二条河原落書MM

【MM二条河原落書Ver.2】 通番379号~回顧・2010年 ボツ原稿(25)(26)

☆★☆----------------------------------------------------------
☆     ★☆★ メルマガ「二条河原落書」Ver.2 ★☆★
☆         http://rakusho.exblog.jp/
★☆       2010年12月30日 通番379号
☆★☆----------------------------------------------------------


   ☆★☆  「ブログランキング」に参加中!  ☆★☆
   ☆★ http://blog.with2.net/link.php/10916  ★☆


========================☆ 目 次 ☆========================

 ◆回顧・2010年 ボツ原稿(25)(26) (2010/12/22)

--------------------------------------------------------------

回顧・2010年 ボツ原稿(25)

2010年11月23日

「マスコミは沖縄のホンネを報道せよ」

 沖縄県離島振興協議会が17日の総会で「尖閣諸島は歴史的にも国
際的にも日本固有の領土、石垣市の行政区である」と強調し、「周
辺海域の領海侵犯に対して毅然たる態度を堅持し、適正な措置を講
じ、同海域や沖縄県内周辺海域での監視・警備態勢を強化して、漁
業者が不安なく自由かつ安全に操業・航行できるように措置を講じ
ること、今回の事件に関して、中国政府に対して厳重に抗議し、再
発防止策を講じること」などを、首相や関係機関などに要望するこ
とを可決したという〔11月18日付け「八重山毎日新聞」より〕。

 沖縄県民には、こうした「真の願い」があることを、なぜ、本土
の新聞やテレビはほとんど報道しないのか。

 動画投稿サイトに、尖閣諸島沖での中国漁船衝突事件を記録した
海上保安庁の映像データが流出した一件で、日本の主要報道機関の
情報は威信を失い、日本には真の意味での言論の自由は無く、国民
の目には見えない「力」に縛られていることが露呈した。

 国民の自由と安全を守るための報道姿勢を、マスコミは忘れない
でもらいたい。

   --- --- --- --- ---

回顧・2010年 ボツ原稿(26)

2010年11月27日

「領海法ではなく憲法の改正を」

 25日付の貴紙社説「海上保安庁 領海整備の体制強化を急げ」を
読んだ。

 確かに、尖閣諸島沖での中国漁船衝突事件や、北朝鮮の韓国・延
坪島への砲撃事件は、日本の領土や国民の生命の安全に対する防衛
体制の根本的見直しを迫るものとなった。

 しかし、他国から日本の領土への侵略行為に対して毅然たる態度
を示すために必要なことは、国内法である領海法の改正ではなく、
「武力による威嚇又は武力の行使」を放棄している憲法9条の改正、
もしくは廃止であろう。

 そもそも、他国の侵略行為を国内法によって海上保安庁が取り締
まること自体に無理があるのだ。

 沖縄の漁業関係者は「不安なく自由かつ安全に操業・航行できる
よう措置を講じて欲しい」と願っている。政府はその願いに応える
べきである。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ■編集後記■ 「ボツ原稿」は、大晦日までもたず、これで底が
        尽きてしまいました(笑)
        川柳1本を含めて、年間12本…つまり、月1本
        の掲載実績で終わってしまいました。
        来年こそは、もう少し掲載実績を上げたいですね。
_________________________________

[発行]思考集団わんだら~
[編集]まるみ
[関連サイト]Weblog「こみや日記」 http://d.hatena.ne.jp/kominaoko/
[ツイッター] http://twitter.com/miyachi_hisa

□このメルマガは『まぐまぐ!』( http://www.mag2.com )を利用して
 発行しています。配信登録・解除は「まぐまぐ」にてお願いします。
http://archive.mag2.com/0000136701/index.html(バックナンバー公開中)

==================================================================
Copyright(C)2004 思考集団わんだら~
許可なく転載することを禁じます

このメルマガは現在休刊中です

このメルマガは
現在休刊中です

ついでに読みたい

このメルマガは
現在休刊中です

他のメルマガを読む