短縮版メルマガ「暮しの赤信号」

メルマガ「暮しの赤信号」7/22(火)912◆外食で汚れたあなたの「足」を、ぼくがきれいに洗って差し上げましょう


カテゴリー: 2008年07月22日
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

              ★食卓の事件簿★

>>>          メールマガジン「暮しの赤信号」
                 (毎週、火金の早朝5時に発行)

              2008年7月22日号(火)
                No.912
            発行人/山田博士(ひろし) [毎回、8000部発行]
             URL/http://yamadainochi.com/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
『脱コンビニ食!』(平凡社新書)などの著者で、食生態学者(米国イオン
ド大学教授)の山田博士(ひろし)が、早朝の5時に配信。食べものだけで
なく、人としてのありかた、生きかたをいつも考えます。なんともユーモラ
スな文体が人気のようで……。 [まぐまぐの「殿堂入りマガジン」です]


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
                ▼お知らせ▼
   ★本日から、本誌の発行が、[火曜日と金曜日]になりました!★
          事務局が新しい体制になったことによります。
          どうぞ、よろしくお願いします。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
                ▼お知らせ▼

   昨日の号外「いのち運転教習所」テキスト一式豪華5点セットは、
            もうご覧になりました?
            あなたの心の腕がニブらないために……


 こんにちは。
 山田博士です。

 先日、私鉄の始発駅でのこと。

 電車の座席に座り、出発を待っていましたら、後から駆け込んで来た20
代前半ぐらいの女性の2人連れが、ぼくの前に立ちました。

 まあ賑(にぎ)やかに話すこと、話すこと。
 いまの若い人って、他人がそばにいても全然気にならないのでしょうね。
 ぼくが子どものころは、「他人さまのそばでは小さな声でしゃべるんやで」
なんて、母からしつこく言われたものですが……。

 「だってえ。始終(しじゅう)恋愛していないと、ニブるじゃ〜ん」
 「そうそう、だからいつも……しているのよね!」

 ぼくなど聞いているだけで恥ずかしくなるような内容なんですが、彼女た
ち、まったく気にも止めていません。しかも大声。

 何がニブるのか、何が……しているのか、ぼくにはトンと分かりませんが、
でも、う〜ん、なるほど、彼女たち、たまにはいいこと言うよなあ。

 そうなんだよね。
 始終、自分のいのちがまっとうな方向に向いているのか見つめていないと
「ニブる」んだよね。
 何がニブるって?
 ハハハ……いのちの運転の仕方が、ニブります。

 昨日の号外で案内した「いのち運転教習所」テキスト一式豪華5点セット。

 これは、あの女性たちが話すように、「始終」手元に置くことが出来、し
かも自分で設問に「始終」答えることも出来、ぼくの2時間にわたる講演会
の音声を「始終」聴くことも出来、もう目と手と足(?)を総動員して「始
終」自分のものに出来る、衝撃的な内容です。

 最近講演した場所を昨日の号外には載せておきましたが、こういう大きな
場所でぼくがどれだけ大声でお話ししても、一度きりでは、聴いたかたの
「腕がニブり」ます(笑)。

 この「豪華5点セット」は、お家で何度も読み、聴くことが出来る優れも
の。サイン入りの著書、講演会CD、手作りテキスト、ハッピーシート、数
々の資料など、たっぷり梱包されていますので、きっと、ご家族で奪い合い
になるのではないでしょうか。

 今回、いつもの専用HPでお求めになるより、なんと5000円以上の大
幅な割引価格にいたしましたので、もしご関心のあるかたはどうぞ、いまか
らでも結構です。
 下記の号外をご覧になって、そこからご連絡下さい。
 お待ちしています。


★下記は、昨日7/21(月)の朝5:00に配信した号外、「いのち運転
 教習所」テキスト一式豪華5点セットの案内です。皆さんから寄せられた
 感想などご覧下さい。どうしたら、明日を歩けるのか、一生ものです。
      → http://archive.mag2.com/0000141214/20080721050000000.html
              (なお、「大幅割引価格」は、今日中まで)

 お元気で。
                            山田博士
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−




            ▼今日、あなたにお伝えしたいこと▼
          
   やあ、いらっしゃい!
   今日は、文中で述べたように、「外食の多くは、じつは
   『外国食』でもあったことを知ってほしい」
   について少しだけ……。


▼本文(連載232)

第6章
   コンビニ食から足を洗うための、「お湯と桶(おけ)」
  ─ ちょっと立ち止まり、道端の小さな花に語りかけてみよう─


──────────────────────────────
  外食で汚れたあなたの「足」を、ぼくがきれいに洗って差し
  上げましょう
──────────────────────────────

(前回の記事は下記の同じ箇所をご覧下さい。その続きとなります)
 → http://archive.mag2.com/0000141214/20080714050000000.html


 下記でこれから述べる内容は、コンビニ食や外食で汚れたあなた
の「きったない足」を、ぼくが洗って差し上げる「お湯と桶(おけ)」
です(笑)。

 でも、何十年も汚してしまった足を、そう簡単に洗うわけにはい
きません。汚れを擦(こす)るタワシのほうが先にバラバラに壊れ
てしまうかも……。

 でも、いますぐにあなたが動こうとしていらっしゃるのなら、簡
単な方法がないではありません。

 いままで述べて来たことを実践されるのが一番ですが、ここで改
めて、誰でも今日から可能な簡単な「入り口」をお知らせすること
にします。

 その1.包丁を持つ。

 「自分自身で、自分のいのちを料理しましょう」。いのちを料理
するだなんて、別に怖いことを言っているのではありません。

 老若男女みんなが包丁を持ち、台所に立とうじゃないの、という
ことなんです。
 「料理」を、難しく考えないでおきましょう。
 鼻歌気分で十分です。

 自分で料理をするようになると、まず、料理される側のいのちに
まで思いを馳(は)せるようになります。
 包丁を持つということは、野菜や魚など他者のいのちを頂戴するっ
ていうこと。

 そんな「他者のいのちを奪って、自分が生かされているのだ」と
いう認識を持つようになれば、人間、本当に優しくなります。
 包丁で怪我をすれば痛みも分かりますから、他人をいじめような
んていう気持ちも失(う)せるでしょう。

 子どものときから料理をさせてほしいのはそのためでもあるんで
すね。いのちを実感するためにも、「ナイフじゃなく包丁」を握り
ましょう。

 先ほども述べましたが……。


(次回へつづく)
 
【ぼくの著書『最新 危ないコンビニ食』(現代書館)P.152】
───────────────────────────────


           ■山田からのコメント■


 あなたの「足」を洗うなんて、たやすいことです。

 ここまで述べて来たことは、もちろん皆さんにぜひ実践してほし
いことばかりなんですが、そのほかに、どなたでも簡単に出来るこ
とがあります。
 それを以下、順番にお話しして行きます。
 
 別にお金もいりません。
 別に時間もいりません。
 別に頭の良し悪(あ)しにもまったく関係ありません(ただ、お
かしいことはおかしいと、まともに考えようとするまともな頭だけ
は、体の上にちょこんと載っているといいですけれどね。笑)。

 いままで何十年も続けて来た「外食」は、じつは「○○」でもあっ
たんです。
 皆さん、自宅じゃなく外で食べるから外食……と思っておられた
でしょうが、じつはその多くは外国食を頬張っていらっしゃったん
ですね。

 外国人が食べて来たものを中心に、ぼくたち日本人が「外食」と
して口にして来たわけなんです。

 だから、ここで言うように包丁を持てばまず安心、というわけで
はけっしてありません。
 それだけではダメです。

 自分の家で包丁を握っているのに、その台所で外国食などをどん
どん作っていたのでは、「包丁を持つこと」に何の意味があります
でしょう。

 そのあたりをまず、十分に把握しておいて下さい。

 巷(ちまた)の料理教室に通い、外国食を作る方法を大枚をはた
いて学んで喜んでいたり、そのマナーを学ぶ。
 それがいったい、あなたの未来にどう役立つとでも言うのです?

 ただそれでも、包丁を握れば、食べられる側のいのちをいただい
ているんだという事実だけは知ることが出来ます。
 それぐらい、台所に立つということは大きな意味を持つのですね。

 え? 何も料理が出来ない? 
 え? 何も包丁で切ったことがない?
 え? 何を作っていいかさっぱり分からない?

 ふふふ、いいんです。何もしなくても……。
 取って置きのいいことを、あなたにソッとお教えしましょう。

 まず調理台の上に、木製のまな板を置いて下さい。
 何も置いてないその上を、包丁で叩きましょう。
 タンタタタタン、タンタタン……。
 軽(かろ)やかに叩きます。

 やってみて下さい。
 ハマってしまいますよ。
 心地よくなります。まるで楽器のようで……。

 その音が家中に響き渡り、そして台所に立っているあなたのその
背中が子どもさんの目に入れば、それこそが子どもさんの情緒に素
晴らしい効果を与えるんです。
 何も作っていないときは、「背中だけ」見せて下さい(笑)。

 「お、うちのお母(父)さん、すごい! ぼくのために美味しい
料理を作ってくれているんだ。これからは外食ばかりではないんだ
なあ。へえ〜、やはり山田さんの影響は強いんだ。よし、明日から
もうぼく、非行に走るのは止めておこ」……となります(笑)。

 そのうちあなたも、何も置いてないまな板を叩くのが馬鹿らしく
なって来ます。
 そうですよね。
 でもそうなったらしめたもの。
 いつもぼくがお話ししている、あの「月1万〜」や「いのちの福
袋」のシンプル・レシピを片手に持っていただければいいだけ。

 え? このまま何も載っていないまな板を叩きたい。
 これ、けっこう気持ちがいいって?
 ストレスがたまっているときは、癒(いや)し効果があるって?

 あのね、まな板は木魚ではないんですから、たとえお盆が近づい
たからと言って、どれだけ叩いても、ご先祖さまも料理も現れては
来ませんよ。 
 さ、さ、さ、ニンジンなどいかが?  それとも……ダイコン?

 ハハハ……。それじゃまた次回ね。ご機嫌よう。(山田博士)
 
┌─────────────────────────────
│
│         ★皆さんへの設問です!★
│            (2008.7/22)
│ 
│ 試験:下記の○○に、選択語句から正しいと思われるものを選
│    んで、入れてみよ。ただし2文字とは限らない。
│                 
│ 「いままで何十年も続けて来た『外食』は、じつは『○○』で
│  もあったんです」
│
│     【選択語句→ 中国食、天国食、外国食】
│     (答えは、本誌の最後部に書いておきました)  
│                 
└─────────────────────────────
 ★いいことをお教えしましょう。この「暮しの赤信号設問専用ノート」
  を作って、設問と答えを毎回記入するようにしてみて下さい。
  ふふ、毎回思い出しながら答えを記入してゆくようにするだけで、
  ○○に書いた言葉が指に残り、「いのちにとっての貴重な財産」が蓄
  積します。今後の人生で役立ちますよ。ま、家族でお試し下さい。 



  ┌───────────────────────────────
  │
  │          ★いのちの定期券1★
  │      
  │      本誌発行人のベストセラー。30数年の集大成!
  │  『月1万少々の食費で、ザクザクと健康を稼ぐぼくの方法』
    │                         全3巻
    │
  │ この7つの大原則を知れば、「節約と健康の両方」が本当に手に入
  │ ると評判だ。食材の入手法、タダでできる安全な水、1分でできる
  │ 簡単レシピなど……。体験者の熱い声を、下記で見るといいだろう。
    │
   │ ★先日の号外→ http://archive.mag2.com/0000141214/20080713050000000.html
    │
   │ (ご希望のかたは、号外の申込欄に記入してそのままご返信下さい。
  │  割引期間外は一般の価格です。金額や送金方法をお知らせします)
  └───────────────────────────────



>>〈本誌の事務局が紹介する相互紹介中のメルマガ。
>> 山田は直接タッチしていませんが、事務局のオススメです〉
  
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
        医療・健康ニュースを把握していますか?        
       各新聞社のニュースヘッドラインを毎日2分で
        読めてしまうメールマガジンがあります。
    新聞を読まなくてもついてゆける医療と健康ニュースです。    
      『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』      
 
        ▽購読は無料です http://www.3bs.jp
        (登録ボタンはページ中ほどにあります)
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
◆◆新聞やテレビ報道の最新医療情報と専門家のコメントを、最短時間で把握
出来ます。社会の健康関連の動きが、サクッとと分かって……。(事務局)





 ┌────────────────────────────────
  │
  │
 │         ★★以下は、山田博士の「無料レポート」全6冊★★
 │
  │  これらのレポートは、本誌の読者になっていただく条件がありま
 │  すが、すでに読者のかたは、再度登録されてもダブることはあり
 │  ません。
 │   「感動しました!」という声もいただいていますので、お茶で
 │  も飲みながら、ごゆるりとお楽しみ下さい。すべて無料ですが、
 │  読み応えがありますよ。今後も執筆してゆきますのでご留意を。
 │
 │               
 │>>>■節約と健康が両方手に入る山田の話を、ふふふ、少しだけどうぞ
 │  http://form.3muryoureport.com/muryoureport.php?id=1001&seq=0&
ref=0
 │>>>■キレる若者と切っても切れない食生活。法務省から頼まれたお話
 │  http://form.3muryoureport.com/muryoureport.php?id=1001&seq=1&
ref=0
 │>>>■感動小説「走れ!アルキメデス」。コンビニ食常食の寅太郎に何が
 │  http://form.3muryoureport.com/muryoureport.php?id=1001&seq=2&
ref=0
 │>>>■マンガ・ストーリィ「タバコ・ぷかドン」。若者に衝撃データです
 │  http://form.3muryoureport.com/muryoureport.php?id=1001&seq=3&
ref=0
 │>>>■朝4時半の話 −山田式早朝お楽しみ生活− 
 │  http://www.muryouform.com/rep.php?id=1001&seq=4&ref=0
 │>>>■中国製冷凍食品事件をのぞいてみれば、あなたの姿が映ってる! 
 │  http://www.muryouform.com/rep.php?id=1001&seq=5
  │
 │────────────────────────────────
  │
 │  以下は、本誌の事務局が「山田に内緒で」載せているものです。
 │     ご興味がありましたら、どうぞ・・・(事務局)
 │          ★お楽しみ無料レポート★
 │ 
 │>>>■ あなたのワンちゃんがグングンお利口になる簡単なしつけ方
 │  http://www.sugowaza.jp/r/M1dsXzVNTA==.html
 │>>>■幸せになれる誕生石の石言葉
 │  http://www.sugowaza.jp/r/M1dsXzR5WA==.html
 │>>>■癒しとリラックスの5日間セラピーワーク
 │  http://www.free-book.jp/report.php?rp_cd=13086&rf_mb_cd=1222
 │>>>■子供の潜在能力爆増!たった1つのマル秘マニュアル
 │  http://www.sugowaza.jp/r/M1dsXzVRMA==.html
 └────────────────────────────────

 
>>★メールマガジン「暮しの赤信号」では、相互紹介をお待ちしています。
>> ジャンルに関係なく楽しいメルマガをお待ちしています。
>> 検討させていただきますので、どうぞお気軽に。
           
──────────────────────────────────

                     発行/山田博士いのち研究所
  〒107-0052 東京都港区赤坂2−10−15 宮原第2ビル3階
             http://yamadainochi.com/

   事務局への連絡は、どんなことでも下記のアドレスまでどうぞ。
           → office■yamadainochi.com
(スパムメール対策のため、上記の■を削除してその場所に@を入れて下さい)
               
──────────────────────────────────
 ★本誌のコピーや、転載、転送、抜粋などは著作権法に触れます。必ず事
  前にご連絡下さい。お願いします。

           本日も、お読み下さり、ありがとうございました。

┌─────────────────────────────────
│  ★今日の「皆さんへの設問です!」の答え
│               → 外国食
└─────────────────────────────────






本誌のバックナンバーはこちらからどうぞ(右側に並んでいます)
        → http://blog.mag2.com/m/log/0000141214/
 
本誌の登録・解除はこちらから
        → http://www.mag2.com/m/0000141214.htm

短縮版メルマガ「暮しの赤信号」

RSSを登録する
発行周期 毎日早朝5:00配信(日曜だけ休刊)
最新号 2018/09/24
部数 2,261部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

短縮版メルマガ「暮しの赤信号」

RSSを登録する
発行周期 毎日早朝5:00配信(日曜だけ休刊)
最新号 2018/09/24
部数 2,261部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

最近の記事

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング