短縮版メルマガ「暮しの赤信号」

隔日刊「暮しの赤信号」号外◆先着500名のかたに、「山田レポート」9をプレゼント(中国製冷凍食品事件)。全国民が知ってほしい!

カテゴリー: 2008年03月02日
                                
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

             ▼号外です!▼
    隔日刊「暮しの赤信号」2008.3/2(日)朝5:00配信         
 
             

                 先着500名のかたに、
           誰も書かなかった
  「中国製冷凍食品事件」についての下記の本音レポートを
         無料でプレゼントします!
       ふだんの読者のかたへのお礼です。


     ┌────────────────────────
          |
          |             「山田レポート」9
     |   「中国製冷凍食品事件をのぞいてみれば、
     |       あなたの姿が映ってる!」
          |
          | −−マスコミも書かなかった中国事情。でも一番の問
     |   題は、日本の農業を放棄させたぼくたち自身の姿
     |   勢にあるんです−−
          |
          |       (A4判、約44頁ほどの大作!)
     └────────────────────────


 これは、このメルマガを毎回ご覧になっている読者へのお礼です。
                ぜひ奮ってご連絡下さい。
           
            皆さんの「外食観」が、
        きっと180度変わることでしょうね。


     ┌────────────────────────
          |
          |               ★お申し込み期間★
     |   
     |      3/2(日)〜3/3(月)
         |
          |    この期間中でも、「先着500名」に達した場合
     |   は締め切らせて下さい。
     |   その場合は各自のかたにご連絡いたしますが、
     |   いままでの例では、ご希望のかたにはほとんど
     |   お送りできているようです。
     |   ただ、今回は、分かりません……(笑)。
          |
     └────────────────────────

※このレポートは、昨年、このメルマガでぼくが皆さんに書いてき
 たものです。いまの事件を、なぜか予言しているようだったため、
 今回少し加筆をして「一つの作品」にまとめました。すでにご覧
 のかたも、保存するなどして、再度お楽しみ下さい。

※なお、後日、このレポートは、「無料レポート」として、一般の
 かたにも公開するつもりです。でも、いますぐにご覧になりたい
 というかたは、この号外でご連絡下さい。熱い内容です。
 自分の姿を映す大きな姿見(鏡)になれば、うれしいです。


                       山田博士
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



 ★下記は、今回申し込まれたかたにお送りする原稿の一部です。
  ぼくからの挨拶文になっていますので、そのまま載せました。
  どうぞ、ご覧下さい。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
                     はじめに
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


 こんにちは。
 山田博士です。

 いつも、隔日刊メールマガジン「暮しの赤信号」をお読み下さり、
本当に喜んでいます。

 毎週月水金の早朝5時。
 この時間、ぼくは、こうして、空間的に遠く離れた皆さんといつ
も見えない糸で繋(つな)がっていることに、不思議な縁(えにし)
を感じています。

 以前なら、空間的、時間的、そして肉体的にも、とてもこんなこ
と、不可能でした。

 いま緊急にお伝えしなくてはならない、ぼくの思い。
 いままではそれが、伝えられなかったんですね。
 隔靴掻痒(かっかそうよう)なんていう言葉が頭に浮かびます。
 まさに、靴の外側から足を掻(か)いている歯がゆさ。

 でも、いま。
 こうして、ぼくはほぼ1日おきに皆さんにいまの思いを緊急に伝
えることが可能になりました。
 このメルマガ、ぜひ、今後とも、よろしくお付き合い下さいね。

 さて、ご挨拶はそれぐらいにします(笑)。

 最近、いま述べたような皆さんとの不思議な縁だと言うこと以上
に、不思議な出来事が続いています。

 それは、この隔日刊メールマガジン「暮しの赤信号」で取り上げ
て来た問題が、少し時間が経つとマスコミで大きく騒がれるように
なる、ということ。

 なぜか、マスコミたちがこの隔日刊メールマガジン「暮しの赤信
号」の後(うし)ろを、一所懸命に走って追いかけてくるようで…
…(笑)。
 そう言えば、最近、ぼくの事務所にマスコミなどから連絡がよく
来ているようです。 
 でもぼくはマスコミを相手にする時間が取れず、いつもそのまま
にしているのですがね。

 今回、この「山田レポート」9でお伝えしようと思った内容も、じ
つはその一つなんですね。

 ご存じ、「中国製冷凍餃子」中毒事件。

 事実、この内容についても、じつは大きく騒がれるちょうど1年
前(2007年2月ごろ)に、この隔日刊メールマガジン「暮しの
赤信号」でコメントを付けて取り上げていました。

 バックナンバーをご覧になれば、すぐにお分かりだと思います。

 そこで今回は、それらに若干加筆し、再度整理し直して、皆さん
にお届けしようと考えました。
 この問題は、いま騒がれている輸入冷凍食品がどうのこうのとい
う範疇(はんちゅう)だけではなく、ぼくたちのふだんの素顔を再
度見直すためには、ちょうどいい「研究材料」じゃないかと思った
のです。

 ただ、今回の中国製冷凍餃子の事件は、現在まだ進行形ですので
今後どのように進展するか分かりません。
 でもぼくは、冷静に見て、大きく3つの観点で考えてほしいなと
思っています。

 一つは、意図的に毒物を注入したかもしれない、いわば殺人事件
     として。
 二つは、運輸中の、いわばポストハーベスト(運輸中にカビなど
     を防ぐために混入させる農薬)の問題として。
 三つは、大地で撒(ま)かれる強毒な農薬の残留問題として。

 いずれにしても、外国の土地、そして農業に100%頼っている
ぼくたちにとって、これが未来への警告であることは事実です。
 今回の事件をよくのぞいてみれば、そこにはぼくたち「日本人の
滑稽(こっけい)な姿」が色濃く映っている気がするんですね。

 この「山田レポート」9が、皆さんの明日からの暮らしを少しで
もハッピーにさせることができれば、望外の幸せです。

 全部で40数頁の大作です。
 あなたの「外食観」が180度変わるかもしれませんぞ(笑)。
 さあ、どうぞ、下記をごゆっくりご覧下さい。



★下記は、もくじです。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
                      もくじ
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
                     「山田レポート」9

      「中国製冷凍食品事件をのぞいてみれば、
          あなたの姿が映ってる!」
    
 −−マスコミも書かなかった中国事情。でも一番の問題は、日本
   の農業を放棄させたぼくたち自身の姿勢にあるんです−−



はじめに

1.外食メニュのどこにも、危険性などは1ミリも書かれていませ
  ん

2.日本国内と違い、現地の状況をどうして24時間監視出来るの
  でしょうか

3.川の水は重金属汚染でとても使えず、地下水に完全に頼ってい
  たとのことなんですね

4.中国で、イモチ病対策の農薬「フジワン」が、飛行機で大量に
  バラ撒(ま)かれているのも驚きでした!

5.それらの中国製「有機食品」を、高いお金を払って食べている
  日本人が哀れです

6.驚いて下さい。中国の農民が、自分で食べたこともない野菜を、
  海の向こうの日本人のためにせっせと作る現実……      

7.香港の人たちの悲鳴が聞こえますか?

8.ダイエーが中国から輸入していた冷凍野菜に、白アリ駆除に使
  われる強力な殺虫剤でもある農薬が、基準値の9倍も!

9.ノースイの「キャプテンクック、ほうれん草のバター炒(いた)
  め」からも、同じ遺伝毒性の物質が……

10.冷凍野菜は、コンビニ弁当や惣菜、それに外食の料理などにじつ
  に多く使われているんですね

11.農薬や、後で述べる環境ホルモンや遺伝子組み換えや食品添加物
  なども、どれだけ目を凝らしても見えないんです

12.ふふふ、スーパーや外食で盛んに売られ使われている冷凍野菜
  は、その9割がなんと輸入品でした



──────────────────────────────
        ★ご希望のかたは、下記のようにして下さい★
──────────────────────────────


 「返信ボタン」を押して下記の申込書の項目に記入し、このまま
ご返信下さい。                              
 各スタンドじゃなく、当方に届きます。

 直接当方にメールいただく場合は、同じ項目をコピペして、下記
アドレスまでどうぞ。
          → setu@kt.rim.or.jp

 先着500名のかたには、下記の連絡があり次第、「山田レポー
ト」9を送付いたします。
 PDFになっています。
 ご家族皆さんで、ご覧下さい。
  お元気で。  


★なお、下記で毎回書いていただいている皆さんのお名前やご職業、
 性別などについては、ただ単に、どういうかたなのかなと、毎回
 ぼくが知りたいだけです。それ以外、何の意味もありません。ぼ
 くは素顔を100%皆さんにさらけ出しています。でも、皆さん
 のことは100%分かりません。どういうかたか知ってみたいと
 いうぼくの素朴な気持ち、お分かりでしょうか。よき同志として、
 今後もお付き合い下されば、うれしいです。


──────────────────────────────
1.サブジェクト:「山田レポート」9を希望します
2.「山田レポート」9申込日:2008年3月  日
3.お名前(漢字とフリガナ):
4.ご住所(必ず都道府県名も):〒


5.お電話:
6.性別:
7.年齢:
8.ご職業:
9.このメルマガの読者ですか:(以下の番号を→     )
                 1.はい  2.いいえ
10.このメルマガのおよその読者歴(約何年何か月):
11.お持ちの資料の番号をご記入下さい:(以下の番号を→       )
        0.どれも持っていない 1.「月1万〜」 2.小冊子&CD
    −ROM版「暮しの赤信号」 3.「いのち運転教習所」テキス
    ト(受講されたかた含む) 4.「実話・食卓の事件簿」 
    5.「いのちの福袋」 6.音楽CD 7.「笑え!暴走食」 
    8.著書「脱コンビニ食!」 9.著書「最新 危ないコンビニ食」
    10.ほかの著書 
12.山田へひとこと:




──────────────────────────────

短縮版メルマガ「暮しの赤信号」

発行周期: 毎日早朝5:00配信(日曜だけ休刊) 最新号:  2019/03/23 部数:  2,187部

ついでに読みたい

短縮版メルマガ「暮しの赤信号」

発行周期:  毎日早朝5:00配信(日曜だけ休刊) 最新号:  2019/03/23 部数:  2,187部

他のメルマガを読む