子供英会話講師のための、お役立ちメルマガ

子供英会話講師のためのお役立ちメルマガ Vol.226

━━━━━━第226号━━━━━━
◆ 子供英会話講師のための ◆
◆  お役立ち メルマガ  ◆  
■   <週刊:2019.3.14>  ■
────────────────

★幼児・児童英語講師及びその卵のためのメールマガジンです。
★お仕事情報、セミナー・ワークショップ情報、業界コラムなどの
 発信を行っています。

────────────────────────
関連サイト:https://www.active-teachers.net/
────────────────────────


卒業のシーズンですね~

別れは悲しいけれど、また新しい出会いもあり・・

複雑な気持ちで“今”を過ごしている方も多いのではないでしょうか。



◇----もくじ-----------------------------------------------------------◇
    
    1.shouldとought to、had betterの違いってあるの?
    2. お仕事情報 <どうぞご応募ください!>

◇---------------------------------------------------------------------◇



―――――――――――――――――――――――――――――――――
■□■1. shouldとought to、had betterの違いってあるの?
―――――――――――――――――――――――――――――――――

さて、今日は、

should   

ought to 

had better 

についての英語の説明をしたいと思います。

 
まずは should と ought to  についてです。

辞書で調べると・・・・・

should and ought to have the same meaning : they express advisability.
 
上記の通り、shouldもought toも同じ意味で使えるんですね!

The meaning ranges in strength from a suggestion to a statement about responsibility or duty.

意味合いとして、提案から責任・任務といったことを表すのに使えます。


下の1.と2.の文章を見てみましょう。

1.  You should study harder.

  You ought to study harder.

    ↓

    This is a good idea.  This is my advice.

もっと勉強することはいいことだから、やろうね、ってことですね。

つまり、1.にあるshouldやought toは「suggestion(提案)」「advice」という意味合いで使っています。

 
一方、次の2.を見てください。

2.  Drivers should obey the speed limit.

  Drivers ought to obey the speed limit.

     ↓

    This is an important responsibility. This is a very important thing to do.

スピードリミットを守らなきゃだめだよ、大切な事なんだよ、ということです。
 
1.と似ているようですが、こちらでは提案やアドバイス、ということではなく、

「responsibility」つまり責任感について言及しています。


*ought to の発音について

Ought to is sometimes pronounced “otta” in informal speaking.

例: I ought to (“otta”) study tonight, but I think I’ll watch TV instead.

このottaという発音は、私はアメリカで生活していた時には、あまり聞いたことがありません。

’ve got to が ’ve gottaになるのは頻繁に聞きましたが。


次は had better についてです。

In meaning, had better is close to should / ought to, but had better is usually stronger.

Often, had better implies a warning or a threat of possible bad consequences.
 
上記の通り、had better はshouldやought toと近い意味だけど、もっと強い意味合いで使うのだそうです。

 
1.  The gas tank is almost empty. 

  We had better stop at the next service station.

(ガスタンクがほとんど空だ。次のSAで止まったほうがいいね。)

上の文は、

If we don’t stop at a service station, there will be a bad result. We will run out of gas.

ということを、におわせています。

~しといた方がいい、そうじゃないと悪い結果になるよ、ってことですね。


さて、should, ought to, had betterについて、私がこれらの言葉を学校で習った時は、

should =~するべきだ

ought to=~するべきだ

had better =~したほうがよい

てな感じで習いました。

でも、~したほうがいい、と覚えても、悪い結果になるかも~なんていう警告も含まれているなんて、

なかなか日本語からは連想しにくいものですよね。


英単語の意味を辞書で調べて、日本語で覚えても、その言葉が持つニュアンスまではわからないので、

そこが実際に会話をする事になった時に難しいところです。

言葉によっては、とても堅く聞こえてしまったり、失礼に響いてしまう事もあるから、要注意ですね!

ではまた~!


 

―――――――――――――――――――――――――――
■□■2.お仕事情報 <どうぞご応募ください!>
―――――――――――――――――――――――――――
 
以下の地域で講師の方をお探ししています。
ご興味のある方はsupport@active-teachers.netあてにご連絡ください。



**---案件NO:N13---** 
住所:江戸川区篠崎町(都営新宿線篠崎駅より歩10分)
学年:新小3の男の子
希望レッスン: 週1回・70分・マンツーマンレッスン(小学生英検コース3級)
備考:英検4級取得済みで3級合格が目標。 



**---案件NO:N11---** 
住所:千葉市稲毛区小仲台(総武本線稲毛駅より歩13分)
学年:新小1の双子の姉妹
希望レッスン:週1回・60(50) 分 ・2名同時レッスン(子供英会話コース)
備考:2人とも4才から6才まで幼稚園にて週3日英語クラス有。リスニングはまあまあ出来る。子供の扱いに慣れた講師限定。



**---案件NO:N2---**
住所:松戸市金ケ作(新京成線常盤平駅より歩10分)
学年:年中の男の子
希望レッスン:週1回・60分・マンツーマンレッスン(小学生英検4級コース)
備考:インターに通っていて英会話も学習中(英会話教室&公文)。英検5級まで取得済み。英検4級合格が目標。



**---案件NO:M79---** 
住所:稲城市向陽台
(京王相模原線稲城駅より歩10分、南武線南多摩駅より送迎可)※Pスペースあり
学年:新小2の男の子
希望レッスン:週1回・120分・マンツーマンレッスン(帰国子女/特別コース)
備考:2才からインターの幼稚園に通い、卒園後は付属のスクールで週5時間以上学習している。英検3級の一次まで取得済み。
英語力保持のため、オールイングリッシュのレッスン希望。発音のきれいな経験のある講師希望



**---案件NO:M91---**   
住所:浦安市当代島(東西線浦安駅より歩8分)
学年:小2と年中の兄弟
希望レッスン: 週1回・40分×2・マンツーマンレッスン(子供英会話コース)    
備考:兄は英語の学童とスクールに通った経験あり。但し学習障害があり読み書きは出来ていない。本人のペースに合わせてゆっくりレッスンをしてくれる講師希望。弟は初心者。  



**---案件NO:M99---** 
住所:世田谷区上馬(田園都市線駒澤大学駅より歩8分)
学年:小5と年中の姉弟
希望レッスン: 週1回・ 40分×2・マンツーマンレッスン(子供英会話コース)   
備考:姉のみ2年ほどくもんに行っていたが、二人とも初心者。



**---案件NO:M90---**
住所:港区芝浦(JR田町駅・ゆりかもめ芝浦ふ頭駅から各歩12分)
学年:小1の女の子
希望レッスン:週1回・60(50)分・マンツーマンレッスン(子供英会話コース)
備考:1年ほどNative講師によるグループレッスンを受けていた。



**---案件NO:M89 ---**
住所:目黒区五本木(東急東横線祐天寺駅より歩2分)
学年:年々少の男の子
希望レッスン:週1回・60(50)分・マンツーマンレッスン(子供英会話コース)
備考:初心者。幼少期に海外滞在歴のある講師希望。



**---案件NO:M74---** 
住所:練馬区豊玉北(大江戸線新江古田駅・西武池袋線桜台駅より各歩9分)
学年:小2と年長の兄妹
希望レッスン:週1回・120分(兄妹2分割) ・マンツーマンレッスン(帰国子女/特別コース)
備考:兄は幼稚園~小学校とインターナショナル。英検5級保持(でも4級レベル有)。妹は初心者。(アルファベット程度)。
発音のきれいな(ネイティブレベル)講師希望。



**---案件NO:M69--**
住所:豊島区要町(有楽町線要駅より歩4分)
学年:小2と年長の姉妹
希望レッスン:月3回・ 60(50)分  ・2名同時レッスン(子供英会話コース) 
備考:初心者の、ちょっとシャイな姉妹。明るく楽しいレッスンをしてくれる講師希望。



**---案件NO:M66---**
住所:豊島区高田(都電荒川線学習院下駅より歩1分・副都心線雑司が谷駅より歩5分)
学年:小1の女の子
希望レッスン:週1回・70分・マンツーマンレッスン(帰国子女/特別コース)
備考:年中、年長の時期にオーストラリアに住んで現地校に通っていた。帰国後は英語の学童に通っているが、
スピーキング力が落ちてきているので会話重視のレッスン希望。少しシャイなので引き出してくれるような講師希望。



**---案件NO:M44---**
住所:緑区いぶき野(横浜線十日市場駅より歩10分・田園都市線長津田駅よりバス6分のち歩5分)
学年:年中(5才)と年々少(3才4か月)の兄弟
希望レッスン:週1回・60(50)分・2名同時レッスン(子供英会話コース)
備考:兄は年少から英会話教室に通っていた。弟は初心者。未就園児がいるため母同席レッスン(英語初心者)。



**---案件NO:M45---**
住所:八潮市中央(つくばエクスプレス八潮駅よりバス15分のち歩5分)
学年:年々少(3才)の男の子
希望レッスン:週1回・60(50)分・マンツーマンレッスン(子供英会話コース)
備考:進研ゼミの英語コース受講や英会話教室に少し通った経験あり。アルファベットの読み書きはできる。
未就園児の為、お母様(初心者)同席のレッスンとなります。子供に慣れている講師希望。



**---案件NO:M36---** 
住所:品川区東品川(京急新馬場駅より歩8分、りんかい線天王洲アイル駅より歩9分)※Pスペース応相談
学年:小1と年中の姉妹
希望レッスン:週1回・60(50)分・2名同時レッスン(子供英会話コース)
備考:2人ともほぼ初心者。ボキャブラリーは増えてきているが、挨拶を始め、会話がでてこないので、会話中心のレッスン希望。



**---案件NO:M19---**
住所:市川市八幡(京成八幡駅から歩10分)※Pスペース応相談
学年:小1の男の子
希望レッスン: 週1回・60分・マンツーマンレッスン(小学生英検4級コース)
備考:プレスクール卒園後、アフタースクールに週2回通っているが今年度一杯で退会予定。5級合格済。



皆様からのご応募、お待ちしておりま~す!!!



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
《子供英会話講師のためのお役立ちメルマガ》
 発行 :アクティブ英会話
        045-544-9918(T) 045-545-4362(F) 
        電話受付:平日9:00~18:00
 URL :https://www.active-teachers.net/
 MAIL :support@active-teachers.net
──────────────────────
■このマガジンは「まぐまぐ!」から配信しています。
■解除 http://www.mag2.com/m/0000146562.htm
■Copyright(C)2015 Active Plus Inc. All Rights Reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ついでに読みたい

子供英会話講師のための、お役立ちメルマガ

発行周期:  ほぼ 週刊 最新号:  2019/03/14 部数:  207部

他のメルマガを読む