短縮版メルマガ「暮しの赤信号」

メルマガ「暮しの赤信号」号外!◆お待たせ~っ!本邦初、実話・食卓の事件簿「第5巻」の完成です。70数編の声と~


カテゴリー: 2010年03月19日
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

         メルマガ「暮しの赤信号」号外!
               2010.3/19(金)
             夕方6:00配信


            こんにちは。
           山田博士(ひろし)です。


   ┌──────────────────────────
      │
      │                     ふふふ、
   │ ★「実話・食卓の事件簿」の5巻目が完成しました!★
      │
    │    下記で、表紙と目次あたりを少しだけ、
   │     ご覧いただけるようにしました。
      │
      │       「実話・食卓の事件簿」第5巻
    │      → http://bit.ly/9BTj2o (サンプル版)
      │                 
   │ よくもまあ、ぼくもこれだけのお返事を書いたもの(笑)。
      │
   └──────────────────────────


       今回は少し趣(おもむき)を変え、
        読者の声とぼくからの返信を
       全部で70数編、ズラリ並べました。
         どうです、このボリューム。


  「量が質に転化する瞬間」とは、まさにこのことかも?(笑)
              先着30名のかたには、
         今回も超豪華な「おまけ」つき!


                     http://yamadainochi.com/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■




改めましてこんにちは。
山田博士です。


狭い畑で、コマツナがたくさん育ちました!


葉っぱが厚く、緑色が濃く、見るからに旨(うま)そうで、もう、
畑にしゃがみながら、そのまま大きな口を開けてかぶりつきたいほ
ど可愛い……(笑)。


春って、凄(すご)い力を持っているんですね。
そして、土の微生物たちの力はなんとも凄い。


とても人間の比じゃありません。
まあ、比べること自体が無意味なんですが……。


こんな春に浮かれながらも、ぼくは読者のかたの顔を思い浮かべて、
原稿をまとめていました。
つまり、今回のこの「実話・食卓の事件簿」第5巻のことです。


これは、いままでの読者の声にぼくがお返事を差し上げたものなん
ですが、今回は、前巻までとは大いに異なり、一挙、「74編」を
ズラリとお載せすることにしました。


全部で、155頁!
復唱してみて下さい。155頁ですぞ。
これはもう悪漢……じゃなかった、圧巻です。


これだけの内容を、こんなに安価で楽しく読め、しかもご家族を救
うぼくの言葉が満載だなんて、もしぼくが読者だったら、山田さん
に感激して、きっと即、「一回り大きなお歳暮でもお中元でも」贈
る気になるかもしれない(冗談です、冗談ですってば。実際に贈っ
て来てはいけません。笑)。


このように、「手紙形式で、こんな内容を優しく述べたもの」など、
この広い世界をグルリと見渡しても、きっとどこにもないはず。
今回もどうぞ、皆さんからのお便りを、首を長くして、背伸びまで
して待っております。


             ★ ★ ★


ところで、この「実話・食卓の事件簿」全5巻。


これはもう、ご存じのかたはご存じで……(笑)。
でも新しい読者のかたは、さてさて、こりゃ何じゃらホイですよね。


この内容は、下記でご案内するように、これをすでに読んだかたの
熱い声や、見本を紹介しましたので、きっとお分かりになることで
しょう。


この「実話・食卓の事件簿」は、ふだん皆さんが常に疑問に感じて
いらっしゃる内容を、「読者への手紙」という「楽しい形」にして
ズラリまとめたものです。


こんな分かりやすいことって、ありますか。
ほかの書物ではとても、現すことなど出来ません。


これらを各巻揃えれば、マスコミも伝えない具体例満載の「いのち
運転百科事典」となります!
今後も続けて執筆するつもりです。
現在は、今回のものも含め、第5巻まで出ております。


「実話・食卓の事件簿」は、マスコミがけっして言おうとしない事
実を商品名、企業名も含め、100%、皆さんにお知らせしたいた
め、この世に存在しています。


そして、あの「月1万~」でカバー出来なかった部分も、この中に
はあちらこちらに詰められております。


まあ、ぼくがとやかく「口角泡(こうかくあわ)を飛ばす」より、
いつものように読者の皆さんの、熱くて優しい声をどうぞお聴きあ
れ……。


そのあとに、今回も、見本として少しご紹介しました。
これを読むだけで、この内容が垣間見えるのじゃありませんか。


それでは、読者の声から、ささ、どうぞ……。






------------------------------

             ★読者の声★

(今回、時間がなかったため、急遽、前回のものをお載せしました)

------------------------------
   漢字や送り仮名などの文体は、ほぼそのままです。一部省略。
       イニシャルは、姓名の順になっています。
         【例:美空ひばり→ M.H】



■ご連絡が遅れましたが、17日に「実話・食卓の事件簿」を間違
 いなく受け取りました。すごいボリュームにびっくりしました。
 少しずつ読んでいきたいと思っております。また、山田先生から
 の言付けもありがとうございました。子どものおやつのレシピも
 紹介していただけると……。
(K.Eさん、佐賀県佐賀市、女性、45歳、作文・小論文添削)

■いろんな手で知らさなければ、コンビニで育った母親から生まれ
 てくる子供たちを考えるとぞーとします。世間に広く知らせるた
 め、もっと大きな影響を与える方法を考えたいもの。政治的手法
 が必要です。応援しています……。
   (O,Kさん、兵庫県宝塚市、男性、66歳、無職)

■解(わか)りやすい食の安全の情報を、ありがとうございます。
 お客様への情報提供に使わせて頂きます……。
  (K.Kさん、徳島県藍住町、女性、57歳、薬局経営)

■先日、「実話・食卓の事件簿」を送って頂いた際、コメントをも
 らった者です。気持ちのゆるみっぱなしの私ですが、自己嫌悪に
 陥ることもあります。でも、山田先生のコメントを読んで、なん
 だか温かい気持ちになり、元気がでました。子どもも最近はいろ
 いろと聞いてきます。メールを励みに頑張ります……。
  (H.Sさん、埼玉県大利根町、女性、38歳、主婦)


            ★ ★ ★


いかがですか。
皆さんの声……。


下記で、この「実話・食卓の事件簿」各巻の内容を、簡単な見出し
にして「索引」にしています。


この索引を見るだけで、内容のすごさが分かるじゃありませんか。
まあ、ぼくも、よくもこれだけ書いたもの。
各巻が7万文字から10万文字もあります。


食や教育や育児や環境や料理や生きかたや老後など、さまざまなご
質問に、企業名や商品名なども入れて、いまの一番新しい答えを載
せた具体例満載の内容です。


下記で、「本文の一部を内容見本として」皆さんに、ご覧になって
いただきます。


きっと、皆さん、「なるほど、本当はそうだったのかあ!」と心の
中で膝(ひざ)を叩かれるのじゃありませんか。


最初にお載せする第5巻だけは、いまやっと出来上がったばかりで
すので、「もくじ」をズラリとご紹介しましょう。


おっとと……、まだ倒れるのは早いですよ(笑)。






──────────────────────────────

           今度完成したばかりの、
           第5巻の「もくじ」

★これらすべてに、ぼくからの楽しい(?)お返事がついています!
 具体例満載の家族を救う「いのち運転百科事典」となりますぞ。

──────────────────────────────
                        (全74編!)


はじめに/
  量が質に転化する「素敵な瞬間」を、どうぞお楽しみ下さい(笑)


1.カプセルの風邪薬に黄色5号が使われていて、1歳から大人ま
  で使えるという麦門冬湯入り咳止めシロップには、安息香酸ナ
  トリウムが……
         (Y.Kさん、愛知県豊橋市、女性、37歳、主婦)

2.内科医で処方してくれる薬も効果なく、むしろ胃がおかしく
  なったり視力が極端に落ちたりするだけです……
     (S.Hさん、宮崎県宮崎市、男性、63歳、アルバイタ)

3.これはと思ったことは直ぐに実行し、……おかげさまで風邪を
  引くことも無く元気一杯毎日過ごしております……
          (K.Mさん、静岡県浜松市、女性、49歳、主婦)

4.豆腐を手作りするとこんなにも味が違うのかとびっくり! 子
  供が夢中になってあっという間に平らげてしまいます。もう市
  販の豆腐は食べられません……
             (H.Mさん、北海道、女性、42歳、農業)

5.食事の内容は、以前よりず〜っとシンプルになってきましたが
  まだまだです……
         (S.Mさん、静岡県静岡市、女性、59歳、無職)

6.「水の作り方」は目からうろこでした……
         (M.Sさん、神奈川県横浜市、女性、30歳、無職)

7.のんびり屋でスローでルーズな性格ですから、いまだに“暮し
  の赤信号”を読破しておりません……
          (H.Mさん、愛知県新城市、男性、61歳、自営)

8.忙しいからこそ、簡単で楽しく身体に優しい食事を作るために
  レシピを活用したいと思います……
           (U.Rさん、埼玉県蕨市、女性、36歳、主婦)

9.それなのに、たま〜にジャンクフードが食べたくなるんですよ
  ね……
  (O.Mさん、東京都武蔵野市、女性、46歳、インテリアデ
   ザイナー)

10.我が家の総書記(←戸籍上の家内)への抵抗の意味で、今年
   は田畑には寝転がりにしか行かないぞ、と堅く決意したので
   すが…
  (N.Tさん、鹿児島県大崎町、男性、60歳、農業&自動制
   御技師)

11.現在高校2年生の息子を持つ母です。自宅で過ごすのも今年
   1年。食生活をしっかり伝えたいと……
         (M.Yさん、長野県長野市、女性、49歳、主婦)

12.お芋じゃだめですかね……
         (M.Tさん、東京都町田市、女性、67歳、翻訳)

13.ガストとマクドナルドから別れられてないのですが……
         (Y.Kさん、愛知県豊橋市、女性、37歳、主婦)

14.女子高生が主人公でとても読みやすそうなので、又、子ども
   に読んでもらおうと……
         (M.Nさん、香川県高松市、女性、48歳、教師)

15.近所の畑のおじさんに声をかけたくてもなかなかかけられず
   にいます……
        (T.Mさん、神奈川県横浜市、女性、38歳、主婦)

16.ドラックストアで鼻炎用の薬を購入したら、成分に黄色5号
   や、ラウリル硫酸Naが入っていました……
   (M.Mさん、東京都世田谷区、女性、43歳、派遣[事務])

17.先日、久し振りにファミレスで食事をしたら、味がとても濃
   く感じました……
         (I.Eさん、岡山県岡山市、女性、19歳、学生)

18.私がお世話をさせて頂いている、クライアントさんの状況を
   見るにつけ……
            (S.Mさん、USA、女性、57歳、介護)

19.「月1万少々〜」に書いてあるレシピで包丁を持つようになっ
   て、体の調子と頭の回転ともに好調になりました…
     (U.Sさん、大阪府大阪市、男性、30歳、フリーター)

20.日本にいる頃から食には気を遣ってきましたが、何処に暮ら
   しても、商業用クッキングは儲けるためのからくりがあるん
   ですね……
      (T.Mさん、オーストラリア、男性、37歳、調理師)

21.最後の晩餐に食べるなら、間違いなく自分の選んだ食材で、
   本物の調味料を使って調理した料理と答えます……
      (I.Nさん、兵庫県宍粟市、男性、44歳、会社員)

22.家にもひろちゃんがいます……
        (K.Mさん、神奈川県横浜市、女性、49歳、自営)

23.メルマガも紹介したいのですが、まず本人の承諾をとらない
   と「今すぐ」紹介というのは難しいかも……
      (K.Mさん、東京都武蔵野市、女性、47歳、自由業)

24.毎回個人情報を入力しておりますが、活用目的などをお聞か
   せいただければ幸いです……
        (M.Kさん、愛知県豊田市、男性、42歳、会社員)

25.畑を見よう見まねで始めて、早1年が過ぎました……
         (I.Aさん、千葉県勝浦市、女性、50歳、無職)

26.昨年はコンビニ弁当利用0回達成です。ヤッター!
       (K.Yさん、東京都北区、男性、44歳、地方公務員)

27.お話にはいつもはっとさせられる事が多いです……
        (K.Kさん、秋田県秋田市、女性、57歳、自営業)

28.これほど長くに渡り発信し続けていただき、本当にありがと
   うございます
            (O.Kさん、アメリカ、女性、41歳、主婦)

29.もっと多くの方に、このメルマガを紹介したいのですが、み
   んなそれぞれに信じこんでいる常識が違うので……
         (T.Kさん、東京都中野区、女性、46歳、自営)

30.現在は、地元の成人向けのクラスで“和食”を教えておりま
   す!!
        (K.Tさん、オーストラリア、女性、40代、主婦)

31.佐久市にて行われた講演会へ参加し、ナマ山田先生のお話を
   有難く聞かせて頂きました!
        (W.Aさん、長野県上田市、女性、33歳、自営業)

32.今年の花粉症は、少し楽なような気がします……
         (S.Tさん、愛知県豊橋市、女性、44歳、会社員)

33.楽なほうに流されそうになっている自分に気づきます……
         (H.Kさん、長崎県大村市、女性、30歳、主婦)

34.今年から(夫に)お弁当を持たせる事にしましたら、夫の機
   嫌が心なしか良くなったような気がします(笑)……
       (K.Yさん、愛媛県松山市、女性、34歳、専業主婦)

35.自分で料理する素晴らしさを体験しております……
        (U.Yさん、北海道苫小牧市、男性、67歳、無職)

36.メルマガ、紹介したいのですが、紹介したい方に限ってパソ
   コン環境が整っている方が少ないので……
         (O.Sさん、宮城県仙台市、女性、34歳、会社員)

37.魚の養殖には驚きました。家族に、魚の危険性を伝えました、
   食事中に……
         (I.Aさん、宮城県仙台市、女性、35歳、会社員)

38.昨年暮れから3ケ月、やっと決算、親の介護から解放されま
   した……
         (U.Tさん、広島県尾道市、男性、62歳、会社員)

39.いのち運転教習所の1級の講習はあるのでしょうか……
       (F.Tさん、北海道帯広市、男性、52歳、会社役員)

40.妻から、あなたは濡れ落ち葉にはならないと言われておりま
   す……
       (O.Mさん、千葉県習志野市、男性、51歳、会社員)

41.「体は食べた物でつくられる」をテーマにこころと体の健康を
   伝えています……
       (K.Kさん、徳島県藍住町、女性、59歳、薬局自営)

42.1000回ありがとうございます……
      (O.Sさん、山形県庄内町、男性、56歳、歯科医師)

43.もう十年二十年来のお知り合い…のような気分です……
        (T.Mさん、東京都目黒区、女性、34歳、会社員)

44.父親一年生の自分も含めて、母親一年生の妻と一緒に、勉強
   &実践していきたいと思っています……
     (M.Tさん、宮城県西都市、男性、29歳、理学療法士)

45.化学調味料の味がよくわかるようになってきました……
      (T.Kさん、神奈川県横浜市、男性、41歳、会社員)

46.先日の養殖魚の網についての話題、驚きました……
       (E.Mさん、埼玉県鶴ヶ島市、女性、31歳、主婦)

47.なかなか自分で包丁を持つことが出来ません……
       (M.Kさん、北海道札幌市、男性、53歳、会社員)

48.いよいよ本物が試(ため)されるときになりました……
       (S.Mさん、宮城県富谷町、男性、57歳、会社員)

49.過去に(メルマガを)友人一名に紹介したら、読むと何も食
   べられなくならからと言われてしまいました……
       (S.Hさん、アメリカ合衆国、女性、51歳、無職)

50.今日もお昼に大好きな切干大根のはりはり漬けを食べたとこ
   ろです……
       (K.Sさん、アメリカ合衆国、女性、34歳、主婦)

51.色々と食について考える機会が増えました……
          (I.Mさん、イタリア、女性、35歳、主婦)

52.めったに外食はしませんが、付き合いでせざるを得ないこと
   があり、参考にさせて頂ければ……
          (H.Yさん、カナダ、女性、46歳、研究者)

53.音声「生録30分!」第4回の内容、とても気になります……
      (T.Mさん、東京都江戸川区、男性、43歳、会社員)

54.このたび、子どもが親元を離れ、進学しました。まないたと
   包丁は、買って持たせました……
  (M.Mさん、北海道釧路市、女性、49歳、主婦兼アルバイト)

55.かみさんにデパートの惣菜でごまかさないように言ってます
   ……
       (K.Fさん、東京都中央区、男性、54歳、自営業)

56.最近では、飲み物は家で作って『マイ・ポット』(保温用ポッ
   ト)で持ち歩いています……
      (I.Hさん、東京都江東区、女性、44歳、団体職員)

57.先日のサークルにメルマガをもって行って見せたところ、み
   んな興味津々で、特に中の一人はメルマガをとる!といって
   いました……
       (E.Mさん、埼玉県鶴ヶ島市、女性、31歳、主婦)

58.世の中には、ほんとうのことを知らないとこんなに怖い事実
   があるのかと……
        (T.Kさん、石川県金沢市、男性、50歳、鍼灸師)

59.夫には感謝の気持ちを込めて毎日手作りのお弁当を持たせる
   つもりです……
          (H.Cさん、イギリス、女性、38歳、学生)

60.「笑え暴走食」はラミネートカバーをかけて、色あせしない
   ようにして……
   (K.Kさん、アメリカ、女性、48歳、学生、パート、主婦)

61.早朝からのメルマガ、何時も熟読しています……
       (K.Hさん、富山県滑川市、男性、72歳、自営業)

62.最初のうちは薄い、甘さが遠いとかさんざん言われましたが
   蟻(あり)の歩みのごとく頑張りたいと……
        (M.Hさん、愛知県刈谷市、女性、51歳、パート)

63.調理しながら食材と対話すれば、おいしい料理が出来ること
   も分かってきました……
       (O.Mさん、千葉県習志野市、男性、51歳、会社員)

64.自分の体なのに、もうすっかり、食の麻薬に侵されてしまっ
   ている人たち……
        (I.Nさん、兵庫県宍粟市、男性、44歳、会社員)

65.2人の子供たちは、自分で料理を出来るように育てました……
       (O.Cさん、千葉県松戸市、女性、44歳、会社員)

66.たまに揚げ物をしますが、その際に残る油について教えてく
   ださい……
       (I.Yさん、神奈川県横浜市、女性、43歳、自営業)

67.メルマガ、すぐには読めませんが、必ず読んでいます……
      (S.Rさん、静岡県浜松市、女性、42歳、家事手伝い)

68.でも夫はカナダ人なので、いくら私が頑張っても、パン食は
   断ち切れそうになさそうです……
            (S.Nさん、カナダ、女性、38歳、会社員)

69.そんな時に、グッド・タイミングで、今回の無料レポート!!
         (K.Mさん、福岡県福岡市、女性、51歳、主婦)

70.これからの日本を背負っていく若者たちにも伝えていけたら
   と思っています
        (W.Nさん、愛知県名古屋市、男性、41歳、教師)

71.山田先生の書かれた文がタダなんて、申し込まない理由があ
   りませんよね〜!
   (O.Cさん、愛知県岡崎市、女性、39歳、主婦 兼 自営業)

72.「外食よりも内食がいいね」と話しているところでした……
       (M.Tさん、宮崎県西都市、男性、29歳、理学療法士)

73.10年以上の友人である整体師に、山田さんのメルマガを紹
   介しました……
         (S.Hさん、福岡県福岡市、男性、38歳、無職)

74.4歳の娘にも、効果が出て来たようです……
        (O.Mさん、愛知県名古屋市、女性、38歳、税理士)

あとがき/
  「実話・食卓の事件簿」を各巻ズラリ揃えると、具体例満載 の
  「いのち運転百科事典」になります!



★どうです。
 おっとと……倒れないで下さい。
 出版物ではけっして手に入らない具体例満載の「実話・食卓の事
 件簿」。

 下記では、既巻の第1巻から第4巻の内容をご紹介しています。

 もう、これらがないと、毎日が眠られなくなるという声を……い
 ただいたか、いただいていないか、これからいただくか、……と
 いう事態になっております(笑)。

 こんなものを皆さんにご紹介するのは、いまだけかもしれません。
 ぼくも、時間がなくなり、いつまでこうして皆さんにこうした号
 外をお出しできるか分かりません。

 ぜひいまのうちに、お手にしておいて下さい。
 さあ、各巻の内容を、下記でどうぞ。






------------------------------

          ★「実話・食卓の事件簿」★
         第1巻~第4巻(全4巻)の索引

       以下の見出しは実際の見出しじゃなく、
         内容が一目で分かるように、
    簡単なものに作り替えて分かりやすくしたものです。

------------------------------
      この索引だけでも、内容がよく見えるじゃありませんか。



    -----------------------
                ★第1巻★
    -----------------------
                      (約9万文字)


はじめに いのちの偽証情報で、翻弄(ほんろう)されないために 
                           (1巻7頁)

1.映画「スーパー・サイズ・ミー」にみる日本のマスコミ事情
                          (1巻15頁)
2.ソーダを飲むと、すぐにハイパワーになる女の子の話(1巻18頁)
3.1日に100gの砂糖で、心臓発作が5倍になります(1巻20頁)
4.ニコチンの7~8割が肺から吸収され、血液を回るんです
                          (1巻23頁)
5.カップめんの増加と増える若者の脚気病をどう見る?(1巻26頁)
6.化粧品と黒皮症の関係に、どうか思いを馳せて下さい(1巻28頁)
7.牛や豚が、これだけも屠場で捨てられているんです (1巻31頁)
8.企業城下町の日本とは、いったい何なのでしょう    (1巻35頁)
9.いまの時代の「親の背中」は、これを見せることです(1巻36頁)
10.無脳症の増加が、ぼくの活動のきっかけでした   (1巻38頁)
11.ネフローゼ症候群って、いったい何なの?     (1巻41頁)
12.単身赴任中の夫は、コンビニ食中心です。どうしたらいいので
  しょう                      (1巻43頁)
13.海外に出て初めて、日本の食の危険性を知りました (1巻46頁)
14.子どもたちも少しずつ変わってきました!     (1巻48頁)
15.添加物は体温を下げるんです。なんと36度Cで、アレルギーに
  ……                                            (1巻50頁)
16.相手が変わるのを待つより、自分を変えるほうが早いんです
                          (1巻52頁)
17.例の黄色4号を食べたら、膝の裏が痒くなりました (1巻54頁)
18.ガンで亡くなった若い作家の話          (1巻57頁)
19.「いい食生活」を手に入れるのに、お金など不要です (1巻59頁)
20.前立腺腫瘍の増加と、環境ホルモンについてぜひ    (1巻62頁)
21.ぼくが週刊誌に書いた記事に、業界がクレームを付けてきました
                          (1巻64頁)
22.ニチレイがこっそり回収した、中国からの輸入冷凍エビ
                          (1巻66頁)
23.2004年に、この大手パン会社が、再び「毒物の臭素酸カリ
  ウム」入りパンを発売し始めたんですよ。その名前は(1巻69頁)
24.原猿類から人類へと歩いてきた先祖から学ぶこと  (1巻71頁)
25.カップめん業者の話す本音を、ふふふ、どうぞお聞き下さい
                          (1巻73頁)

あとがき 「実話・食卓の事件簿」を各巻揃えれば、どこにもない具
     体例満載の「いのち運転百科事典」になります!
                                                    (1巻76頁)




    -----------------------
                ★第2巻★
    -----------------------
                      (約7万文字)


はじめに ここで紹介している熱い声を読んでいると、いま生きてい
     る社会がまさにここに反映しているなあ、なんて思ってし
     まいます                   (2巻6頁)

1.体に入った毒物を体外に排出するいい方法をお教えしましょう
                                                     (2巻8頁) 
2.魚を食べるときの注意点を一つ。こんな対策、本当は寂しいので
  すけれど……                                    (2巻11頁)
3.外国人が連れ合いの場合は、食をこうして下さい    (2巻15頁)
4.青菜をゆがくときは、ここを注意しないと無意味になります
                            (2巻17頁)
5.日本人の3人に1人が、慢性頭痛持ちなんですよ    (2巻20頁)
6.地下水は注意して下さい。アルミナベにもご注意を (2巻23頁)
7.ポテトを高温で揚げるときに生じるアクリルアミドは、「2A」
  の分類なんですよ                                (2巻27頁)
8.お金持ちの「料理家」に惑わされないようにね      (2巻29頁)
9.牛乳の問題点を一つ……                          (2巻31頁)
10.牛乳がアレルギーを起こすカラクリとは……    (2巻34頁)
11.安息香酸を止めたら、81%の子どもにいい影響が…(2巻36頁)
12.明治時代の「女学雑誌」にすでに出ている肉礼賛記事(2巻38頁)
13.納豆の容器に、留意していましたか        (2巻39頁)
14.家族を変える「いい方法」とは、これです          (2巻42頁)
15.風邪を引かなくなりました、といううれしい声   (2巻44頁)
16.ハッピーシート「笑え! 暴走食」を、バス停に貼ってみます!
                          (2巻46頁)
17.「紙おむつ」の開発者が、自分では布おむつを使ってます
                          (2巻48頁)
18.最近、病院での検査結果が良くなりつつあります  (2巻51頁)
19.GHQが日本から去ったあと、本当は学校給食の「パンと牛乳」
  は止められたんですよ。でも……                  (2巻53頁)
20.お金を払うときにこそ、頭を下げて下さい          (2巻55頁)
21.怒りたい内容を、とことん笑顔で話したい          (2巻57頁)
22.効率的「食器洗い法」を少しばかり……            (2巻59頁)
23.日本人のいのちを少しでも良くしようと考えている外国企業な
  ど、いるはずがありません                        (2巻62頁)
24.「早朝生活」を完全に実行するコツを一つ……       (2巻64頁)
25.多食をしないことが他者のいのちを救い、しかも自分自身をも
  救うんです。なぜなら……                        (2巻66頁)

あとがき ぼくたちの人生には、「いつか」という日はありません
                                                    (2巻68頁)




    -----------------------
                ★第3巻★
    -----------------------
                     (約10万文字)


はじめに この「実話・食卓の事件簿」で、あなたの人生が素敵な舞
     台になりますように              (3巻2頁)

1.待った!そのタンパク加水分解物。化学調味料の替わりにいま
  盛んに使われ始めたこの調味料の実態とその怖さはこれです
                           (3巻14頁)
2.ソルビン酸は、膠原病(こうげんびょう)の原因です。免疫を下
  げますしね                   (3巻17頁)
3.マイ包丁と、マイお箸を持ちましょう!      (3巻20頁)
4.外食する場合、子どもにメニュを渡してはいけません(3巻23頁)
5.神が人間に与えた酒は、炭素が二つ付いたエチルアルコールだけ。
  なんか面白いですね                              (3巻25頁)
6.乳資本の言葉に踊らされないで下さい。乳製品はカルシウムを体
  から奪ってしまいます                            (3巻27頁)
7.おせち料理に使われているすごい添加物とは……  (3巻29頁)
8.植物油のトランス脂肪酸に、アトピーのかたはとくにご注意を
                          (3巻32頁)
9.生協のチラシにすら、本当のこと(それが「冷凍イモ」だと言う
  こと)が書かれていません。自分の目を磨いて下さい(3巻34頁)
10.肉を強制されたとき、こう言いましょう            (3巻37頁)
11.メルマガをプリントしてマーカーで色を付け、トイレに貼って
  家族に見せているかたのお話                      (3巻39頁)
12.30年前、企業たちがぼくに何を言っていたかお分かりですか
                          (3巻41頁)
13.アトピーのかたへ。皮膚疾患と農薬の大きな関連が、最近分か
  りました。それは……                            (3巻44頁)
14.イギリスでは、こうして一番大きな小児病院が立ち上がったん
  です                                            (3巻47頁)
15.空腹と腹八分を交互に体験して下さい。交感神経と副交感神経
  のバランスがこうすると保てます                (3巻49頁)
16.すべての科学は「仮説」なんです。鵜呑(うの)みにしないよ
  うにして下さい                                  (3巻51頁)
17.食事は、栄養補給と同時に、楽しみでなくてはいけないんです
                          (3巻54頁)
18.「紙おむつ」の使用は、わが子をキレさせます       (3巻57頁)
19.家計費の中での「医療費」をご覧下さい。それが……(3巻60頁)
20.街の料理教室で、こんな「手作り料理」を習っても、何の意味
  もありません                                    (3巻62頁)
21.日本は、バーゼル条約の修正案を批准(ひじゅん)していない
  んです                                          (3巻65頁)
22.いまさらですが、合成洗剤と固形石けんの違いとは…(3巻67頁)
23.ドライブするときに、気を付けること       (3巻72頁)
24.イライラしなくなったのはなぜなのでしょう        (3巻75頁)
25.こうすると、玄米のアミノ酸のバランスが非常に良くなるんで
  すよ。しかも美味しくて……                      (3巻79頁)

あとがき いつものぼくの文体で、優しく語りかければなあ、と思い
     ました                                   (3巻83頁)




    -----------------------
                ★第4巻★
    -----------------------
                     (約11万文字)


はじめに 世の中、実話ほど、胸を打つものはありません。ぼくか
     らの楽しいお返事文で、暮らしの疑問点が氷解します。
     今日からできる具体策が満載

1.麻薬成分に甘味料を混ぜた、お菓子のような名前のドラッグが
  出回っています。その名前は、「ストロベリー・クイック」、
  「チーズ」……
2.小豆や大豆を使ってこうするのもいいし、あるいはこんな食べ
  かたもあります
3.玄米にはフィチン酸が含まれており、これが体内に入った毒素
  だけでなく、ミネラル分まで排出する、とのことですが……
4.ぼくは、観光地の土産物店では、食べものは絶対に買いません。
  なぜなら……
5.中国人はホウレンソウを食べないんですよ。なのに、日本にそ
  れを作って輸出している。おかしいと思いませんか
6.ぼくは、何か商品を求める場合、まずその企業の過去を見ます。
  すると、企業の顔が見え、商品の答が見えて来るんです
7.たとえ、有機農産物の漬け物やお浸しの場合でも同じです。こ
  の食べ合わせでは、胃の中で発ガン物質が生まれるんですね
8.お寿司には砂糖がほしいけれど、砂糖のかわりに何を使ったら
  いいのか、についてのお答えです。ぼくはこうして……
9.日本国内で豆腐を作る場合も同じなんですが、粉末のにがりは
  あまりお薦め出来ません。これを使ってみて下さい
10.中国は、今後、水問題が極めて深刻になるでしょうね。農業に
  も工業にも、本当は「いい水」が必要なんです
11.生態系をちょっと見てみますと、多様な生きものたちが存在
  することこそが、ぼくたち人間に必要な食べものを供給してく
  れる大きな条件なんですね
12.患者たちは年齢を重ねるごとに、いろいろな病気が合併症と
  して併発します。その意味で、日本人の体験した貴重なことを、
  ベトナムの人たちにもぜひお話ししたい  
13.このタミフルが効かないインフルエンザウイルスが、200
  8年、欧米やアフリカなどで高い確率で見つかっています
14.食事制限をしているアトピーの娘から、「下校時に友人とファ
  ストフード店に行けない気持ちが父に分かるか」と言い返され
  ました

            (以下、略……)






------------------------------

     ★「実話・食卓の事件簿」の割引価格と、期間★

          それに、お求め方法

------------------------------


★今回の割引価格


 さて、こんなに素敵でものすごい内容の「実話・食卓の事件簿」。
 いったい価格はおいくらだとお思いです?(笑)。
 ふふふ、○○万円です……なんて冗談は言いません。


       ┌-------------------------
       |
       |
       |         ★読者限定の、割引価格★
       |
       |
       |  どれか1巻→ ふだんは3300円→ 2300円
       |
    |  合計2巻 → ふだんは6600円→ 3200円
       |
       |   合計3巻 → ふだんは9900円→ 3800円
       |
       |   全4巻 → ふだんは13200円→ 4800円
       |
       |   全5巻 → ふだんは16500円→ 5800円
       |
    |(全5巻の場合だと、ふだんの価格のほぼ三分の一ほどの
    | 価格となっています! この期間にぜひどうぞ)
       |
       └-------------------------



★今回の提供期間


       ┌-------------------------
       |
    |      3/19(金)~3/25(木)
       |
       |(ただし先着30名のかたには、超豪華な「おまけ」を
    | プレゼント。お楽しみに。笑)
    |
       └-------------------------



★お求め方法


 ご希望のかたは、パソコン画面の上部にある「返信」ボタンを押
 して下さい。そうすると、下記の欄に記入出来るようになります。


 記入が終われば、そのまま画面上部にある「送信」ボタンを押し
 て下さい。
 それだけです。
 各スタンドじゃなく、当方にまっすぐ届きます。


 返信じゃなく、当方にメールをされる場合は、下記の同じ項目を
 すべてコピペして、下記アドレスまでどうぞ。
          → office◆yamadainochi.com
        (上記の◆を、半角の@に替えて下さい)

    
 下記の連絡があり次第、「送金額と送金先をメールで」お知らせ
 しますので確認していただき、その後、ご送金下さい。


 入金の確認次第、ご希望の巻をメールで送信します(PDF版に
 なりますので、必要な場合はプリントアウトして保存して下さい)。   


 この「実話・食卓の事件簿」が、あなたの人生を力強く、しかし
 ソッと後押しできれば、うれしい限りです。
 ご連絡、お待ちしています。
  お元気で。






------------------------------
1.件名:「実話・食卓の事件簿」(PDF版)を希望します

2.希望の巻名:(以下の番号を→    )
        1.第1巻
        2.第2巻
        3.第3巻
        4.第4巻
        5.第5巻
        6.合計5巻(1巻~5巻)

3.「事件簿」申込日:2010年3月  日

4.お名前(漢字とフリガナ):

5.ご住所:
      (都道府県と市町村名だけで結構です。外国は国名だけ。
       例:神奈川県横浜市、福井県若狭町、東京都世田谷区、
       イタリアなど)

6.お電話:

7.性別:

8.年齢:

9.ご職業:

10.このメルマガの読者ですか:(以下の番号を→     )
                 1.はい  2.いいえ(一般価格となります)

11.このメルマガの読者歴(約何年何か月):

12.受信するメールアドレス:

13.送金方法:(以下の番号を→      )
   1.銀行送金(銀行口座が変更しています)
   2.郵便振替送金
   3 カード利用(全5巻、それに各巻がご希望の場合)

14.送金予定日:

15.お持ちの資料の番号をご記入下さい:(以下の番号を→     )
        0.どれも持っていない 
    1.「月1万少々の食費で、ザクザクと健康を稼ぐぼくの方法」
    2.小冊子&CD-ROM版「暮しの赤信号」
    3.「いのち運転教習所」テキスト(受講されたかた含む)
    4.「いのちの福袋」
        5.「山田博士生録30分!」
    6.「実話・食卓の事件簿」 
    7.「外食店の裏側!」 
    8.小説「セーラー服と警察犬」
    9.「山田語録」
    10.ハッピーシート「笑え!暴走食」
    11.音楽CD「親でも言えない話」
    12.「ヤクルトホール講演会ライブ録音!」
    13.著書「脱コンビニ食!」
    14.著書「最新 危ないコンビニ食」
    15.著書「外食店健康度ランキング」
    16.そのほかの著書

16.山田へひとこと:



------------------------------














本誌のバックナンバーはこちらからどうぞ(右側に並んでいます)
        → http://blog.mag2.com/m/log/0000141214/
 
本誌の登録・解除はこちらから
        → http://www.mag2.com/m/0000141214.htm

短縮版メルマガ「暮しの赤信号」

RSSを登録する
発行周期 毎日早朝5:00配信(日曜だけ休刊)
最新号 2018/10/20
部数 2,244部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

短縮版メルマガ「暮しの赤信号」

RSSを登録する
発行周期 毎日早朝5:00配信(日曜だけ休刊)
最新号 2018/10/20
部数 2,244部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

最近の記事

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング