二条河原落書MM

【MM二条河原落書Ver.2】 通番385号~「過ちは繰り返しませぬから…」

☆★☆----------------------------------------------------------
☆     ★☆★ メルマガ「二条河原落書」Ver.2 ★☆★
☆         http://rakusho.exblog.jp/
★☆       2011年6月8日 通番385号
☆★☆----------------------------------------------------------


   ☆★☆  「ブログランキング」に参加中!  ☆★☆
   ☆★ http://blog.with2.net/link.php/10916  ★☆


========================☆ 目 次 ☆========================

 2011/06/08

 ◆「過ちは繰り返しませぬから…」

--------------------------------------------------------------

今日6月8日は、10年前に大阪教育大付属池田小学校で、外部から
侵入した男が校内の児童を殺傷した事件が起きた日だそうだ。

「…だそうだ」という文末表現は、冷たいのかもしれない。しかし、
同じ大阪府内に暮らし、犠牲となった児童と同じ年頃の子を持つ私
でさえ、10年という歳月は、悲惨な事件を忘れてしまうのに十分な
長さだと思う。

地元紙の大阪日日新聞では、犠牲となった児童の一人の父親の談話
が掲載されていた。

■池田小事件、発生から10年 被害者の父が講演続ける
〔大阪日日新聞 2011年6月6日〕
http://p.tl/iwgI

…「学校の安全は大人が真剣につくり上げていかなくてはいけない」。
2年生だった長女麻希ちゃん=当時(7)=を失った酒井肇さん(49)
は講演で訴える。月日が記憶を風化させぬよう、願いを込め語り続け
る。
…「あの時できたことがあったはず」と話す。
(抜粋)

「あの時できたことがあったはず」という言葉を読んで、ある言葉
が連想されてきた。


「安らかに眠ってください 過ちは 繰り返しませぬから」

広島市の平和記念公園にある原爆死没者慰霊碑の有名な碑文である。
この「過ち」の「主語」は何(誰)なのかをめぐって、今も論争は
続いている。

広島市の「主語は人類全体」という見解で、なんとなく落ち着いて
いるらしいが……。
 
しかし、その歴史的な背景や意味はどうであれ、一般市民を大量虐
殺すると承知で、原子爆弾投下という今文明最大・最悪の「過ち」
を犯したのは、アメリカという国である。

だから、アメリカの大統領には、就任したら必ず一度は広島へ来て、
この慰霊碑の前で「繰り返しませぬから」と誓ってもらっても良い
のではないかと、私は思う。


同じく、池田小の事件で悪いのは、多くの児童を殺傷した犯人であ
る(2004年9月に死刑が執行されている)。

なのになぜ、被害者の遺族が「あの時にできたことがあったはず」
と、我が子を死なせた責任の一端が自分自身にあったと、後悔し続
けなければならないのだろうか。

同じような心理が、日本の中に根強い「反戦・平和主義」の思想に
息づいているような気がする。


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ■編集後記■ 風は爽やかなんだけど、日差しはもう「夏」だ。
        今さら…と思いつつも、一生懸命日焼け止めクリ
        ームを塗りたくる毎日です(汗
_________________________________

[発行]思考集団わんだら~
[編集]まるみ
[関連サイト]Weblog「こみや日記」 http://d.hatena.ne.jp/kominaoko/
[ツイッター] http://twitter.com/miyachi_hisa

□このメルマガは『まぐまぐ!』( http://www.mag2.com )を利用して
 発行しています。配信登録・解除は「まぐまぐ」にてお願いします。
http://archive.mag2.com/0000136701/index.html(バックナンバー公開中)

==================================================================
Copyright(C)2004 思考集団わんだら~
許可なく転載することを禁じます
 

このメルマガは現在休刊中です

ついでに読みたい

このメルマガは
現在休刊中です

他のメルマガを読む