税金を払う人・もらう人

【税金を払う人・もらう人】 「相続法改正!相続税法改正!配偶者居住権の評価」

□□□  □□□  □□□  □□□  □□■  □□■  □□■  □□□

 税金を払う人・もらう人
                            
 作者:税理士 今村 仁 2019/1/17 VOL.552 購読者:2,400名
                         
□□□  □□□  □□□  □□□  □□□  □□■  □□□  □□□

新年明けましておめでとうございます。

さて恐縮ですが、明日1月18日(金)にNHK「ごごナマ」の【助けて!
きわめびと】という冒頭のコーナーに生出演します。

午後1時05分~ 午後1時55分ぐらいの約40分間、「民法改正に伴う相続関係」
について解説させて頂きます。

生の全国放送のため、少し緊張気味ですが、ご興味ある方はご覧ください。
http://www.nhk.or.jp/osaka/gogonama/

今回のメルマガは、上記のNHKでもお話しさせて頂く予定の「配偶者居住権」
についてです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■■■【本日のシャウト】
 □■□    
 □■□ 「相続法改正!相続税法改正!配偶者居住権の評価」
      
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■相続法改正!

相続に関するトラブルを防ぐために、民法では、誰が相続人となり、また、
何が遺産にあたり、被相続人の権利義務がどのように受け継がれるかなど、
相続の基本的なルールが定められています。

この民法の相続について規定した部分を「相続法」と言います。

相続法は、昭和55年(1980年)に改正されて以降、大きな改正は行われていま
せんでしたが、高齢化の進展など社会環境の変化に対応するため、約40年ぶり
に大きな見直しが行われました。

今回の相続法の改正の主な内容は次のとおりです。

・配偶者居住権を創設
・自筆証書遺言に添付する財産目録の作成がパソコンで可能に
・法務局で自筆証書による遺言書が保管可能に
・被相続人の介護や看病で貢献した親族は金銭要求が可能に(特別寄与料の
請求)

今回は上記の中でも、特に「配偶者居住権を創設」について解説します。

■配偶者居住権とは?

配偶者居住権は、配偶者が相続開始時に被相続人が所有する建物に住んでいた
場合に、終身または一定期間、その建物を無償で使用することができる権利
です。

これは、建物についての権利を「負担付きの所有権」と「配偶者居住権」に
分け、遺産分割の際などに、配偶者が「配偶者居住権」を取得し、配偶者以外
の相続人が「負担付きの所有権」を取得することができるようにしたものです。

配偶者居住権は、自宅に住み続けることができる権利ですが、完全な所有権と
は異なり、人に売ったり、自由に貸したりすることができない分、評価額を
低く抑えることができます。

このため、配偶者はこれまで住んでいた自宅に住み続けながら、預貯金など
の他の財産もより多く取得できるようになり、配偶者のその後の生活の安定
を図ることができます。

■配偶者居住権の評価

では、配偶者居住権はどのようにして評価するのでしょうか。

昨年末に発表された2019年度税制改正大綱より、以下に記します。

相続税における配偶者居住権等の評価額を次のとおりとする。

イ 配偶者居住権
建物の時価-建物の時価×(残存耐用年数-存続年数)/残存耐用年数×存続
年数に応じた民法の法定利率による複利現価率

ロ 配偶者居住権が設定された建物(以下「居住建物」)の所有権建物の時価
-配偶者居住権の価額

ハ 配偶者居住権に基づく居住建物の敷地の利用に関する権利
土地等の時価-土地等の時価×存続年数に応じた民法の法定利率による
複利現価率

ニ 居住建物の敷地の所有権等
土地等の時価-敷地の利用に関する権利の価額

(注1)上記の「建物の時価」及び「土地等の時価」は、それぞれ配偶者居住
権が設定されていない場合の建物の時価又は土地等の時価とする。
 
(注2)上記の「残存耐用年数」とは、居住建物の所得税法に基づいて定めら
れている耐用年数(住宅用)に1.5を乗じて計算した年数から居住建物の
築後経過年数を控除した年数をいう。
 
(注3)上記の「存続年数」とは、次に掲げる場合の区分に応じそれぞれ次に
定める年数をいう。
(イ)配偶者居住権の存続期間が配偶者の終身の間である場合
配偶者の平均余命年数
(ロ)(イ)以外の場合
遺産分割協議等により定められた配偶者居住権の存続期間の年数(配偶者の
平均余命年数を上限とする。)
 
(注4)残存耐用年数又は残存耐用年数から存続年数を控除した年数が零以下
となる場合には、上記イの「(残存耐用年数-存続年数)/残存耐用年数」は、
零とする。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ご感想やご意見、実体験の話など、メールありがとうございます。
いただいたメールにはすべて目を通し、すべての方に返信させて
いただいています。
みなさんからのメールは本当に力にさせていただいています。

今後とも、ご意見・ご感想お待ちしています。
 → imamura@money-c.com 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


◎私たちは「経営者へのお役立ち度★世界一」の税理士事務所を目指します!
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★☆★★☆★★☆★★★★★★★
【発行者】マネーコンシェルジュ税理士法人/ビジネスサクセション(株)
     代表 今村 仁
【職業】税理士・事業承継M&Aコンサルタント
【活動拠点】大阪、京都、神戸、滋賀、奈良、東京、横浜
【HP】https://www.money-c.com https://www.business-s.jp
【メルマガ登録・解除】 http://www.mag2.com/m/0000133180.htm 
【作者に直接メールする】 imamura@money-c.com 
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★☆★★★★★★★★★★
このメルマガは「節税は義務、納税は権利」をスローガンに毎週木曜日に配信

★社内・取引先など転送は自由です。どんどん転送してください。
 税金に関心のある方が増えることを期待しています。

★ご意見・ご質問・仕事の依頼など、どんな些細なことでもメールを
 いただければ、お返事を書かせていただきます
 (但し税金の個別質問についてはご遠慮ください)。
 → < imamura@money-c.com >


【編集後記】
■今週末はセンター
がんばれ!


Copyright 2004  All rights reserved By マネーコンシェルジュ税理士法人

税金を払う人・もらう人

発行周期: 週刊 最新号:  2019/01/17 部数:  2,327部

ついでに読みたい

税金を払う人・もらう人

発行周期:  週刊 最新号:  2019/01/17 部数:  2,327部

他のメルマガを読む