フェアウッド・マガジン-世界のニュース

FAIRWOOD世界のニュース【第79号】(テキスト版)


カテゴリー: 2011年02月28日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  F A I R W O O D   M A G A Z I N E
  フェアウッド・マガジン  世界のニュース
                    第79号     2011年2月28日
  --- フェアな木材を使おう ---        http://www.fairwood.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
パーム油の生産と関連した森林破壊の防止に関し、大手企業において画期的な
動きがありました。しかしながら森林破壊を生み出す違法伐採や違法木材流通
を取り締まる動きは、各地で一進一退を継続しています。ロシアでは、偽造書
類による日本向け木材の密輸が発覚しています。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
【熱帯材関連】
●2011.02.10 グリーンピース:世界第2位のパーム油会社が、
森林破壊ストップを約束!
絶滅が危惧されるオランウータンをはじめ、たくさんの動植物が生息する
インドネシアの熱帯雨林。グリーンピースは2007年12月から、インドネシア
最大にして世界第2位のパーム油会社シナール・マス社に対し、熱帯雨林や
泥炭地を破壊しない方法で事業を行うよう働きかけを続けてきました。
そしてついに昨日(2011年2月9日)、同社のパーム油部門を担当している
GAR社が、森林破壊をこれ以上行わない方針を打ち出しました!
☆一体どのようにして、巨大パーム油会社を動かしたのか?
☆ユニリーバ、ネスレ、バーガーキングなどの関連会社に対して行った
働きかけとは?
☆そして、2月9日に発表されたGAR社の新しい森林保護方針とは?
詳しくはこちら
http://www.greenpeace.org/japan/ja/news/blog/staff/blog/33264?20110210sup

●2011.02.03 The New York Times:アマゾンの孤立部族が森林伐採の脅威に
さらされる
ブラジル当局は、隣のペルーで行われる違法伐採により、アマゾンの熱帯雨林
深くに生活する孤立部族の存在が危ぶまれることに関心を集めるため、
孤立部族の新しい航空写真を発表した。部族の写真が撮られたのは、ブラジル
のインディアン総務部が撮影して以来2回目だ。2008年、部族が飛行機に
向かって矢を放つ姿は世界をかけめぐり、メディアは「失われた」アマゾン
部族の証拠として特徴付けた。しかし、ブラジルの行政機関は長い間、外部と
接触しない部族の存在を認識していたと述べた。
原文はこちら(英語)
http://green.blogs.nytimes.com/2011/02/03/isolated-amazon-tribes-threatened-by-logging-groups-say/?ref=earth

●2011.01.26 WRI:Q&A:繊維試験、紙、そしてレーシー法
木々が枯れたことで、温室効果ガスの吸収が妨げられ、逆に排出量が増加する
2010年11月、WRIは「リスクフリー?紙とレーシー法」という記事において
アメリカ内で購入された紙製品に潜む違法伐採木材を見つけるための繊維試験
の利用について議論した。この記事は、林産物サプライチェーン上にある企業
や、違法伐採を減らす活動を行う市民社会団体から多くの反響があった。
ここで、WRIは、繊維試験、紙サプライチェーンにおけるリスクを減らす
ためにこの技術をどう利用するかについて、よくある質問に答える。
原文はこちら(英語)
http://www.wri.org/stories/2011/01/qa-fiber-testing-paper-and-lacey-act

●2011.02.01 Sciencedaily:ボルネオの伐採地景観における大規模な
生態学研究開始
東南アジアにある熱帯の島であるボルネオ、サバ州の森林で、森林伐採
生物多様性、炭素循環に関する大規模な実験が進行中である。科学者は研究
結果により、熱帯アジアに残された熱帯雨林の管理および保全に役立つことを
願っている。この生態学的研究は、8000ヘクタールを網羅する、世界最大規模
の研究であり、改変された森林生態系の安定性(SAFE)のプロジェクトが
インペリアル・カレッジ・ロンドンの研究者により進められている。
原文はこちら(英語)
http://www.sciencedaily.com/releases/2011/02/110201084240.htm

【中国・ロシア情報】
●2011.02.17 tamognia.ru:税関が沿海地方において木材の密輸を起訴
極東関税局の発表によれば、沿海地方の関税局が、700万ルーブルを超える
日本への密輸木材の発覚に関し刑事起訴した。起訴の具体的日時は明かされて
いない。「すべての製品ロットが、未加工のアカマツ丸太であり、偽造された
書類によりウラジオストク税関を通して日本へと輸出されていた。密輸木材の
総額は、770万ルーブル(約2500万円)にのぼる」
原文はこちら(ロシア語)
http://www.tamognia.ru/news/new/1550928/

●2011.01.06 Global Times:2010年中国の林業生産額、2兆元を超える
中国の林業生産額は、昨年比で27%増加の2兆元(3020億ドル)以上に及んだ
と林業局高官が伝えた。中国国家林業局(SFA)の局長であるジア・ジバン氏
によれば、2010年中国は、松脂、繊維板、竹・ラタン家具、床板製品において
世界一の生産量であった。同氏によれば、2011年における中国の林業生産額は
2兆4000億元を目指している。
原文はこちら(英語)
http://business.globaltimes.cn/china-economy/2011-01/609513.html 

●2011.02.17 中華人民共和国中央人民政府:2010年の林産品の輸出入額は
37.1%増の962億7000万米ドル
中国海関(税関)統計分析によると、2010年の全国の林産品輸出入額は962億
7000万米ドルで、前年に比べ37.1%増加した。うち輸出額は487億8000万ドル
(同34.3%増)、輸入額は474億9000万ドル(同40.1%増)であった。主な
輸入品のうち、原木、家具、製材等が増加傾向にある。また、輸出については
木製家具が依然輸出林産品のトップであり、2010年の輸出額は前年比34.3%増
の161億6000万ドルであった。
原文はこちら(中国語)
http://www.gov.cn/gzdt/2011-02/17/content_1805001.htm 

●2011.02.15 中国政府採購網:原木の不足により家具の価格は
10‐20%上昇の見込み
東北部や内モンゴル等の地区での禁伐により木材の生産量が調整された影響と
さらにロシアでの各種木材保護措置の実施により、中国国内の原木の品不足は
深刻である。このため、家具業界では、今年の木製家具の価格の大幅上昇が
懸念されている。例を挙げれば、黒竜江省の関連林業部門は2011年の伐採量を
440万立方メートルから90万立方メートルに大きく減らし、今後も引き続き
伐採量を低く抑える。専門家は、国内最大の家具製造拠点である深センでは
原木の不足と価格の上昇により、今年上半期の家具の価格は10‐20%値上がり
すると見ている。
原文はこちら(中国語) 
http://www.ccgp.gov.cn/gysh/qtlb/bgjj/201102/t20110215_1503519.shtml

【気候変動と森林】
●2011.02.07 Sustainable Business.com:気候変動の転換点に近い?
2010年は記録上最も暖かい年であり、アマゾンの熱帯雨林では大規模な干ばつ
があったことから、世界で最大級の森林が間もなく転換点を迎えるのではと
憂慮されている。科学者たちは、2010年の記録的な干ばつの間に何十億もの
木々が枯れたことで、温室効果ガスの吸収が妨げられ、逆に排出量が増加する
のではないかと懸念する。アマゾンの熱帯雨林は世界の炭素排出量の25%以上
を吸収しており、これは地球温暖化を緩和させるために重要となっている。
原文はこちら(英語)
http://www.sustainablebusiness.com/index.cfm/go/news.display/id/21834

【国内は今!】
●2011.02.10 毎日新聞:CO2排出権:大山町、大山ハムに売却 
地産地消型取引、自治体参加は県内初 /鳥取
大山町が空調設備更新により最大で年間56トンの二酸化炭素排出を削減
できることになり、町は9日、大山ハム(米子市)にこの排出権を売却する
契約を締結した。地球温暖化防止に向けた排出権取引を定めた
「国内クレジット制度」の承認事業で、県内7例目。自治体が加わるのは
県内初。地産地消型の排出権取引になった。契約は、大山ハムが
09~12年度の町の削減分計187トンを28万500円で購入するという
内容。価格は1トン1500円。山陰合同銀行が取引を仲介し、経済産業省の
国内クレジット認証委員会が1月27日に承認した。
詳しくはこちら
http://mainichi.jp/area/tottori/news/20110210ddlk31040679000c.html

●2011.02.04 朝日新聞:バイオマス発電試験開始
中国電力は3日、三隅発電所1号機(浜田市三隅町、石炭火力)で、間伐材
などを砕いた木片(木質チップ)を石炭に混ぜ燃料として使うバイオマス発電
の実証試験を始めた。1号機は出力100万キロワットで国内最大級の試験と
なる。試験は下関、新小野田発電所に次いで3カ所目。年間電力量約66億
キロワットのうち、約0・48%の約3200万キロワットがバイオマス発電
となる。間伐材など約3万トンの有効利用と、二酸化炭素排出量約2・3万
トンの削減を見込む。試験は2012年度末まで続け、13年度から本格運用
を始める。
詳しくはこちら
http://mytown.asahi.com/shimane/news.php?k_id=33000001102040003

●2011.02.01 ロイター:三井物産、豪州ウッドチップ加工会社と
植林事業会社を買収
三井物産は1日、豪州の中堅ウッドチップ加工会社と植林事業会社を買収した
と発表した。買収金額は未公表。天然木の代わりに植林木を使うウッドチップ
の需要は、環境配慮型の製紙原料として需要が拡大する見通しで、三井物産
単独で植林事業からウッドチップ加工・輸出事業まで展開できる体制を確立
する。買収したのは、西オーストラリア州で製紙原料のウッドチップを加工・
輸出するハンソル・ピー・アイ社と、植林事業を行うグレート・サザン・
ティンバー・ホールディングスの全株式。
詳しくはこちら
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-19328320110201

---------------------------------------------------------------
■ お知らせ
---------------------------------------------------------------
にっぽんの木 100年家具 コンペティション
 ワイス・ワイス グリーンファニチャーアワード2011開催
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
「100年先を考えて木を植えるように、100年先を考えて家具をつくりた
い。100年使える家具をつくり、100年受け継げるしくみをつくりたい。」

このような想いから、「日本の木を使った、100年先の人々にも喜んでもらえ
るような“暮らしの道具としての家具”」を求めて、家具のデザインと、
“家具づくりを通じて100年先が豊かになるしくみ”についてのコンペが実施
されます。 フェアウッド・パートナーズは協賛、そして中澤健一が審査員の
一人として参加します。
詳しくはこちら
http://www.wisewise.com/greenproject/gfa/

---------------------------------------------------------------
■ セミナー/シンポジウム
---------------------------------------------------------------
☆フェアウッド・カフェ「木のある暮らし」講座 Vol.10
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
http://www.fairwood.jp/news/pr_ev/ev2010_fwc_woodinlife_index.html

【第10回目のテーマ】「日本の森の多様性を感じるライフスタイル」

・フェアウッドアイテム「多種多様な国産材を生かした木の家作り」
 話し手:木原 巌さん(木童 代表)
・フェアウッドメニュー 自然の恵み満載!早春の山菜料理
 作り手:橋本明朱花さん(マクロビオティック料理研究科)


巨大都市・東京で暮らしているとなかなか森に触れる機会がないですよね。
「日本の森といえば?」、「国産材といえば?」、まず「スギ」や「ヒノキ」
があげられることでしょう。花粉が飛ぶこの時期になると、なおさらですね。
でも、そんなスギやヒノキの違い、幹や葉っぱ、材質の違いがすぐにイメー
ジできるでしょうか?あるいは、スギやヒノキ以外、日本の森にある木の名
前やその木の特徴がすぐに思い浮かぶでしょうか?

大根やキャペツ、りんごやみかん、鮪や鮭、といえば、その違いはすぐにイ
メージできると思います。野菜や果物や魚と同じように、木にもたくさんの
種類があります。姿形や性質、育つ場所もみんな違います。南北に長く、標
高差も大きく、太平洋側と日本海側で気候が違う日本列島には、本来、その
土地ごとに多様な種類の木々が育っているのです。

前置きが長くなりましたが、今回は、そんな多様な日本の木を活かした家作
りを進めている、木童の木原さんにお話していただきます。様々な木の特質
を理解した、適材適所の家作りの真髄をお聞きしたいと思います。

そして、おたのしみのカフェタイム。フェアウッドカフェでおなじみの、橋
本明朱花さんが久しぶりの登場です。早春の多様な山菜を使った軽食をご用
意いただきます。厳しい冬をのりこえて、山野に芽吹いた大地のエネルギー
をいただきましょう。

【日時】2011年3月5日(土) PM2~4時
【場所】カフェ&バー「ゴルビー」(旧 カペルシータ)
  東京都目黒区下目黒2-14-13東邦ビル1F
  TEL:03-3779-1091/FAX:03-3779-1092

【参加費】¥1,200円
 ※早春の山菜料理と森林農法のコーヒー付

【定員】20名

【お申込】 フェアウッド・パートナーズ
  info@fairwood.jp  www.fairwood.jp
 TEL:03-6907-7217(FoE Japan 中澤・中畝)、
    03-3813-9735(地球・人間環境フォーラム 坂本)

※本講座は環境再生保全機構の地球環境基金の助成を受けて実施いたします。
-------------------------------------------------------------

☆森林と私たちの暮らしのつながりについて学ぼうキャンペーン実施中
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
http://www.fairwood.jp/news/pr_ev/100825_pr_mokuzaifukyu.html

フェアウッド・パートナーズでは、世界の森林問題を木材を通して多くの方に
知ってもらいたいと出前講座の実施やイベントへの出展などの活動を環境省と
の共同のキャンペーンを実施しています。以下の映像教材を活用した出前講座
を今年度中は無料で受け付けています。
社内や地域での環境・森林をテーマとした勉強会等の企画に活用ください!

■映像資料
「人と木」
 http://www.gef.or.jp/activity/forest/world/dvd_hitotoki.html
「木のきた道」
 http://www.fairwood.jp/news/pr_ev/pr090423_publish_woew.html
「森の慟哭」
 http://www.foejapan.org/forest/palm/dvd_01.html

■問合せ
FoE Japan(中澤、中畝) Tel: 03-6907-7217 E-mail: info@fairwood.org
地球・人間環境フォーラム(坂本、根津) Tel: 03-3813-9735
----------------------------------------------------------------

☆『企業が取り組む「生物多様性」入門』が発行されました
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
http://www.amazon.co.jp/dp/4820746502/

企業担当者による生物多様性への取り組み事例にあわせて、「フェアウッド・
パートナーズ」は企業とNPO/NGOの協働事例として紹介されています。
是非、ご一読ください。
----------------------------------------------------------------

☆サラワクの先住民族の森から
 ~ドキュメンタリー「森の慟哭(どうこく)」好評販売中
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
「私は聞きたい。私がもしあなたたちの街に行って銀行を破壊したら、何が起
こるでしょう?それは私たちの現状と同じです。ここは私たちが食料を得る土
地であり、私たちの銀行です。この森が私たちの銀行なのです」

サラワクは、かつて世界中に熱帯木材を輸出していた豊かな森を有していまし
た。しかしその森林は急速に後退し、残された二次林も次々とパーム・プラン
テーションの海に飲み込まれていっています。日本は昔もそして今でも、サラ
ワクからの木材の最大顧客です。
FoE Japanでは、一人でも多くの皆さまに、サラワクの森林をとりまく問題を
知って頂くため、ドキュメンタリー「森の慟哭」(監督:中井信介、22分)を
制作しました。映像ではデータや先住民族の皆さまの森の利用、開発の状況な
どを活き活きと紹介しています。
熱帯林や先住民族の権利に関して関心のある方、開発問題や消費者教育の教材
として、ぜひご活用下さい。

【定価】 3,150円(消費税・送料込み)
【図書館価格*】 12,600円(消費税・送料込み)
 ※上映会向け貸し出し:無料
 * 不特定多数の方への貸出を行う場合、図書館価格となります。
【問合せ】 国際環境NGO FoE Japan 森林プログラム(三柴、中畝)
 Tel: 03-6907-7217、Fax: 03-6907-7219、E-mail:forest@foejapan.org

詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.foejapan.org/forest/palm/dvd_01.html
----------------------------------------------------------------

その他の記事、ニュースは http://www.fairwood.jpでご覧いただけます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・みなさんの知人、友人、ご家族の方にもこのメールマガジンをお知らせして
 ください。メールマガジンの登録、バックナンバーはこちらです。
 http://www.fairwood.jp/news/newsbk.html
・本メールマガジンの記事について、無断転載はご遠慮ください。
 ただし、転載許可の表記のある場合を除きます。
・本メールマガジンに関するご意見・ご感想などは下記のEmailにお寄せくだ
 さい。お待ちしております。e-mail: info@fairwood.jp

発 行 : フェアウッド・パートナーズ http://www.fairwood.jp
編 集 : 坂本 有希/三柴 淳一
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

フェアウッド・マガジン-世界のニュース

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 月刊
最新号 2018/10/01
部数 597部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

フェアウッド・マガジン-世界のニュース

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 月刊
最新号 2018/10/01
部数 597部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング