楽に生きる!石原加受子の「自分中心」心理学

楽に生きる! 石原加受子の「自分中心」心理学


カテゴリー: 2005年12月07日
○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
                     

   楽に生きる! 石原加受子の「自分中心」心理学   
 

                               
     ホームページ:http://www.allisone-jp.com/ 
                  
 「苦労する」にも「楽に成功する」にもパターンがある。
 「困難を乗り越える」より「困難を引き寄せない」ほうがいい。
  もっとシンプルに、もっと豊かに。
  楽になればなるほど、仕事も愛も経済力も能力も手に入る。


○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

                第38号 2005/12/7     
               
                                  (月3回 水曜日発行)

                       心理相談研究所「オールイズワン」提供
 
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
 
本や雑誌で大好評、立体的な視野に立つ「自分中心」心理学。
「他者中心」であればあるほど、生きづらくなる。
「思考」すればするほど迷いと悩みが増えていく。
マイナス感情から解放されて、もっとシンプルに、楽に生きよう。

「困難」を引き寄せるパターンがある。
「苦悩」を引き寄せるパターンがある。
「楽に成功する」を引き寄せるパターンがある。
あなたの信念が、あなたの人生を彩っている。
「信念→体感→思考→感情→行動」のメカニズムを知ろう。

我慢するから、うまくいかない。
「自分中心」に生きれば、人間関係もうまくいく。
もっともっと、自分の気持ちや感情を基準にしよう。
あなたの意志は「感情」から生まれる。
自分の「小さな感情」に気づいて、望みを叶えてあげるだけでいい。
そうすれば、すべてがうまく回りはじめる。

ひとつが変われば、すべてが変わる。
無意識は、何よりもあなたの「信念=実感」と「意志」を最優先する。
あなたの「無意識」は、誰よりもあなた自身を守ってくれている。
「意識」はあなたの才能を伸ばす無尽蔵の宝庫だ。

「感情」は、無限の可能性を秘めた「超意識」とアクセスしている。
だからこそ、感情を基準にして「自分中心」に生きる。

                     自己を知り

                     自己を信じる

                     自己に聞き

                     自己を頼る

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
_____________

|セ|ミ|ナ|ー|案|内|  
_____________

《定期開催》

   ■読者セミナー
    毎月 第一木曜日  18:30〜20:00
       第三土曜日    14:30〜16:00
                           (料金 一般 3000円)
    ■自分中心感覚を磨くセッション
        毎月 第一・第三日曜日 10:45〜12:00 
              (料金 一般 2500円)
      ■個人カウンセリング
   ■自己成長セミナー初級・上級(グループ・個人)
   ■研究科

《不定期開催》

   ■自分を中心にするワーク
          《2日間ワーク》
              ◇予約制 一般 25,000円
                     会員  20,000円
 
      ■好きな人に気持ちを伝えるワーク
              ◇予約制 一般 12,000円
                        会員  9,000円
  
      ■自己主張のワーク
          《一日ワーク》
        ◇予約制 一般 15,000円
                  会員 12,000円  
  
◎詳細 および お申し込みは、こちらで!

 http://www.allisone-jp.com/page-1/seminar.html

=============================================================
          ☆★☆ 月毎に内容が変わります ☆★☆
=============================================================

 現代は、社会そのものが、周囲に振り回される環境です。
 「他者中心」の人ほど、振り回されていくでしょう。

 自分が自分であるために「自分中心」の感覚を“実感”する。
 たったこれだけで、人生が変わりはじめます。
 メールマガジンが届くたびに、「自分中心」の感覚を“実感”して
ください。
  月3回の「1分トレーニング」です。
 毎回、「自分中心」の感覚を“実感”する。
 この積み重ねで「人生を好転させる」ことができるのです。
 車の運転や水泳を覚えるように、繰り返し実感して、自分にインプッ
トさせましょう。

  ◇◆◇◆◇ これが「自分中心」感覚だ ◇◆◇◆◇

「こだわること」は、それがマイナスであれプラスであれ、実現しま
す。
 「思ったことは実現する」という「意識の法則」に則るなら、不安
や焦りを抱きながら「願望達成」を願えば、その不安や焦りのほうが
実現するでしょう。

 自分では、肯定的に「願望達成」を強く願っているつもりです。
 ところがその「強く願っている」意識というのは、ともすれば、
「なかなか達成できない。まだ達成できない。どうして達成できない
んだ」
 などといったマイナス意識である場合が少なくありません。

 では、マイナスを意識しないためにはどうすればいいのでしょうか。
 それには「目標達成」を強く願わないことです。
 むしろ、
「〇〇しようかな。〇〇があると幸せだな。〇〇があるとうれしいな」
 というぐらいに「軽く目標設定する」ことです。

 その後は、「今できることを実践する」。
 このやり方で、意識が変わったとたん、
「あっと言う間に、状況が好転した」

 「意識が変わった瞬間」に、こういうことが起こります。

 軽く設定したら、「今できることを実践する」。これが大事です。
 「今できることを実践する」ことで、大きな目標を、強く、つまり
マイナス的に意識しないで済みます。
 こんな効用があります。そのために、実現しやすくなるのです。

☆★☆ 会員の方から、こんなメールや声が届いています。☆★☆

・「自分中心心理学」はすごいです! 権威のある方と、私は、脅し
 たり争ったりしないで、交渉して、すべてが有利に運びました。同
 時に自信がつきました。貴重な経験でした。

・体の中が空洞になった感覚は、時空と溶け合った状態で、本質の世
 界とつながっている状態である、と教えていただいてから、人と話
 をするときに相手の本質に語りかけるようにしています。こちらの
 側の気持ちがストレートに伝わっているようで面白いです。
 相手の中に在る本当の相手と話をしているような気がします。これ
 だと、自分の意見を押さなくても、現象がちょうどいい状態に収ま
 るようです。

==============================================================
  _____               

 |目|次|…………………………………………………………………

  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      ◇「不安・焦り」と「願望達成」(前)
     あなたの”やり方ひとつ”で天国・地獄−−−石原加受子
      ◇問題解決するためにもっと具体的に −−−石原加受子
   ◇読者の声・受信発信  
                  −−−Y.Yさん
                                    −−−N.Tさん
                                    −−−Kさん
   ◇目黒区〜世田谷区域「自己成長セミナー実施」募集中
     AIO認定/ライフ・デザイナー 西岡利晃

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

☆★☆☆ 好評発売中!!

「欠点を長所に変える話し方」
           (PHP研究所)
☆マイナスをプラスに変える逆転法を満載。
 あなたの無意識の信念から変えていこう。
 あれこれと悩むより、発想を転換させたほうが早い。

「願いがかなう人になるシンプルな方法」
                     (大和出版)
☆感情の処理の仕方、活かし方をまとめた本
 自分の感情にフタをしない、無視しない、抑えない。
 感情を活かして、潜在能力を覚醒させる。

「自己解決能力を獲得する方法」(小冊子です)
        みずほ銀行の(みずほ総合研究所)
☆仕事を成功させる目標達成法
 問題解決能力を育てる。
 無駄な思考をせずに、最短、最善の問題解決方法を身につけよう。
 (※この小冊子のお求めは、オールイズワンにてお願いします。)

  ◎詳細はこちらで!
http://www.allisone-jp.com/page-1/books.html

==============================================================

  ◇「不安・焦り」と「願望達成」(前)     石原加受子
   あなたの”やり方ひとつ”で天国・地獄

==============================================================

 大和出版からの一月発刊「あなたの”やり方ひとつ”で天国・地獄」
には載せるスペースがなかったけれども、「願望達成法」の裏知識と
して記しておきたい。

 「お金持ちになる」「成功する」「愛される」といった「願望達成」
類いの本が読まれるその裏で、私が周囲の人たちと接して肌で強く感
じるのは、不安や焦りである。
 しかもそれは、「実体の無い不安や焦り」である。

 いったいそれは、どこから来るのだろう。

 あなたは、(早ければ幼児の頃や)幼稚園から大学まで、「〇〇合
格」をめざして受験、受験と、それをごくごく当たり前の光景として
きた。

 いつもあなたは、「〇〇合格」というゴールを目指して頑張ってき
た。〇〇に合格しても、次のゴールを目指さなければならない。
 社会人になればなったで、〇〇資格のための受験が待っている(人
もいる)。

 受験勉強だから、あなたはいつも気が抜けなかった。絶えず焦りや
不安にさらされた。

 あなたは社会人になったとき、とりあえず、受験勉強からは解放さ
れた。
 とたんに、「ゴールを目指して頑張ってきた」あなたから、ゴール
が消えてしまった。
 目指すものが、「ない!」。

 受験勉強をしているときがそうであったように、ゆっくりしたり、
のんびりしたり、楽でいると「罪悪感を感じる」。

 「何もしないで罪悪感を感じている状態」と「焦りや不安を抱きな
がら、何かをしているつもりになっている状態」と、どちらのほうが、
ましなのか。

 何もしていない自分を責めるより、何かしているつもりになって
「絶えず焦ったり、不安でいたり」しているほうが、まだ心が安定す
る。

 一生懸命、受験勉強していないと、罪悪感を感じる。
 焦りや不安を抱きながら受験勉強をして、合格というゴールに到達
したときだけ、安堵する。
 こんなふうに、受験勉強というトレーニングの賜物(たまもの)で、
ゴールに到達した瞬間以外は、あなたは不安や焦りを感じる自分になっ
てしまった。

 ところが社会に出たとたん、そのゴールを見失ってしまった。

 もともと人生にゴールなんてない。
 しかし、絶えずゴールを目指してきたあなたは、ゴールのない人生
なんて、考えられない。

 ゴールはないのに、こう呟く。
「こんなことをしていて、いいだろうか」
「何かしなければならないんじゃないか」
 受験勉強の後遺症で、あなたはそんな感覚に襲われる。

「何をしたいか解らない」
「好きな仕事が見つからない」
 ゴールを目指す意識が、それを急がせる。

 あなたの頭は常にゴールのことで占められていて、そのせいで、
「今を生きる」ことができない。

 ゴールを必要とするあなたは新たに、「お金持ちになる」「成功す
る」「愛される」という目標を見つけた。

 目に見えるゴールが見つかり、罪悪感から逃れられて、ひとまずは
安心する。
 けれども、また、そこから、ゴールを目指して不安や焦りがスター
トする。

☆☆☆☆☆
 だったら、悪循環じゃないか。
 ところが、違うのです。

 ここが無意識のすごいところ。
 無意識って、良い悪いを超えて、超合理的です。(意味が理解でき
ない人もいるかも知れませんが、説明する時間がないので、ご容赦を。
「意識に興味がない人」は、むしろ、解らないで当たり前ですよ。)

 焦りや不安や罪悪感から、「お金持ちになる」「成功する」「愛さ
れる」というゴールを見つけ、それを目標にしたとしても、それを達
成するには、「不安や焦りや罪悪感」から解放されなけれならないの
ですから。

 「お金持ちになる」「成功する」「愛される」という願い事を叶え
るための過程の中で、「不安や焦りや罪悪感」を解消する作業をして
いく。

 無意識(本質)の目的は、ここにあります。
 まさに「自分中心心理学」あるいは一月発刊の「あなたの”やり方
ひとつ”で天国・地獄」の目的の一つも、ここにあります。
 そして、その副産物として「お金持ちになる」「成功する」「愛さ
れる」を得ることができるのです。
 飽くまでもそれは、「結果として」なのです。

==============================================================

  ◇問題解決するためにもっと具体的に      石原加受子

==============================================================

 常に言っていることだが、問題解決能力をつけるには、「具体的な
場面に着目する」ことが不可欠の要素である。
 自分を含めて、「具体的場面」をいかに観察できるか。
 「自分中心」でなければ、これができない。

 「他者中心」では自分のことが見えてこない。
 自分が見えなければ、対処方法がわからない。
 だから、自分を中心にすることが大切なのである。

 今回、相談メールが多かった。
・ひとつひとつ対応したいのですが、メルマガでは回数が少ないため
 に、追いつかないことがひとつ。
・相談内容に対して、いくつも問題点があるために、一言で答えられ
 ないことがひとつ。
・相談する方が「自分中心心理学」をどこまで理解しているのかが解
 らず、私が勝手にはしょってしまうために、誤解が生じる可能性も
 あること、
等など。

 そこで、今回は、私が答えるのではなく、ワーク的に、課題を出し
ます。
 以下にご紹介する相談者の方々が、メールにて、それに回答してい
ただく、というのはいかがでしょうか。

 問題解決方法の具体的なやり方レッスンです。
 ぜひ、ご協力ください。
 
 ということで、ちょっと長くなりますが、相談者の方々のメールを
紹介します。(部分的に省略している文章もあります。)

 以下の方は、宜しかったら、今回の課題として、
 ☆もっと具体的な場面を、つまり「映画の脚本を書くように」
  書いてください。
(できなくても構いませんので、自分なりに書いてみてください。)

==============================================================

   ◇読者の声・受信発信  
                  −−−Y.Yさん
                                    −−−N.Tさん
  「具体的な場面」の見つけ方の例題として
  (みなさん、これは是非読んでください)−−−Kさん

(※Hさんの「オバサン対処法」は40号に回します。これは、大き
  なテーマですね。)

==============================================================
                   −−−Y.Yさん
==============================================================

「マイナスの環境の中で〜」、とても関心をもって読ませていただき
ました。
納得はするのですがやはり、実践となると難しいです。
書いてある通りにすればいいのでしょうけれども(笑)

本も読ませていただいております。
うまくいったこともあり、実践中のものもあります。

ですが、どうしても今行き詰まっております。

最近、体調も崩し、病院にかかっているのですが検査結果も問題なく、
結局ストレスからきていると周りからも言われてる始末です。

具体的にいいますと、仕事場の人間関係なのですが、地方で営業窓口
目的の営業所ですので人数が私を含めて3人ということもあり、逃げ
場がありません。

仕事を辞めようかとも考えますが何処に行っても人間関係はあるので
簡単にも決められず。

私は事務(女性)です。
他の二人(男性)営業担当に悩まされています。
本社の管理もほとんどなく、転勤もありません。
この二人のひどさは誰もとがめる人もいないので私が辞めるか、辞め
るのを覚悟で社内的に問題にするかしか解決方法はないのです。

さて、その二人のうち一人は気ムラが激しく、しかも暗いのでそれを
態度で示し、陰気に周りに振りまきます。難しいタイプで人と上手く
接することができないせいか、私が入社した時から前任者とも口をき
かず、目もあわせず、仕事上の伝達もままならず、でした。今私に対
しても無視をし、挨拶もしないし、一日中私の動きに呼応して向きを
変えてさけます。(狭い社内ですので気にしなくても目に入ります)

無視、と思ってもそばにいて、いかにもそのオーラを周りに振りまき
ます。営業としても問題なのですが、電話で少し客先に嫌な事を言わ
れただけでも機嫌悪くなり、私が電話を取り次ぐだけでも返事もせず、
聞こえたのか聞こえないのか。
電話もとるのかとらないのか取り次ぐのも気分が悪いです。

もう一人も(先ほどの男性の上司になるのですが)みていても注意も
せず、問題ありと相談しても、
「仕事に影響がないし(あると思うのですが)、大人同士のことだか
ら」
という感じで取り合いません。いわゆる事なかれ主義です。
自分にとって支障さえなければ。
しかし、彼も驚くほどマイペースで、人の話は最後まできかない。
自分の言いたいことを言うけれど思ったままいうので何がいいたいの
か?
といった感じです。

確認しても、そうとはいわず、「いや、でも・・・」と。
そして最近それも悪化してきて、いつもイライラしてますし、電話応
対も聞いていて気分が悪くなるくらい失礼で相手を怒らせるような話
し方、馬鹿にしたように「ハイハイ」トークです。
しかも、自己中心な性格で突き進むのですが、異常に人の事を気にし
て(チェック魔)、暇な時はずっとこちらをうかがっております。物
を移動したり、他の人にメモを置いたり、掲示物を張り替えたり、歩
いただけでもあとをついてチェックします。
それで満足なようですが、こちらはうっとおしくてストレスです。
こちらを見ないで下さいともいえず、用事があってもコミュニケーショ
ンが成り立たず、疲れとストレスがたまります。

会社の体質に問題があるといわれればそれまでですが、体調を崩して
いるので周囲からは辞める方向でも考えた方がいいのでは? といわ
れております。
気にしない、というのが方法だと思うのですが、狭い社内、毎日ほと
んどずっとなので難しい次第です。

 ※ポイント
 文章の中で、具体的な場面がいくつかあります。
 「その一つだけ」を、もっとその場面を具体的に書いてみてくださ
い。それこそ、「映画の脚本を書く」ように具体的にです。
 あなたが取っている言動パターンはそれほど多くありません。だか
ら、一つの場面を切る取るだけで、全体のことも見えてきますから。
 例えば「私が電話を取り次いだとき。物を移動したり、他の人にメ
モを置いたり、掲示物を張り替えたりしたときなど」です。
 もっとも簡単に言えば、「こちらを見ないで下さい」という主張は
必要なんですよ。もちろん、言い方はもっと違った言い方があります
が。この表現の仕方が、あなたにとってのテーマの一つではないでしょ
うか。

==============================================================
                                    −−−N.Tさん
==============================================================

石原さんの本を読ませていただいて、まさに目から鱗状態でした。

チョット悩みを聞いて頂けたらと思いメールしました。
会社でよく無価値感を感じてその感情の処理の仕方にいつも困ってい
ます。

5人の小さな会社で社長と事務員の女の人、そして同僚2人と仕事し
てます。
仕事場で社長は同僚のSによく仕事の進み具合とかを聞いたりするん
です。
もう一人のKにも聞いたりすることもあるんですが僕には殆ど聞くこ
とはなく、雑用ばかりしてる感じで辛くなることがあります。

何故かは大体解っていて、記憶力が僕より同僚2人の方があるってこ
とです。

在庫管理のこととか、出荷した商品のクレーム対応なんかの時に詳細
をSはよく覚えていて、僕はなんだっけ?? って忘れてしまってい
て、僕に聞くより同僚に聞いた方が早いしってことなんだと思います。

どういう風にこの嫌な感じに対応していけばいいか教えて下さい。

 ※ポイント
 まずは相手のことよりも、ご自分の自己評価を高くしていくレッス
ンが第一のようです。
 その一つとして、「具体的場面を切り取って述べる」練習をしてく
ださい。まず、自分のマイナス感情に気づきましょう。自分のマイナ
ス感情に気づいたら、どうしてそんな気持ちになったのか「その場面
を具体的に詳しく書く」レッスンです。

==============================================================
  「具体的な場面」の見つけ方の例題として −−−Kさん
==============================================================

自分中心の活動を始め、ちょぴり進歩した私です。嫌な事は嫌、した
くないことはなるべく避け、嫌な人から遠ざかる・・・自分を大切に
することで、楽になりまわりもいい方向に変化しています。

しかし、「嫌いな人と距離をおく」ことをすると罪悪感に苦しみます。
わたしの場合、距離をおきたい人は、同居している義母です。

嫌なことを言われたり、嫌な事をされるたび、まず自分が不快だった
ことを必ず訴えるようにし、すっきりした気分になり、また仲良くし
ようと努力しているうち、また嫌な事を言われ・・・ の、くりかえ
しで・・そのうちもう嫌になり、口をきくのも、顔を見るのも嫌にな
り会話もしたくない・・『もう、私に話しかけないで欲しい』オーラ
を出してしまいます。

そんな私に義母はますます機嫌をとってきてます。それがまた、うっ
とおしくてますます冷たい態度をとってしまい、自己嫌悪に陥ってし
まいます。

無理して仲良くするのも苦しいし、かと言って距離をおくのも苦しい。
一緒に住んでる、離れたくても離れられない状況で、どうやって自己
中心活動をしていけばいいのか教えてください。 
(その他のことは、とても順調にうまくいっています) 

 ※ポイント
 このメールに対して、「選択の責任」で言うところの「距離の置き
方」が、「Kさんの距離を置く」と違っていると思ったので、「距離
を置く」ことの具体的場面を書いてくださるよう、お願いしました。
 以下がその返信です。

話かけられないように、なるべく母のいる場所に行きません。出かけ
る時もだまって出かけ、帰っても「ただいま」とわざわざ母を見つけ
て言いません。家の中や家の外で母に会っても、話しかけません。話
しかけられても、「はい」とか「そうですか」しかいいません。質問
されても、簡単なそっけない返事しかしません。

 毎週月曜日に父と母を車にのせて、父のリハビリに連れていきます
が、車の中でなるべく話をしないようにだまっています。 

もともと私はだれにでも明るく愛想が良すぎるほど接します。しかし、
母にだけは冷たい態度なので、母にしてみれば、
「自分には冷たいな・・」
 と痛いほど感じていると思います。 

距離を置く、と言っても、同じ家に住んでいるので(2世帯同居で、
玄関とお風呂だけ共有です)なかなか顔を見ないでいるのは難しいで
す。弟夫婦が親をみたい・・と向かいに住んでいた父母の家を壊し、
2世帯同居の家を建てたのですが、結局私の主人が長男なので、主人
が「長男の俺がみるべきだから」といって、うちに住んでもらってい
ます。 

一ヶ月ほど前に、私がブチ切れて、「もう私のことは、ほっといてく
ださい」とお願いしました。話しかけられても、快い対応ができない
ので申し訳ないので・・でも、母は何も変わっていません。 

 ※ポイント
 これでもまだ、「具体的場面」になっていません。さらに具体的場
面を」とお願いしました。
(メールでのやりとりは、基本的にはとても時間が足りなくてやって
いないのですが、今回は、「メルマガでのレッスンのために」という
目的で、書いていただきました。)


具体的場面ですか。いっぱい16年の間にありまして、積み重ねがあ
るので一つ一つの場面はたいしたことはないのですが・・・ 

最近で一番腹がたったのは・・・・「お金がない・・ギリギリの生活
で苦しい・・」と口癖のように言います。なのに、家族に内緒で高額
な布団を買って、またセールスに負けてその布団を下取りしてもらい
また布団を買ったりしています。
私は家にいるので、セールスが来て、購入することをしっています。
でも、その他の子供は知りません。
保険が満期になって、かなりの収入があることも知っています。

布団を買うとき、支払いは出来るのか、後の生活は大丈夫か? とた
ずねると「やりくりできるから買うのよ、人が自分の金で何を買おう
とほっておいて」と言われまして。 

だから、私は「お金が無い・・」と母が言っていても、聞き入れませ
ん。
でも、ある日向かいに住む弟の嫁から「相談がある」と言われ、聞い
てみると、「母が生活が苦しいそうなので子供4人でカンパしません
か?」というものでした。 

長男の主人が一番に口にするのなら分かりますが、何故に義理の妹か
らこんな相談をされないといけないのか・・高額な買い物をした事も、
知らないのに・・と腹が立ちました。
でも、それを聞いて主人は納得していたようなので、私も聞き入れる
ことにしました。(内心、爆発!!) 

ところが次の日、母が私の所に来て、
「保険が満期になって、また新しい保険に入ってくれとしつこく言わ
れるから、あんたの名前を借りるよ。」
と言うではありませんか・・私はついにブチ切れしてしまい、妹にカ
ンパを頼まれたことや、自分が得をするためなら子供が苦しんでも平
気なのか、あなたのことはもう嫌になりました、お金が無いと言わな
いで、みんなギリギリで頑張っているんだ・・と言ってしまいました。
そして、
「もう、母ちゃんの事、嫌になりました。私のことはほっておいてく
ださい。義妹と仲良くやってください」
とまで言い放ってしまいました。 

保険の支払いが出来るのに、「お金が無い」と言うものでしょうか?
今までに母の、「自分が得をするためなら子供が苦しくてもいい。自
分の物は自分の物、子供の物も自分の物」という考えでの行動に辛い
思いをしてきました。
同居する前、母の友達や子供らの家族を、自分の家が汚いからといっ
て、勝手に私の家にいつも上がらせていました。それも嫌でたまりま
せんでした。 

まだまだいっぱいありますが、こんな感じです。仲良くすればするほ
ど支配的になる母とうまくやろうとは思えないのです。

 ※ポイント
 かなり具体的になってきましたね。
 うん、なかなか良い例題です。
 「一つ一つの場面はたいしたことないのですが」とありますが、こ
んな場面こそが、問題解決には重要なのです。
 特に大事なのは、「自分がそのとき、その場面の中で、どんな態度
をとったか」です。
「私はついにブチ切れしてしまい」というふうに。
 ちなみに、「ブチ切れて」よかったと思います。
 ただし、その前に、そんな提案をもってきた「弟の嫁」や、それに
同意する「夫」に対して、「あなたがどうするか」という点が、あな
たにとって大事ですね。あなたの行動は、そこで「同意したふりをし
ている」からです。このとき、あなたが、もっと本音を言うことがで
きれば、「爆発させる」ことはなかったかも知れませんね。
 ま、宜しかったら、あなたの課題として、この場合、夫や嫁に対し
て、どんな言い方で断りますか。それを練習のために、メールくださ
い。

=============================================================

   ◇目黒区〜世田谷区地域「自己成長セミナー実施」募集中
     AIO認定/ライフ・デザイナー 西岡利晃

=============================================================

・自己成長セミナーを実施します。
・場所:東京都目黒区〜世田谷区(区施設等での実施予定)
・開催日:基本は第2、4日曜日の予定(月2回予定)
・申込み:FAXかメールにて受付いたします。
  FAX:044−755−5673  
  メール:toshiaki-n@h8.dion.ne.jp
・講師:AIO認定ライフ・デザイナー 西岡 利晃
     (AIO=オールイズワン)

==============================================================

☆ ご意見、ご感想、ご要望、ご相談、体験談等をお待ちしています。

  簡単なご相談の場合は、誌上でお答えしていきます。

 [メールアドレス]  info@allisone-jp.com

…………………………………………………………………………………

☆ メールでご意見、ご質問をいただいた場合、(匿名・仮名で)
 掲載させていただければ幸いです。もちろん本名であれば大歓迎で
 す。
  掲載につきましては、プライバシーに触れないよう、当編集の判
 断で加筆、削除させていたくことをご了承ください。
  載せてもらっては困るという方は、その旨、本文中に書き添えて
 いただければ助かります。
  ご協力、よろしくお願い致します。

==============================================================

 (※オールイズワンは、「自分中心」心理学を主体にカウンセリン
   グ、セミナー等を行っている心理相談研究所です。強引な布教
   や勧誘、営利を目的とした、いかなる宗教組織、占い組織にも
   属しておりません。)

☆★☆◇◇◇☆★☆…………………………………………………………    

《新刊本》

6月6日新刊
『欠点を長所に変える話し方』         PHP研究所
6月1日新刊
『自己解決能力を獲得する方法』        みずほ総合研究所 
3月10日新刊 
『願いがかなう人になるシンプルな方法』    大和出版

《既刊本》

『いいことばかりが起こる幸せの6ステップ』  大和出版
『僕には一点の非もない 上.下』
 (事実をもみ消す教師たち)                  長崎出版
 (高校生暴力事件の二次被害)                長崎出版
『人生を好転させる“意識の法則』             長崎出版
『お詫びの心と技術が面白いほど身につく本』  中経出版
『自分の気持ちがわかる18の方法』
『もう他人にふりまわされない』
『恋が長続きしない理由』
『彼女がいつも人から愛される理由』  
『どうしてわかってくれないの』
                             以上、大和出版
『自分を好きになる』                         小学館文庫
『自己主張が楽にできる本』                  実務教育出版社
『できる社員は自己分析ができる』            ディー・アート
『恋のおクスリ処方します。』                フローラル出版
『小さな声でごめんなさい』                  青春出版社
『苦手な人とラクにつきあう技術』            ベストセラーズ
『ほんとうのあなたはもっと素晴らしい』      青春出版
『あなたは100パーセント自己実現している』
『運命は遺伝する』
『人生を楽に生きるための本』
『運命は6年周期で転換する』
                                以上、たま出版


◎書籍に関する詳しい情報はこちらで!

http://www.allisone-jp.com/page-1/books.html

□□■■□□■■□□■■□□■■□□■■□□■■□□■■□□ 
                           
[発行・管理]   心理相談研究所 オールイズワン 

[ホームページ] http://www.allisone-jp.com/ 

[メールアドレス]   info@allisone-jp.com 

[発行人]      石原 加受子

[編集人]      渡辺 知行

      
 掲載された内容を許可無く転載することを禁じます。

□□■■□□■■□□■■□□■■□□■■□□■■□□■■□□

メールマガジンの購読・解除は、下記のURLからお願いします。

ご返信いただいても解除はできません。

まぐまぐ   : http://www.mag2.com/m/0000144612.htm

メルマ    : http://melma.com/contents/taikai/ 
 
メルマガ天国 : http://melten.com/m/19791.html

楽に生きる!石原加受子の「自分中心」心理学

RSSを登録する
発行周期 月3回
最新号 2018/11/07
部数 2,704部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

楽に生きる!石原加受子の「自分中心」心理学

RSSを登録する
発行周期 月3回
最新号 2018/11/07
部数 2,704部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング