コンサルタントが語らない非常識なカフェ繁盛の魔法

ロマンに生きる?

★★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆☆

    / / /     ◆コンサルタントが語らない、非常識なカフェ繁盛の魔法◆ 
□ ■■■┓□  
□ ■■■┃□    ~繁盛の最大の魔法は、
□ ■■■┛□          あなたが"好き"を仕事にしているかだ!~
□ □□□□□                    【 Vol 409】
★★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆☆

 

 いつもありがとうございます!
 カフェズライフのmakaniです!

 

 昨日、行列ができる法律相談所で、
 業界の裏側を紹介していましたが、
 モデルさんも、声優さんも華やかなように見えて
 けっこう大変なことも多いんですね。


 まぁ、第一線で活躍できる人というのは
 本当に一握りでしょうし・・・。



 わたしのように、ゆるゆるで生きている人間には
 あういう世界はまずムリでしょうね。


 
  

 では、カフェ繁盛の魔法! スタートです。 


___________________________________________________________



 ビジネスというのは面白いもので、
 自分が意図したものとは違うことが
 しばしば起こったりします。



 カフェであれば、自分がイメージしていた
 客層とは違う人たちに贔屓にしてもらえたり、
 自分が狙っていたメニューとは違うものが
 看板メニューになったり。



 まぁ、そこでその“波”に乗っていけばいいのですが
 中には、すごく自分のポリシーにこだわって、
 売れているものよりも、自分が売りたいものに
 力を注いで、結果的に客離れを引き起こしてしまって
 いるお店もあります。



 もちろん、

  「赤字になっても全然かまわない!
   自分の理想を追い続けるんだ!」

 って、ロマンを追求しているかたであれば、
 それでいいのですが、ビジネスとして稼ぎたい!
 というのであれば、やはり“波”に上手く乗った方が
 いいですね。



 売れないものを売ろうとするよりも、
 売れているものを売っていくほうが
 簡単に売れます!



 たとえば、お客様に認知されていなかったり、
 あまり興味を感じてもらえていないメニューを
 アピールする場合、説明書きなどもいろいろ
 考えないといけません。


 ですが、売れているものであれば、極端な話!


 「一番売れているメニューです!」


 「一番人気!」


 という一言だけでよかったりします。



 紛らわしい説明も、こだわった写真なども
 必要なく、注文してくれたりするものです。



 売れているものには、やはりパワーがあるし、
 売れている理由があるんですよね。


 そのパワーを上手く活用していくことが、
 売上アップを目指すうえでは重要だし、
 コストのムダを省くことにも繋がります。


 



 
 

 カフェビジネスの悩み、開業に関する悩み、
 その他、今解決したいと思っている問題など
 ありましたら、是非ご相談ください!

 もちろん、相談は無料で、匿名でもOK
 そんなメールはコチラ
  cafeslife@gmail.com (@は小文字にしてね)


 このメルマガに直接返信してもOKですよ!


 
              カフェズライフ   makani


  
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 ■ 発行人:カフェビジネスの伝道師
         カフェ開業・経営アドバイザー
            makani こと 三ツ井彰
 ■ 関連HP:Cafe's Life カフェズライフ
 ■ http://www12.ocn.ne.jp/~omaomao/mana-way1.htm
 ■ E-MAIL: cafeslife@gmail.com
 口  くちコミはあなたから始まります。
 ■  購読・解除はご自身でお願いいたします。こちらから出来ますよ!
   → http://www12.ocn.ne.jp/~omaomao/melmagakaijopre.html
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 ★私のプロフィールはこちらです。ハンドルネームの由来もあります。
  http://www12.ocn.ne.jp/~omaomao/pro.htm
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

このメルマガは現在休刊中です

このメルマガは
現在休刊中です

ついでに読みたい

このメルマガは
現在休刊中です

他のメルマガを読む