そこまでやるの?3級FP技能士

☆そこまでやるの?3級FP技能士☆

■■■◆□□□□□□□□□□□□□□□□□□□vol:136□□□□□
■■◆  < そこまでやるの?3級FP技能士 >
■◆         ~そこにFPがあるかぎり!~
◆□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□


ブログほぼ毎日更新中です。

 【右往左往のファイナンシャルプランナー日記from北海道】
  < http://ameblo.jp/fplifeplan/ >


■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
   ◆○×問題と解説 ~2011年度第3回版(2012年1月実施)~
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■




■■━━○×問題と解説━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□
■ 2011年度第3回(2012年1月実施)
□    学科試験(10)~(12)
■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ( 10 ) 
企業のリスク管理における「事故の回避」の例として,社内に消火器を設置することが
挙げられる。

 ( 11 ) 
一般に,景気動向指数のコンポジット・インデックス(CI)の一致指数が上昇してい
るときは,景気の拡張局面といえる。

 ( 12 ) 
インデックス型の株式投資信託とは,個別銘柄の選択により,日経平均株価などのベン
チマークを上回る運用成績を目指す投資信託である。


■--( 10 )の答え【 × 】--------------------------------------------■

リスクマネジメントではリスクの軽減、回避、分離などがあります。
自動車でシートベルトを締めることは事故というリスクからケガを軽減させる
効果があります。しかし、シートベルトを締めているからといって、
事故を避ける(回避する)ことはできません。


消化器でも同じです。
いざという時の火を消すことはできます(=火事リスクの軽減)
しかし、小火器があるからと言って火事を避けることはできません。


なので・・・×


■--( 11 )の答え【 ○ 】--------------------------------------------■

景気動向指数は先行指数、一致指数、遅行指数の3点で計ります。
発表された景気動向指数が新聞紙面等で取り上げられるときは
一致指数が出てくることが多いです。

さて、この一致指数ですが上下どちらに向かえば景気拡張局面なのか。
それは上昇です。

さほど難しい問題ではありませんので
落としたくありません。


■--( 12 )の答え【 × 】--------------------------------------------■

グロース投資とバリュー投資、アクティブ運用とパッシブ運用といった
投資信託の運用スタイルは頻出問題です。

本問は後者、アクティブとパッシブです。
パッシブ運用はベンチマークに連動するように運用され、
アクティブ運用はその名の通り動きがあります。
つまりベンチマークよりも良い運用成績(上回る運用成績)を目指します。

問のインデックス型とは、パッシブ運用に入るもので、
日経平均や東証株価指数(TOPIX)などのベンチマークに
連動するよう運用されています。


ですから、いかにもうかったかよりも、いかにピタリと
ベンチマークと同じ動きをしているかが
運用成績の良し悪しの判断になるのです。


したがって本問はアクティブ運用の説明であるため誤りです。


■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□
■   ブログ
□
■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  【右往左往のファイナンシャルプランナー日記from北海道】
  < http://ameblo.jp/fplifeplan/ >


■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




==================================

発行者:FPオフィス ライズ
発行担当:中谷俊雄
メールアドレス< naka@fplifeplan.com >

発行者webサイト : < http://www.fplifeplan.com >
magID0000142837

このメールマガジンは『まぐまぐ!』< http://www.mag2.com/ >
を利用して発行しています。
(C)2013Nakatani Toshio

配信中止はこちら < http://www.mag2.com/m/0000142837.htm >


無料メールマガジン『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/ 

このメルマガは現在休刊中です

ついでに読みたい

このメルマガは
現在休刊中です

他のメルマガを読む