のいくつかの事
例研究では、森林破壊や違法行為、先住民族の権利侵害といったことが報告
されている。
詳しくはこちら(英語)
http://www.greenpeace.org/international/en/news/Blogs/makingwaves/green-forestry-labels-pefc-sfi-called-into-qu/blog/37371/

【中国ロシア情報】
●2011.11.03 中国建設報:各地の中国向け木材輸出量が減少
最近のカナダ、マレーシア等の統計によれば、第三四半期の中国向け木材輸
出量は減少した。上海等の木材輸入データからも中国の木材輸入量の下落は
明らかであり、増加していた上半期の状況とは明らかに対照的である。
カナダのメディア報道によれば、中国のカナダ材の需要量は急速に減少し、
昨年から今年8月まで、カナダ、ブリティッシュ・コロンビア州の中国向け木
材の販売量の増加は29%にとどまり、186%の増加を記録した3月とは大きな
差である。また、今年5月、中国がカナダから輸入した木材の量は初めて米国
からの輸入量を上回ったが、8月には米国からの輸入量の半分にまで落ち込ん
だ。同様の状況はマレーシア材についても明らかで、同期のマレーシアから
の木材輸入量は大幅に減少し、同国最大の木材生産地であるサラワク州の関
連部門の懸念材料となっている。 
原文はこちら(中国語) http://www.chinajsb.cn/bz/content/2011-11/03/content_42306.htm

●2011.10.28 中国新聞網:中国はマレーシアの木材製品の第5の輸出市場に
マレーシア最大の森林面積を有し、世界の熱帯材及び木材製品の主要な生産
地の一つであるサラワク州の木材及び木材製品について中国は2010年にすで
に世界で5番目に輸出量の多い市場となったことが明らかになった。2010年の
輸出量は2009年に比べ16.4%増加し、今後も引き続き増加することが予想さ
れる。中国への同州からの木材の輸入は1970年代末期に始まり、過去5年間の
木材及び木材製品の中国向け輸出額は同州の木材総輸出額の6%を占めるまで
増えている。
原文はこちら(中国語) http://www.chinanews.com/cj/2011/10-28/3421498.shtml

●2011.10.24  内蒙古新聞網:満洲里の木製品輸出が欧州4カ国へ拡大
10月18日、満洲里の企業が生産した木製ドアの枠組み1万9000ユーロ相当が満
洲里検査検疫局の検査に合格し、順調に発送された。輸送先はベルギーのア
ントワープ港である。それまで同地区の木製品のヨーロッパにおける輸出先
はドイツに限られていたが、イタリア、フランス、ベルギーが加わり、計4カ
国となった。
近年、満洲里港の木製品輸出企業の数は10社を超え、輸出製品の種類も以前
は単一的だったが最近は多様化している。同検査検疫局も製品の迅速な通関
を保証し、同港の木材加工業の発展及び国外市場拡大を後押ししている。 
原文はこちら(中国語) http://inews.nmgnews.com.cn/system/2011/10/24/010667253.shtml
---------------------------------------------------------------
■ お知らせ
---------------------------------------------------------------  
☆フェアウッド・パートナーズが「エコプロダクツ2011」に出展します!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
エコプロダクツ2010で、エコ&デザインブース大賞の最優秀賞を受賞し、
ひときわ注目を集めたフェアウッド・パートナーズが、エコプロダクツ2011
へ出展いたします。
今年は国際森林年。顔のみえる木をしっかり使っていくことで、森林を知り
将来的にも守っていくことが期待されています。
今年もフェアウッド応援宣言を発表している乃村工藝社との共同出展で、
地域社会と環境に配慮したフェアウッドを体感していただけるようなブース
を計画中です。皆さまのご来場をお待ちしております。

【日時】12月15~17日10:00~18:00(最終日は17:00まで)
【場所】東京ビッグサイト 東展示場1~6ホール F-09ブース
【アクセス】URL:http://eco-pro.com/eco2011/access/index.html
【エコプロダクツ2011サイト】URL:http://eco-pro.com/eco2011/
【問い合わせ】
E-mail: info@fairwood.jp
FoE Japan(佐々木) Tel: 03-6907-7217
地球・人間環境フォーラム(坂本) Tel: 03-3813-9735
---------------------------------------------------------------  
☆「第5回さんとめの木をいかす展」を開催します
~三富地域の取組や木の温もりを伝える~
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
川越市、所沢市、狭山市、ふじみ野市、三芳町の埼玉県西部の5市町にまたがる三富
地域では、300年以上前から農地と平地林を一体に活用した循環型農業が営まれてい
ます。
長い歴史の中では、三富地域の平地林は約20年に一度は伐り萌芽更新により常に
管理されて防風林としてだけでなく、燃料用の薪、堆肥原料としての落ち葉等の供給源
などの役割を果たしてきました。
しかし高度経済成長期以降、石油の台頭により燃料としての薪利用が少なくなったこ
となどから、伐木されなくなった木の大径木化や倒木など、管理が行き届かない平地林
も目立っています。
そのため三富地域振興協議会(※)では、平地林木材の燃料以外の利用を拡大する一
手法として、木工製品による利用を促進しています。その一環として「さんとめの木をい
かす展」を開催します。

【日時・会場】
平成23年12月10日(土)~12日(月)
午前10時~午後5時まで(最終日は午後3時まで)
小江戸蔵里(川越市新富町1-10-1、tel:049-228-0855)
(お車の場合は、近隣の有料駐車場を利用ください)
【料金】 入場無料(体験コーナーは、一部有料。)
【内容】
 (1)三富地域の歴史・文化の紹介コーナー
    地域の開拓の歴史と農家の営みについて、パネルや地割模型による展示等。
 (2)木工製品の展示販売コーナー
    平地林の木材から作られた、テーブルや小物などの展示販売。
 (3)マイ箸づくり等体験コーナー(一部有料)
    平地林木材による箸づくり等を制作体験。
 (4)三富産野菜を使用した軽食の提供と野菜の販売コーナー
    野菜の食事・販売場所。
【問合せ先】
埼玉県川越農林振興センター  農業支援部  三富農業・平地林活用担当  岡本 
〒350-1124 川越市新宿町1-1-1   
Tel 049-242-1810 Fax 049-244-2399
 e-mail:okamoto.yukinori@pref.saitama.lg.jp
--------------------------------------------------------------- 
☆住宅リフォームフェア2011in福岡へフェアウッドが出展します!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
「でっかくなったシイタケ原木の木を活かせないか?」という趣旨で始まっ
た諸塚村の里山広葉樹活用プロジェクト。大きくなりすぎてシイタケ原木に
使えなくなったコナラ、クヌギ材を使ったモダンな家具やインテリア小物の
企画・開発・販売を目指しています。

この度の展示では、松下生活研究所が中心となり、諸塚どんぐり材の試作品や屋久島材を使った製品の展示を行います。お近くの方は、お気軽にご参加下さい。

【日時】2011年12月10、11日、10:00~17:00
【場所】福岡国際センター展示ホール( 福岡市博多区築港本町2-2)
http://www.marinemesse.or.jp/kokusai/ 
【入場料】無料
【問い合わせ先】
松下生活研究所
〒862-0915熊本県熊本市山ノ神2-9-16
TEL:096-202-4136 FAX:096-202-4055
http://www.the-reform.co.jp/2011/fukuoka/index.html
---------------------------------------------------------------
☆WEBサイト「フェアウッド・カフェ」オープン
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
http://www.fairwood.jp/cafe/

フェアウッド・パートナーズでは、「フェアな木と暮らそう」というコンセ
プトのWEBサイト「フェアウッド・カフェ」をオープンしました。

身近なところからフェアウッドな製品を活用してもらいたいと、テーブルや
いすなどの家具から、お皿、スプーンのような小物、さらにコーヒーなど、
森に配慮した製品を紹介しています。製品を作った「人」の顔が見えるよう
なストーリーも紹介しています。

また、森林農法のコーヒーを国産材のカップでいただきながら、森のこと、
木のことに思いを巡らせるトークやワークショップをお楽しみいただける、
イベント型「フェアウッド・カフェ」の情報もご案内します。

ぜひ「ご来店」ください。
----------------------------------------------------------------
☆フェアウッドカフェin熊本
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
今年の2月から、九州・熊本でもフェアウッドカフェが定期的に開かれていま
す。「エコ・コミューン山ノ神」にある松下生活研究所の1階スペースを活用
して地域のママさんたちが中心になって定期的に開かれている「フェアウッ
ドカフェin熊本」。
フェアウッド・パートナーズが制作したドキュメンタリー「木の来た道」の
上映会などを実施しています。中国のロシア材の輸入・加工、日本の広葉樹
製材、持続可能な木材調達に取り組む大手住宅メーカーなど、木材製品が私
たちの手に渡るまでがよく分かります。
3.11の福島東電原発事故は、科学技術に依拠した手に負えない代物によるも
のです。 自然と寄り添いながら生きてきたかっての私たちの暮らしはどこに
行ったのでしょうか。人と暮らし木と暮らすことを考えてみたいと思います。
毎月第1土曜日と第3木曜日に「フェアウッドカフェin熊本」は開かれて
います。

【参加費】500円(オーガニックなランチ付き)
【場所】松下生活研究所(熊本市山ノ神2-9-16 エコ・コミューン山ノ神)
【定員】毎回10名程度 ※要申込
【申込み・問い合わせ】松下生活研究所(松下)まで
(TEL:096-202-4136、E-mail:tsg@indigo.plala.or.jp)
【主催】松下生活研究所、ネットワークココ、
「生地の家」職人'ネットワーク
---------------------------------------------------------------
☆森林と私たちの暮らしのつながりについて学ぼうキャンペーン実施中
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
http://www.fairwood.jp/news/pr_ev/2010/100825_pr_mokuzaifukyu.html

フェアウッド・パートナーズでは、世界の森林問題を木材を通して多くの方に
知ってもらいたいと出前講座の実施やイベントへの出展などの活動を環境省と
の共同のキャンペーンを実施しています。以下の映像教材を活用した出前講座
を受け付けています。
社内や地域での環境・森林をテーマとした勉強会等の企画に活用ください!

■映像資料
「人と木」
 http://www.gef.or.jp/activity/forest/world/dvd_hitotoki.html
「木のきた道」
 http://www.fairwood.jp/news/pr_ev/2009/pr090423_publish_woew.html
「森の慟哭」
 http://www.foejapan.org/forest/palm/dvd_01.html

■問合せ
FoE Japan(中澤、中畝) Tel: 03-6907-7217 E-mail: info@fairwood.org
地球・人間環境フォーラム(坂本、根津) Tel: 03-3813-9735
----------------------------------------------------------------
☆サラワクの先住民族の森から
 ~ドキュメンタリー「森の慟哭(どうこく)」好評販売中
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
「私は聞きたい。私がもしあなたたちの街に行って銀行を破壊したら、何が起
こるでしょう?それは私たちの現状と同じです。ここは私たちが食料を得る土
地であり、私たちの銀行です。この森が私たちの銀行なのです」

サラワクは、かつて世界中に熱帯木材を輸出していた豊かな森を有していまし
た。しかしその森林は急速に後退し、残された二次林も次々とパーム・プラン
テーションの海に飲み込まれていっています。日本は昔もそして今でも、サラ
ワクからの木材の最大顧客です。
FoE Japanでは、一人でも多くの皆さまに、サラワクの森林をとりまく問題を
知って頂くため、ドキュメンタリー「森の慟哭」(監督:中井信介、22分)を
制作しました。映像ではデータや先住民族の皆さまの森の利用、開発の状況な
どを活き活きと紹介しています。
熱帯林や先住民族の権利に関して関心のある方、開発問題や消費者教育の教材
として、ぜひご活用下さい。

【定価】 3,150円(消費税・送料込み)
【図書館価格*】 12,600円(消費税・送料込み)
 ※上映会向け貸し出し:無料
 * 不特定多数の方への貸出を行う場合、図書館価格となります。
【問合せ】 国際環境NGO FoE Japan 森林プログラム(佐々木)
 Tel: 03-6907-7217、Fax: 03-6907-7219、E-mail:forest@foejapan.org

詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.foejapan.org/forest/palm/dvd_01.html
----------------------------------------------------------------

その他の記事、ニュースは http://www.fairwood.jpでご覧いただけます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・みなさんの知人、友人、ご家族の方にもこのメールマガジンをお知らせして
 ください。メールマガジンの登録、バックナンバーはこちらです。
 http://www.fairwood.jp/news/newsbk.html
・本メールマガジンの記事について、無断転載はご遠慮ください。
 ただし、転載許可の表記のある場合を除きます。
・本メールマガジンに関するご意見・ご感想などは下記のEmailにお寄せくだ
 さい。お待ちしております。e-mail: info@fairwood.jp

発 行 : フェアウッド・パートナーズ http://www.fairwood.jp
編 集 : 坂本 有希/三柴 淳一
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

フェアウッド・マガジン-世界のニュース

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 月刊
最新号 2018/10/01
部数 597部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

フェアウッド・マガジン-世界のニュース

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 月刊
最新号 2018/10/01
部数 597部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング