操体(SOTAI)コラム 自療することのすすめ

操体(SOTAI)コラム No.265「どの自分と関わるのか?(後編)」

カテゴリー: 2009年12月30日
↑↑↑
【注意】上記のPR広告はまぐまぐメルマガに自働的に入るもので、
    大堀 亮造が個人的に推奨しているわけではありません。



こんにちは。

操体プラクティショナーの大堀です。


本日は2009年最後のメルマガです。

あなたにとって、今年はどんな一年だったでしょうか?

2009年の最後に、言うだけで幸せになってしまう究極の呪文(マントラ)をお伝えします。


(編集後記へつづく)


∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞


●どの自分と関わるのか?(後編)


今年、施術をしていて大きな気づきとなったのは

「相手の関心をどこに向けるのか?」

がとても大事なのだということ。


・自分が大嫌いな人

・自分は悪い人だと思っている人

・自分の悪いところばかり気になる人

・自己評価の低い人

・自己イメージが悪い人


もし、あなたがそういう状態だったら、

絵本「きつねのおきゃくさま」
http://tinyurl.com/mf2h8v

を是非読んでほしいのです。



きつねは自分の良い部分に関心を向けたから変われたのです。


「私は鬱病です」という人がいたとします。

私=鬱病

と自分で言いきってしまっています。


そうではなくて、

「私は今、鬱状態です」

「私は鬱の自分を持っています」

「私の中の一部分が鬱で苦しんでいます」

という言い方にして欲しいのです。


悪いところを取り出して治そうとすればするほど

その悪いところにエネルギーを注ぎ込むことになり、気分が悪くなります。


会議などでも、

・何が問題なんだろうか?

問題の原因を追及するような会議は暗くなりがちです。


そうではなくて、

うまくいっている会社はどんなことをしているんだろう?

という会議は明るくなりやすいです。


体も同じことです。

悪いところ、痛いところ、辛いところにばかり意識を向けているうちは

体は自己治癒力を発揮しにくいのです。


自分の中にある「良いところ」に関心を向ける。

これを体で実践するのが操体です。

体だと変化がすぐに出るので法則として分かりやすいのです。



「自分を愛しなさい」なんて言われてもピンと来ませんが、

「体を大事にしましょうね」は取りかかりやすいのです。



「体が気持ちいいと感じることに関心を向ける」

これだけでも人生が変わりはじめます。


2010年こそ、自分の人生を本気で変えたい!!

というあなた!来年お会いするのを楽しみにしています。





★あなたからの質問を募集します


あなたに、このメルマガに参加して欲しいのです。

別に操体に関することでなくても大丈夫ですよ。

体のことだけでなく、心理的なお悩みでも可能です。


聞くは一時の恥といいますが、思い切ってメールすることによって

何か気づくことがあるかもしれませんよ。

件名を「操体コラム質問」として送ってくださいね!





★コラムを読んで「実際に操体の施術を受けてみたい」と思った方はこちらの
ページをご確認の上、ご予約ください↓
http://sotaiohori.com/


∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞


●操体法スキルアップ講座 4期生募集中


※2010年4月開講の4期生の募集を開始しました。残り2名になりました。



自分の体のメンテナンスだけではなく、

家族や友人にも操体をしてあげたいという方へ

 

【参加者の目標】

1.一人操体をさらにスキルアップさせる

2.二人操体の操者として鍛練し、必要な体(統一された体)をつくる

3.二人操体の基礎(足趾の操法と5つの基本操法)を身につけ、
  家族や友人に操体をしてあげれるようになる



【対象者】

・自立支援することに興味がある人

・何か体のことで人を指導する立場にある人

(スポーツ、武道、治療家、セラピスト、体操の先生、トレーナー、
 理学療法士、看護師、音楽家などジャンル問わず)



下記のような方には、特におすすめです。

「操体は面白いもっと深く学んでみたい」


「自分がやっているスポーツ、武道、音楽などの指導で操体を活かしたい」


「自分がやっている治療法、セラピーで操体を活かしたい」


「セルフメンテナンスだけでなく家族にもやってあげたい」


「身近な人にもっと貢献できる自分になりたい」


「体の使い方をマスターしたい全身を統一させて使いたい」


「施術者としての手のつくり方、体の練り方をマスターしたい」


操体法スキルアップ講座の詳細はこちらをご覧ください。
↓↓↓
http://horigaba.sakura.ne.jp/hutarisoutai/


∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞


●操体とは?

操体(そうたい)・操体法(そうたいほう)とは、故・橋本敬三医師(1897
-1993)が、日本古来から伝わる正體術(整体とは異なる)に東洋医学のエッセ
ンスを加え、さらに近代医学知識を統合させて体系化したものです。

操体は治療法・テクニックではなく、動物本来が持っている原始感覚(快か不
快かを見極める感覚)を取り戻し、正しい体の理(ことわり)を自分の身体の体
感を通して学ぶ実践哲学・自然法則です。

施術では痛いことはしません。「気持ちいい」という快適感覚を聞き分け、
味わうことによって心身のバランスが改善されていきます。

・筋骨格系の異常改善(肩こり、五十肩、腰痛、頭痛、膝痛、打撲、捻挫など)
・身体のバランス改善と定期的なメンテナンス(病気などの予防)
・スポーツ、武道における身体能力の向上・試合前の身体調整
(柔軟性の向上、突き蹴りの威力UPなど)
・O脚、X脚、猫背、姿勢改善など美容的な調整
・不眠、便秘、血行不良、冷え性、足のむくみの改善
・精神安定、リラクゼーションなどの癒し効果
・本当の自分に出会う、自立、自己を確立させる、人生を好転させる...etc

上記に限らず、操体施術を受ける方のニーズは多種多様です。
自らを癒し、養う操体を学べば一生の財産となること間違いなしです。

操体に関する詳細はこちら↓
http://sotaiohori.com/about/

このメルマガは、まだまだ一般の方に知られていない操体の魅力をお伝えすること
を目的にしています。少しでも日ごろの生活・健康に役立てば幸いです。

下記のような方におすすめです。

「色々な治療法を試したが、効果がイマイチ。もっと自分にあった療法はないものか?」

「どうも手足の長さが違うし、姿勢も悪い。これは何が原因でどうやったら治るのか?」

「自分で自分を治すなんてことはできないのだろうか?」

「会社の朝礼で使えるような面白いうんちく話はないものか?」

「操体法に興味がある。一体どういうものなんだ?」


∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞


■メールマガジン名: 操体(SOTAI)コラム 自療することのすすめ

■マガジンID: 0000132455

■最新号発行部数:1450部ぐらい

■発行周期: ほぼ毎週水曜日

■発行者:操体プラクティショナー 大堀亮造(おおほり りょうぞう)

34歳、神戸市北区出身、兵庫県立兵庫高校卒。関西学院大学商学部卒。
松下電器産業株式会社に6年間勤務して脱サラ(主に家電量販店ルートのエア
コン担当としてコジマ、ケーズデンキなどの本部商談を担当)現在は操体で独
立開業中。武術研究マニアでもあります。資格・趣味・特技・・・健康管理士
一般指導員、スポーツプログラマー、日本メンタルヘルス協会認定心理カウン
セラー、TFTアルゴリズム、四魂コンサルタント、ホームヘルパー2級、
剣道二段(兵庫高校剣道部主将)、少林寺拳法四段(関西学院大学少林寺拳法部
第31代主将)、通背拳3級、スキューバダイビング(アドバンス)、
フォトリーディング講座修了、読書、映画鑑賞etc

プロフィール詳細⇒ http://sotaiohori.com/profile/

■発行者住所: 東京都武蔵野市吉祥寺東町3-1-4-201

■お問い合わせ先:メール ohori@hi-ho.ne.jp  電話 0422-20-1370

※このメールに直接返信すれば私にメールが届きます。


■発行者運営サイト:

○操体おおほり癒養院(そうたいおおほりゆよういん)
 http://sotaiohori.com/
 ※操体に関する詳細はこちらのHPをご覧ください

○楽天日記 操体おおほり癒養院のブログ
 http://plaza.rakuten.co.jp/ohori/
 ※操体の施術レポートと日常の出来事を綴っています。

○漸々修学少林寺(ぜんぜんしゅうがくしょうりんじ)
 http://page.freett.com/shourin/kangakushourinji.htm
 ※少林寺拳法を中心とした武術のサイトです。

○アメーバブログ「達人への道」
 http://ohori.ameblo.jp/ 
 ※少林寺拳法と操体をベースとした武術的な身体運用を研究している中
    から気づいたことを書いています。
    
○大堀 亮造の「ついったー」
 http://twitter.com/horihori0825
 ※日常で思ったことをつぶやいています。格言集みたいになっています。


∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

●編集後記


2010年は私にとっては「父親になった」記念すべき一年でした。


子供から学ぶことって多いですね。

先日、娘の絢子がギャーギャーと泣き叫んで大変だったのですが、

「さて、何を怒っているんだろうか?」

と思い返したところ・・・


私が映画「ラスト・サムライ」に夢中になってしまい、

娘をしばらく放置していたことを思い出しました。


目を見つめながら、そのことについて謝ると、

途端に泣きやんで笑顔になったのでした。


乳児であっても、大人が言っていること、

やっていることをちゃんと理解している!

いや~本当に驚きました。

【教訓】目の前の相手と一緒にいることに集中すること


今、目の前にいる相手と時間を共有できることの素晴らしさ

これをもっと実感しないとなぁ~と娘に教わりました。


P.S.でも、またしばらくするとグズッて大変でしたけれどね(^_^;)




最後に、言うだけで幸せになれる究極のマントラをお伝えします。


ズバリ!「幸せだなぁ~」です。

これは、斎藤ひとりさんがよく言っていることで有名ですよね。



でも、何もなくてもただ「幸せだなぁ~」

というのは無意識が抵抗するので一工夫しましょう。


何でもいいのですが、小さな幸せと遭遇したときにこそ

「幸せだなぁ~」とつぶやいてみてください。


例えば、終電に間に合ったとか、100円拾ったとか、

美味しいものを食べたとか、懐かしい人から連絡があったとか、

・・・何でもいいのです。



どんな小さなことからでも幸せに感じることができる人こそ、

本当に幸せな人なのだと思います。


生きているだけでも「幸せだなぁ~」と言えたら究極ですよね。


2010年も素晴らしいことがたくさん起きて、

ますます幸せになりますように!


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

それではまた来週

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

もし、書いてある内容を気に入られましたら、
あなたの回りの人にもこのメルマガを是非紹介してくださいね

ご意見・ご感想・ご質問・励ましなどなどお便りは
このメルマガに直接返信していただければ届きますのでお気軽に♪

尚、無断転載はご遠慮ください。

Copyright(C) Sotai Ohori Yuyouin

このメルマガは現在休刊中です

このメルマガは
現在休刊中です

ついでに読みたい

このメルマガは
現在休刊中です

他のメルマガを読む