短縮版メルマガ「暮しの赤信号」

★短縮版:10/1(月)◆「社会の裏側!」第91巻は、「クルマの車内で浴びる電磁波の凄い量と、その対策」です。人気ですぞ


カテゴリー: 2018年10月01日
〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓

【注】本誌を、まぐまぐ!から受信される場合、上記に[PR]と記載
された広告が掲載されますが、当方とは無関係です。ご留意下さい。

               ニッポン人の心と体を救う!

       ★短縮版メルマガ「暮しの赤信号」★

            2018年10月01日(月)号
                      No.3245

  毎回、まぐまぐ!、メルマ、EMの合計、約7000部発行
   創刊日は2004/10/5。毎日早朝5:00に配信(日曜は休刊)
〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓

『脱コンビニ食!』(平凡社新書)や『危険な食品』(宝島社新書)
などの著者で、食生態学者、そして日本危機管理学会員でもある
山田博士(ひろし)が配信。食べものだけでなく、人としての生
きかたを考えます。なんともユーモラスな文体
が人気のようで……。



 ~月曜日だけは、「完全版」と「短縮版」の内容は同じです~





            ★お知らせ★

 ~本日(10/1号)から「完全版」読者をすべて更新しました~


     ところで、皆さんのお住まいの地域は、台風24
     号、大丈夫ですか。

     今年は、次々と大型台風が日本にやってきて、ま
     るで「台風パレード」のよう。

     いまはもう、どの地域だから安全とは言えなくな
     りました。
     どうぞ、まず、身の安全だけを……考えて下さい。

     このメルマガ「暮しの赤信号」などは後回しでも、
     いっこうにかまいませんので……(笑)。

     でも、本日から、「完全版」の読者をすべて更新
     しております。

     昨夜は、その作業にずっと、取り組んでいました。

          もし、まだ更新されていないかたがいらっしゃれ
          ば、自動返信が届かないかたも含め、至急、事務
          局までご連絡下さい。 http://goo.gl/t12Yx
          
          そうでないと、いままでのメルアドはすべて削除
          して、新たに登録し直していますので、本日から
          この大切な「完全版」がずっと届かなくなってし
          まいます。

     今後とも、どうぞ、よろしくお願いします。
          取り急ぎ、用件のみにて。
          





やあ、こんにちは。
山田博士(ひろし)です。
お元気でしたか!

今日もまたお逢いしましたね。
嬉しいです。
                              
地球という星を平和にしたい。
そして子どもたちの頬(ほほ)に流れる涙をストップさせたい。
ぼくはいつもそれを望んでいます。

そのために、「食べもの」が人を180度変え、家族を変え、
文明を変え、歴史を変えてきた、重い事実を、
ぜひ知ってほしい……。





     ◆よかったら、「いいね!」をお願いします!◆

   下記は、「フェイスブック」です。もしよろしければ、
   「シェア」や「いいね!」をポチッしていただけませ
   んか。あなたの小さな行動が、人類を大きく救います。
   いま足元にある大地は、世界中につながっております。
      → http://www.facebook.com/yamada.inochi





             ▼本日の目次▼

 〜月曜日だけは、「完全版」と「短縮版」の内容は同じです〜

【1】人生には少しのお金と歌と夢、それにでっかい健康
   があれば、それでいい!……連載:807回:

   後日、それを使っている商品名リストをお知らせし
   ますが、たとえば、「アリナミンV」とか、「リポビ
   タンD」というドリンク剤がありますよね。そのほ
   かにも、さまざまな飲料水、それに多くの食べもの
   などを「長期に保存する」ためには、このクスリを
   ほんのちょこっと混ぜればいいだけなんです……


【2】本日ご案内する山田の「電子書籍」は、これっ!:

   ■「社会の裏側!」第91巻

   『クルマの車内で浴びる電磁波の凄い量と、人体へ
    の影響とは!








______________________________

【1】
         人生には少しのお金と歌と夢、
     それにでっかい健康があれば、それでいい!

            連載:807回
______________________________

         (この欄は、毎週「月曜」に連載)

(前回の記事は下記の同じ箇所をご覧下さい。その続きとなります)
  → http://archives.mag2.com/0000141214/20180924050000000.html 




★タイトル:

後日、それを使っている商品名リストをお知らせしますが、たとえ
ば、「アリナミンV」とか、「リポビタンD」というドリンク剤があ
りますよね。そのほかにも、さまざまな飲料水、それに多くの食べ
ものなどを「長期に保存する」ためには、このクスリをほんのちょ
こっと混ぜればいいだけなんです……




ところで、あなた。

いま、ぼくがこの欄で何をずっとしゃべっているか、もちろんご存
じですよね(笑)。

「えっと……、山田サン、いま何をここで話しているんだっけ?
たしか、ワンコの話でもなかったようだし、ニャンコの話でもなか
ったようだし……。

それに、豆ご飯でもなかったし、イワシでもなかったし、緑茶でも
なかったし、えっと、えっと……」

なんて、目を白黒させていらっしゃるかたもいるかもしれません。

まあ、毎度、そのようなお話を、まるで混(ま)ぜご飯のように、
各所に混ぜ込んでいますので、皆さんのお言葉は、当(あ)たらずと
いえども遠(とお)からず ……ですが(笑)。

              ★★★

いま述べているのは……「●●香酸(あ・ん・そ・く・こ・う・
さ・ん)」(●●は、下記の設問をご覧下さい)。

いかにも難しそうな名前ですが、たぶん、これがなければ、企業た
ちはかなり困ってしまうことでしょうね。

だって、後日、それを使っている実名リストでもお知らせします
が、たとえば、「アリナミンV」とか、「リポビタンD」なんていう
栄養剤(?)という名前のドリンク剤とか、さまざまな飲料水、そ
れに多くの食べものを「保存する」ためには、これをほんのちょこ
っと混ぜればいいだけですから。

いつも大量に作り、長距離を運ぶことを考えている「食べもの加工
企業」にとっては、もう神様のような存在です。

とても、足を向けて寝られないことでしょう(笑)。

              ★★★

ところが、前回でも述べましたように、1975年、日本の当時の
厚生省は、すでにこの安息香酸をスクリーニング班(細胞に変異原
性があるかどうかを選択する班)から発ガン性テスト班に回してい
るんですね。

つまり、かなり「疑惑の色が濃い」……。

でも、あれからかなり時間が経ちましたが、当の厚生省(厚労省)
は、まったく動こうともせず、そのままでいままで来ました。

その間、多くの人がこの「安息香酸」を体の中に取り入れ、なんと
なく、なんとなく……という体調になって行ったのだと思います(笑)。

でも、企業たちは、「山田サンがナンと言おうと叫ぼうと、なんせ、
国が認めているんだからね」……という思いで、さまざまな食べも
のに使っているわけですね。

なんとも辛(つら)い現実ではあります。

              ★★★

でも、私はそんなドリンク剤や食べものなどは口にしないからね…
…とおっしゃっても、おっとどっこい、外食や購入してきた中食
(なかしょく)などには、盛んに使われているわけですね。

あるいは、あなたのご家族が外で何を食べているか分かりません。

あなたの目の届かないところで、こっそり、そういうものを口にし
ているかもしれない。

それに、旅先(たびさき)などでは、本当に困ってしまいますよね。

ぼくも、旅先で、仕方なく弁当などを選ぶのですが、その原材料を
読むと、もうそれだけで満腹(まんぷく)になります(笑)。

いや、別に実際にはお腹のタシにはならないのですが、どうも、そ
の……食欲が……。

そのほとんどに、この「安息香酸」が、しっかりと使われているん
ですね。
この現実は凄(すご)い。

              ★★★

でも、これこそが、心と体に影響を与える極悪(ごくあく)添加物
なのでした。

さて、今回は、どのように続いて行きますやら。

どうぞ、下記をご覧下さい。


              ★ ★ ★


↓ 本文。前回より続く(下記は、ぼくの著書の一部分です)。




この試験(上記の厚生省の実験のこと)では「発ガン性試験」のと
ころは「-(マイナス)」でした。

でも、安心してはいけません。

と言いますのは、下記で述べるように、変異原性(へんいげんせい)
のあるものは「発ガン性も同時に持っている可能性」があることも、
分かっているのです。

そのため、いつその試験が「クロになるか」は分かりません。

このことは、エームズ博士というかたがすでに証明しています。

つまり、世界中で見つかっている発ガン性のある307種を選び、
サルモネラ菌を使って突然変異を起こすか調べたわけですね。

それによれば、突然変異を起こす物質ほど、同時に発ガン性も強い
ことが分かりました。

まあ、ちょっと常識的に考えても、そう思いますが……(笑)。

でも、こんな代物(しろもの)が、ぼくたちの周囲に溢(あふ)れ
ている食べものに、ふんだんに使われている……。


●硫黄(いおう)化合物と安息香酸がいっしょになると、喘息(ぜ
 んそく)の反応が強くなることも


また、こういう場合もあります。

先ほども述べましたように、いま喘息(ぜんそく)症状をお持ちの
かたが増えました。

ところが、あろうことか、この喘息を治療するという薬に、喘息を
誘発(ゆうはつ)する硫黄化合物が含まれているのです。

まあ、製薬メーカーにとっては、患者は減らないほうがいいわけで
しょうから、理にかなっているのかもしれませんが……(笑)。

でも、そのような薬を知らずにのみ続けて、ふだんの食べものから
安息香酸を摂(と)り続ければ、いっこうに改善する方向には向か
ないでしょうね。

そうそう、その硫黄化合物と言えば、あの黄砂(こうさ)……(省略)。


(次回のこの欄に続く) 


             ▼設問です▼


設問→ 上記の文章を読み、下記の●●にあてはまるものを、選択
    語句から選んでみよ。ただし2文字とは限らない。

 「いま述べているのは……『●●香酸(あ・ん・そ・く・こ・う
  ・さ・ん)』」

        【選択語句→ 安心、安全、安息】

                      ■答え■

 下記のとおりです。でも、先に答えを見てはいけません。
 本文を再度ご覧になり、十分想像してから答えをご覧下さい。
 きっとその繰り返しが、あなたの明日を輝かせることになると思
 っています。

             答え→ 安息

【上記の文章は、ぼくの著書『その食品はホンモノですか?』(三
 才ブックス)を元にして、毎回、そのときどきに新しい事実を述
 べて行きます。すでにこの本をお持ちのかたも、どうぞお楽しみ
 に!】








______________________________

【2】
   ★本日ご案内する、山田の「電子書籍」は、これっ!★

 〜PDF版を希望されるかたは、下記の案内サイトに、その
   方法が記載されています。そちらからご連絡下さい〜

______________________________

    (電子書籍版は、アマゾンから直接お求め下さい)


         ★「社会の裏側!」第91巻★

『クルマの車内で浴びる電磁波の凄い量と、人体への影響とは!』

 ~とくに、なぜ「ハイブリッド車」の磁場の強さが国民に知らさ
     れないのだろう。少しでも磁場を避けるために~ 

            山田博士・著

    第91巻の「案内サイト」→ https://bit.ly/2Jf08eE


             【概要】

現在、ぼくたちの家庭では、電磁波を発する器具が溢れています。

もう皆さん、ご存じのように、電子レンジ、冷蔵庫、洗濯機、ケー
タイ、液晶テレビ、エアコン、ドライヤー、電気コタツ、ホットカ
ーペット、掃除機、蛍光灯、パソコンなどなど。

でも、これらは、家の中にはありますが、まあ、常に接しているわ
けでもありませんし、その出力はきわめて小さいものですよね(電
子レンジやホットカーペットなどはかなり強いですが)。

ところが、クルマの場合は、極めて狭い密室で、冷蔵庫どころのパ
ワーじゃないほど巨大な力の電磁波発生装置を持っております。

1トンほどの鉄の塊(かたまり)を、時速100km以上のスピー
ドで移動させるパワーは、まさか冷蔵庫や洗濯機のそれとは比較に
もなりません。

              ★★★

だけど、いままで、それらが人体に与える弊害についての事実は伏
せられてきました。

だって、日本の「基幹産業であるクルマ」の問題を取り上げること
など、そのスポンサーのお陰で生きているマスコミにとってはタブ
ーでしたから。

ところが、ちょっと考えてみてください。

いまのクルマ。
いかに電磁波を発生する装置が多いことか。

思いつくまま挙げてみても、カーナビ、ETC(電子料金収受シス
テム)、電動窓、スピードメーター、スマートキーレスエントリー、
それにもちろん肝腎の動力機関(エンジン、モーター、バッテリー)、
そのほか、タイヤの中に入っている空気圧測定器具や衝突防止装置
のレーダーなど、もうあらゆる場所に電磁波発生装置があるわけで
すね。

              ★★★

クルマの内部には、数十個ものコンピュータ(CPU)が存在してい
ますし、電気配線は、真っ直ぐに伸ばすと、全長がなんと数キロに
も及ぶと言います……。

それに、環境に優しい……なんて宣伝されて、皆さんコロリとなっ
たハイブリッド車ですが、そこから発生する電磁波は、ガソリン車
の約3倍にもなっています。

このクルマに買い換えたとたん、子どもが必ず車酔いをするなどの
話を聞きますが、これは子どもさんが、環境の変化に敏感なところ
から来ているのかもしれません。

あるかたが、トヨタの「プリウス」を使って測定した結果がありま
す(本書では、詳しく載せておきました)。

測定したクルマは、2009年に発表されたトヨタの「3代目」新
型プリウスという、非常に入気のある車種のようですね。

エンジンをかけて……と言っても、スイッチを押す感じのようです
が……ドライブモードでスタートします。

              ★★★

すると、この瞬間に、「低周波」が2.0mG(ミリガウス。「磁界」
の強さを表す単位)前後に上昇するわけですね。

スピードを上げて行くにつれて低周波は上昇していき、一時に2.
9~5.1mGとなるようですが、さらに上昇して、安定走行に入
ると、10.5~12.2mGまでになったとのこと。

停止中でさえ、この低周波は11.0~12.6mGという高い値
で「安定」していたようですね。

WHO(世界保健機関)という国際機関があります。

ここの発表によりますと、「4mG以上」の電磁波を長時間浴びて
いる子どもの小児白血病の発症リスクは、2倍以上になる……との
こと。

そのため、このWHOは、この「極低周波」に対して、各国に何ら
かの対応を取るように勧告を出しています。

              ★★★

まあ、電子レンジであれば、使わなければそれで済みますが、大都
会でもなければ、クルマはいまや必需品でもあります。

なにしろ、電車は来ない、バスは来ない。
タクシーもない。

いやいや、電車やバスさえまったくゼロの地域も、この日本にはい
っぱいあります。
しかも現在も、どんどん廃線が進んでいます。

じゃ、当面、どうするか。

それについても、詳しく述べておきました。

ぜひ、改めて、いままで安易にクルマに乗っていた現実を見てみて
下さい。
そして、「クルマ社会」全体についても、お考え下さい。

本書を読むことで、そうした広い世界に少しでも目を凝(こ)らし
ていただければ、望外の幸せです。


(以下、省略します。詳しい概略や目次などは、下記の「案内サイト」
 をご覧下さい。それだけでも、内容が想像できると思いますよ)

    第91巻の「案内サイト」→ https://bit.ly/2Jf08eE





               ★
               ★
               ★


 (山田の作品群については、下記の「専用ブログ」をご覧下さい。
  右側に並んでおります。
  メルマガ読者に対しては、時々、割引価格での提供や、無料号
  外などを配信いたします。読者のかたは、どうぞお楽しみに!)
「メルマガ専用ブログ」→  https://inochimamorutameni.hateblo.jp/


★本誌「完全版」をご希望のかたへ。

 世にも面白くてためになる、完全版メルマガ「暮しの赤信号」。
 3大特典は、下記のとおりです。

1.毎回、メルマガ「暮しの赤信号」の100%が読めます。とく
  に大切な後半部分を、ぜひご覧下さい!

2.山田の作品が、「公開価格よりかなりの割安」で、何度でも手
  に入ります。これは貴重です!

3.アマゾンで、電子本「社会の裏側!」を発行するたび、それを
  一足早くPDF版にして「プレゼント」します。何度でも!

 半年ごとの一斉課金です。ただ、途中入会の場合は、月割り価格
 で請求します。1か月分は540円。入会当月は、月末まで無料。
「完全版」申し込みフォーム→ https://goo.gl/c6S6EQ





______________________________

                  発行/山田博士いのち研究所

   105-0001東京都港区虎ノ門2-2-5共同通信会館B1F
                     http://yamadainochi.com/
                            
   事務局への連絡はこちらへどうぞ→ http://goo.gl/t12Yx

「メルマガ専用ブログ」→  https://inochimamorutameni.hateblo.jp/
______________________________
★本誌のコピーや、転載、転送、抜粋などは著作権法に触れます。
 皆さんには関係がないと思いますが、山田が今後も皆さんのた
 めに活動したいため、ぜひその点、よろしくお願いします。
 本日も、お読み下さり、ありがとうございました。

























本誌の登録・解除はこちらから
        → http://www.mag2.com/m/0000141214.htm

短縮版メルマガ「暮しの赤信号」

RSSを登録する
発行周期 毎日早朝5:00配信(日曜だけ休刊)
最新号 2018/10/20
部数 2,244部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

短縮版メルマガ「暮しの赤信号」

RSSを登録する
発行周期 毎日早朝5:00配信(日曜だけ休刊)
最新号 2018/10/20
部数 2,244部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

最近の記事

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング