二条河原落書MM

【MM二条河原落書Ver.2】 通番386号~「日の丸・君が代」は、戦争の象徴?

☆★☆----------------------------------------------------------
☆     ★☆★ メルマガ「二条河原落書」Ver.2 ★☆★
☆       http://d.hatena.ne.jp/kominaoko/
★☆       2011年6月9日 通番386号
☆★☆----------------------------------------------------------


   ☆★☆  「ブログランキング」に参加中!  ☆★☆
   ☆★ http://blog.with2.net/link.php/10916  ★☆


========================☆ 目 次 ☆========================

 2011/06/09
 ◆「日の丸・君が代」は、戦争の象徴?

--------------------------------------------------------------

大阪が大騒ぎなんである。
橋下徹大阪府知事が代表となって、4月の統一地方選挙で府議会に
どっと送り込んだ議員たちが多数派となり、ばたばたと可決してし
まった条例のせいで。

「君が代起立条例」

正式名称を大阪府議会のホームページで調べると、5月27日に提出
された3つの議案のうちの2つが、これにあたるようです。

○大阪府の施設における国旗の掲揚に関する条例
(平成23年5月定例府議会議員提出議案第2号)
○大阪府の施設における国旗の掲揚及び教職員による国歌の斉唱に
関する条例
(平成23年5月定例府議会議員提出議案第3号)

「大阪府の施設では、執務時間中には正しく国旗を掲揚しよう」
「大阪府の施設、府下の公立学校では、正しく国旗を掲揚し、行事
での国歌斉唱の時には、教職員は起立して斉唱しよう」

…ということ。

…で、共産党の『赤旗』は「大阪府「君が代」起立強制条例案強行
採決」――“強制”だと。
http://p.tl/DqVj (しんぶん『赤旗』記事)

朝日の社説は「維新の会の候補者は、マニフェストにそんなことは
書いていなかった。数で押し切った」――“数の横暴”だと。
http://p.tl/Ha6_ (nekoponさんのブログ参照)


この、「国旗・国歌」をめぐる論争については、大手既成マスコミ
の大半は、「左翼系自虐史観」の立場からの意見で占められている
ので、彼らの論点は常に明確だし、“声が大きい”のである。

ところが、それに対する反論は、「なんでそんなに日の丸・君が代
が嫌いなのか分からない」というぼんやりとしたものか、「国旗・
国歌を大切にするのは世界の常識」、「125代も万世一系で続く
天皇家を戴く日本人なら敬って当然」などの極端(失礼☆)なもの
とに集約されてしまい、サヨク側の論陣に、有効な反論の矢を撃ち
込めているものが少ない…ような気がする。


橋下知事は、本職が弁護士だけあって、挑発的な言葉を使い、世論
を喚起するのはお得意なのだが、論旨がかなり“ざっくり”してい
るため、周囲は信頼して一緒に突撃したものの、反撃を受けると、
グサグサと刺されてしまい、あたふたしてしまうことが多いのだ。

橋下知事は、せめて、「国歌斉唱時に起立・斉唱せよという職務命
令に従わない教職員の指導や処分に悩む校長先生を、大阪府として
守る仕組みが必要なのです」ということは、根拠の一つとして強く
主張すべきではないのだろうか?

真相は明確になっていないが、1998年2月28日に広島県立世羅高校
の校長が卒業式の前日に自殺した事件は、「文部省や県教委、自民
党などによる日の丸掲揚と君が代斉唱の強制と、日教組や部落解放
同盟との板挟みになったことが原因ではないか?」と言われている。
□参照サイト
http://p.tl/RSUK 「たむたむ(太夢・多夢)ページ」
http://p.tl/_SuX 「新聞の宅配問題を考えるホームページ」

あるいは、「罰則について強く言わなければならないような事態が、
長年放置されてきたことの方が問題ではないのか?」ということを、
もう少し前面に出した方がいいのではないか。

公立学校における「校長」の権威と職権は、世間一般の人が考えて
いるよりも弱いものらしい。そのため、一人ひとりの校長先生が、
「現場」で日教組や反戦主義者、人権団体という強大な敵を相手に、
孤軍奮闘して神経をすり減らし、疲れ果ててしまうことになる。


とはいえ、戦後65年間かけて築かれてきたサヨクの牙城の守りは、
かなり堅固で、「正面突破」は難しいと思う。

なので、「素人の発想」で、「反日の丸&反君が代」の立場の人た
ちに対して、疑問を呈するところから始めたい。

(1)「日の丸」は、「軍国主義・戦争好き」だけの象徴なのか?
(2)「日の丸」を愛する人間は、人道的・道徳的に誤った思想の
   持ち主なのか?
(3)「君が代」は、日本の差別の根源である天皇を称える歌なの
   で、人権を尊重する国には相応しくないのか?
(4)「愛国心」は、人として、日本人として恥ずべき感情なのか?
(5)学校行事で、国旗・国歌を敬い、歌うことを指導することは、
   個々の子供たちや、指導する側の教職員の思想・言論の自由、
   内心の自由を侵害するものなのか?
(6)「日の丸&君が代は、教育現場で強制すべきではない」とい
   うが、「日の丸&君が代を敬うべきではない」という、日教
   組所属の教職員の教育は、強制ではないのか?
(7)「日の丸&君が代」を愛する者が、「軍国主義者・反平和主
   義者」というレッテルを貼って見られることは、不当な圧力、
   あるいは逆差別ではないのか?
(8)自国の国益のために、身を捧げて働く立場にある公務員が、
   「反日的思想」「自虐史観」を主張して、日本国と日本人の
   価値を貶めることは、国益を害する行為…すなわち、公務員
   として不適切な行為ではないのか?

あ、今回は「大阪市」の教職員にまで、条例を適用すると言ってる
のですか? その点、勘違いしていた。
でも、たぶん、大阪市内の公立学校は「無視」同然なのではないか
と思うが…。
『府立学校及び府内の市町村立学校の行事において――』の「府内
の市立学校」に大阪市も含まれるという解釈ですか?

え、違う?
■橋下知事の出馬視野?市議会に君が代条例提案へ
〔読売新聞 2011年6月9日〕 http://p.tl/V330

 同条例案を巡っては、平松邦夫市長は「起立は全校で100%
実施できており、不要」としてきたが、維新幹部は「我々の調査
では、起立しない教員を式典に出席させないなど事実上実施でき
ていない学校もあるので必要」と強調。今後、学校現場に起立の
実施状況を調査するアンケートを検討しているという。
(記事抜粋)


――と、ここまで半日かけて書いてきて、ハタと困ってしまった。
「日の丸&君が代の強制反対!」
という論への、明確な反証ができない。

「強制? 善いことでも、人からやれと言われたら口惜しいんだ?」
というくらいで…。

あ、そうか。震災直後に、流され続けたACの広告の意味が解って
きたような気がする。

「やれ、とは強制しないけどさ、やれ、とは――だけど、どうよ?
楽しそう、気持ちよさそうじゃない? ね? ほら、いっしょに、
ぽぽぽぽ~ん♪ って、あなたもやってみない? いやなら、別に
やらなくてもいいよ。強制はしないから。でもさあ、どうよ? (ry」


「逃げ」と言われるかもしれないことを承知で、現時点での私自身
の結論を述べたい。

大半の国民が容認し、公的な場において既成事実として使用されて
いる「国旗・国歌」を大切にし、敬意を払って取り扱わねばならな
いということは、一種の「信仰」であり、それを崇敬することが、
人の心を悪に染め、非道徳的な思想で害し、社会全体に害悪を及ぼ
すものでない限り、その崇敬の心を非難し、崇敬する行為を邪魔す
ることは、個々の人間の「内心の自由」、「思想・言論(活動)の
自由」を害するものである…ということ。

『なにごとのおはしますかはしらねども
 かたじけなさになみだこぼるる』(伝・西行)

細かいことは省かせていただくとして――二千数百年間、奇跡的に、
ごく狭い国土ではあるが、そこに生れて生きた人間が、共通の国歌
認識を維持し続けたこの「日本」に、奇縁を感じ、愛着心を抱くと
いうこと、その「日本」を象徴する「日の丸」と「君が代」を大切
にしたいと思う気持ちは、何だかよく分からないが、そう簡単には
捨てられないのである。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ■編集後記■ 沖縄地方は、もう梅雨が明けたんだそうで(◎_◎)
        電気が足りなくなりそうだということに加えて、
        水まで足りなくなるという心配は無いのだろうか?
_________________________________

[発行]思考集団わんだら~
[編集]まるみ
[関連サイト]Weblog「こみや日記」 http://d.hatena.ne.jp/kominaoko/
[ツイッター] http://twitter.com/miyachi_hisa

□このメルマガは『まぐまぐ!』( http://www.mag2.com )を利用して
 発行しています。配信登録・解除は「まぐまぐ」にてお願いします。
http://archive.mag2.com/0000136701/index.html(バックナンバー公開中)

==================================================================
Copyright(C)2004 思考集団わんだら~
許可なく転載することを禁じます
 

このメルマガは現在休刊中です

このメルマガは
現在休刊中です

ついでに読みたい

このメルマガは
現在休刊中です

他のメルマガを読む