二条河原落書MM

【MM二条河原落書Ver.2】 通番387号~加害者よりも被害者を守りたい学校の論理とは?

☆★☆----------------------------------------------------------
☆     ★☆★ メルマガ「二条河原落書」Ver.2 ★☆★
★☆       2011年12月7日 通番387号
☆★☆----------------------------------------------------------


   ☆★☆  「ブログランキング」に参加中!  ☆★☆
   ☆★ http://blog.with2.net/link.php/10916  ★☆


========================☆ 目 次 ☆========================

 2011/12/06
◇加害者よりも被害者を守りたい学校の論理とは?

--------------------------------------------------------------

先月、滋賀県内の市立中学校で、同級生をいじめた生徒たちが警察
に逮捕された事件があったが、その加害者側の生徒たちは、被害者
の生徒をいじめているところを携帯電話のカメラや録画機能で撮影
し、保存していたという。

◆いじめで滋賀県警が加害中学生を逮捕
 学校側は「悪ふざけと認識」と弁明
〔リバティweb 2011.11.18〕
http://p.tl/K1ZU

今回、長野県内の県立高校で明らかになった「暴力行為」も、マス
コミ報道では明らかにされていないが、おそらく加害者側の生徒の
一人が撮影し、ネット上に動画をアップしたのだろう。

記者会見での学校長の釈明は、暴力行為については「問題無し」で、
「当事者の生徒たちの反省指導も終わった(もう解決済みだ)」、
「動画を投稿した生徒の動揺をケアする必要が今後もある」という
内容だ。

「平手打ちを食らった生徒」のケアは無いのか?

アップされた動画は大反響を呼び、アップした生徒はビビってすぐ
に削除したが、時すでに遅し――コピーされたものが、他の誰かに
再度アップされてしまった。

学校側が気にしている「生徒のプライバシー」は、被害者よりも、
動画に映り込んでいた「加害者」側の生徒が特定されてしまったこ
となのだろう。

学校内での「いじめの被害者」は、学校に守ってもらえない。

「いじめ」の内容を詳しく記録しておいて、最寄りの警察へ「被害
届け」を出すのが最善の方法のようだ。

◆岡谷工が動画問題で調査結果を公表
〔朝日新聞 2011.12.2〕
http://p.tl/7ati

◆平手打ちネット動画、学校は「いじめではない」
〔読売新聞 2011.12.2〕
http://p.tl/LGxb


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ■編集後記■ 半年ぶりの配信です(^^;
        少しでも配信の頻度を上げるように頑張ります。
        何かとせわしく忙しい年末。
        体調を崩さないようにお過ごしください。
_________________________________

[発行]思考集団わんだら~
[編集]まるみ
[関連サイト]「こみや日記」 http://d.hatena.ne.jp/kominaoko/
[ツイッター] http://twitter.com/miyachi_hisa

□このメルマガは『まぐまぐ!』( http://www.mag2.com )を利用して
 発行しています。配信登録・解除は「まぐまぐ」にてお願いします。
http://archive.mag2.com/0000136701/index.html(バックナンバー公開中)

==================================================================
Copyright(C)2004 思考集団わんだら~
許可なく転載することを禁じます

このメルマガは現在休刊中です

このメルマガは
現在休刊中です

ついでに読みたい

このメルマガは
現在休刊中です

他のメルマガを読む