フェアウッド・マガジン-世界のニュース

FAIRWOOD世界のニュース【第58号】(テキスト版)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  F A I R W O O D   M A G A G I N E
  フェアウッド・マガジン  世界のニュース
                    第58号      2009年5月7日
  --- フェアな木材を使おう ---        http://www.fairwood.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
FSCの基準が更新され、各国の国家や自治体が所有する森林がFSC認証を取得す
るプロセスが効率化されました。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

●2009/5/6 PEFC:マレーシアの森林認証制度(MTCS)がPEFCと相互承認
マレーシアの森林認証制度であるMTCS(マレーシア木材認証手続)がPEFCの相
互承認を受け、アジア太平洋地域で最初の熱帯林の認証制度のPEFC承認となっ
た。これは先日のガボンの森林認証制度に続き、熱帯林の森林認証制度の相互
承認としては2番目の例となる。またこのPEFCの承認により、同様の承認を受
けた他の26カ国の森林認証制度との相互承認が可能となった。これは、MTCS認
証を受けた木材製品の製造業者や輸出業者がPEFCのロゴの下にマレーシアの原
材料を他のPEFC認証原材料とリンクすることが可能になることを意味する。
本文はこちらから要申込(日本語)
http://www.pefcasia.org/japan/whatsnew.html

●2009/4/20 FSC:FSC公有林管理規格をグローバルに増強する新基準 
FSC(森林管理協議会)は、国家・地方が所有する森林の為の新しい管理基準
を採択した。新しい基準では、計画段階における過程を改善し、一括で管理さ
れるFSC認証の公有林を増加させると見られている。今までは、国別基準を開
発しFSCに提出する事ができるのは、FSC公認の指定機関のみだったために、各
国における規格の開発・承認プロセスに時間がかかり、多くの規格は国別指定
機関の承認を受けずに提出されてきた。現在、FSC基準60-006号の承認をもっ
て、国家・地方の規格が国別指定機関を通さずに提出するのを認める可能性が
あるという。
原文はこちら(英語)
http://www.fsc.org/news.html?&tx_ttnews%5Btt_news%5D=124&tx_ttnews%5Bb
ackPid%5D=22&cHash=59e2eef012

●2009/4/20 BBC:世界一の乾燥地域で行われる植林 - ペルー
「もし出来るだけ少ない水での植林方法が成功し、それを学ぶ事が出来れば、
世界が終わりを迎える時、役に立つだろう」と、回復生態学者のオリバー・ウ
ェーリー氏は言う。ペルーのIca地区にしか分布していない、絶滅の危機に瀕
しているこの木は、Huarango(Prosopis limensis)という。この灼熱の地にお
いて、丈夫なHuarangoは水分を求めてさまようことは無い。年間降雨量1.5mm
という極限状態において、他の手段で水分を得る事が出来るからだ。1つは、
空気中の霧を捕らえる葉、もう1つはアンデス山脈から流れる地下水脈を目指
し、地下50〜80mもの長さに達する世界一の吸水根である。
原文はこちら(英語)
http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/magazine/7934406.stm

●2009/4/16 Scidev:森林保護計画のために資金提供を受ける国々
コンゴ民主共和国、インドネシア、パプアニューギニア、タンザニア、そして
ベトナムの5つの発展途上国は、森林保護、森林伐採抑制に関する計画を実行
していく国として、1800万米ドルを資金提供される事が決定した。これにより、
上記の五カ国は、REDD(森林の減少・劣化による排出削減)メカニズムにより今
年の12月にコペンハーゲンで採決される温室効果ガス削減目標に向けた国家計
画を発動させる事が可能となる。尚、この資金は"国連REDDプログラム"(REDD
実行の準備をサポートする国連食糧農業機関(WFO)、国連環境計画(UNEP)と国
連開発計画(UNDP)の協力)が提供している。 
原文はこちら(英語)
http://www.scidev.net/en/agriculture-and-environment/countries-funded-
to-plan-forest-protection.html

