今、面白い演劇はコレ!年200本観劇人のお薦め舞台

:::::今、面白い演劇はコレ!::::: 2017年02月のお薦め舞台

┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏

 “しのぶの演劇レビュー” Vol. 148    2017.02.01  2,394部 発行

┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏ http://shinobutakano.com/

   今、面白い演劇はコレ! 年200本観劇人のお薦め舞台♪
                   
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ◎年末年始にかけて、不思議に忙しい演劇生活を送っていたら、
  あっという間に節分…。花粉症も始まり(涙)、再びアタフタです。
  横浜、東京近辺ではTPAMが開幕。刺激的な舞台と出会いましょう!
  
    舞台には、あなたの心を揺さぶり、
      人生の輝きを増してくれる奇跡があります。

  “今から観られる面白い演劇”をご紹介します。
  お友達、ご家族、恋人と一緒に、どうぞ劇場を訪れてください!

 ◎facebookページ↓でブログ更新を報告しています。
   http://www.facebook.com/shinobureview
   よかったら「いいね!」をクリックしてくださいね♪

○
○○ 今回のもくじ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 ◆1【今月のお薦め8本+α】
   
   ◎No.1→東京芸術劇場『コドモ発射プロジェクト「なむはむだはむ」』
       02/18-03/12東京芸術劇場シアターウエスト
       http://hi-bye.net/namuhamudahamu/

 ◆2【先月のベスト3】

   ◎No.1→CHAiroiPLIN『peeeeep~踊る小説2~』
       01/07-08東京芸術劇場シアターイースト
       http://shinobutakano.com/2017/01/08/4164/

 ◆3【TPAM|国際舞台芸術ミーティング in 横浜が開催されます】

   ◎世界に発信する舞台芸術の広場。はしご鑑賞しましょう♪
    https://www.tpam.or.jp/2017/

 ◆4【ナショナル・シアター・ライヴに夢中! 再上映&その他】

   ◎完成度の高い海外の舞台を映画館で!トークショーもセット♪

 ◆5【「CoRich舞台芸術まつり!2017春」〆切は2/7(火)14時 】

   ◎日本全国対象の舞台芸術フェスティバルは今年で10回目!
    http://stage.corich.jp/festival2017/

 ◆6【編集後記】

   ◎このメルマガへの広告掲載の受付を検討中です。
   ◎「CoRich舞台芸術アワード!2016」賞金20万円は誰の手に?!

 ◆7【このメルマガについての注意事項(毎月同じ内容です)】

   ◎はじめての方はどうぞお読みくださいね♪

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◆1 【今月のお薦め8本+α】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ▽★印がいちおし公演です(3本)。
 ▽初日の早い順に並べています。
 ▽掲載内容:主催/企画製作・『題名』・日程・会場・税込価格・URL
 ▽氏名は敬称略で並びは順不同。座種の記述がない公演は全席指定。
 ※間違いがあるかもしれません。最新情報や詳細は公式サイトでご確認を。
 ※高額のお薦め公演が少なかったので8本に減らしました。
 ※出演者の前の☆印を取るなど、公演情報の記載方法を少し変えました。

 ◎1月末に開幕したばかりの公演は、メルマガ前月号↓でチェック推奨♪
  http://shinobutakano.com/2017/01/01/4132/


1.劇団文化座『命どぅ宝(ぬちどぅたから)』
  02/02-12東京芸術劇場 シアターウエスト
  出演:佐々木愛、有賀ひろみ、藤原章寛、ほか
  脚本:杉浦久幸 演出:鵜山仁
  一般:5,500円 Uシート(19:00の部のみ):4,000円
  高校生以下:3,000円	
   https://www.facebook.com/bunkaza.gekidan/
   http://www.geigeki.jp/performance/20170202tw/
  代表の佐々木愛さんが主演される劇団文化座の新作。演出は鵜山仁さん。
  題材は1950年代に沖縄の伊江島で米軍が行った強制土地接収。
  公式サイト「特別企画 沖縄×文化座」↓
   http://bunkaza.com/sp/okinawa/okinawa1.html
  「沖縄、土地と魂を守る闘い 劇団文化座の新作「命どぅ宝」」↓
   http://www.asahi.com/articles/DA3S12766778.html


★2.Bunkamura/キューブ『陥没』
  02/04-26 Bunkamuraシアターコクーン
  出演:井上芳雄、小池栄子、瀬戸康史、松岡茉優、山西惇、
   犬山イヌコ、山内圭哉、近藤公園、趣里、緒川たまき、山崎一、
   高橋惠子、生瀬勝久
  作・演出:ケラリーノ・サンドロヴィッチ
  S席10,000円 A席8,000円 コクーンシート5,000円
   http://www.bunkamura.co.jp/cocoon/lineup/17_kera3/index.html
  井上芳雄さん、小池栄子さんが主演されるKERAさんの新作。KERAさんは
  『8月の家族たち August:Osage County』で読売演劇大賞・演出家賞、
  『ヒトラー、最後の20000年~ほとんど、何もない~』の作・演出と、
  『キネマと恋人』の台本・演出で紀伊國屋演劇賞・個人賞、さらに
  『キネマと恋人』でハヤカワ悲劇喜劇賞を受賞されたばかり。
  見逃すわけにはいかないでしょう!


3.世田谷パブリックシアター『お勢登場』
  02/10-26シアタートラム
  ≪東京、福岡、大阪≫
  出演:黒木華、片桐はいり、水田航生、川口覚、粕谷吉洋、千葉雅子、
   寺十吾、梶原善
  原作:江戸川乱歩 脚本・演出:倉持裕
  一般:6,800円 高校生以下:3,400円 U24:3,400円
  友の会会員割引:6,300円 ※未就学児童入場不可
   https://setagaya-pt.jp/performances/201702osei.html
  倉持裕さんが江戸川乱歩の8本の短編小説を1本のお芝居に。
  黒木華さんが悪女役というのがいいですね!映画で演じられていた
  気が強くて、したたかな女性役も素敵だなぁと思っていました。
  たとえば映画「船を編む」( http://fune-amu.com/ )とか。
  「悪女・黒木華はつかめない 舞台「お勢登場」」↓
   http://www.asahi.com/articles/ASK1L56FWK1LUCVL00Z.html


4.イキウメ『カタルシツ演芸会「生きてる時間」』
  02/15-18あうるすぽっと
  TPAMフリンジ
  出演:柳家三三、安井順平、盛隆二、田村健太郎
  脚本・演出:前川知大
  一般4,000円 当日4,500円 豊島区民割引などあり。
  未就学児童入場不可。
   http://www.ikiume.jp/katarushitsu_gaiyou.html
  前川知大さんが作・演出される劇団イキウメの新作は、
  落語家の柳家三三(やなぎやさんざ)さんを客演に迎えた、
  「落語とイキウメSFのコラボレーション」とのこと。
  ※3月に出演者オーディション開催(女性のみ対象)↓
   http://ikiume.jp/img/img_top/2017jan27/audition.pdf


★5.ロシア国立サンクトペテルブルグ マールイ・ドラマ劇場
  『たくらみと恋』
  02/18-19世田谷パブリックシアター
  出演:サンクトペテルブルグマールイ・ドラマ劇場劇団員
  脚本:フリードリヒ・フォン・シラー、レフ・ドージン
  演出:レフ・ドージン
  [S席(1階席・2階席) A席(3階席)]
  一般:S席6,500円 A席4,000円
  高校生以下:S席3,250円 A席2,000円
  U24:S席3,250円 A席2,000円
  劇場、区民割引などあり。ロシア語上演、日本語字幕付き。
   https://setagaya-pt.jp/performances/201702takuramitokoi.html
  ロシアの国立劇場の来日公演。世界的に高く評価されている劇場、
  演出家による作品です。演出家のレフ・ドージンさんは英国の
  ローレンス・オリヴィエ賞受賞歴あり。今公演主演で劇団員の
  ダニーラ・コズロフスキーさんが主演するロシア映画のニュース↓
  「ロシアの歴史映画 世界60カ国で公開へ」
   http://jp.rbth.com/arts/movies/2017/01/17/682443
  ロシア語通訳・翻訳家でもある俳優の上世博及さんのfacebook↓参照。
   https://www.facebook.com/hirochika.kamidze/posts/1320235704708850
  2004年にロシア国立アカデミー・マールイ劇場『かもめ』来日公演の
  映像を見て、演劇観が変わった私には必見の舞台です。残席少ないとのこと。


6.文学座創立80周年記念『食いしん坊万歳!正岡子規青春狂詩曲』
  02/18-27紀伊國屋サザンシアターTAKASHIMAYA
  出演:原康義、斎藤志郎、得丸伸二、岸槌隆至、佐川和正、上川路啓志、
   内藤裕志、新橋耐子、吉野実紗、増岡裕子、岡本温子
  脚本:瀬戸口郁 演出:西川信廣
  一般:6,000円 夜割:4,000円(2/18、21) 
  夫婦割:10,000円 ユースチケット:3,800円(25歳以下)
  中・高校生:2,500円 ※未就学児のご入場はご遠慮下さい。
   http://www.bungakuza.com/kuishinbou/
  34歳で夭逝した俳人、正岡子規といえば、私にとっては
  病床で俳句を書き続けた偉人という印象。教科書でも習いました。
  夏目漱石の半生を描いたミュージカル『アイ・ラブ・坊っちゃん』↓で
   http://www.shinobu-review.jp/mt/archives/2007/0607011448.html
  言及されたのをよく覚えています。今作は青春偶像劇のようですね。
  子規と周囲の人間関係から浮かび上がる文学者の思い、時代を受け取りたい。
  「つむぐつなぐ 文学座80周年/1 江守徹代表 芸術至上主義、伝統に」
   http://mainichi.jp/articles/20170125/dde/012/040/002000c


★7.東京芸術劇場『コドモ発射プロジェクト「なむはむだはむ」』
  02/18-03/12東京芸術劇場シアターウエスト
  原案:こどもたち
  つくってでる人:岩井秀人 森山未來 前野健太
  そもそもこんな企画どうだろうと思った人:野田秀樹
  前半割(2月18日 - 2月26日) 4,000円 (当日 +500円)
  一般(2月28日 - 3月12日) 4,500円 (当日 +500円)
  ・子供 (高校生以下) 1,000円 (当日同額)
  ・25歳以下 3,500円 (前売のみ)
  ・65歳以上 3,800円 (前売のみ)
  ※障害のある方は割引料金あり
  ※3歳未満のお子様は入場をご遠慮ください
  ※2/22(水)13時、3/5(日)13時は年齢に関係なく観劇可。膝上観劇無料。
   http://www.geigeki.jp/performance/theater125/
   http://hi-bye.net/namuhamudahamu/

  ●お薦めコメント●

  「子供が書いた脚本を演劇にする」という野田秀樹さんの構想を、
  岩井秀人さん、森山未來さん、前野健太さんが実現することに。
  兵庫県の城崎国際アートセンターで滞在創作↓されていました。
   http://kiac.jp/jp/events/3651
  「(略)城崎でWIP開催「いいセッションだった」」↓
   http://natalie.mu/stage/news/217911
  ハイバイの岩井さん、ダンサー、俳優の森山さんとのコラボだけでも
  凄いと思っていたのですが、前野さんの名前を見てまた驚愕!
  映画『ライブテープ』↓ですごく面白い方だと思っていたんです。
   http://www.hmv.co.jp/news/article/1001130011/
  岡田利規さんの子供向け舞台『わかったさんのクッキー』↓で
   http://www.kaat.jp/d/wakatta2016
  劇中歌作曲をされていましたが、今回が初舞台↓なんですね。
   http://www.cinra.net/news/20160920-namuhamudahamu
  「子どもの言葉に悔しがる前野健太、岩井秀人&森山未來と劇に挑む」↓
   http://www.cinra.net/interview/201612-namuhamudahamu


8.劇団青年座『見よ、飛行機の高く飛べるを(再演)』
  02/28-03/01練馬文化センター
  ≪演劇鑑賞会ツアー、東京、福島2か所≫
  出演:藤夏子、片岡富枝、遠藤好、黒崎照、小暮智美、尾身美詞、安藤瞳、
   橘あんり、勝島乙江、田上唯、坂寄奈津伎、平尾仁、井上智之、
   石母田史朗、山崎秀樹(崎は立つ崎)、久留飛雄己
  脚本:永井愛 演出:黒岩亮
  一般4000円 U25(25歳以下)2000円
   http://www.seinenza.com/performance/public/225.html
  ※2/20までCoRich舞台芸術!で↓チケプレ実施中!
   http://stage.corich.jp/stage/80257
  1997年初演の永井愛作『見よ、飛行機の高く飛べるを』は青年座の財産演目。
  他の団体でもよく上演されています。2004年のレビュー↓
   http://www.shinobu-review.jp/mt/archives/2004/1102010428.html
  好評だった青年座での2014年版の再演ツアーです。On7(オンナナ)↓の
   http://onnana.com/
  小暮智美さん、尾身美詞さん、安藤瞳さんの出演にも、個人的には注目。
  「【会津若松】演劇「見よ、飛行機の高く飛べるを」3月4日に公演」↓
   http://www.minyu-net.com/tourist/aidu/FM20161031-123632.php


 ★★★────────────────────────────── 
  前売3000円台の気になる作品を7本ご紹介します。
 ──────────────────────────────★★★

《1》庭劇団ペニノ『ダークマスター』
  02/01-12こまばアゴラ劇場
  TPAMフリンジ
  ≪大阪、東京、仙台≫
  出演:緒方晋 井上和也 大石英史 FOペレイラ宏一朗 坂井初音 野村眞人 他
  原作:狩撫麻礼 画:泉晴紀 (株)エンターブレイン「オトナの漫画」所収
  脚色・演出:タニノクロウ
  前売り3700円/当日3,900円/学生3,000円
   http://niwagekidan.org/performance_jp/494
   ↓こりっちでカンタン予約! ※完売間近!
   http://stage.corich.jp/stage/79600
  岸田國士戯曲賞受賞者で、海外でも大活躍中のタニノクロウさんが、
  2003年、2006年と上演を重ねた作品を、大阪でリクリエーション。
  メルマガ号外を出そうか迷ってやめた、2006年版のレビュー↓
   http://www.shinobu-review.jp/mt/archives/2006/0115174456.html
  SPICE「大阪公演初日直前稽古場レポート」↓
   https://spice.eplus.jp/articles/53762
  タニノさんは4~5月のSPAC・ふじのくに⇔せかい演劇祭2017↓で新作発表。
   http://spac.or.jp/news/?p=12844


《2》シアターコモンズ実行委員会・Chim↑Pom『Chim↑Pom劇場』
  02/02-05 SHIBAURA HOUSE 5F
  演出・構成:Chim↑Pom
  一般前売り 3,500円 港区民割引 3,200円
  全席自由席 未就学児童は入場不可
   http://peatix.com/event/222826/view
  アーティスト集団Chim↑Pom(チンポム)のレクチャー・パフォーマンス。
  新宿 歌舞伎町にあるビルでの展示↓が面白かったです。
   http://shinobutakano.com/2016/10/16/3384/
  ※02/05にシンポジウムあり
  『来るべき「劇場」ー演劇と社会の共有地/共有知をめぐって』
  02/05港区立男女平等参画センターリーブラ リーブラホール
  登壇者:
   卯城竜太(Chim↑Pomリーダー、アーティスト)
   高山明(Port B主宰、演出家)
   藤井光(美術家、映画監督) ほか(*決定次第HPにて発表)
   モデレーター:相馬千秋(シアターコモンズ・ディレクター、
    芸術公社代表理事)
  無料・要予約(先着順)
   http://peatix.com/event/225317


《3》ユマクトプロデュース『リリオム』
  02/02-06恵比寿・エコー劇場
  出演:野口俊丞 山崎薫(崎は立つ崎) 横山友香 扇田森也 田部圭祐 
   遠山悠介 日沼さくら 宇田川はるか 渡辺樹里 池田朋子 宇井晴雄 薄平広樹
   峰崎亮介(崎は立つ崎) 原一登 林田航平 菊池夏野 香織 南名弥
  作:モルナール・フェレンツ 翻訳:池田朋子 演出:田中麻衣子
  全席自由(当日受付順入場) 前売り4000円 当日4500円
  割引DAY(2日19:30/3日14:00)3700円
   http://www.yumact.com/play
  ブロードウェイ・ミュージカル『回転木馬』の原作戯曲『リリオム』を
  田中麻衣子さんが演出。約100年前のハンガリー戯曲の新訳上演です。
  池松壮亮さんが2012年に出演↓されていましたね。
   http://stage.corich.jp/stage_main/26963
  18人の出演者全員が新国立劇場演劇研修所修了生で、スタッフも担当。
  稽古場レポート↓を書かせていただきました。
   http://shinobutakano.com/2017/01/24/4335/
  公式ツイッター↓によると、内容は「青春恋愛ドラマ」「昼ドラ」
   https://twitter.com/yumact_produce/status/816573549519323136
  「人情話」「サスペンス」、そしてまさかの「ファンタジー」(笑)。
  熱くて危険で、つかみどころのなさも魅力の、切ない愛の物語です。


《4》革命アイドル暴走ちゃん『イカれた女子が世界を救う』
  02/16-19あかいくつ劇場
  TPAMフリンジ
  出演:高村枝里、Amanda、青木理歩、青根智紗、江花明里、小出実樹、
   小林ありさ、小林遥奈、小林風花、佐賀モトキ、佐藤舞珠、鈴木もも、
   竹田有希子、早川雅仁、タニオカチアキ、土橋美月、長尾愛、深瀬麗央、
   hocoten、丸橋結美、みう、渡辺晏夏、他	
  構成・音楽・演出:二階堂瞳子
  一般前売:3,000円 一般当日:3,600円
  3人組割引:8,400円 高校生:1,000円
   http://missrevodolbbbbbbbberserker.asia/
  大勢の若者が激しく踊り、歌い、客席に水や食べ物が飛んでくる(笑)、
  カオティックなライヴ・パフォーマンスで独自の道を切り開く集団の新作。
  体験型パフォーマンスで、開場中・開演中の写真・動画撮影、録音は自由。
  インターネットへの公開もOK! SNSに投稿して盛り上がるも吉♪
  昨年のオーディション情報↓に団体の紹介あり。5月に中国公演を予定。
   http://shinobutakano.com/2016/11/24/3752/


《5》インテグレイテッド・ダンス・カンパニー響-Kyo
  『パワポル』『les gens de Tokyo (東京の人々)』
  02/18-19東京芸術センター・ホワイトスタジオ
  TPAMフリンジ
  『パワポル』
  出演:泉葉子、鴇田光晴、小佐野智美、吉澤慎吾
  原作:宮沢賢治「月夜のでんしんばしら」より
  振付・構成・演出:スズキ拓朗
  入場料(全席自由) 
  一般 前売り 3,000円、当日3,500円 
  学生・障害者割引 前売り 2,500円、当日3,000円 
   http://www.musekk.co.jp/programs/1702_integrated%20dance.html
   https://www.tpam.or.jp/2017/?program=integrated-dance-company-kyo
  私にとって昨年の演出家No.1のスズキ拓朗さんが、障害を持つ/持たない
  パフォーマーと新作を発表。題材は宮沢賢治作品。
  スズキさんが所属するCHAiroiPLINのオーディション情報↓(2/28〆切)
   http://shinobutakano.com/2017/01/08/4192/


《6》椿組『始まりのアンティゴネ』
  02/24-03/05ザ・スズナリ
  出演:佐藤誓、占部房子、永池南津子、田渕正博、木下藤次郎、鳥越勇作、
   趙徳安、井上カオリ、岡村多加江、浜野まどか、今井夢子、山中淳恵、
   外波山流太、佐久間淳也、山森大輔、水野あや、外波山文明
  脚本・演出:瀬戸山美咲
  指定席4000円 桟敷自由席3500円 学生養成所3000円 中高校生2500円
   http://tubakigumi.com/recentstage/
  ↓こりっちでカンタン予約!
   http://stage.corich.jp/stage/78826
  外波山文明さん率いる椿組に瀬戸山美咲さんが新作を書き下ろし、演出。
  瀬戸山さんは『埒もなく汚れなく』↓で岸田國士戯曲賞にノミネート。
   http://shinobutakano.com/2016/06/07/2096/
  主演は紀伊國屋演劇賞・個人賞を受賞されたばかりの佐藤誓さんです↓。
   https://www.kinokuniya.co.jp/c/label/20161216150000.html


《7》Pカンパニー~シリーズ罪と罰 CASE3~『白い花を隠す』
  02/28-03/05シアターグリーン BOX in BOX THEATER
  出演:内田龍磨、水野ゆふ、円城寺あや、林次樹、磯辺万沙子、
   須藤沙耶、荻野貴継、本田次布、福井裕子、五十嵐、吉岡健二、
   山田健太、細川美央(Wキャスト)、立直花子(Wキャスト)
  脚本:石原燃 演出:小笠原響
  椅子席一般5,000円 学生3,500円
  桟敷席一般4,000円 学生2,500円
  プレビュー公演 3,000円均一
   http://p-company.la.coocan.jp/performance19.html
  劇作家の石原燃さんの新作は、2001年のNHK番組改変事件が題材とのこと。
  二兎社『ザ・空気』↓と合わせて、朝日新聞で紹介されていました。
   http://shinobutakano.com/2017/01/20/4310/
  「TV報道「自己規制」の裏側は 肉薄する演劇2作品」↓
   http://www.asahi.com/articles/ASJDV4K79JDVUCVL01B.html


 ☆☆☆────────────────────────────── 
  前売2000円台&以下の気になる作品を6本ご紹介します。
 ──────────────────────────────☆☆☆

[1]ふたば未来学園高校演劇部『数直線』
  02/04-05アトリエヘリコプター
  原案・出演:ふたば未来学園高校演劇部
  構成:佐藤美羽 日下雄太 出雲優花
  入場無料(要予約)*未就学児童はご入場頂けません。
   http://www.komaba-agora.com/play/5303
  2/5(日)11時の追加公演はこまばアゴラ劇場支援会員と高校生のみ予約可。
  当日券の詳細は2/3(金)に劇場Webサイト等で告知予定↓。
   https://twitter.com/agora_shien/status/824089540767813632
  2016年度福島県高校演劇コンクール優秀賞受賞作の、東京公演です。
  福島県の現役高校生による演劇を東京で観られる機会は貴重です。
  2014年02月のいわき総合高校の作品のレビュー↓
   http://www.shinobu-review.jp/mt/archives/2014/0222214751.html
  2012年03月のあさか開成高校の作品のレビュー↓
   http://www.shinobu-review.jp/mt/archives/2012/0311234908.html
  2011年12月のいわき総合高校の作品のレビュー↓
   http://www.shinobu-review.jp/mt/archives/2011/1222111024.html


[2]せんがわシアター121 Vol.10「海外戯曲リーディング」
  02/09-19調布市せんがわ劇場
  『うちの子は』(2003)フランス
   作:ジョエル・ポムラ 演出:松本祐子
  『いつも同じ問題』(2010)パレスチナ
   作:イハッブ・ザハダァ&イエスシアター 演出:大原渉平
  『ノームとアーメッド』(1968)オーストラリア
   作:アレクサンダー・ブーゾ 演出:日澤雄介
  『アイスランド』(2012)カナダ
   作:ニコラス・ビヨン 訳:吉原豊司 演出:菊池准
  『悲しい心は どこへ行く』(2012)アルゼンチン
   作:シンシア・エドゥル 演出:加納幸和
  『神の絶望』(2005)タイ
   作:ニコン・セタン 演出:鈴木アツト
  『セブン・メニュー』(1994)アメリカ
   作:デヴィッド・アイヴス 演出:宮崎真子
  一般 2,000円 調布市民割引(在住・在勤・在学) 1,600円
  U-25割引(観劇当日25歳未満) 1,500円
  全作品セット(7枚)7,000円 3枚セット(組み合わせ自由)5,100円
  ハンディキャップ割引200円引き
  せんがわシアター121割引 200円引き(vol.1~9までの半券1枚につき1回)
  開場時刻にチケット記載の整理番号順に入場。未就学児童の入場不可。
   http://www.sengawa-gekijo.jp/kaigaigikyoku/
  調布市せんがわ劇場による7本の海外戯曲のリーディング上演。公立劇場が
  刺激的な外国の戯曲を多数、翻訳上演してくださって、ありがたいです。
  たとえばフランス戯曲『うちの子は』は胸にグサリと来る家族のお芝居。
  演出家だけでなく、出演者も実はちょっと豪華です。
  「日本未上演の作品も!(略)「海外戯曲リーディング」2月開催」↓
   http://natalie.mu/stage/news/213206


[3]新国立劇場演劇研修所第10期生修了公演
  『MOTHER-君わらひたまふことなかれ』
  02/10-15新国立劇場小劇場
  出演:田村彩絵 塚瀬香名子 角田萌果 岩男海史 高倉直人(高ははしご高)
   田村将一 永田涼 中西良介 前田一世 長谷川直紀 永澤洋
  脚本:マキノノゾミ 演出:宮田慶子
  A席3260円、B席2700円、Z席1620円、学生券1000円
   http://www.nntt.jac.go.jp/play/performance/161124_009535.html
  日本唯一の国立俳優養成所の10期生の修了公演です。前回の稽古場レポ↓
   http://shinobutakano.com/2016/10/25/3433/
  『MOTHER~』は新国立劇場芸術監督であり同研修所の所長でもある
  宮田慶子さんが、青年座で演出されてきたマキノノゾミさんの戯曲。
  与謝野鉄幹・晶子ら明治の文豪が登場するコミカルな歴史群像劇です。
  先日、稽古場取材↓で通し稽古を拝見しました。とても面白かった~♪
   https://twitter.com/shinorev/status/825364018336407552
  稽古場レポートは後日公開予定。土日完売。チケット予約はお早目に!


[4]第27回下北沢演劇祭-野外企画-
  FUKAIPRODUCE羽衣『下北沢の空の下トラックに乗って歌い踊る!』
  02/11下北沢各所
  出演:深井順子 鯉和鮎美 高橋義和 澤田慎司 キムユス 新部聖子
   岡本陽介 浅川千絵
  構成・演出:深井順子 音楽:井幸之介
  無料・予約不要(投げ銭大歓迎)
   https://www.shimokita-stf.com/hagoromo
  FUKAIPRODUCE羽衣のメンバーが下北沢で、トラックに乗って歌い踊る!
  タイムスケジュールが公開されていますので、狙い定めましょう♪


[5]KAAT神奈川芸術劇場『KAAT × 小野寺修二
  「WITHOUT SIGNAL! 信号がない!」』
  02/11-12 KAAT神奈川芸術劇場アトリウム
  TPAMフリンジ
  出演:Nguyen Thanh Cong、Nguyen Thi Can、Nung Van Minh、
   Nguyen Hoang Tung、Mai Thi Nhu Quynh、Bui Hong Phuong、
   王下貴司、崎山莉奈、辻田暁、仁科幸
  演出:小野寺修二(カンパニーデラシネラ)
  入場無料 スタンディング 予約不要
   http://www.kaat.jp/d/without_s
  小野寺修二さんは2015年~2016年にかけて、ベトナムで現地のダンサーと
  ワークショップを重ねてこられました。日本人ダンサーも参加する
  ノンバーバルシアターとして、ワーク・イン・プログレスを無料公開。
  2017年秋に本公演が予定されています。


[6]高円寺K'sスタジオプロデュース『リーディング「ピンクミスト」』
  02/23-26高円寺K'sスタジオ
  出演:西村俊彦 吉田真理 日下諭 田部圭祐 柚木佑美 槌谷絵図芽
  作:オーウェン・シアーズ 翻訳・演出:高円寺K'sスタジオ
  完全予約制・全席自由1800円
   https://www.facebook.com/events/1669206863373778/
  英国ウェールズ地方の詩人、劇作家のオーウェン・シアーズさんの
  詩劇をリーディング上演。高円寺K'sスタジオは民間だけど非営利の
  運営をされている稽古場で、私もよく取材などでお邪魔しています。
  今回が初のプロデュース公演。新たな場の誕生が楽しみです。


≪ダンス、ミュージカル、首都圏以外≫

 ○劇団四季『ミュージカル「ノートルダムの鐘」』
  12/11-06/25四季劇場[秋]
  原作:ヴィクトル・ユーゴー 作曲:アラン・メンケン
  作詞:スティーヴン・シュワルツ 台本:ピーター・パーネル
  演出:スコット・シュワルツ 振付:チェイス・ブロック
  日本語台本・訳詞:高橋知伽江
  S1・S2:一般11,880円 A:一般8,640円
  B:一般6,480円 C:一般3,240円 会員割引などあり。
  バルコニー 一般5,400円 会員5,400円 学生2,700円
   https://www.shiki.jp/applause/notredame/
  劇団四季の新作ミュージカルを12月に拝見。ヴィクトル・ユーゴーの
  原作を基に、ディズニーのアニメーション映画の音楽を使った
  2014年米国初演作の日本版。母音法に基づいたセリフの発語方法は
  私好みではないですが、演劇作品として手放しに面白かったです。
  美術、衣装は豪華で場面転換も見事。ダンス、コーラスも力強いです。
  6/25まで東京で上演。その後、京都に移ってから神奈川公演を予定。


 ○国際交流基金「障害×パフォーミングアーツ特集」
  「クレア・カニンガム ダンス公演『Give Me a Reason to Live』」
  02/04-05 KAAT神奈川芸術劇場大スタジオ
  振付・出演:クレア・カニンガム
  一般:3,000円(前売・当日とも/全席自由)※未就学児入場不可。
   http://www.kaat.jp/d/claire_c
  2月1日(水)19:00~21:30にトーク・セッションあり。
  <トーク・セッション>障害は芸術と社会に何をもたらすのか
  スピーカー:クレア・カニンガム
  モデレーター:木村覚(日本女子大学/美学/BONUS)
  日時:2017年2月1日(水)19:00~21:30
   https://goo.gl/pw4NXO
  イギリスの振付家、ダンサーのクレア・カニンガムさんの来日公演。
  障害のあるアーティストとして世界中で活躍されています。
  ご本人の公式サイトにある『Guide Gods』のダイジェストビデオ↓
   https://www.facebook.com/jfq1dps2016/posts/738619006292773
  ロンドンのサドラーズ・ウェルズ劇場のデジタルプロジェクトの動画↓
   http://52portraits.co.uk/home/2016/5/2/claire-cunningham


 ○東宝『ミュージカル「ビッグ・フィッシュ」』
  02/07-28日生劇場
  出演:川平慈英、浦井健治、霧矢大夢、赤根那奈、藤井隆、JKim、深水元基、
   鈴木福(Wキャスト)、りょうた(Wキャスト)、鈴木蘭々、ROLLY、東山光明、
   大谷美智浩、加賀谷真聡、風間由次郎、中山昇、樋口祥久、遠藤瑠美子、
   加藤梨里香、小林由佳、菅谷真理恵、真記子
  作曲:アンドリュー・リッパ 音楽・詞:ジョン・オーガスト
  演出:白井晃
  S席:13,000円 A席:8,000円 B席:4,000円
   http://www.tohostage.com/bigfish/
  「ビッグ・フィッシュ」は大好きな映画↓です。白井晃さん演出の
   http://bd-dvd.sonypictures.jp/bigfish/
  ミュージカル版を観られるのは純粋に楽しみ。


 ○宮崎県立芸術劇場プロデュース
  「新 かぼちゃといもがら物語」#1 『板子乗降臨』
  02/15-19メディキット県民文化センター・イベントホール
  出演:渡部豪太 熊川ふみ  実宏健士 日高啓介(高ははしご高)
   河内哲二郎 あべゆう 酒瀬川真世 大迫紗佑里
  作:土田英生 演出:永山智行
  全席自由・日時指定 一般4000円 U25割2000円 ペア割7000円
  劇場会員割引などあり。※就学前のお子様の入場不可。
   http://www.miyazaki-ac.jp/?page_id=710
  京都の劇団MONOの土田英生さんが宮崎県立芸術劇場に新作を書き下ろし、
  宮崎の劇団こふく劇場の永山智行さんが演出するプロデュース公演。
  東京の俳優も現地に滞在して創作されています。


 ○演劇引力廣島『広島ジャンゴ』
  02/16-19JMSアステールプラザ 多目的スタジオ
  出演:岩地紗希奈、上岡久美子、江原健大、落合晶子、川村祥太、
   熊谷弥香、合田基樹、鈴政美穂、竹野弘識、田原靖子、常山大志、
   長谷川葉生、浜井美樹、林大貴、象千誠、秋谷悠太、梅田麻衣、
   小野佑子、蒲野紳之助、深海哲哉、宮地綾
  脚本:象千誠、藤井友紀、蓬莱竜太
  演出:蓬莱竜太
  前売 一般3,000円 学生・シニア(65歳以上)1,500円
  当日 一般3,500円 学生・シニア(65歳以上)2,000円
   http://hiroshimadjango.wixsite.com/2017 ←音が鳴ります
  蓬莱竜太さんが広島の演劇人と創作するお芝居。出演、脚本の象千誠さんは
  『畳と巡礼』で2016年に日本劇作家協会新人戯曲賞↓を受賞。『畳と~』は
   http://www.hiroshimapeacemedia.jp/?p=56352
  凄く面白かったです。蓬莱さんと広島との縁が深まってますね。


 ○SPAC・静岡県舞台芸術センター『真夏の夜の夢』
  02/25-03/20静岡芸術劇場
  出演:赤松直美、池田真紀子、泉陽二、大高浩一、春日井一平、加藤幸夫、
   河村若菜、木内琴子、貴島豪、小長谷勝彦、桜内結う、佐藤ゆず、
   鈴木真理子、大道無門優也、たきいみき、武石守正、ながいさやこ、
   本多麻紀、牧山祐大、森山冬子、吉見亮、若宮羊市、渡邊清楓、渡辺敬彦
  脚本:シェイクスピア 潤色:野田秀樹 演出:宮城聰
  一般:4,100円 ペア割引:3,600円(2名様で1枚につき)
  グループ割引:3,200円 (3名様以上で1枚につき)
  ゆうゆう割引:3,400円(満60歳以上の方)
  学生割引:[大学生・専門学校生]2,000円 [高校生以下]1,000円
  障がい者割引:2,800円※付添の方(1名様)は無料。
   http://spac.or.jp/midsummer_2017.html
  シェイクスピアの有名戯曲を潤色した野田秀樹さんの戯曲を、宮城聰さんが
  演出したSPACの大人気作品。2011年初演のレビュー↓
   http://www.shinobu-review.jp/mt/archives/2011/0611165148.html
  縦のポールを人体が横切って方眼紙になり、新聞紙の衣装が踊ります。
  原作から飛躍した世界観もとても面白く、感動的な娯楽作です。


 ≪ご参考≫

 「しのぶの演劇レビュー」↓に今月のしのぶの観劇予定あり。
  http://shinobutakano.com/2017/01/31/4464/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◆2 【先月のベスト3】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1.CHAiroiPLIN『peeeeep~踊る小説2~』
  01/07-08東京芸術劇場シアターイースト
  ☆振付家、演出家、ダンサーのスズキ拓朗さんが江戸川乱歩の推理小説を
   娯楽舞台に。劇団員の共同創作で構成も面白く、演劇的企みも周到。
   http://shinobutakano.com/2017/01/08/4164/

2.SPAC『シェイクスピアの「冬物語」』 ※上演中!
  01/21-02/12静岡芸術劇場
  ☆宮城聰さんがシェイクスピアのロマンス劇を2人1役の手法で演出。
   動く人(ムーバー)と語る人(スピーカー)を別の俳優が演じることで
   動きと語りのパワーが増幅。人形劇や文楽の味わいも。
   “まばたき暗転”で時間を圧縮し、瞬間を永遠とも解釈可能。
   大団円だけで終わらなせい結末の演出で、余韻が深い。
   http://spac.or.jp/winter_2017.html

3.ミュージカル『手紙』製作委員会
  『ミュージカル「手紙」2017年版』 ※上演中!兵庫公演あり!
  01/20-02/05新国立劇場小劇場
  ≪東京、兵庫≫
  ☆昨年メルマガ号外を発行した純日本製ミュージカルの再演。
   人気小説が映画、ミュージカルになって、より広い客層に届くのを
   ありがく思う。海外公演も実現しますように。
   http://shinobutakano.com/2017/01/22/4316/

 その他は、木ノ下歌舞伎『隅田川/娘道成寺』、
 地人会新社『豚小屋』、ホリプロ『ミュージカル「わたしは真悟」』、
 ラッパ屋『ユー・アー・ミー?』、ジエン社『夜組』、
 Bunkamura『世界』、NODA・MAP『足跡姫~時代錯誤冬幽霊』(※上演中!)、
 TEAM HANDY『ワンス・アポン・ア・タイムin京都3 錦小路の素浪人』、
 菅原直樹/OiBokkeShi『老いと演劇』『老いのリハーサル』WS等、順不同。

 ◎メルマガのバックナンバーはこちら↓で全て公開中!
   http://archives.mag2.com/0000134861/
  メルマガ号外は誰が観ても楽しめそうなものを選んで発行しています。
  2017年1月(観劇数16作品)は残念ながら発行せず。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◆3 【TPAM・国際舞台芸術ミーティング in 横浜が開催されます】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ◎舞台芸術の国際的プラットフォーム“TPAM(ティーパム)”が、
  今年も横浜で開催されます(東京で上演する公演もあります)。
  「TPAM・国際舞台芸術ミーティング in 横浜2017」
  2016年2月11日(土)~19日(日)
   https://www.tpam.or.jp/2017/

  海外のカンパニーや日本で注目を浴び始めた気鋭の団体の公演、展示、
  各種ミーティング等が催され、多くの舞台芸術関係者が集まります。
  記事:http://natalie.mu/stage/news/209566

  作り手、観客、そして、両者をつなぐ人々のネットワークを生み出し、
  広げる場でもあります。「参加登録/チケット」はこちら↓
   https://www.tpam.or.jp/2017/registration
  プロフェッショナルとオーディエンスとで参加方法が異なります。

  chaghatai( https://twitter.com/chaghatai_khan/ )さんが
  作成された、TPAM開催中の横浜近辺の舞台のタイムスケジュールは
  こちら↓からPDFダウンロードできます。感謝!
   http://hachiojitheater.seesaa.net/article/445094585.html
  はしご鑑賞のご参考にどうぞ♪(↓PDF)
   http://hachiojitheater.up.seesaa.net/image/tpam2017.pdf
  「薛珠麗さんによるKAAT周辺カフェのまとめ」↓もチェック♪♪
   http://togetter.com/li/796013


  今月のメルマガでは「TPAMフリンジ」の作品も多数掲載しています。
  以下、「TPAMディレクション」の中で私が気になる作品ををご紹介します。
  (今年は横浜に行けるかどうかも、ちょっとわからないのですが…涙)

 ●アピチャッポン・ウィーラセタクン『フィーバー・ルーム』
  02/11-15 KAAT神奈川芸術劇場
  TPAMディレクション
  出演:Jenjira Pongpas, Banlop Lomnoi, Teenagers of Nabua
  プロジェクション:Apichatpong Weerasethakul
  タイ語(日本語・英語字幕)
  プロフェッショナル¥1,500 オーディエンス¥3,000
   https://www.tpam.or.jp/2017/?program=fever-room
  タイの映画作家、美術家のアピチャッポンさんによる初めて舞台作品。
  海外での上演をご覧になった複数の知人に、とても好評でした。

 ●平田オリザ+盗火劇団『台北ノート』
  02/15-16横浜美術館グランドギャラリー
  TPAMディレクション
  製作:盗火劇団、青年団
  中国語(日本語・英語字幕)
  プロフェッショナル¥1,500 オーディエンス¥3,000
   https://www.tpam.or.jp/2017/?program=taipei-notes
  平田オリザさんの岸田國士戯曲賞受賞作『東京ノート』を、
  台北の劇団とのコラボレーションで翻案上演。最近観た
  『東京ノート』のレビュー↓
   http://shinobutakano.com/2016/05/19/1897/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◆4 【英国演劇の映画館上映情報~NTLiveとBTLiveなど~】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ◎英国ロイヤル・ナショナル・シアターが選んだ演劇界最高峰の舞台が
  映画館で楽しめるナショナル・シアター・ライヴ(日本では2014年~)。
   http://www.ntlive.jp/

  ありがたいことに次々と再上映が決まり、追いかけるのが大変(笑)。
  公式facebook、公式twitterでこまめにご確認を。
   https://www.facebook.com/ntlivejp/
   https://twitter.com/ntlivejapan

 ○「戦火の馬」
  1/21(土)~2/3(金)塚口サンサン劇場
  2/25(土)~3/3(金)YEBISU GARDEN CINEMA
  上映時間:約2時間45分
   http://www.ntlive.jp/warhorse.html
  スピルバーグ監督が映画化もした人気作。東京来日公演も面白かったです。
  鈴木理映子さんの『戦火の馬』感想ツイート↓ 見逃した方、ぜひ!
   https://twitter.com/r_suz1005/status/798550861387415552


 ◎アルメイダ・シアター・ライヴも始まりました。

 ○「リチャード三世」
  主演:レイフ・ファインズ、ヴァネッサ・レッドグレイヴ
  作:シェイクスピア 演出:ルパート・グールド
  2月17日(金)~2月23日(木)全国のTOHOシネマズ
  料金:一般¥3,000、学生¥2,500
   http://www.culture-ville.jp/richard3almeida
  レイフ・ファインズ主演のNTLive「人と超人」↓は大人向けで
   http://www.ntlive.jp/man_plus_superman.html
  超~面白かったです。ファインズさんの演技も絶品。


 ◎ケネス・ブラナーさんが率いるカンパニーが、ギャリック劇場で
  上演した舞台の映画上映もあります。

  ブラナー・シアター・ライブ(BTLive):http://www.btlive.jp/
  公式ツイッター:https://twitter.com/japan_bt
  各作品 一般=¥3,000、学生=¥2,500

 ○BTLive第一弾「冬物語」
  上映時間3時間4分(途中休憩あり) 
  2月4日(土)~10日(金) 名演小劇場
  2月20日(月)~25日(土) 静岡シネギャラリー
  2月25日(土)~3月03日(金) YEBISU GARDEN CINEMA
  上映時間:約3時間4分
   http://www.btlive.jp/winterstale
   感想:http://shinobutakano.com/2016/11/08/3777/

  ※YEBISU GARDEN CINEMAでは、
   2月25日(土)「冬物語」(10時20分の回)上映後に
   河合祥一郎さんのトークショーあり。25分間を予定。
    https://goo.gl/ySbk24
    https://twitter.com/japan_bt/status/825913215347417088

 ○BTLive第二弾「ロミオとジュリエット」
  2月18日(日)~24日(金)名演小劇場
  2月26日(日)~3月3日(金)静岡シネギャラリー
  上映時間:約3時間5分
   感想:http://shinobutakano.com/2016/12/04/4109/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◆5 【「CoRich舞台芸術まつり!2017春」〆切は2/7(火)14時】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ◎日本全国の小劇場団体の公演を対象にしたフェスティバル、
  「CoRich(こりっち)舞台芸術まつり!2017春」が開催されます!
  今回が10度目の開催で、私は初年度から審査員を務めております。
   詳細:http://stage.corich.jp/festival2017/
   応募状況:http://stage.corich.jp/festival2017/list

  グランプリ受賞団体には、グランプリ受賞作の再演資金として
  【100万円】が支援されます。【演技賞】の各人には5万円!

   公募期間:受付中~2月7日(火)14時〆切
   開催期間:2017年3月1日~5月31日

  第一次審査(ネット審査)で10団体が選ばれ(2/21発表)、
  最終審査では審査員が日本全国どこでも作品を観に行きます。 
  開催期間中に公演がある団体は是非ご応募を。【参加費用は一切無料!】

  応募のコツなどをまとめた2016年のエントリーをご参考にどうぞ↓
   http://shinobutakano.com/2016/02/01/1251/
  今年度は「公演に携わっているメンバー」の【役職登録】が必須です。

  2016年グランプリのカンパニーデラシネラ『椿姫』↓は、2018年3月に
   http://stage.corich.jp/festival2016/grand_prix#b
  世田谷パブリックシアターで再演↓されることが決定!
   https://twitter.com/derashinera/status/824158830430973953

  過去の受賞団体:風琴工房、渡辺源四郎商店、MCR、柿喰う客、
   箱庭円舞曲、FUKAUPRODCE羽衣、木ノ下歌舞伎、ロ字ック
  
  観客が投稿するクチコミやお気に入り情報も審査を左右しますので、 
  ぜひ観客の皆さんも参加してくださいね♪
   CoRich舞台芸術!:http://stage.corich.jp/
   メンバー登録:http://stage.corich.jp/login


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◆6 【編集後記】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ◎おかげさまで、毎月メルマガを発行し始めて13年弱になります。
  新旧2つのウェブサイト運営と、無料メルマガ配信の固定費に充てるため、
  メルマガ「しのぶの演劇レビュー」への広告掲載を募ろうかしら…と
  検討を始めました。ご興味ある方はお問い合わせいただければ幸いです。
  ※拙サイト上の私の演劇活動は基本的にギャラなし(持ち出し)です。


 ◎新しいお仕事をいただきまして、なるべくレビューを書くように
  努力しています。とにかく記憶力が乏しい私…自分のために更新、保存!
  それがお役に立てたら一石二鳥!!の精神でございます。


 ◎「CoRich舞台芸術アワード!2016」第1位は大阪の壱劇屋!
   http://stage.corich.jp/award/2016/result.php
  賞金20万円が贈られます。やはり多地域ツアーを実現した公演は強い!


 ◎第61回岸田國士戯曲賞の候補作↓は8作品です。
   http://www.hakusuisha.co.jp/news/n17871.html
  選考会の結果は白水社のツイッター↓で速報あり!
   https://twitter.com/hakusuisha
  選考委員の方々のツイッターなど(五十音順、敬称略)↓
   岡田利規:https://twitter.com/a_jury_of_KPA
   ケラリーノ・サンドロヴィッチ:https://twitter.com/kerasand
   平田オリザ:https://www.facebook.com/oriza.hirata
   宮沢章夫:https://twitter.com/aki_u_ench


 ◎ご報告しておきたい「しのぶの演劇レビュー」内記事

 ・【稽古場レポート】ユマクトプロデュース『リリオム』01/18都内某所
   http://shinobutakano.com/2017/01/24/4335/

 ・【寄稿】まつもと市民芸術館の広報誌「幕があがる。」に
   寄稿しました(TCアルプ『人間ども集まれ!』)
   http://shinobutakano.com/2017/01/31/4460/


 ◎おすすめ舞台中継など on TV(おすすめがある時だけ掲載)

  今月は残念ながら該当放送なし。


 ◎地方新聞に掲載される新作邦画DVDの紹介記事を書いています。
  2017年1月分は下記の5作品を拝見します(順不同)。
  ・「団地」
    http://danchi-movie.com/
  ・「ぼくが命をいただいた3日間」
    http://bokunoinochi.com/
  ・「日本で一番悪い奴ら」
    http://www.nichiwaru.com/
  ・「葛城事件」←赤堀雅秋さんがご自身の戯曲を映画化。
    http://katsuragi-jiken.com/
  ・「森山中教習所」
    http://moriyama-movie.com/


 ◎2015年5月に「ダルカラードポッドキャスト」に出演しました!
   http://www.shinobu-review.jp/mt/archives/2015/0528091621.html
  約15年のご縁になる谷 賢一さんと我が家でおしゃべりしました(録音当時)。
  1時間ありますので、通勤・通学中などにお楽しみいただければ♪
  ※音源がなくなっているようです。復活できたらまたご報告します。

 ◎wonderlandに私のインタビュー記事↓が掲載されました(2015年2月)。
   http://www.shinobu-review.jp/mt/archives/2015/0318152052.html
  2013年9月の東大生によるインタビュー↓もよかったらどうぞ。
   http://www.shinobu-review.jp/mt/archives/2013/1120155340.html

 ◎当メルマガがまぐまぐ大賞2014・無料部門の
  エンターテイメント・ジャンルで4位に入賞↓しました!
   http://www.shinobu-review.jp/mt/archives/2014/1221174834.html
  まぐまぐ↓「【演劇好き必読】珠玉の演劇上演情報を無料で手に入れる!」
   http://www.mag2.com/p/news/3886

 ◎注目している役者さんに「しのぶさんのサイトでいつも
  オーディション情報をチェックしています」と言われて嬉しい!
  「受かりました!」と言われるともっと嬉しい♪
  「しのぶの演劇レビュー」に情報掲載をご希望の方は、
  お問い合わせフォーム↓からどうぞ。
   http://shinobutakano.com/contact/
  ※必ず掲載するわけではありません。ご了承ください。

 ◎ツイッターやってます!フォロワー約7600人に感謝♪
  ⇒ @shinorev : http://twitter.com/shinorev
  観劇感想の速報もたまにつぶやきます。
  震災・原発事故、政治・選挙関連のリツイートも多いです。

 ◎新聞・雑誌などに執筆する仕事をしています。
  お仕事のご依頼はこちらへ↓お気軽にどうぞ♪
   http://shinobutakano.com/contact/

 ◎「CoRich(こりっち)舞台芸術!」で
   http://stage.corich.jp/
  いつ、どこで、何が上演されているのかをスマホで簡単検索!
  感想も書き込めます♪ メンバー登録はこちら↓
   http://stage.corich.jp/login

 ◎「劇場に足を運ぶことが、日本人の習慣になって欲しい」
  それが私の望みです。
  これからもこつこつ、地道に続けて行きたいと思っております。
  皆様、どうぞよろしくお願いいたします♪

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◆7 【このメルマガについての注意事項(毎月同じ内容です)】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 このメルマガは、高野しのぶの演劇への情熱で書かれています。
 沢山の人に演劇に触れてもらいたい! ので、クチコミ・転送 大歓迎です♪

 ☆ご友人、お知り合いにどうぞこのメルマガをご紹介ください!
  【面白い演劇を紹介してるメルマガはコレ!】
   ⇒ http://www.mag2.com/m/0000134861.html

 ☆もしこのメルマガを観てお芝居に行かれたら、劇場でのアンケート用紙に
  「高野しのぶのメルマガで知った」等、書いていただけると嬉しいです♪

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ◎東京および関東近郊の情報に限らせていただいております。
 ◎掲載内容には細心の注意を払っておりますが、
  間違いがあることもあります。情報は主催者URLでご確認ください。
 ◎お薦めを観に行って面白くなかったら・・・ごめんなさいっ。

 ◎簡単なプロフィールはこちらです。
  → http://shinobutakano.com/introduction/

 ◎購読・解除はこちらから簡単にできます。
  まぐまぐ → http://www.mag2.com/m/0000134861.html

////////////////////////////////////////////////////////////////

今、面白い演劇はコレ!年200本観劇人のお薦め舞台

発行周期: 月刊+不定期 最新号:  2019/02/02 部数:  2,565部

ついでに読みたい

今、面白い演劇はコレ!年200本観劇人のお薦め舞台

発行周期:  月刊+不定期 最新号:  2019/02/02 部数:  2,565部

他のメルマガを読む