フェアウッド・マガジン-世界のニュース

FAIRWOOD世界のニュース【第73号】(テキスト版)


カテゴリー: 2010年09月02日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  F A I R W O O D   M A G A Z I N E
  フェアウッド・マガジン  世界のニュース
                    第73号     2010年9月2日
  --- フェアな木材を使おう ---        http://www.fairwood.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

泥炭湿地林が伐採されることにより排出される二酸化炭素は、地球温暖化や気
候変動に大きな影響を与えるとされています。そうした森林開発を巡る企業と
環境団体、さらには国際的な認証機関も加わった「仁義なき戦い」が繰り広げ
られています。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

☆2010.08.21 Jakarta Post:パーム農園企業、事実を隠蔽?
8月19日、2つの国際認証機関、コントロールユニオン(CUC)と英国規格協会
(BSI)が、パーム油製造のSMART社への森林破壊/違法行為疑惑に関する監査報
告書を公表した。2つの事業地で3m以上の深さの泥炭地における植林が実施さ
れたなど大統領令違反や社内規定違反が見られたという。
原文はこちら(英語)
http://www.thejakartapost.com/news/2010/08/21/smart-‘misreported’-some-conclusions.html
【編者注】当初、SMART社はグリーンピースから泥炭地における森林伐採など
環境破壊行為に関して強烈な批判を受け、同社はCUCとBSIとに監査を依頼して
いた。その後、8月10日、同社自ら記者会見を開き、同社の正当性をアピール
し、グリーンピースは「誇張しているか、間違っている」と主張。しかし、そ
の監査担当のCUCとBSIから、同社の報告内容を訂正すべく、今回の発表があっ
たものである。
※SMART:Sinar Mas Agro Resources and Technology
【関連】
・APP、森林破壊疑惑は事実無根と主張
http://www.reuters.com/article/idUSJAK40654520100811
・BSI-CUCレポート(PDF)
http://www.smart-tbk.com/pdfs/Announcements/IVEX%20Report%20100810.pdf
・カーギル社、パーム油の環境配慮で後戻りか?
http://news.mongabay.com/2010/0826-cargill_sinar_mas.html

☆2010.08.23 ノルウェー財務省:サムリン社他、政府年金基金から除外
ノルウェー財務省は、イスラエルの企業2社とマレーシア、サラワク州の企業1
社を政府年金基金(GPFG)の投資先リストから除外したことを発表した。これは
同省の倫理評議会の報告書の提言に基づくもので、同報告書では、対象の3社
は人権や既存の法への無配慮など非倫理的な活動に貢献している、または自身
で非倫理的な活動を実施している、と結論付けている。除外された3社は、
Africa Israel Investments社、Danya Cebus社、Samling Global社である。
原文はこちら(英語)
http://www.regjeringen.no/en/dep/fin/pressesenter/pressemeldinger/2010/tre-selskaper-utelukket-fra-statens-pens.html?id=612790
【関連】報告書は以下からダウンロード可能(PDF)
http://www.regjeringen.no/upload/FIN/etikk/Recommendation_Samling.pdf

●2010.08.18 ITTO-MIS report:2010年上半期の中国の丸太輸入は25%増加
2010年の上半期における中国の丸太輸入総量は、1660万m3、総額29億500万ド
ルと、2009年の同時期と比較して容量で25%、価格で60%の増加であった。全
体的には、針葉樹の輸入が1140万m3、総額14億5800万ドルと、容量で68%、価
格では50%の増加。広葉樹の輸入は、530万m3で、総額14億4600万ドルと、容
量で32%、価格で50%の増加となった。また丸太輸入総量の26%は熱帯木材が
占め、2009年比で56%増だった。丸太輸入先はロシア、NZ、PNG、USA、ソロモ
ン諸島、ガボン、マレーシアなどが上位を占める。
原文はこちら(英語)
http://www.itto.int/en/mis_download/(PDF)

●2010.08.18 ITTO-MIS report:サラワク州、2010年上半期丸太、合板輸出増
サラワク木材産業開発公社(STIDC)によると、2010年上半期、マレーシアのサ
ラワク州は、204万m3の丸太、3億870万ドルを輸出した。2009年同時期では、
輸出は162万m3、2億5170万ドルであった。一方、同州の合板輸出量は146万m3
で、昨年同時期の118万m3から微増。主要輸出先である日本の取引額は297万ド
ルに及んだ。
原文はこちら(英語)
http://www.itto.int/en/mis_download/(PDF)

●2010.08.17 中国木業信息網:ロシアの森林火災による中国木材市場への影響はわずか
ロシアの森林火災が、ロシア材の輸入大国である中国の木材市場に及ぼす影響
は、専門家は緊急を要する事態ではないとしている。中国林業科学研究院林業
科技信息研究所の李智勇所長は「火災の主な発生地点は中国の木材生産の主要
な地区ではなく、直接的な影響は大きくはない」と話した。また、広東省林業
産業協会の陳水合秘書長は「ロシアは近年原木の輸出関税を引き上げたため、
中国がロシアから輸入する原木の量はすでに年々減少しており、大きな影響は
ない」としている。全国木材業管理弁公室の孫建主任も「ロシアで木材資源の
開発を手掛ける中国企業はロシアの主要企業が集中する極東地区に集中してお
り、火災の発生地点からはるかに離れているため、影響は大きくない」として
いる。
原文はこちら(中国語)
http://www.wood168.net/woodnews/19007.html

●2010.08.16 環球報:ロシアが中国向け密輸グループを取り締まり
ロシア内務部経済安全司新聞局の発表によれば、ロシア内務部職員がロシア極
東で大規模な特別取り締まりを実施し、大量の木材を密輸していた越境犯罪グ
ループが発覚した。この密輸グループは極東地区において、現金で大量の違法
伐採材を購入し、書類を偽造、中国へと輸出した。このグループは2008年から
2010年までの間に、中国に向けて計15億ルーブル(約3億3000万元)の木材を
密輸した。主犯格5名のうち3名が中国人。
原文はこちら(中国語)
http://world.huanqiu.com/roll/2010-08/1018999.html

●2010.08.14 林野庁:「公共建築物における木材の利用の促進に関する基本方針案」などへのパブコメ募集中
民主党政権による注目の国産材振興策、公共建築物等の木材利用推進法の施行
準備が着々と進んでいる。現在、農林水産省は「公共建築物等における木材の
利用の促進に関する法律施行令案等」、同施行規則案、同基本方針案に対する
パブリックコメントの募集をはじめた。締め切りは9月12日まで。
詳細はこちら(日本語)
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=550001250&Mode=0

●2010.08.12 FURNITUREToday:ギブソンのレイシー法違反、詳細が明らかに
2009年11月、ギブソン・ギター社がレイシー法に違反する木材を使用していた
として、連邦当局の捜査を受けていたことが報道された。これは法改正後、初
の違反ケースとして、大変注目を集めたが、その詳細は不明なままだった。
今週になって、テネシー州の米連邦検事中央地区事務所から押収品に関する書
類が提出され、詳細が明らかになった。同書類によると、連邦当局は、ギブソ
ンからエボニーの指板、エボニーのネック、エボニーの乾燥材、エボニーのギ
ターなどを押収したとのこと。
原文はこちら(英語)
http://www.furnituretoday.com/blog/The_Writer_s_Bureau/37515-Details_come_to_light_on_Gibson_s_Lacey_Act_Raid.php
【関連】ギブソン・ギター社、合法木材調達へ
http://www.rainforest-alliance.org/news.cfm?id=gibson_release_jul10
※フェアウッド世界のニュース第65号参照のこと
http://www.fairwood.jp/news/wnbn/vol065.html

●2010.08.11 ABC News:豪州労働党、違法木材輸入禁止へ
オーストラリア労働党は、次期選挙の公約として違法木材輸入禁止を掲げた。
これは8月11日、林業大臣が公表したもので、2007年11月の総選挙時にラッド
首相が公約に掲げたものだった。
計画によれば、木材取扱企業は、取扱う木材の出所を確認し、取引詳細の報告
を要求されることになる。また違反行為には罰則規定も設けられる。
現在オーストラリアは、屋外家具製品総量の25%を含む8億4千万ドル相当の違
法伐採に基づく木材製品を輸入しているとされている。
原文はこちら(英語)
http://www.abc.net.au/news/stories/2010/08/11/2979408.htm
【関連】森林保護団体、豪州に違法材輸入禁止を要求
http://www.thejakartapost.com/news/2010/08/16/forest-groups-call-oz-ban-illegal-timber-import.html

----------------------------------------------------------------

☆【連名依頼】木材調達ガイドラインの強化に関する提言(案)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
~生物多様性、森林生態系、人権に配慮した木材・紙調達を!

国際環境NGO FoE Japan、グリーンピース・ジャパン、サラワク・キャンペー
ン委員会、WWFジャパン、地球・人間環境フォーラム、熱帯林行動ネットワー
ク、レインフォレスト・アクション・ネットワーク日本代表部など、森林保全
に取り組む環境NGOでは、下記のような問題意識を共有し、国際社会の一員と
して日本政府の一層の貢献を求めるべく、以下の提言書を農林水産省へ提出す
ることにしました。

提言は下記URL、または本メールの末尾をご覧ください。
http://www.foejapan.org/forest/doc/100820.html

現在、この趣旨に賛同し、連名していただける団体・個人の方を募集していま
す。連名いただける団体・個人の方は、9月10日(金)までに、(1)団体として
の賛同か、個人としての賛同か、(2)団体名・個人名(個人の場合は、併記可能
な所属先・肩書きなど)、(3)連絡先のE-mail――を、forest@foejapan.orgま
でご連絡いただけますようお願いいたします。

ご協力のほどよろしくお願いいたします。

【問合せ】 国際環境NGO FoE Japan 森林プログラム(三柴)
 Tel: 03-6907-7217、Fax: 03-6907-7219、E-mail:forest@foejapan.org
----------------------------------------------------------------

☆シンポジウム:オランウータンの森を守れ!~生物多様性と日本の消費
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
http://www.foejapan.org/forest/doc/evt_100922.html

世界でも有数の生物多様性を誇るボルネオの森。かつては、豊かだったこの森
も熱帯木材の乱伐採、アブラヤシ・プランテーション開発等によって急速に失
われていきました。それにつれて、森の住民・オランウータンが、今、絶滅の
危機に瀕しています。
このシンポジウムでは、ボルネオの豊かな森と私たちの消費の関係を考えると
ともに、残された森を守るための行動を呼びかけます。

【日 時】2010年9月22日(水)13:30-16:30
【場 所】東京ウィメンズプラザ ホール
    東京都渋谷区神宮前5-53-67
    http://www.tokyo-womens-plaza.metro.tokyo.jp/contents/map.html
【プログラム(予定)】
 ・ボルネオの森林と日本の木材輸入(三柴淳一/国際環境NGO FoE Japan)
 ・オランウータンと生物多様性の危機
               (Dr. Ir. Bungaran Saragih/BOSF財団)
 ・森とプランテーションはどう違う?~先住民族の知恵に学ぶ森の多様性
                                など
【参加費】1,000円(主催・協力団体の会員は無料)
【主 催】NPOボルネオオランウータンサバイバルファンデーション日本
    国際環境NGO FoE Japan、地球・人間環境フォーラム
【問合せ】FoE Japan 担当 三柴、満田
     Tel: 03-6907-7217  E-mail: forest@foejapan.org
【申込み】こちらから
     http://www.foejapan.org/forest/doc/evt_100922.html
----------------------------------------------------------------

☆森林と私たちの暮らしのつながりについて学ぼうキャンペーン実施中
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
http://www.fairwood.jp/news/pr_ev/100825_pr_mokuzaifukyu.html

フェアウッド・パートナーズでは、世界の森林問題を木材を通して多くの方に
知ってもらいたいと出前講座の実施やイベントへの出展などの活動を環境省と
の共同のキャンペーンを実施しています。以下の映像教材を活用した出前講座
を今年度中は無料で受け付けています。
社内や地域での環境・森林をテーマとした勉強会等の企画に活用ください!

■映像資料
「人と木」
 http://www.gef.or.jp/activity/forest/world/dvd_hitotoki.html
「木のきた道」
 http://www.fairwood.jp/news/pr_ev/pr090423_publish_woew.html
「森の慟哭」
 http://www.foejapan.org/forest/palm/dvd_01.html

■問合せ
FoE Japan(中澤、中畝) Tel: 03-6907-7217 E-mail: info@fairwood.org
地球・人間環境フォーラム(坂本、根津) Tel: 03-3813-9735
----------------------------------------------------------------

☆『企業が取り組む「生物多様性」入門』が発行されました
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
http://www.amazon.co.jp/dp/4820746502/

企業担当者による生物多様性への取り組み事例にあわせて、「フェアウッド・
パートナーズ」は企業とNPO/NGOの協働事例として紹介されています。
是非、ご一読ください。
----------------------------------------------------------------

☆サラワクの先住民族の森から
 ~ドキュメンタリー「森の慟哭(どうこく)」好評販売中
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
「私は聞きたい。私がもしあなたたちの街に行って銀行を破壊したら、何が起
こるでしょう?それは私たちの現状と同じです。ここは私たちが食料を得る土
地であり、私たちの銀行です。この森が私たちの銀行なのです」

サラワクは、かつて世界中に熱帯木材を輸出していた豊かな森を有していまし
た。しかしその森林は急速に後退し、残された二次林も次々とパーム・プラン
テーションの海に飲み込まれていっています。日本は昔もそして今でも、サラ
ワクからの木材の最大顧客です。
FoE Japanでは、一人でも多くの皆さまに、サラワクの森林をとりまく問題を
知って頂くため、ドキュメンタリー「森の慟哭」(監督:中井信介、22分)を
制作しました。映像ではデータや先住民族の皆さまの森の利用、開発の状況な
どを活き活きと紹介しています。
熱帯林や先住民族の権利に関して関心のある方、開発問題や消費者教育の教材
として、ぜひご活用下さい。

【定価】 3,150円(消費税・送料込み)
【図書館価格*】 12,600円(消費税・送料込み)
 ※上映会向け貸し出し:無料
 * 不特定多数の方への貸出を行う場合、図書館価格となります。
【問合せ】 国際環境NGO FoE Japan 森林プログラム(三柴、中畝)
 Tel: 03-6907-7217、Fax: 03-6907-7219、E-mail:forest@foejapan.org

詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.foejapan.org/forest/palm/dvd_01.html
----------------------------------------------------------------

その他の記事、ニュースは http://www.fairwood.jpでご覧いただけます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・みなさんの知人、友人、ご家族の方にもこのメールマガジンをお知らせして
 ください。メールマガジンの登録、バックナンバーはこちらです。
 http://www.fairwood.jp/news/newsbk.html
・本メールマガジンの記事について、無断転載はご遠慮ください。
 ただし、転載許可の表記のある場合を除きます。
・本メールマガジンに関するご意見・ご感想などは下記のEmailにお寄せくだ
 さい。お待ちしております。e-mail: fairwood@fairwood.jp

発 行 : フェアウッド・パートナーズ http://www.fairwood.jp
編 集 : 坂本 有希/三柴 淳一
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

フェアウッド・マガジン-世界のニュース

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 月刊
最新号 2018/10/01
部数 597部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

フェアウッド・マガジン-世界のニュース

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 月刊
最新号 2018/10/01
部数 597部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング