短縮版メルマガ「暮しの赤信号」

★短縮版:2/15(金)◆読者へのお返事:牛肉店では安価なアメリカ産牛肉が多いのですが、なぜ「乳ガン」の原因かと言えば

カテゴリー: 2019年02月15日
〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓

【注】まぐまぐ!から受信されると、上記に[PR]と記載した
広告が掲載されますが、当方とは無関係です。ご留意下さい。

        ニッポン人の心と体を救う!

      ★短縮版メルマガ「暮しの赤信号」★

       2019年02月15日(金)号
            No.3353

 毎回、まぐまぐ!、メルマ、EMの合計、約7000部発行
  創刊日は2004/10/5。毎日早朝5:00に配信(日曜は休刊)
〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓

『脱コンビニ食!』(平凡社新書)や『危険な食品』(宝島社
新書)などの著者で、食生態学者、そして日本危機管理学会
員でもある山田博士(ひろし)が配信。食べものだけでなく、
人としての生きかたを考えます。なんともユーモラスな文体
が人気のようで……。





〜本日は、「完全版」と「短縮版」の内容を同じにしました〜

 いつも「短縮版」をご覧のかたには、少々、長くて申しわ
 けありませんが、「完全版」ではいつも、このような内容が
 満載です。ぜひ「短縮版」と比べてみて下さい(笑)〜





やあ、こんにちは。
山田博士(ひろし)です。
お元気でしたか!

今日もまたお逢いしましたね。
嬉しいです。
                              
地球という星を平和にしたい。
そして子どもたちの頬(ほほ)に流れる涙をストップさせ
たい。

空にのんびりと流れる雲を眺めながら、ぼくはいつも
その方法を考えています。

そのために、「食べもの」が人を180度変え、家族を変え、
文明を変え、歴史を変えてきた重い事実を、知ってほしい。





   ◆よかったら、「いいね!」をお願いします!◆

  下記は、「フェイスブック」です。もしよろしければ、
  「シェア」や「いいね!」をポチッしていただけませ
  んか。あなたの小さな行動が、人類を大きく救います。
  いま足元にある大地は、世界中につながっております。
     → http://www.facebook.com/yamada.inochi





            ▼目次▼

〜本日は、「完全版」と「短縮版」の内容を同じにしました〜


【1】読者への「おとぼけ返信!」

(毎週、この欄は「金曜日」に掲載しています。読者から
 の声をダシにして、山田の思いをお話ししています(笑)。
 毎回、どうぞお楽しみに!:

   ■No.1594

    管理栄養士、保健師などとも組んで、正しい知識
    が次代を担(にな)う人達に伝えられて行くこと
    を……

   (S.Nさん、神奈川県横浜市、女性、47歳、自営
    業)


【2】あなたやあなたの家族を命懸けで救う、山田博士作
   品集!ぜひどうぞ(先日の月曜日にご案内しました
   が、まだご覧になっていないかたのために、再度お
   載せします。本日が「大幅割引きの最終日」です):

    → 今回は、【第5回目】
      第41巻〜第50巻(合計10巻)の提供です。

   最初の第41巻のタイトルは、
   『糖尿病予備軍の人が、「熱中症」で亡くなるこの
   衝撃理由!』








___________________________

【1】
       ▼読者への「おとぼけ返信」▼

 毎週、この欄は「金曜日」に掲載しています。読者から
 の声をダシにして、山田の思いをお話ししています(笑)。
 毎回、どうぞお楽しみに!

___________________________


   注:個人のお名前はイニシャルにし、個人情報などは割
    愛しました。

    誤字脱字の訂正や、分かりにくい文章はいくつか
    に分けたり、短縮したりしていますが、送り仮名や
    漢字、文体などは基本的にそのままですので、全体
    での統一はわざとしておりません。

    そのため、読者の体温をそのままお楽しみ下さい。
    年齢やご職業などは連絡を受けた当時のものです。
           

      【イニシャルは、姓と名の順です】
        (例)美空ひばり→M.H



 ……………………………………………………………………
 ■No.1594

 管理栄養士、保健師などとも組んで、正しい知識が次代を
 担(にな)う人達に伝えられて行くことを……

 ……………………………………………………………………
 (S.Nさん、神奈川県横浜市、女性、47歳、自営業)



子どもたちにこそ、知らせたいことですよね。

管理栄養士、保健師などとも組んで、正しい知識が次代を担
(にな)う人達に伝えられていくことを切に願っています。


         ■山田からのお返事■


Sさん、こんにちは。
山田博士です。

いつも、メルマガをご覧いただき、嬉しく思っています。

「子どもたちにこそ、知らせたいことですよね……」

まさに、そうなんです。

今回Sさんのおっしゃっているお話は、ぼくの電子書籍「社
会の裏側!」104巻の内容についてのこと、なんですね。

このタイトルは、下記のようでした。

『漫画家さくらももこさんの「乳ガン死」で思うこと。最近、
この症状が女性に急増しているのはなぜなのだろう!』

そして、サブタイトル。

〜1989年に、米国産牛肉を輸入禁止したEUでは、乳ガ
ン患者が一斉に減少しました。この意味は何なのでしょうか。
男性の前立腺ガンの増加にも、大きな影響を与えております〜

             ★★★

ぼくはね、昔から、不思議に、漫画家の人たちとご縁がある
んです。

不思議ですよね。

まあ、それは、20代のころ、皆さんご存じの小冊子版「暮
しの赤信号」を、毎日ヒイヒイ言いながら制作していたこと
があるのですが、その縁(えん)だと思います。

なぜなら、たまたま、そこに載せていたマンガ・ストーリィ
の絵を描いてくれていた人が、「ドラえもん」を描いた藤子
不二雄(ふじこ ふじお)さんのお弟子さんだったわけですね。

そのこともあり、ぼくも藤子不二雄さんたち(お二人でこの
お名前を称していました)と、東京のあるホテルでお会いし
たこともあります。

そのころは、「藤子さんたち、お二人とも」元気でした。

             ★★★

まあ、そういうこともあり、今回の漫画家さくらももこさん
の「乳ガン死」には、本当にショックだったんです。

人ごとではない。

本当にそう思いました。

さくらももこさんさんは、「ちびまる子ちゃん」という国民
的キャラクターを生み出し、多くの人たちに、それなりの影
響を与え続けた人でした。

彼女には、ぼくは実際にお会いしたこともなく、まったく存
じ上げていないかたなのですが、先日、突然、乳ガンで亡く
なられた。

享年53歳です(2018年8月15日死亡)。

若くして突然亡くなられたわけですが、きっと本人が一番辛
(つら)かったことでしょう。

一番燃えている年齢ですし、いままでの体験を日々生かしな
がら、今後の人生の歩きかたをいつも考えて燃えていらっし
ゃったはずだと思います。

             ★★★

いったい、いまの日本は、どうなっているのだろう。

そう思うのも当然じゃありませんか。

いまは、ご老年のかたから順番にこの世を去る……という時
代ではなくなりました。

もちろん、封建時代などでは、突然、殺されるようなことも
あったでしょう。

いまの日本にはそういうことが無い代わりに、病気で突然倒
れるかたが非常に多いわけですね。

いかに日本が長寿社会だと言っても、周囲にいらっしゃるご
高齢のかたたちは、みんな大正生まれなんです。

そうですよね。

現在100歳のかたも、お生まれは、1919年ですから大
正8年……という計算になりますか。

ぼくの母も、大正13年生まれで、現在94歳。

すこぶる元気で、たまに会うぼくのほうが、いつも口で言い
負かされて、タジタジです、はい(笑)。

             ★★★

なぜ、高齢者の彼ら彼女たちは、元気なのだろう。

そう思いませんか。
もちろん、中には寝たきりのかたもいますし、それは当然です。

だって、若いかたでも、病弱なかたもいますし、元気すぎる
人も……いる(笑)。

それはどの世代だってそうでしょうし、どの国のかたもそう
でしょう。

ところで、今回、さくらももこさんが倒れた原因の「乳ガ
ン」なんですが、最近、とくにこうした「ホルモン依存性症
状」の病気が増え続けております。

その中でも、ぼくは男ですから、まず「前立腺ガン」の増加
が、非常に気になります。

             ★★★

男性でも、ホルモン依存性症状としての「前立腺ガン」が、
それこそ異常なほどの勢いで増えているのですが、きっと、
皆さんの周囲でも、この言葉をよく耳にされるのではないで
しょうか。

いったい、ぼくの「愛する日本という国」は、今後、どこへ
漂流してしまうのか。

「日本人が一人もいない日本列島」が、プカリ、太平洋に寂
しく浮いている光景だなんて、考えたくもないですよね。

いま述べた「前立腺ガン」は、いまから10年ほど前でしたら、
胃ガンや肺ガン、大腸ガンなどと比べますと、ずっと少ない
症状だったんです。

いわば、マイナーな病気だったんですね。

だって、この名前を聞くのさえ珍しくて、「ん? 何それ?
 ナニナニ線って、どこかの鉄道のこと? 山手線?」……
なんて、とぼけたかたもいらっしゃったほどですし……。

             ★★★

でもいまや、この「前立腺」なんて言葉、もう普通名詞で
す(笑)。

子どもでさえ、もはや友だちのとの普通の会話で、この言葉
をしゃべっているとかいないとか(本当? 笑)。

でも、それぐらい、いまでは大腸ガンを抜いて、肺ガンと肩
を並べるほどの勢いなんですね。

これを尋常(じんじょう)じゃない……と言わずして、何を
言えばいいのでしょう。

そして、女性たち。

今回述べている、この「乳ガン」も「子宮ガン」も「卵巣
(らんそう)ガン」も増え続けています。

とくに、「乳ガン」については、女性のガンでは罹患率(り
かんりつ)トップなんですね。

そう、トップ。

             ★★★

だから、著名なかただけじゃなく、ぼくたちの身近でも、頻
繁(ひんぱん)に、この症状を耳にするようになりました。

いまや、「国民病」と言ってもいいのかもしれません。

ところで、いったい、この「乳ガン」とは、なんぞや。

一般に、女性ホルモンである「エストロゲン」にさらされる
期間が長いほど、「乳ガン」になるリスクが高まるんですね。

そう、「エストロゲン」にさらされるほど、「乳ガン」にな
る率が増えるわけです。

しかも、この「エストロゲン」は、月経のある間に分泌(ぶ
んぴつ)されますから、初潮(しょちょう)から閉経(へい
けい)までが長いほど、そのリスクが高まる。

             ★★★

昔は、初潮が遅く、しかも結婚も早かったため、閉経も早か
ったようですから、女性たちが「エストロゲン」にさらされ
る期間も短かったわけですね。

そういうことも、昔は「乳ガン」にかかる割合が少なかった
原因の一つだと言えるのかもしれません。

それに、いまは女性にも、独身や晩婚化が進んでいますよね。

ところが、出産経験のある女性は……「乳ガン」にかかりに
くい。

と言うのも、妊娠しますと生理が一時的に止まって、「エス
トロゲン」の分泌が減少するから。

まあ、昔と比べますと、そういうことは、もちろん、あります。

もちろんありますが、でも……(笑)。

             ★★★

そう、そんなものだけじゃないほど、最近は、「乳ガン」の
増加がなんとも凄(すご)い。

なぜなのか。

不思議だと思いませんか。

そもそも、この「乳ガン」とは、「エストロゲン」作用によ
って、母乳が通る乳管の細胞が増えるときに、遺伝子のコピ
ーにミスが起こるために生じる……ものなんですね。

それが悪性になれば、「乳ガン」に……。

でも、これほども短い期間に、「乳ガン」が増加するものな
のでしょうか。

いかがです?
不思議だと思いませんか。

             ★★★

じつは、この「エストロゲン」が凄(すご)くたくさん含ま
れている食べものが、ふだんのぼくたちの食べる食卓に出て
いました。

とくに外食に……。

そして、その極めつけが、「アメリカ産牛肉」でした(笑)。

いまや、女性が牛丼などを頬張るという光景が至極(しご
く)当然のように、広がっていますが、その肉の親元は、ア
メリカか、オーストラリアなんですね。

なぜなら、国産牛より安価に手に入りますから。
そして、このアメリカもオーストラリアも、牛たちに、この
「エストロゲン」を使うことを、国が認めております。

             ★★★

その結果、日本の女性たちが一番先に……。

まあ、そのようなことを、ぼくは電子書籍の「社会の裏側!」
104巻で述べたのですが、もしご関心のあるかたは、ぜひご
覧下さい。

詳しく述べておきました。

これを読むだけでも、皆さんのご家族が幸せになること必至
ですぞ(笑)。

一般の安い牛肉店では、高価な国産を使っている店は、本当
に少ないはず。

中でも、とくに、「アメリカ産牛肉」が多いんですね。

農畜産業振興機構の公表データによりますと、2016年の
牛肉の国内供給量は、約850万トン。

そのうち約4割が、アメリカからの輸入だと言うわけですね。

ところが、その「アメリカ産牛肉」こそが、いま述べました
この「乳ガン」に大いに影響を与えていたと言いますから、
もう衝撃もいいところです。

      ★「社会の裏側!」104巻
        → https://bit.ly/2GXxuxS

Sさん、今後とも、どうぞ、メルマガをお楽しみ下さい。

お元気でね。








___________________________

【2】
   あなたやあなたの家族を命懸けで救う、山田博士作
   品集! ぜひどうぞ。

 〜先日の月曜日にご案内しましたが、まだご覧になって
    いないかたのために、再度お載せしました〜
          本日が、「大幅割引きの最終日」です。

___________________________



     先日案内したのは、下記の作品です。
            ↓  ↓  ↓
     =======================

       「社会の裏側!」シリーズ!

         今回は、【第5回目】

     下記の第41巻〜第50巻の提供です。

        (合計10巻の全巻です)

     =======================


41.社会の裏側!41……糖尿病予備軍の人が、「熱中症」
  で亡くなるこの衝撃理由!

  〜ふだん多くの糖類を体に入れていると脱水状態にな
   る。それに砂糖は、ビタミンB1などを壊し、ストレ
   スにも弱くするのだ〜
         → https://bit.ly/2KPQVXh


42.社会の裏側!42……子どもの好きな食品に、これだけ
  も遺伝子組み換え作物が使われていた。実名リスト付き!

  〜フランスでは安全性を見直しているのに、なぜ日本で
   は次々と承認されるのだろう〜
         → https://bit.ly/2wsP5sb


43.社会の裏側!43……自閉症などの発達障害は、遺伝じ
  ゃなく、農薬などの「環ホル」が原因であることが分か
  った!

  〜文科省の調査では、通常学級のなんと6%ほどの子た
   ちに「発達障害のリスク」があるため、日本人の未来
   にとって、早急の対策が必要だ〜
         → https://bit.ly/2K69Mw8


44.社会の裏側!44……ファッション企業の「ファーフリー」
  (毛皮は扱わない)の動きが広まったが、中国ではアン
  ゴラウサギたちが今日も生きたまま……!
         → https://bit.ly/2jJnIkm


45.社会の裏側!45……広く使われている「人工甘味料」が、
  実際には、糖尿病のリスクを逆に高めていた。その衝撃
  的な事実とは!

  〜コカ・コーラ社が、「ダイエットコーク」の安全性を
   訴えた全米広告キャンペーンのおかしさ〜
         → https://bit.ly/2wsQrDh


46.社会の裏側!46……ミツバチが消えた。じつは、あな
  たがシックハウスや居間の殺虫剤で倒れる原因も、これ
  と同じだった!

  〜これら「ネオニコチノイド系農薬」の商品名を、ここ
   でお教えしたい。今日からぜひ注意してほしい〜
         → https://bit.ly/2ryiHiM


47.社会の裏側!47……愛するペットに「ペットフード」
  を与えてはいけない!

  〜多くの人の悲しい誤解と、ペットの病気や長生きにつ
   いて〜
         → https://bit.ly/2ws94Y2


48.社会の裏側!48……学校給食の栄養士が「本当は」使
  いたくない中国食材とは!

  〜じつは「センター化」が、この事態を招いた元凶だっ
   た〜
         → https://bit.ly/2wt9flV


49.社会の裏側!49……なぜ、「栄養ドリンク剤」を未成
  年に禁止している国があるのか!

  〜無水カフェインの怖さをご存じか。それに、「異性化
   糖」のために糖尿病のリスクがグングン高まっている
   事実とは〜
          → https://bit.ly/2ws9lKy


50.社会の裏側! 50……あなた、「老人難民」になりま
  すか。それとも死にますか?

  〜160万人もいる「要支援1と要支援2」の人たちは、
   この「医療・介護総合推進法」のために、介護保険か
   ら外されることに!〜
          → https://bit.ly/2rzEDt9


(今回は、以上の合計10巻を、特別に「50%引き」で提
 供します)



   =========================

           ★今回だけの特別価格★

   公開価格は@585円→ 今回は、@290円です
                       半額です!

           全10巻ですので、2900円

   =========================
 
           ★割引期間★

    2019年2/11(月)〜2/15(金)
  (上記期間だけですので、お願いします。本日が最終日)

 ★「社会の裏側!」第41〜第50巻、特別お申し込み
  フォーム

 パソコン・スマホ用→ https://ws.formzu.net/fgen/S1738047/

 (折り返し、自動返信で、送金情報をお送りします)



皆さんからのご連絡を、お待ちしています。
そして、ごいっしょにお歩き下さい。

お元気で。





             ★★★
             ★★★
             ★★★


★本誌「完全版」をご希望のかたへ。

世にも面白くてためになる、完全版メルマガ「暮しの赤信号」。
3大特典は、下記のとおりです。

1.毎回、メルマガ「暮しの赤信号」の100%が読めます。
  とくに大切な後半部分を、ぜひご覧下さい!

2.山田の作品が、「公開価格よりかなりの割安」で、何度
  でも手に入ります。これは貴重です!

3.アマゾンで、電子本「社会の裏側!」を発行するたび、
  それを一足早くPDF版にして「プレゼント」します。
  何度でも!

半年ごとの一斉課金です。ただ、途中入会の場合は、月割り
価格で請求します。1か月分は540円。入会当月は、月末
まで無料。
  「完全版」申し込みフォーム→ https://goo.gl/c6S6EQ





___________________________

      発行/山田博士いのち研究所

  105-0001東京都港区虎ノ門2-2-5共同通信会館B1F
         http://yamadainochi.com/

  事務局への連絡はこちらへどうぞ→  https://bit.ly/2DjSStg

        「メルマガ専用ブログ」
      →  https://inochimamorutameni.hateblo.jp/
                            
___________________________

★本誌のコピーや、転載、転送、抜粋などは著作権法に触れ
ます。皆さんには関係がないと思いますが、山田が今後も皆
さんのために活動したいため、ぜひその点、よろしくお願い
します。本日も、お読み下さり、ありがとうございました。


















本誌の登録・解除はこちらから
        → http://www.mag2.com/m/0000141214.htm

短縮版メルマガ「暮しの赤信号」

発行周期: 毎日早朝5:00配信(日曜だけ休刊) 最新号:  2019/03/19 部数:  2,191部

ついでに読みたい

短縮版メルマガ「暮しの赤信号」

発行周期:  毎日早朝5:00配信(日曜だけ休刊) 最新号:  2019/03/19 部数:  2,191部

他のメルマガを読む