短縮版メルマガ「暮しの赤信号」

★短縮版:9/25(月)◆新刊78巻、公開しました!書名『あえて言う、大きな利権が蠢く盲導犬は本当に必要なのだろうか!』


カテゴリー: 2017年09月25日
〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓

【注】本誌を、まぐまぐ!から受信される場合、上記に[PR]と記載
された広告が掲載されますが、当方とは無関係です。ご留意下さい。

               ニッポン人の心と体を救う!

       ★短縮版メルマガ「暮しの赤信号」★

            2017年09月25日(月)号
                      No.2943

  毎回、まぐまぐ!、メルマ、EMの合計、約7000部発行
   創刊日は2004/10/5。毎日早朝5:00に配信(日曜は休刊)
〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓■〓

『脱コンビニ食!』(平凡社新書)や『危険な食品』(宝島社新書)
などの著者で、食生態学者、そして日本危機管理学会員でもある
山田博士(ひろし)が配信。食べものだけでなく、人としての生
きかたを考えます。なんともユーモラスな文体が人気のようで……。





  ★新刊「社会の裏側!」78巻が、昨日公開されました!★

      『あえて言う、大きな利権が蠢(うごめ)く
      「盲導犬」は、本当に必要なのだろうか!』

    ~日本の視覚障害者は38万人と言われていますが、
     じつは虐待が増え、大きな利権が広がるいま、改
     めて、盲導犬の存在を考えてみたい~
      専用ブログ→  https://goo.gl/zw1WqD

    → 昨日(9/24)、午前10時に、「完全版」読
      者限定で、上記案内の「特別号外」を出してい
      ます。3日間限定でプレゼント中。どうぞ、お
      早めに。そのほかのかたは、上記のブログをぜ
      ひご覧下さい。きっとお役に立つと思います。





            やあ、こんにちは。
          山田博士(ひろし)です。  
                     お元気でしたか!

                 今日もまたお逢いしましたね。
                         嬉しいです。
                              
                地球という星を平和にしたい。
   そして子どもたちの頬(ほほ)に流れる涙をストップさせたい。
              ぼくはいつもそれを望んでいます。

    そのために、「食べもの」が人を180度変え、家族を変え、
          文明を変え、歴史を変えてきた、重い事実を、
                    ぜひ知ってほしい……。





     ◆よかったら、「いいね!」をお願いします!◆

   下記は、「フェイスブック」です。もしよろしければ、
   「シェア」や「いいね!」をポチッしていただけませ
   んか。あなたの小さな行動が、人類を大きく救います。
   いま足元にある大地は、世界中につながっております。
      → http://www.facebook.com/yamada.inochi





             ▼本日の目次▼

【1】人生には少しのお金と歌と夢、それにでっかい健康
   があれば、それでいい!……連載:756回:

   ★タイトル→ もう数年で、千葉県の農業は崩壊す
          るのじゃありませんか。農家は20
          02年に8万8千戸、2012年に
          は、なんと5万4千戸に減少してい
          ます。しかも老齢化へと。全国を見
          ても同様なんですね……

【2】本日ご案内する山田の「電子書籍」は、これっ!:
   (「PDF版」に変更することも可能です)

   ■「社会の裏側!」第40巻
    「女性の目線」に立った原発レポート!

【3】事務局から、山田の作品以外のお薦め:

   ■NPO法人 おじいさんの知恵袋の会主催・
    【ぴんころ倶楽部】で、腸、元気!







______________________________

【1】
         人生には少しのお金と歌と夢、
     それにでっかい健康があれば、それでいい!

            連載:756回
______________________________

         (この欄は、毎週「月曜」に連載)

(前回の記事は下記の同じ箇所をご覧下さい。その続きとなります)
  → http://archives.mag2.com/0000141214/20170918050000000.html 




★タイトル→ もう数年で、千葉県の農業は崩壊するのじゃありま
       せんか。農家は2002年に8万8千戸、2012
       年には、なんと5万4千戸に減少しています。しか
       も老齢化へと。全国を見ても同様なんですね……




前回、この欄で述べた「82歳の農業を営む男性」のお話。

いやあ、衝撃ですよね。

「農村が消滅寸前です……」なんて。

きっとこの男性は、長い年月、農業を営んでこられたのでしょう。
そして、先祖から大切な農地を預かり、大地に話しかけながら、一
所懸命、農業に取り組んで来られたのだと思います。

そういう過去の歴史を身にしみて知っているからこその、この言葉。

胸に響きます。
ぼくたちに何ができるのか。
そして、何ができないのか。

いったい、それらの原因はどこにあるのか。
どこから、どのようにして解決すべきなのか。
この言葉は、いろいろなことを、考えさせてくれますよね。

              ★★★

前回でも述べましたように、農業が無くては、ぼくたちは1日たり
とも生きて行けません。
しかも、自国の農業が無くては……。

農産物を外国に頼っているようでは、ぼくたちの未来はないわけで
す。

もし農業が消滅したことを思って下さい。

必ず、どこかの国の●●に成り下がります(●●は、下記の設問を
ご覧下さい)。
これは、過去の歴史を見ても、間違いありません。
農業を放棄した国の末路……。

他人に自分の食事を与えられるとすれば、それは家畜ではありませ
んか。
ワン君やニャンコ嬢たちと同じ(ワン君たち、ごめん!)。

食事の元をつかんでいる者が、いつだって「勝者」なんです。

              ★★★

いやいや、日本はお金があるんだから、食糧なんて、それで買えば
いいじゃん?

なんて言う呑気(のんき)なかたもいらっしゃるのですが、そのお
金が無くなったらどうするのです?

金の切れ目が縁の切れ目……ということわざがありますよね。
ご存じですよね(笑)。

これ、英語にも、ちゃんとあるんです。
たとえば……。
When poverty comes in at the doors, love leaps out at windows.
(貧困がドアから入ってくると、愛は窓から飛び出していく)

いやいや、人間というのは「現金なヤツ」ですよね(笑)。
愛だって、窓から飛び出して行く……。

              ★★★

ぼくは思うのですが、日本人は、過去、他国の植民地になったこと
がなく、他国の奴隷になったこともないため、なかなか皆さん、本
気で考えないのじゃないかと。

確かに、明治維新前夜は、先祖たちは大変だったと思います。

なにしろ、日本の周囲の国は、すべて欧米たちの植民地に成り下が
ってしまいましたし、いつ、日本が同じ立場になるか分からない。

もし、あのとき、日本が真っ二つに別れて、幕府と朝廷が闘ってい
れば、その隙(すき)に乗じて、欧米諸国が乗り込み、日本は植民
地として分断されていたでしょう。

先祖たちのご苦労を、思います。

そして、先の大戦での敗戦。

もう、いつ日本がどうなるのか。

そのような歴史があるからこそ、ぼくたちは、そこから学び、どう
したら植民地にならずに独立国として、世界に日本文明を発信でき
るのか。

いつも考えていなくてはダメなんです。

それなのに、その植民地を防ぐ一番大切な農業を営む82歳の男性
に「農村が消滅寸前です……」と言わせる事態とは……。

まままま、下記の本文をどうぞ、ご覧下さい。


              ★ ★ ★


↓ 本文。前回より続く(下記は、ぼくの著書の一部分です)。



この県(千葉県のことです)の農家の数は、2002年に9万戸を
割り込んで8万8千戸になってしまいました。

でも、その後さらに減少傾向にあり、2012年には、なんと5万
4千戸に。

わずか10年前と比べても、40%の減少となっています。

しかも新規の就農者はほとんどゼロで、農家の耕作者の平均年齢も
毎年1歳ずつ繰り上がっているとか(つまり老齢化が進んでいる)。

もう数年で、千葉県の農業は崩壊するのは目に見えています。

これで、若者がどうして農業に魅力を感じるでしょうか。

農業を廃業するその日、農民たちは先祖の位牌(いはい)に泣いて
詫(わ)びていると言います。

もう日本の農業は、待ったなしの状況なのです。

日本全国を考えてみても、専業と兼業を含めた総農家数は、195
0年に618万戸、1985年に438万戸、そして2010年に
はなんと253万戸にまで急減しているわけですね。

そして、2040年には……(次回のこの欄に続く)


             ▼設問です▼


設問→ 上記の文章を読み、下記の●●にあてはまるものを、選択
    語句から選んでみよ。ただし2文字とは限らない。

     「必ず、どこかの国の●●に成り下がります」

      【選択語句→ 遊園地、観光地、植民地】

                      ■答え■

 下記のとおりです。でも、先に答えを見てはいけません。
 本文を再度ご覧になり、十分想像してから答えをご覧下さい。
 きっとその繰り返しが、あなたの明日を輝かせることになると思
 っています。

            答え→ 植民地

【上記の文章は、ぼくの著書『その食品はホンモノですか?』(三
 才ブックス)を元にして、毎回、そのときどきに新しい事実を述
 べて行きます。すでにこの本をお持ちのかたも、どうぞお楽し
 みに!】







______________________________

【2】
   ★本日ご案内する、山田の「電子書籍」は、これっ!★
    (パソコンでも、簡単に読むことができます)

〜いずれも短文です。そのため、「いまの時代」をサクッと知ること
  が可能です。楽しい文体ですので、ご家族でご覧下さい〜
______________________________

           1冊、約585円

  ■なお、パソコンでも、同様の価格で「電子版」を読む
   ことが可能になりました。購入後、「Kindle For PC」
   をダウンロードし、アマゾンで使用しているメルアド
   とパスを入力すれば、「ライブラリー」に購入した本が
   入っています。
   Kindle For PC→ www.amazon.co.jp/kindlepcdownload

  (合計で3冊以上ご希望の場合は、下記の事務局まで直接
   ご連絡下さい。安価に「PDF版」でお送りいたします。
   金額は、自動返信でお知らせします。1冊の場合は千円
   ですが、3冊以上で電子本より安価になり、10冊以上
   になりますと、1冊が400円になります)
  ★お申し込みフォーム→ https://ws.formzu.net/fgen/S49531837/


                ===============
        ★「社会の裏側!」第40巻★
                ===============

      「女性の目線」に立った原発レポート!

~「チェルノブイリその後」で分かった数年後の健康状態。小児期
 よりむしろ、8歳~16歳のほうが影響があることが分かった~

            山田博士・著

       専用ブログ→ https://goo.gl/UbsWYt


              【概要】

チェルノブイリ原発4号炉で起きた大事件は、ご存じですよね。

この事件は、このあとで決められた「国際原子力事象評価尺度」で、
最悪の「レベル7」に分類されるほどの緊急事態でした。
あの日から、もう何十年経ちましたことやら。

ところで、「ウクライナ政府緊急事態報告書」なる報告書があります。

これは政府の発表しているものですから、まあ、かなりフィルター
のかかったものではありますが、でも、それでもここまで発表せざ
るを得ないほどだったのですね。

今度のフクシマ原発大事件の「今後」を見るうえで大いに参考にな
ると思いませんか。

これを、「女性の目線」に立ったある団体が翻訳してくれました。

もう衝撃です。あの大事件から年月が経つにつれ、いよいよ問題が
顕在化している。このレポートでは、ウクライナにおける「セシウ
ム137」の汚染地図も添付されているのですが、これを見て、ぼ
くは本当に驚きました。それは……(省略)。

しかも、「長期の病理学的条件の発病率と有病率のデータ解析」に
基づくと、ぼくたち人間に対して、もっとも危険な年齢区分は、下
記のようです。

つまり、小児早期(4歳~7歳あたり)ではなく、8歳~12歳及
び思春期(12歳~16歳あたり)。この年齢がが一番発病率とい
う観点から「あぶない年齢」だとのことなんですね。

そして、とくに被曝地帯での女性の健康状態は、本当に深刻だと思
います。
たとえば、生殖器系の病気はもとより、月経やホルモンのバランス
の乱れ、妊娠時の合併症、死産や流産など、女性たちの健康状態は、
そのまま未来の「ニッポン人全体」の健康状態じゃありませんか。

さあ、あなたは、この原発を、今後、どうしたいですか。

今度は、「あなたの出番」です。

(以下、省略します。目次などは、「専用ブログ」をご覧下さい。
 目次をご覧になるだけでも、内容が想像できると思いますよ)

       専用ブログ→ https://goo.gl/UbsWYt








______________________________

【3】
      ★事務局から、山田の作品以外のお薦め★

______________________________


〜もし、利用して何か問題があれば、当事務局までご報告下さい〜


     ■NPO法人 おじいさんの知恵袋の会主催・
       【ぴんころ倶楽部】で、腸、元気!

        案内頁→ http://bit.ly/2x2rhb1 

 【下記は、文体など「案内そのまま」です。事務局で抜粋しました】


「腸こそが脳を支配する」
「腸こそ身体の根幹を成す」
……ということを、皆さんに知ってほしいと思います。

アルツハイマー型の痴呆症が改善した実例も、たくさんあります。

なぜなら、「セロトニンやドーパミンなどのほとんどは、腸で作ら
れて脳に運ばれる」……ということにあるからです。

アルツハイマーという症状は、このセロトニンやドーパミンの不足
が原因の一つと言われていますので、まあ、当然なのかもしれません。

これも「腸が脳を支配している」ということの一例なのですが、脳
だけを診ても痴呆症の改善にはつながらず、その大元の「腸」こそ
が大きなポイントになるわけですね。

今、“腸”が様々なところで熱い視線を浴びています。 

「ぴんころ倶楽部」の主要メンバーである田中保郎先生も、人気番
組「主治医が見つかる診療所(テレビ東京系列)」に出演され、「腸
を良くすればすべての病気はほとんど治ります」と、言ってのけら
れました。

腸内細菌の全貌を解明すれば、医療に大きな変革をもたらすのでは
ないかという期待が高まり、欧米では国家的な研究プロジェクトが
動き出しました。

“腸内フローラ”を治療に活かす臨床研究も次々と始まっています。

高価なお金をかけて介護をされる事態を防ぎ、家族にも迷惑をかけ
ない生き方を、今日からしませんか。

ご関心のあるかたは、専用サイトをご覧下さい。
この「安価な金額」に、きっと驚かれるはずです。

あなたのためになれば、嬉しく思います。

         案内頁→ http://bit.ly/2x2rhb1 

〜もし、利用して何か問題があれば、当事務局までご報告下さい〜








               ★
               ★
               ★



        ===============
                      〜事務局より〜                       
        ===============


★山田の数ある作品の中で人気「第1位」の作品は、これです!★

   わずか月1万円ほどの食費になるため、健康と家計を、
   同時に助けます。毎月「数万円も」家計が楽になれば、
   どうなりますか。いまの社会に嬉しい内容です。

   とくに母子家庭のかたなど、ぜひお試し下さい。
   レシピまでついて超具体的。実践者100名の嬉しい
   声を、下記の専用ブログでどうぞご覧下さい。

  「わずか月1万少々の食費で、何千億円もの健康を稼ぎ、
   あなたの一生の夢を実現させる健康長者養成10日間
   ナビ」全3巻 (愛称→「月1万〜」)
               → http://goo.gl/SfOzHD



★本誌「完全版」を購読されたいかたは、下記からどうぞ!★

    世にも面白くてためになる、完全版メルマガ「暮し
    の赤信号」は、1か月分、わずか540円です。

1.毎回、メルマガ「暮しの赤信号」の100%が読めます!

2.山田の作品が、「公開価格よりかなりの割安」で、何度でも手
  に入ります!

3.アマゾンで、「社会の裏側!」などの電子本の新刊を発行する
  たび、それらを社会より早く、「無料でプレゼント」します!
  「PDF版」に変更してお送りします。

入会ご希望のかたは、下記まで連絡下さい。半年ごとの一斉課金と
なりますので、途中入会の場合は、その月により価格は異なります。
入会当月は無料でプレゼント。自動返信で、当月現在の金額をお知
らせします。今後、100%掲載の「完全版」をお楽しみに!
                    → https://goo.gl/c6S6EQ 





______________________________

                  発行/山田博士いのち研究所

   105-0001東京都港区虎ノ門2-2-5共同通信会館B1F
                    http://yamadainochi.com/ 
                            
事務局への連絡は、どんなことでも下記のフォームからどうぞ。
          → http://goo.gl/t12Yx 
______________________________
★本誌のコピーや、転載、転送、抜粋などは著作権法に触れます。
 皆さんには関係がないと思いますが、山田が今後も皆さんのた
 めに活動したいため、ぜひその点、よろしくお願いします。
 本日も、お読み下さり、ありがとうございました。


























本誌の登録・解除はこちらから
        → http://www.mag2.com/m/0000141214.htm

短縮版メルマガ「暮しの赤信号」

RSSを登録する
発行周期 毎日早朝5:00配信(日曜だけ休刊)
最新号 2018/10/22
部数 2,244部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

短縮版メルマガ「暮しの赤信号」

RSSを登録する
発行周期 毎日早朝5:00配信(日曜だけ休刊)
最新号 2018/10/22
部数 2,244部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

最近の記事

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング