操体(SOTAI)コラム 自療することのすすめ

操体(SOTAI)コラム vol.29 「身体の歪みをチェックしてみよう その2」

カテゴリー: 2004年11月24日
《目次》

●操体とは?
 操体の名前をはじめて聞いた人のために操体とは何なのか?を簡単に説明して
います。

●操体コラム「身体の歪みをチェックしてみよう その2」
 このメルマガの本編。操体の魅力を様々な角度からご紹介していきます。

●お客様の声
 実際に操体施術を受けていただいた方の生の声です。

●今週のおすすめ本・ビデオ
 私が一押しする本・ビデオをジャンルにとらわれずに紹介していきます。

●メルマガ相互広告
 発行部数にはこだわりません。相互広告は大歓迎です!

●編集後記
 日常の出来事、ふと思ったことなどを綴っていきます。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

●操体とは?

 操体(そうたい)・操体法(そうたいほう)とは、故・橋本敬三医師(1897
−1993)が、日本古流武術の流れを汲む正體術(整体とは異なる)に東洋医学の
エッセンスを加え、さらに近代医学知識を統合させて体系化したものです。

 操体は治療法・テクニックではなく、動物本来が持っている原始感覚(快か不
快かを見極める感覚)を取り戻し、正しい体の理(ことわり)を自分の身体の体
感を通して学ぶ実践哲学・自然法則です。

 施術では痛いことは一切しません。「気持ちいい」という快適感覚を聞き分け、
味わうことによって全身のバランスが改善されていきます。

 ・筋骨格系の異常改善(肩こり、五十肩、腰痛、頭痛、膝痛、打撲、捻挫など)
 ・身体のバランス改善と定期的なメンテナンス(病気などの予防)
 ・スポーツ、武道における身体能力の向上・試合前の身体調整
  (柔軟性の向上、突き蹴りの威力UPなど)
 ・O脚、X脚、猫背、姿勢改善など美容的な調整
 ・不眠、便秘、血行不良、冷え性、足のむくみの改善
 ・精神安定、リラクゼーションなどの癒し効果...etc

上記に限らず、操体施術を受ける方のニーズは多種多様です。
自らを癒し、養う操体を学べば一生の財産となること間違いなしです。
 

このメルマガは、まだまだ一般の方に知られていない操体の魅力をお伝えすること
を目的にしています。少しでも日ごろの生活・健康に役立てば幸いです。

下記のような方におすすめです。

「色々な治療法を試したが、効果がイマイチ。もっと自分にあった療法はないものか?」

「どうも手足の長さが違うし、姿勢も悪い。これは何が原因でどうやったら治るのか?」

「自分で自分を治すなんてことはできないのだろうか?」

「会社の朝礼で使えるような面白いうんちく話はないものか?」

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞


●操体コラム「身体の歪みをチェックしてみよう その2」


前回の続きです。まずは鏡の中の自分の姿をよくよく観察してください。

えっ!?どこをどう観たらよいかがわからないですって?

・・・それはそうでしょう。その観る目が養われていればもうプロですから!

まずは大まかに全体のバランスを観て、次に細かいところを観ていくのがよい
と思います。物事を理解するのと同じですね。まずは全体的な大きな問題点を
把握してから、細かい問題点を把握していく。

柱など垂直なものと、天井や床など水平なものの中で全身を眺めるように観る
と前後左右のバランスの崩れがわかりやすいと思います。まっすぐな細い棒を
使って差を観るとよりわかりやすいと思います。

下から順番に、足幅と位置、爪先の角度、膝の向き、腰骨の高さ、胸の高さ、
肩の高さ、肩腰の捩れ、腕の長さと位置、首の傾き、顔の左右差・・・などな
ど形態的な差をじっくり観てみましょう。

いつも自分の身体をチェックしていれば、自分の身体の癖がわかってくるはず
です。自分の身体を客観的に観る習慣をつけることは、自分の内面も客観的に
観ることにつながります。よく言われることですが、心身一如です。

一般的に右利きの人は右肩が落ちて、首が右へ傾いており、左足がやや前に出
て、右足の爪先がやや外へ開き気味の人が多いのです。(もちろん、違う人も
いますのであくまでも統計的に多いというだけです)

