時事問題で楽しくマスター!使える会計知識

【時事問題で楽しくマスター!使える会計知識】日本の役員報酬、一位が武田、二位がLIXIL(日経18*12*12*3)

来年一気に1級まで合格をめざす2級・1級セット
http://bokikaikei.info/2013/03/post_758.html

--------------------------------------------------
2018.12.12                758

★時事問題で楽しくマスター!使える会計知識★

--------------------------------------------------
※解除の手続はご自身で!→ https://www.mag2.com/m/0000133281.html
--------------------------------------------------

【CONTENTS】

[1]日本の役員報酬、一位が武田、二位がLIXIL(日経18*12*12*3)

[2]初月無料「時事問題・財務分析マスターゼミ」

[3]編集後記


みなさんこんにちは!

公認会計士の柴山政行です。

「必ずやらなければならない」ということでも
締め切りにまじかにならないと、手を付けられない
という方もいることでしょう。

1つの業務を締め切りぎりぎり間に合わせるようになると、
他の業務にもしわ寄せがいきます。

そうなると、常に締め切りに追われるという
悪いスパイラルに入ってしまいがちです。

そうならないためには、後回しにしがちなものでも、
早い段階で軽く着手してみましょう。

全体を把握するだけでも、かなり有意義ですね。

自分が行う作業とは別に
下準備などをほかの人に依頼しておく
といったこともできたりします。

来年を良い年にするためにも
いまから取り掛かっておきましょう。

柴山式簿記講座の内容など
ご不明な点があればお気軽にどうぞ。

⇒ https://ssl.formman.com/form/pc/MoI17thWvMx49K57/


【柴山式簿記学習法で合格者多数輩出中】

簿記1級対策
⇒ https://bokikaikei.info/mboki1mag

簿記2級対策
⇒ https://bokikaikei.info/mboki2mag

簿記3級対策
⇒ https://bokikaikei.info/mboki3mag



それでは、本日のテーマです。


[1]日本の役員報酬、一位が武田、二位がLIXIL(日経18*12*12*3)

日産自動車のカルロス・ゴーン会長の逮捕があって以来、
関心の高まりを感じるのが役員報酬の金額です。

日米欧の最高経営責任者の役員報酬を比較すると、
米国が突出し、欧州もおおむね日本を上回っている
とのことです。

まあ、想像に固くないですね。


CEOや社長などの個人別の役員報酬額で行きますと、

米国
一位:ブロードコム・・・・・・・・・・・・・117.6億円
二位:レスリー・ムーンベス・・・・・・・・・75.9億円

欧州
一位:ロシュ・・・・・・・・・・・・・・・・16.7億円
二位:アンハイザー・ブッシュ・インベブ・・・16.1億円

日本
一位:武田薬品・・・・・・・・・・・・・・・12.1億円
二位:LIXIL・・・・・・・・・・・・・・11.2億円


一位と二位の比較による印象ですが、
米国は、突出していますね。

ヨーロッパは、日本よりやや高い、という感じです。

3位以下になると、もうすこし欧州と日本の差が開きます。
欧州では10位まではすべて10億円以上ですが、
日本では3位以下は10億円を下回ります。

いずれにせよ、すごい金額ですが。。。


意外だったのがLIXILの2位です。

ちなみに、上記報酬後の直近の業績は次のとおりです。

第二四半期で86億円の赤字を出したり、
通期予想(2048.10.31発表)が
97.3パーセントもの前期比マイナスだったりのようです。

(LIXIL 第2四半期決算短信)
https://ssl4.eir-parts.net/doc/5938/tdnet/1639785/00.pdf


さいきんある案件で軽く関わらせていただき、
そのとき、ちょっと〇〇で驚いたことがあり、
それで会社の財務状況はどうかな、と
興味を覚えて直近の決算をみたという次第です。

大変だとは思いますが、
人的資源などの経営リソースは豊富だと思うので、
今後いくらでも手のうちようはあることでしょう。
今後のご検討を祈りたいと思います。


最後に一つ。あくまで一般論です。
社員の意識が下がる、
取引先の意識が下がる、
会社の業績が下がる、
こういったことがもしもあるならば、
それは会社の大小を問わず、
すべてトップである社長の責任です。

柴山が経営指導をする時の個人理念でもあります。
ご参考まで。

ところで、会計処理につきましては、
役員報酬は、損益計算書上「販売費及び一般管理費」として
表示されます。

より細かくは、一般管理費のカテゴリーに入ります。


柴山政行


[2]初月無料「時事問題・財務分析マスターゼミ」

この講座は、柴山独自の視点で

「企業財務ニュース解説」
「経済ニュース解説」
「会計のワンポイント解説」
「毎月異なる上場企業の財務分析」

をお届けいたします。

今月のテーマはこちら
https://shibayama-kaikei.com/

特典として全20テーマ251分の
会計実践ゼミも視聴できます。

テーマの一覧はこちら
https://shibayama-kaikei.com/tokutendouga/

(個別の解説動画は会員の方しか見れません)

これだけの内容を
初月無料(0円)でご利用できます。

特典だけでも会計や経済ニュースの理解に
役立つ解説をご用意しています。

ぜひお試しください。
http://bokikaikei.net/master/



[3]編集後記

家事の分担票を作って、日付ごとに
レ点を入れるようにしています。

分担といっても、兄弟間で少し関連するようにしています。

三男が洗濯物を畳むには、
次男が物干しから洗濯物を取らないと畳むことができません。

そのため、三男から次男に声掛けがされます。

「洗濯物たたみたいから、取ってくださ~い」

といった具合です。

食器をしまうのは次男ですが
食器を洗うのは長男か私です。

食器が水切りかごに残ったままだと
次男に声がかかる、というわけです。

だいぶ連携がスムーズになってきました(^^)


ジンドウ




■著書一覧 

「(生)決算書レッスン ―有名企業の実物でたっぷり学ぶ」
「いちばんわかりやすいはじめての簿記入門」
「マンガでわかる! はじめての簿記」
「ポケット図解 会計がよ~くわかる本」
「日本一やさしい『決算書』の読み方」
「銀座の立ち飲み屋でなぜ行列ができるのか?」
「ボキトレ 日めくりドリル 日商簿記2級 商業簿記&工業簿記」
「銀座を歩けば経済がわかる! 」
「餃子の王将」決算書で儲けのポイントがサクッとわかる
「できる人の会計士思考入門」
「儲かる会社に変わるバランシート革命」
「半分売れ残るケーキ屋がなぜ儲かるのか」
「サバイバル会計学」
「簿記単」
「グーグル会計学」
「Google経済学」
「一目で見抜く!財務諸表解読法」
「トラの子を増やす 決算書の読み方」
「最新減価償却の基本と仕組みがよ~くわかる本」
「原価計算の基本と仕組みがよ~くわかる本」
「出る順問題集日商簿記3級」
「3時間でわかる原価計算入門」
「3時間でわかる会計学(共著)」
「最短でうかる!日商簿記2級講座 商業簿記」
「最短でうかる!日商簿記2級講座 工業簿記」
「3時間でわかる簿記入門」
「最短でうかる!日商簿記3級講座」

※取材、講演、税務顧問、財務分析等の
ご依頼・お問い合わせは、お気軽にどうぞ。

⇒ https://ssl.formman.com/form/pc/MoI17thWvMx49K57/


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

<ご注意下さい。>
分析内容につきましては、慎重を期しておりますが、決算書から読み取った
範囲での著者の私見によるものです。事実を保証するものではありません。
また、本メルマガの内容から生じた損害等についての責任は一切負いません。
以上をご了承の上、お楽しみくださいますよう、よろしくお願いいたします。

なお、本メールマガジンについてのご感想・ご意見・ご質問などがありまし
たら、ぜひぜひ、およせくださいませ。
⇒ contact@bokikaikei.net
発行者 柴山会計ラーニング株式会社 柴山 政行
Mag2ID 133281   http://bokikaikei.net/

時事問題で楽しくマスター!使える会計知識

発行周期: ほぼ 週刊 最新号:  2018/12/12 部数:  26,144部

ついでに読みたい

時事問題で楽しくマスター!使える会計知識

発行周期:  ほぼ 週刊 最新号:  2018/12/12 部数:  26,144部

他のメルマガを読む