操体(SOTAI)コラム 自療することのすすめ

操体(SOTAI)コラム No.193「継続は力なり 後編」

カテゴリー: 2008年04月23日
こんにちは。

操体プラクティショナーの大堀です。



★過去に操体おおほり癒養院に来院したことのある方へ


2ヶ月ほど前から、お客様限定のメルマガを配信中です。

「私には届いていないよ!読みたい!」という人がいましたら、

ohori@hi-ho.ne.jp

までお名前とメールアドレスを書いて送ってください。

よろしくお願いいたします。




5月31日にまた特別講習会をします!

いよいよ3部作の最終回です。


詳細は下記の通りです。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞


●【第3回 操体おおほり癒養院 特別講習会】


【開催の目的】
・自立支援(自己確立した人を増やす)
・指導者育成(自他共楽できる人を増やす)
・切磋琢磨できる場の提供(お互いに学び合える仲間を増やす)


【日 程】:
平成20年5月31日(土) 午後1:00〜5:00
※午後5時30分〜懇親会を予定しています。奮ってご参加ください!


【場 所】:
東京都武蔵野市の吉祥寺駅から徒歩数分の会場
※入金していただいた方には詳細をお知らせします。


【受講料】:
5000円【当院の施術・講習会を受けたことはないが、大堀と顔見知りの人】
3000円【当院の施術・講習会を受けたことがある人(前回の特別講習会を含む)】

※今回より、過去に私の操体施術・講習会を受けたことのある人、
 もしくは私と直接会ったことがある人限定となります。
 特別講習会に参加したい方はまず一度、操体の施術を体験しにきてください。

※お支払い方法は銀行振り込みとなります。





【内 容】:

メインテーマ「強い自分をつくる方法」

※下記、内容はあくまでも予定ですので変更する可能性があります。

・根っこの法則(さらに深く)
・「体は会社と同じ」のお話
・施術で有効だったカウンセリング手法
・相手との一体感を得る練習
・対人関係でマイナスの影響を受けない方法
・二人でできる簡単操体法
・魂レベルのアファメーション


今回は実技と講義を半々ぐらいにしようと思います。



申し込み締め切りは5月28日。定員は30名です。
お申し込みは今すぐこちらから!
↓↓↓ 
https://ssl.formman.com/form/pc/4HH9uATWoJUnxQxk/


∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞


●継続すること 後編


長く通っているからこそ、

何回も施術を受けているからこそ「気づけること」も多い


このことをラーメンに喩えると・・・


私は天下一品のラーメンが好きなのです。

今でも月に1回以上は行ってます。


生まれてはじめてあのこってり味を食べたとき、

「なっ、なんじゃこりゃ!?ドロドロやん!」と驚いたのを覚えています。

でも、美味しくて一気に食べてしまいました。


大学生のころですから、15年ほど前の話です。

でも、あのこってりしたラーメンを食べ続けてわかったのは・・・

自分の体調によって味がかなり変わるということ。



操体の施術も似ていて、初回で気持ちよさを強く感じる人が多いです。

なぜなら、それだけ疲れを溜めてきたからギャップがよくわかるんですね。


お腹がすいているときは何を食べても美味しいし、ガツガツいきますよね?

それと同じです。


ただ、何度も通っていると最初のような強烈な気持ちのよさはなくなります。

気持ちのよさ=不快から快へ戻るときに出てくる感覚だからです。

ですから、しばらく来ない人が久しぶりに来ると

「ああ、凄く気持ちいい!」とまた強く感じます。


定期的に継続して来ている人は

強烈な気持ちのよさはなくなっていきますが、

少しずつ繊細な感覚が育ってきて、

普通の人が分からないような違和感がわかるようになっていきます。

観察力がついてきて、自分の体調がより自分で把握できるようになってくるのです。



実はこれは他のことでも言えます。

マーケティングで市場動向を知るために定点観測をしていると

長期間やれば、ちょっとした小さな変化を知ることができるのと同じです。



昔の武術の達人は毎日同じ生活をすることで

違和感を敏感に察知する能力を養っていたそうです。


「同じことを淡々と続ける」

これが小さな変化に敏感になるひとつの方法です。


当たり前ですが、継続することで見えてくる世界は、

継続したものにしかわかりません。


あなたは何かを継続していますか?




★コラムを読んで「実際に操体の施術を受けてみたい!」と思った方はこちらの
ページをご確認の上、ご予約ください↓
http://www.hi-ho.ne.jp/ohori/sotai.htm


∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

●操体とは?

操体(そうたい)・操体法(そうたいほう)とは、故・橋本敬三医師(1897
−1993)が、日本古来から伝わる正體術(整体とは異なる)に東洋医学のエッセ
ンスを加え、さらに近代医学知識を統合させて体系化したものです。

操体は治療法・テクニックではなく、動物本来が持っている原始感覚(快か不
快かを見極める感覚)を取り戻し、正しい体の理(ことわり)を自分の身体の体
感を通して学ぶ実践哲学・自然法則です。

施術では痛いことはしません。「気持ちいい」という快適感覚を聞き分け、
味わうことによって心身のバランスが改善されていきます。

・筋骨格系の異常改善(肩こり、五十肩、腰痛、頭痛、膝痛、打撲、捻挫など)
・身体のバランス改善と定期的なメンテナンス(病気などの予防)
・スポーツ、武道における身体能力の向上・試合前の身体調整
(柔軟性の向上、突き蹴りの威力UPなど)
・O脚、X脚、猫背、姿勢改善など美容的な調整
・不眠、便秘、血行不良、冷え性、足のむくみの改善
・精神安定、リラクゼーションなどの癒し効果
・本当の自分に出会う、自己を確立させる、人生を好転させる...etc

上記に限らず、操体施術を受ける方のニーズは多種多様です。
自らを癒し、養う操体を学べば一生の財産となること間違いなしです。

操体に関する詳細はこちら↓
http://www.hi-ho.ne.jp/ohori/sotai-tokutyo.htm

このメルマガは、まだまだ一般の方に知られていない操体の魅力をお伝えすること
を目的にしています。少しでも日ごろの生活・健康に役立てば幸いです。

下記のような方におすすめです。

「色々な治療法を試したが、効果がイマイチ。もっと自分にあった療法はないものか?」

「どうも手足の長さが違うし、姿勢も悪い。これは何が原因でどうやったら治るのか?」

「自分で自分を治すなんてことはできないのだろうか?」

「会社の朝礼で使えるような面白いうんちく話はないものか?」

「操体法に興味がある。一体どういうものなんだ?」


∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞


■メールマガジン名: 操体(SOTAI)コラム 自療することのすすめ

■マガジンID: 0000132455

■最新号発行部数:1669部ぐらい

■発行周期: ほぼ毎週水曜日

■発行者:操体プラクティショナー 大堀亮造(おおほり りょうぞう)

32歳、神戸市北区出身、兵庫県立兵庫高校卒。関西学院大学商学部卒。
松下電器産業株式会社に6年間勤務して脱サラ(主に家電量販店ルートのエア
コン担当としてコジマ、ケーズデンキなどの本部商談を担当)現在は操体で独
立開業中。武術研究マニアでもあります。資格・趣味・特技・・・健康管理士
一般指導員、スポーツプログラマー、日本メンタルヘルス協会認定心理カウン
セラー、TFTアルゴリズム、ホームヘルパー2級、剣道二段(兵庫高校剣道
部主将)、少林寺拳法四段(関西学院大学少林寺拳法部第31代主将)、
通背拳4級、スキューバダイビング(アドバンス)、フォトリーディング講座
修了、ファンスキー(サロモンのスノーブレイド)、読書、映画鑑賞etc

プロフィール詳細⇒ http://www.hi-ho.ne.jp/ohori/sotai-shoukai.htm


■発行者運営サイト:

○操体おおほり癒養院(そうたいおおほりゆよういん)
 http://www.hi-ho.ne.jp/ohori/sotai.htm
 ※操体に関する詳細はこちらのHPをご覧ください!

○楽天日記 操体プラクティショナーりょうがゆく!
 http://plaza.rakuten.co.jp/ohori/
 ※操体の施術レポートと日常の出来事を綴っています。

○漸々修学少林寺(ぜんぜんしゅうがくしょうりんじ)
 http://page.freett.com/shourin/kangakushourinji.htm
 ※少林寺拳法を中心とした武術のサイトです。

○アメーバブログ「達人への道」
 http://ohori.ameblo.jp/ 
 ※少林寺拳法と操体をベースとした武術的な身体運用を研究している中
    から気づいたことを書いています。



∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

●編集後記


昨日、メキキの会
http://www.mekiki.ne.jp/
の営業頭脳場で

「飛び込み営業のプロ」の方のお話を聴くことができました。

どうやったら売り込まずに売ることができるのか?

「引きの営業」その極意とは???










実は拍子抜けしたことに内容的には

すでに本などで知っている内容だったのです。


(購買心理の7段階)

注意⇒興味⇒連想⇒欲求⇒比較⇒信用⇒決定

というやつです。



しかーし!!!


「知っていることとできることはまったく違うのだ!」

と改めて認識させられました。


知識だけを得たいなら今は本やインターネットでいくらでも手に入るでしょう。


でも、それを本当に使いこなせているのかどうか?

これはその人の実体験が伴っているのかどうかにかかっているのです。


要するに使ってなんぼ、経験してなんぼなんですね。

セミナーに出ると実際に使ってきた人、体験した人の生の声が聴けます。

そのことによって無機質な知識が生きた知識になる

これがセミナーの素晴らしいところなのです!

だから一般的に本よりも高額なんですね〜


それでは、また来週♪

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

あなたの回りの人にもこのメルマガを是非紹介してくださいね!

ご意見・ご感想・ご質問・励ましなどなどお便りは ohori@hi-ho.ne.jp まで!

尚、無断転載はご遠慮ください。

Copyright(C) Sotai Ohori Yuyouin

このメルマガは現在休刊中です

ついでに読みたい

このメルマガは
現在休刊中です

他のメルマガを読む