また、左足で踏ん張ることが多いので左足が太くなり、冬になるとブーツが左
しか入らない女性もいることでしょう。

ハイヒールを履いている女性は、足の親指と第二指の付け根のところに固いマ
メができている人が多いですが、左のマメの方がひどくなっていることが多い
です。

体重計を二つ用意して、それに左右の足をひとつずつ載せて計ったら、左足の
方が体重が重くなっているはずです。この左右差が身体を悪くする原因になる
わけです。

「えっ!?ホントに????」

と信じられない人はまず自分の身体をチェックして、ついでに周りの人もよく
よく観察してみてください。

街中を歩く楽しみが一つ増えたと思えばいいのです。ヒューマンウォッチング
です。都会なほど、歪みのない人はほとんどいないことに気づくと思います。

身体はその人の通信簿のようなもの。今までどういう身体の使い方をしてきた
のか?その人の歴史が刻み込まれているのです。

(つづく)

★よりお役に立てる情報を配信したいと思いますので、日ごろから疑問に思って
いること、操体に対する質問、こういう内容を書いて欲しいなどのご要望などを
教えてください。宛先はこちらまで!⇒ohori@hi-ho.ne.jp

★コラムを読んで「実際に操体の施術を受けてみたい!」と思った方はこちらの
ページをご確認の上、ご予約ください↓
 http://www.hi-ho.ne.jp/ohori/sotai.htm

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

●お客様の声

30代女性 会社員 東京

(主訴)肩こり、目の疲れ

「今まで様々なマッサージ、整体を受けましたが、今回受けた操体はそれまでの
ものとは全く違う。身体の芯からリラックスできるものでとても気持ちがよく、
頭がボーっとして文章がこれ以上浮かばないほどです。」

「初めに行う鏡チェックにより、両肩の高さが違うことが判明し、内心ビックリ
いたしましたが、脳天が思わずほわわーんとなる、足指の施術がはじまった途端
、そのあまりの心地よさに、こりゃあ肩治るかもなあ、と思ってしまいました。
事実、施術後、肩はもちろんのこと、他の箇所も施術前とは違ってとてもよい状
態になっていたので、充実感でいっぱいでした。今まで、イテテテ式マッサージ
や、マッサージを受けた翌日に、妙な倦怠感が残っているマッサージばかり受け
てきたものにとって、昨日の施術は革命でした。友人、知人にさっそく伝えてい
きたいと思っております。本当にありがとうございました!」

 操体の施術を受けていただいたお客様の感想はこちらで更に読めます↓
 http://www.hi-ho.ne.jp/ohori/sotai-taikanshano.htm

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

●今週のおすすめ本・ビデオ


『ミュータント・メッセージ』
 マルロ・モーガン 小沢 瑞穂  角川書店

人間として正しく生きるとはどういうことか?をグイグイ問いかけてくる本。
実際にあった話だそうですが、受け止め方は人それぞれでしょう。

「人生はセルフ・サービス」

「物よりも経験」

自然と調和して生きる先住民族の智慧がたくさん詰まっています。ストレス、病
気、競争の一切ない、感謝の心に包まれた古代人と、ストレスに苦しみ、他人と
の勝負に明け暮れ、物と欲に縛られた現代人。本来あるべき人間の姿を考えさせ
られる一冊です。

 スリル  ☆★★★★
 泣ける  ☆★★★★
 ドキドキ ☆☆★★★
 なるほど ☆☆☆☆★

 こちらから購入できます↓     
 http://books.rakuten.co.jp/RBOOKS/NS/CSfLastGenGoodsPage_001.jsp?GOODS_NO=1056842

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

●メルマガ相互広告

『目指せ、漢方美人!素敵な未来へのお手伝い♪』
「自分の体質に合わせた『食材』や『健康法』選んでますか?」自己治癒力や
免疫力を高める養生法やアドバイス、薬膳レシピの紹介もあります。難しい漢
方(中医学/中国の伝統医学)の理論もわかりやすいと評判です♪  
 http://www.gec.or.jp/~miyupon/mailmagazine.htm

 (紹介コメント)
 漢方の基礎知識をわかりやすく説明してくれるメルマガです。西洋医学と併
 せて東洋医学の両方を知れば、より健康意識が高まりますよ!


『とおってもわかりやすい経済用語』 
 「なあんだこんなことだったのか!! 」新聞・ニュースが良く分かります。
 よく読むが、よく聞くが何となく意味の分からない言葉を分かりやすく説明
 します。今まで新聞はテレビ欄しか見なかったというあなたも経済欄がこん
 なに簡単に!!
 http://www.mag2.com/m/0000113177.htm
 
 (紹介コメント)
 知ってるつもりであまりよく理解していない経済用語を解りやすく解説して
 くれるメルマガです。ビジネスマンだけではなく主婦の方などにもおすすめ!


★メールマガジンをお持ちの方は相互広告大歓迎です!読者数は問いません!!
 下記のメルマガ告知文で掲載お願いいたします!!


-----メルマガ告知文ここから-----

■■■□■■『操体(SOTAI)コラム 自療することのすすめ』■■□■■■
動物はみな「気持ちいい」という快適感覚を味わうことによって治癒するという自
然法則があります。
操体の施術では、辛い、痛い、しんどいことをせずに、ただただ「気持ちよさ」を
聞き分け、味わうことで、身体の歪みが整復し、痛み・硬結(コリ)などの不定愁
訴が改善されていきます。
「悪くなったから他人に治してもらう」という考え方を卒業して、自療する(自ら
の身体を自ら癒し、養う)ことを学んでみませんか?
操体を体感することによって得られた感覚、哲学はきっとあなたの一生の財産とな
ることでしょう。
http://www.mag2.com/m/0000132455.htm (登録と解除はこちらから)
■■■□■■『操体(SOTAI)コラム 自療することのすすめ』■■□■■■

-----メルマガ告知文ここまで-----


∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

■メールマガジン名: 操体(SOTAI)コラム 自療することのすすめ

■マガジンID: 0000132455

■最新号発行部数:1116部

■発行周期: 毎週水曜日午後

■発行者:操体プラクティショナー 大堀亮造(おおほり りょうぞう)
 
 29歳独身、神戸市北区出身、兵庫県立兵庫高校卒。関西学院大学商学部卒。
松下電器産業株式会社に6年間勤務して脱サラ(主に家電量販店ルートのエア
コン担当としてコジマ、ケーズデンキなどの本部商談を担当)現在は操体で独
立開業中。少林寺拳法をこよなく愛する武術研究マニアでもあります。趣味・
特技・・・操体、ホームヘルパー2級、剣道二段、少林寺拳法四段(関西学院
大学少林寺拳法部第31代主将)、スキューバダイビング(アドバンス)、フ
ァンスキー(サロモンのスノーブレイド)、フットサル(下手です。ホントに
少々)、読書、映画鑑賞etc 

 プロフィール詳細⇒ http://www.hi-ho.ne.jp/ohori/sotai-shoukai.htm


■発行者運営サイト:

  ○操体おおほり癒養院(そうたいおおほりゆよういん)
   http://www.hi-ho.ne.jp/ohori/sotai.htm
   ※操体に関する詳細はこちらのHPをご覧ください!

  ○楽天日記 操体プラクティショナーりょうがゆく!
   http://plaza.rakuten.co.jp/ohori/
   ※日常の出来事をおもしろおかしく綴っています。アクセス数急増中!

  ○漸々修学少林寺(ぜんぜんしゅうがくしょうりんじ)
   http://page.freett.com/shourin/kangakushourinji.htm
   ※少林寺拳法を中心として武術のサイトです。

  ○ココログ 少林寺修行日記「達人への道」
  http://sotai-ohori.cocolog-nifty.com/sotai/
  ※少林寺拳法を修行していて気づいた点を書いているブログ。ちょいとマニア向け
   
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

●編集後記

みなさん、こんにちは。少し肌寒くなってきましたが、日々気持ちよく、間に
合って過ごしておられるでしょうか?

11月23日に名古屋大学にて「操体法講座」を開催させていただきました。

この講習会は少林寺拳法の友人の紹介で、名古屋大学体育会50周年企画とい
うことで実現しました。午前23名、午後13名の併せて36名の方に一人操
体を体感してもらいました。

来ていただいた方は弓道、野球、自転車、少林寺拳法、合気道、空手、スキー
、バレーボール、フィギュアスケート・・・と様々な体育会運動部の人達と一
般の方でした。

普段はマンツーマンで3時間の内容を20人に2時間でやるわけですから、勝
手が違って難しかったです。

時間配分、説明ともに未熟でしたが、精一杯がんばりました。感想が手元にあ
りますが、概ね好評だったようです(^。^)

とてもいい勉強をさせていただきました。

今回の講座の反省を活かして、今後はさらに充実した講習会ができるように励
もうと思います。

もし、「うちにも来てやって欲しい!」というご要望がありましたら、お気軽
にご相談くださいませ!


ご意見・ご感想・ご質問・励ましなどなどお便りは ohori@hi-ho.ne.jp まで!

このメールマガジンの無断転載はご遠慮ください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

Copyright(C) Sotai Ohori Yuyouin 
 


このメルマガは現在休刊中です

このメルマガは
現在休刊中です

ついでに読みたい

このメルマガは
現在休刊中です