●2009/4/3 Greenz:より少ない木でより多くの雇用を!インドネシアの文房
具メーカー「magno」の挑戦
「magno」は、プロダクトデザイナーのカルトノ氏によりジャワ島のカンダン
ガン村で立ち上げられた。「スモール・サイズ・ファンクショナル・クラフト」
をミッションとし、材料の木材の消費を最小限にしつつ、クラフト作業を通じ
て最大限の雇用を創出することを目指している。(中略)カルトノ氏は、中長
期的に雇用を創出し続けるためには「売れる」商品づくりが不可欠と考え、従
来の文房具にはないユニークなデザインを作り出した。彼のデザインは、日本
のみならずニューヨーク・ヨーロッパなど世界中で評価され、2008年には「グ
ッドデザイン賞(Good Design Award)」を受賞している。
全文はこちら(日本語)※画像あり
http://greenz.jp/2009/04/03/magno/

●2009/3/25 DEFRA:違法伐採に関する、より厳格な法整備への要求高まる
ヒラリー・ベン英国環境相は本日、違法伐採に取り組むため、より厳しい法整
備をEU(欧州連合)に要求した。ベン氏のこの要求は、不法に伐採された木材
をEUに輸入する事に対し、実刑を科す事を思惑に入れたものだ。(中略)また、
2000年に導入された英国政府の木材調達政策により、4月1日からは省庁、機関
やその他の組織は、独立した認証機関、またはその認可を所持する国によって
合法性、持続可能性が確認された木材製品しか購入出来なくなる。
(※DEFRA=英国環境食糧農村地域省)
原文はこちら(英語)
http://www.defra.gov.uk/news/latest/2009/sustain-0325.htm

●2009/3/16 Searchina:中国:人工林の年間造成面積、世界の5割占める
中国緑化委員会の副主任で、国家林業局の賈治邦局長はこのほど、中国の人工
林の年間造成面積が平均で6千万ムー(1ムーは6.7アール、約400万ヘクター
ル)となることを明らかにした。中国での人工林の年間増加面積は世界全体の
53.2%を占めるという。3月12日付で中国新聞社が伝えた。国連食糧農業機関
(FAO)によると、中国全体の人工林の面積は8億ムー(約5333.6万ヘクタ
ール)。世界全体の人工林の4割近くを占め、世界1位となる。中国では2009年
に8200万ムー(約546.7万ヘクタール)の面積に人工林を造成する計画。現時
点の森林率は18.21%で、2010年までに20%に引き上げる方針だ。
全文はこちら(日本語)
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2009&d=0314&f=national_0314_003.
shtml



■お知らせ■
ドキュメントリポートDVD「木の来た道 -ways of experiencing wood-」の
上映会&トークイベント予定一覧が更新されました。
http://www.fairwood.jp/fukyu/movsche.shtml


その他の記事、ニュースは http://www.fairwood.jpでご覧いただけます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・みなさんの知人、友人、ご家族の方にもこのメールマガジンをお知らせして
 ください。メールマガジンのバックナンバーはこちらです。
 http://www.fairwood.jp/melmag/index.html
・本メールマガジンの記事について、無断転載はご遠慮ください。
 ただし、転載許可の表記のある場合を除きます。
・本メールマガジンに関するご意見・ご感想などは下記のEmailにお寄せくだ
 さい。お待ちしております。e-mail: fairwood@fairwood.jp
・フェアウッド・キャンペーンでは「森林の見える木材ガイド」のコンテンツ
 充実のための支援を募集しています(「森林の見える「森林の見える木材ガ
 イド」はhttp://www.fairwood.jp/woodguide/index.htmlでご覧ください)。
 詳細は事務局(fairwood@fairwood.jp)までメールにてお問い合わせ下さい。

発 行 : フェアウッドキャンペーン事務局 http://www.fairwood.jp
編 集 : 坂本 有希/三柴 淳一
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

フェアウッド・マガジン-世界のニュース

発行周期: ほぼ 月刊 最新号:  2019/02/12 部数:  605部

ついでに読みたい

フェアウッド・マガジン-世界のニュース

発行周期:  ほぼ 月刊 最新号:  2019/02/12 部数:  605部

他のメルマガを読む