操体(SOTAI)コラム 自療することのすすめ

操体(SOTAI)コラム No.240 「読者からの質問 生きるとはどういう意味があるのか?(音声ファイル)前編」

カテゴリー: 2009年06月24日
こんにちは。

操体プラクティショナーの大堀です。


ちょっと配信時間が遅れました。

近所に美味しいお店ができました。



つづきは編集後記にて



それでは、本日もよろしくお願いします!

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞


●読者からの質問「生きるとはどういう意味があるのか?(音声ファイル) 前編」



読者の方から、下記のようなご質問をいただきました!


「つらい事ばかりなんですが、何で生きないといけないのですか?

 生きるとは、どういう意味あるのですか?

 幸せいっぱいの新婚さんには、酷な質問ですね。ごめんなさい。」



質問への回答を音声ファイルにまとめました!

今日はその前編をお届けします。(約8分ほど)


会社などで読んでいる人は、音が出るのでご注意くださいね(^_^;)

こちらからダウンロードしてお聴きください。
↓↓↓
http://horigaba.sakura.ne.jp/turai.wma



★あなたからの質問を募集します!


あなたに、このメルマガに参加して欲しいのです。

別に操体に関することでなくてもOKです。

体のことだけでなく、心理的なお悩みでも可能です。


聞くは一時の恥といいますが、思い切ってメールすることによって

何か気づくことがあるかもしれませんよ!

件名を「操体コラム質問」として送ってくださいね!





★コラムを読んで「実際に操体の施術を受けてみたい!」と思った方はこちらの
ページをご確認の上、ご予約ください↓
http://www.hi-ho.ne.jp/ohori/sotai.htm




∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞


●二人操体基礎講座 第3期生募集中です!


二人操体の基礎を身につけて、
家族や友人の健康をサポートしたいあなたへ

この講座の目的は、自分の体を整えて鍛練し、
自分の身の回りの家族や友人に操体をしてあげれるようになることです。

「一生の財産」となる二人操体を学んでみませんか?

ちなみに、この講座は私のライフワークとして一生続けていきます。


2009年10月開講の第3期生の募集をスタートしました。

ご興味がおありの方は6名限定ですのでお早めにお申し込みください。
↓↓↓
http://horigaba.sakura.ne.jp/hutarisoutai/


∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞


●操体とは?

操体(そうたい)・操体法(そうたいほう)とは、故・橋本敬三医師(1897
−1993)が、日本古来から伝わる正體術(整体とは異なる)に東洋医学のエッセ
ンスを加え、さらに近代医学知識を統合させて体系化したものです。

操体は治療法・テクニックではなく、動物本来が持っている原始感覚(快か不
快かを見極める感覚)を取り戻し、正しい体の理(ことわり)を自分の身体の体
感を通して学ぶ実践哲学・自然法則です。

施術では痛いことはしません。「気持ちいい」という快適感覚を聞き分け、
味わうことによって心身のバランスが改善されていきます。

・筋骨格系の異常改善(肩こり、五十肩、腰痛、頭痛、膝痛、打撲、捻挫など)
・身体のバランス改善と定期的なメンテナンス(病気などの予防)
・スポーツ、武道における身体能力の向上・試合前の身体調整
(柔軟性の向上、突き蹴りの威力UPなど)
・O脚、X脚、猫背、姿勢改善など美容的な調整
・不眠、便秘、血行不良、冷え性、足のむくみの改善
・精神安定、リラクゼーションなどの癒し効果
・本当の自分に出会う、自己を確立させる、人生を好転させる...etc

上記に限らず、操体施術を受ける方のニーズは多種多様です。
自らを癒し、養う操体を学べば一生の財産となること間違いなしです。

操体に関する詳細はこちら↓
http://www.hi-ho.ne.jp/ohori/sotai-tokutyo.htm

このメルマガは、まだまだ一般の方に知られていない操体の魅力をお伝えすること
を目的にしています。少しでも日ごろの生活・健康に役立てば幸いです。

下記のような方におすすめです。

「色々な治療法を試したが、効果がイマイチ。もっと自分にあった療法はないものか?」

「どうも手足の長さが違うし、姿勢も悪い。これは何が原因でどうやったら治るのか?」

「自分で自分を治すなんてことはできないのだろうか?」

「会社の朝礼で使えるような面白いうんちく話はないものか?」

「操体法に興味がある。一体どういうものなんだ?」


∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞


■メールマガジン名: 操体(SOTAI)コラム 自療することのすすめ

■マガジンID: 0000132455

■最新号発行部数:1450部ぐらい

■発行周期: ほぼ毎週水曜日

■発行者:操体プラクティショナー 大堀亮造(おおほり りょうぞう)

33歳、神戸市北区出身、兵庫県立兵庫高校卒。関西学院大学商学部卒。
松下電器産業株式会社に6年間勤務して脱サラ(主に家電量販店ルートのエア
コン担当としてコジマ、ケーズデンキなどの本部商談を担当)現在は操体で独
立開業中。武術研究マニアでもあります。資格・趣味・特技・・・健康管理士
一般指導員、スポーツプログラマー、日本メンタルヘルス協会認定心理カウン
セラー、TFTアルゴリズム、四魂コンサルタント、ホームヘルパー2級、
剣道二段(兵庫高校剣道部主将)、少林寺拳法四段(関西学院大学少林寺拳法部
第31代主将)、通背拳3級、スキューバダイビング(アドバンス)、
フォトリーディング講座修了、ファンスキー(サロモンのスノーブレイド)、
読書、映画鑑賞etc

プロフィール詳細⇒ http://www.hi-ho.ne.jp/ohori/sotai-shoukai.htm

■発行者住所: 東京都武蔵野市吉祥寺東町3−1−4−201

■お問い合わせ先:メール ohori@hi-ho.ne.jp  電話 0422-20-1370

※このメールに直接返信すれば私にメールが届きます。


■発行者運営サイト:

○操体おおほり癒養院(そうたいおおほりゆよういん)
 http://www.hi-ho.ne.jp/ohori/sotai.htm
 ※操体に関する詳細はこちらのHPをご覧ください!

○楽天日記 操体おおほり癒養院のブログ
 http://plaza.rakuten.co.jp/ohori/
 ※操体の施術レポートと日常の出来事を綴っています。

○漸々修学少林寺(ぜんぜんしゅうがくしょうりんじ)
 http://page.freett.com/shourin/kangakushourinji.htm
 ※少林寺拳法を中心とした武術のサイトです。

○アメーバブログ「達人への道」
 http://ohori.ameblo.jp/ 
 ※少林寺拳法と操体をベースとした武術的な身体運用を研究している中
    から気づいたことを書いています。



∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

●編集後記


うちの近所にできた美味しいお店はこちら!
↓↓↓
http://www.bo-peep-kichijoji.com/

コーヒーが美味しいのです!

ティラミス、シュークリーム、タルトも食べましたが、

洋酒が効いててなかなかのこだわりようです(*^_^*)


私はよくわかりませんが、

妻が「ここは食器にもこだわっている!」と言ってました。


吉祥寺駅から当院の途中にありますから、

操体の帰りにでも寄ってみてくださいね〜



さてさて、本日は最後に、

虐待専門のカウンセラー岡田ユキさんをご紹介させていただきます。


岡田さんは幼少期に家族から虐待を受けてそれを乗り越えた自らの経験を活かし、

虐待を受けた人=アダルトチルドレンが立ち直ることを専門に活躍されている方です。


私も心理カウンセラーの資格は持っていますが、

岡田さんに出会うまでは虐待を受けたことのある人の

心理的なケアの具体的な方法については全くの無知でした。


「ええっ!虐待を受けてきた人はそんな風に考えているの!?」

とビックリするとともに、これはより多くの治療家、セラピスト、カウンセラー、

いや普通の人も知っておかねばならないことだなと痛感した次第です。


こちらで岡田さんの映像が見れます!
↓↓↓
http://www.nones.tv/channel/2009/06/post_110.html

「自分には関係ないや」などと思わず、是非、ご覧になってくださいね!




最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

それではまた来週!

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

もし、書いてある内容を気に入られましたら、
あなたの回りの人にもこのメルマガを是非紹介してくださいね!

ご意見・ご感想・ご質問・励ましなどなどお便りは
このメルマガに直接返信していただければ届きますのでお気軽に♪

尚、無断転載はご遠慮ください。

Copyright(C) Sotai Ohori Yuyouin

このメルマガは現在休刊中です

ついでに読みたい

このメルマガは
現在休刊中です

他のメルマガを読む