短縮版メルマガ「暮しの赤信号」

メルマガ「暮しの赤信号」3/11(木)1089◆豆腐のどこにも、「抗生物質使用」だなんて書かれていません


カテゴリー: 2010年03月11日
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

         ★ニッポン人の心と体を救う!★


>>>        メールマガジン「暮しの赤信号」
                (月木の早朝5時に発行)

         2010年3月11日号(木)
             No.1089

         発行人/山田博士(ひろし) 
    [まぐまぐ、メルマ、MDHの合計、8300部発行]

            http://yamadainochi.com/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
『脱コンビニ食!』(平凡社新書)などの著者で、食生態学者(米
国イオンド大学名誉教授)の山田博士(ひろし)が配信。食べもの
だけでなく、人としての生きかたを考えます。なんともユーモラス
な文体が人気のようで……。[まぐまぐの、殿堂入りマガジンです]


   ★ご注意:まぐまぐからの配信で、このメルマガを読ま
   れているかたへ。ヘッド上にある「PR」は、まぐま
   ぐが載せているものですのでご了承下さい(事務局)。




           やあ、いらっしゃい!
         今日もお逢いしましたね。
            うれしいです。

         地球という星を平和にしたい。
   そして子どもたちの頬に流れる涙をストップさせたい。
       ぼくはいつもそれを望んでいます。
 そのために、「食べもの」が人を180度変え、家族を変え、
     文明を変え、歴史を変えてきた、重大な事実を、
          ぜひ知ってほしい……。


                       

             ★目次★


【1】お知らせ

    最近、とうとう子供までが、「これ、アミノ酸入ってない?」
    と言い始めました。最近、タンパク加水分解物が多いんで
    すが、これ、どんなものでしょうか?

    ……という読者などからの手紙へ、ぼくからの返事をズラ
    リ並べた先日の号外、ご覧になりました?


【2】山田博士のメインディッシュ~~お役立ちエッセイ~~
         
    豆腐のどこにも、「抗生物質使用」だなんて書かれていま
    せん(笑)。


【3】設問です!


【4】あなたからのお便りと、ぼくからの誌上返信
   イニシャルは、姓と名の順です(例:美空ひばり→M.H)

    ■No.718
     私も山田様のような活動をしたいものです……
       (U.Mさん、栃木県都賀町、男性、50代、教員)

    ■No.719
     お昼のお弁当持参(おにぎりと味噌汁)の回数が、増え
     つつあります……
      (K.Yさん、神奈川県川崎市、女性、43歳、団体
      職員)






------------------------------

              ▼お知らせ▼


  最近、とうとう子供までが、「これ、アミノ酸入ってない?」
  と言い始めました。最近、タンパク加水分解物が多いんで
  すが、これ、どんなものでしょうか?

       ……という読者などからの手紙などへ、
      ぼくからの返事をズラリ並べた先日の号外、
           ご覧になりましたか。

     この「実話・食卓の事件簿」第1巻~第4巻は、
            読むだけで、面白い。


------------------------------



こんにちは。
山田博士です。


歌を忘れたカナリヤ。
……じゃなかった、手袋を忘れたぼくは、駅からの帰り道、もう泣
きそうになりました(笑)。


一昨日の夜、東京地方は粉雪が舞い、軟弱なぼくなど、ただただ震
えるばかり。


でも、狭い畑で育っている野菜たちは、カレンダーをまるでのぞい
たかのように、3月の声を聞いたとたん俄然元気が出たきたようで
す。


彼らは真冬の間はコチンコチンのコチンだったのに、早朝に立ち
寄ってみると、開けた両手を大空に真っ直ぐ突き上げて、大きく背
伸びをしていました(笑)。


恋しい恋しい春も、もうすぐです。
皆さんのお住まいの地域も、きっとそうなのでしょうね。
この季節、お体には、十分、留意して下さい。


            ★ ★ ★


さて、表題に上げた先日の号外では、ぼくの作品である「実話・食
卓の事件簿」第1巻~第4巻をご案内しました。


読者に成り立てのかたなど、きっと、先日の号外をご覧になっても
う驚きでしょうね。
いったい、商品名なども具体的に挙げたこんなものをまとめる山田
というのは、どんな「怪人」なのかって……(笑)。


しょっちゅう、ひっくり返っている普通の凡人です。
でも最近、読者のかたから、こうした重要で「素敵な」ご質問が増
えて来ました。
本当にうれしいこと。


でもお一人のかたにだけお返事するのはもったいない。
多くの読者のかたにお知らせしたい。
そう考えて、まとめたものがこの「実話・食卓の事件簿」なんです。
現在、4巻まで出ております。


この多岐にわたった内容は、半端(はんぱ)じゃないですぞ。
それぞれ、10万文字前後。
ボリュームとともに、広範囲にわたった内容にきっと驚かれます。


この「実話・食卓の事件簿」では、読者からのご質問に答えたぼく
の返事がてんこ盛りなんですが、さらに新しい資料なども加えまし
た。


ふだんあなたが疑問に思っていらっしゃることは、この「実話・食
卓の事件簿」で、早急に解決して下さい。


こんな内容、世界中を見渡してもきっと見つかりませんぞ。
読むだけで面白い。
なにしろ、誰が書いたのか、この文章、まったくもって……(笑)。


今回は、「先着の枠」はありますが、さらに何千円もする素敵な
「おまけ」が付いています。
皆さんからのご連絡をお待ちしています。


お元気で。



★下記は、3/9(火)の朝5:00に配信した号外、「実話・食
 卓の事件簿」のご案内です。今回も、お役に立つことを願ってい
 ます。
 → http://archive.mag2.com/0000141214/20100309050000000.html
        (「読者限定割引価格」は、3/15までです)      






------------------------------

        ▼山田博士のメインディッシュ▼
         ~~お役立ちエッセイ~~

豆腐のどこにも、「抗生物質使用」だなんて書かれていません(笑)。

------------------------------
     (いままでの「余談」にあたる内容となります)


目に見えないものは、存在しないもの。
だから気にしなくていい。
いや、見なくていい。


多くのかたは、そう思っていらっしゃいます。
でもじつは、じつは、じつは……。


いまの社会は、以前とは大きく異なりました。
石炭の時代は、煤(すす)の影響など誰が見ても見えましたから、
その害毒を防ぐ仕草も可能でした。
子どもでも理解できましたしね。


ところが現代は、石油、原子力、農薬、添加物……など、その多く
がぼくたちの目には見えないんですね。
自分の頭で、つまり「知識で見る」しかないんです。


おばあちゃんの知恵が通じなくなってしまいました。
なんとも困った時代になったものです。


で、突然ですが、2008年に、豆腐などに抗生物質の使用が許可
されました。
あなた、この事実、ご存じでしたか。


抗生物質のナイシンの使用が、国よって認められたのです。


これは食品の保存に用いられることになりますが、じつはまだまだ
実験不足のまま、消費者の声を振り切って突き進んだ経過がありま
す。


このナイシンは、豆腐のほか、味噌、たらこ、干し魚、●●製品な
どに使われています(●●は下記の設問を)。


でも商品の表示をどこを見ても「抗生物質」なんて書かれていませ
ん。
ただの「保存料」とだけ書かれていますから、もしこう書かれたい
たら、今後は使用されている疑いがあると思っていて下さい。


なにしろ、大量生産をもくろむ企業にとっては、商品を腐らなくさ
せるために非常に便利な物質ですからね。


でも、抗生物質がこうして日常の食べものに頻繁に使われるように
なると、当然ながら耐性菌が出て、いざ重病になったときに肝腎の
抗生物質が効かなくなる恐れは十分あるでしょうね。
どうぞ、覚悟をどうぞ……(笑)。


このように、食べものの表示だけを見ていても、いまは本質が見え
ない時代になりました。
いつも正しい情報をつかむ必要があるんですね。
倒れてからいくら賠償を求めても、それに何の意味がありますか。


でもこんなこと、添加物の世界ではまだまだほんの序の口。
ぼくたちが知らない間に、いろいろな事態が起こっております。


たとえば、「キャリーオーバー」という言葉、皆さんご存じ?
ほら、宝くじで1等がなかった場合、次回にその当選金が持ち越さ
れる場合に、この言葉が使われるじゃないですか。


あ、宝くじ?
それならよく分かる分かる……なんて、あなた宝くじの常連さんで
しょう(笑)。


その持ち越しのことを言うのですが、たとえば添加物をいくら使っ
ていても、その食べものの製造に直接関係がないものは、キャリー
オーバーとして、表示が免除されるんです。


え~~~~!
あ、どうか声を大きくしないで下さい。
ぼくは、あなたのすぐ近くにいますから(笑)。


たとえば、添加物製剤というものがありますが、これは多くの添加
物を混合させて作ったものです。


あるメーカーが、かまぼこ製造のために使っているものに、着色用
の製剤がありますが、これにはクチナシ色素、溶剤のプロピレング
リコール、酸化防止剤のL-アスコルビン酸などが……5種が混合
されているんですね。


でも、実際の表示は、クチナシ色素だけ。
ほかの4つはどれだけ使われていても免除されています。
本当にい? なんて言わないで下さい。


この場合、表示が「天然色素のクチナシ色素」だけだから、消費者
受けはずっといいですよね(笑)。
ほら、企業が、そこでほくそ笑んでおります。


すべてがこうなんですね。
だからぼくは企業の手によった食べものは極力避けていますが、そ
んなことより何より、そんな「高価な加工食品」なんて、とてもぼ
くの家の寂しい財政事情では手が出ません(笑)。


キャリーオーバーという実態が、この食べものの世界では当然のよ
うにして広がっているのだということ。
表示を見るだけでは、体を守ることができないんだということ。
そして着飾ったものこそ、じつは虚像なんだということ。


どうぞこの機会に、このキャリーオーバという言葉をしっかり頭に
入れておいて下さい。


あ、だけど、あなたが過去に為してきた悪い人生は、次の人生に
キャリーオーバー(持ち越し)しないで下さい。次の人生にいい迷
惑ですから(笑)。
どうぞ、いい人生だけをキャリーオーバーして……ほしい。


ハハハ……。それじゃまた次回ね。ご機嫌よう。(山田博士)






------------------------------

            ▼設問です!▼ 

------------------------------


設問→ 上記の文章を読み、下記の●●にあてはまるものを、選択
    語句から選んでみよ。ただし2文字とは限らない。


「このナイシンは、豆腐のほか、味噌、たらこ、干し魚、●●製品
などに使われています」

    【選択語句→ 押し売り、草履(ぞうり)、練り】
                                           

             ■答え■

 下記のとおりです。でも、先に答えを見てはいけません。
 本文を再度ご覧になり、十分想像してから答えをご覧下さい。
 きっとその繰り返しが、あなたの明日を輝かせることになると思
 っています。
             答え→ 練り






  ┌------------------------------
  │
  │           ★いのちの定期券2★
  │
  │           山田博士の最高傑作作品
    │
  │       マンガ・ストーリィと食品実名リスト
  │   『小冊子版&CD-ROM版 暮しの赤信号』全23号
   │           この数十年間、ロングセラーを続けています!
  │
  │ 食、農、洗、水、魚、肉、卵、乳、糖、塩、粧、調、煙などのデ
  │ ータが満載。言葉はいらない、これを渡せばどんな人も黙って変
  │ わる。商品名、企業名などをズラリ並べ、女子高生が主人公のマ
  │ ンガが中心になっているため、学校副読本としても広く活用され
  │ た。子どもから学者まで読んでいる不思議な内容。下記で読者の
  │ 反応が読める。各地の消費者センターにも見本があるはずだ。
  │
    │    ★専用HP→ http://yamadainochi.com/redsignal.shtml
  │      (読んだ読者の声が、各号別に載っています)
  └------------------------------






------------------------------

     ▼あなたからのお便りと、ぼくからの誌上返信▼
  
------------------------------
      
   注:個人のお名前はイニシャルにし、個人情報などは割愛し
     ました。
     また、送り仮名や漢字、文体などはそのままですので、
     全体での統一はわざとしておりません。読者の体温をそ
     のままお楽しみ下さい。
    じつは、これらはすべて事務局が選んだものです。ぼく
    など、気恥ずかしくて、とてもお便りを選べません。そ
    のため、これらの 内容についてはその点ご了承下さい。

        
        イニシャルは、姓と名の順です。
        (例:美空ひばり→M.H)



------------------------------

■No.718

     私も山田様のような活動をしたいものです……

------------------------------
    (U.Mさん、栃木県都賀町、男性、50代、教員)


 私も山田様のような活動をしたいものです。

                                                           
           ■山田からのお返事■


 Uさん、こんにちは。
 いつもメルマガをご覧になっていただき、喜んでいます。

 私など、いつもお恥ずかしい行動しかしておりません。
 もっともっと努力をせねばと、いつも思っているのですが、なか
なか能力が付いて行かなくて、頭を掻(か)いています。

 でも、どんな立場のかたでも、社会を変えるのに可能なことが一
つあります。
 それは、笑うこと。

 不思議なことに、人間だけが笑うことができる存在なんですね。
 逆に言えば、笑おうとしない人は、人間でない?
 
 そう考えれば、「人間になる」のなんか、本当に簡単です。
 でも、笑いにも、いろいろ種類があるんですね。

 愛想(あいそ)笑い、
 薄ら笑い、
 似非(えせ)笑い、
 忍び笑い、
 冷笑(せせらわら)い、
 作り笑い、
 泣き笑い、
 苦(にが)笑い、
 追従(ついしょう)笑い……。

 でもやはり、相手のためにどうしたらお役に立てるかを考えての
笑いに勝るものはありません。
 そのとき、フッと心が緩(ゆる)むような気がします。

 いつも周囲に、笑いをふりまいて下さい。
 Uさんの周囲で、いい循環が生まれることを祈っています。

 お元気でね。



------------------------------

■No.719

  お昼のお弁当持参(おにぎりと味噌汁)の回数が、増えつつ
 あります……

------------------------------
   (K.Yさん、神奈川県川崎市、女性、43歳、団体職員)


 最近、お昼のお弁当持参(おにぎりと味噌汁)の回数が増えつつ
あります。


           ■山田からのお返事■


 Kさん、こんにちは。
 お元気でしょうか。

 お弁当持参、いいですね!

 味噌汁も持参、なんですか。
 ぼくにはとても無理ですが、でも食べる場所が一定ならそれも可
能でしょうね。
 
 いつもお話ししているように、ぼくは外食はほとんどしませんが、
たまに遠路を行かなくてはならないときは、大きなおにぎりを持参
します。

 それもいろいろ工夫して、ね。

 案外、皆さんお知りにならないでしょうが、おにぎりの中に味噌
を入れただけでも、それはそれは美味しくて……。
 もちろん、香り高い、ほんものの味噌に限りますが……。

 豆の入った玄米おむすびの中にこの味噌を入れ、外側に擂(す)
らない白ゴマをまぶします。
 擂らないほうが、ゴマを噛んで、そのコリッとした感じがいいん
ですね。

 ふだんは擂った黒ゴマを食べていますが、外出先では、歯に黒ゴ
マが付いてしまい、このままの状態で人に会えば……みんな逃げて
しまいます(笑)。
 急いで出掛けるときなど、こんな簡単なものはありませんよ。

 まあ、いずれにしても、いま号外などでご案内している「外食店
の裏側!」全10指南を読めば、もう自分で作らざるを得なくなる
のじゃないでしょうか。

 外食企業の社長たちに出した手紙の反響を見ると、なおさら、そ
う思います。

 ぜひKさん、お弁当持参、続けて下さい。

 お元気でね。






 ┌-------------------------------
 │
 │        ★★お楽しみ無料レポート★★
 │                      (事務局より)
 │
 │   以下は、本誌の事務局が選んで載せているものです。
 │   よろしかったら、ぜひどうぞ。
 │   山田がいつも……あとで、驚いております(笑)。
 │       (各コメントは、事務局のものです)
 │
 │
 │■なぜ、あなたの部屋が片付かないのか?部屋と心の3つの法則~
  │  →部屋と心には関係があるようで。思わず周りを見てしまいます。
 │  http://www.sugowaza.jp/r/M1dsXzcxNA==.html
  │
 │■たった10分で!片付け名人になる方法!!
  │  →片付けると運がよくなると言われてます。これを読んでぜひ。
 │  http://www.sugowaza.jp/r/M1dsXzJGNA==.html
  │
 │■【家事職人】
  │  →毎日の家事。こんな工夫をしてみると楽になるかも。
 │  http://www.sugowaza.jp/r/M1dsXzJGNg==.html
  │
 │■超☆気持ちいい一日の始め方
  │  →毎朝、いい気分になるような習慣をきちんと持っていますか。
 │  http://www.sugowaza.jp/r/M1dsXzMxWg==.html
  │
 └-------------------------------




>>★メールマガジン「暮しの赤信号」では、相互紹介をお待ちしています。
>> ジャンルに関係なく楽しいメルマガをお待ちしています。
>> 検討させていただきますので、お気軽に事務局までお寄せ下さい。

---------------------------------

                    発行/山田博士いのち研究所
  〒107-0052 東京都港区赤坂2-10-15 宮原第2ビル3階
            http://yamadainochi.com/

   事務局への連絡は、どんなことでも下記のアドレスまでどうぞ。
           → office◆yamadainochi.com
         (上記の◆を、半角の@に替えて下さい)         
    
---------------------------------
★本誌のコピーや、転載、転送、抜粋などは著作権法に触れます。必ず事
 前にご連絡下さい。お願いします。

           本日も、お読み下さり、ありがとうございました。

★下記は、3/9(火)の朝5:00に配信した号外、「実話・食
 卓の事件簿」のご案内です。今回も、お役に立つことを願ってい
 ます。
 → http://archive.mag2.com/0000141214/20100309050000000.html
        (「読者限定割引価格」は、3/15までです)      










本誌のバックナンバーはこちらからどうぞ(右側に並んでいます)
        → http://blog.mag2.com/m/log/0000141214/
 
本誌の登録・解除はこちらから
        → http://www.mag2.com/m/0000141214.htm

短縮版メルマガ「暮しの赤信号」

RSSを登録する
発行周期 毎日早朝5:00配信(日曜だけ休刊)
最新号 2018/10/20
部数 2,244部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

短縮版メルマガ「暮しの赤信号」

RSSを登録する
発行周期 毎日早朝5:00配信(日曜だけ休刊)
最新号 2018/10/20
部数 2,244部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

最近の記事

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング