多文化NEWS from TOKYO

多文化NEWS from TOKYO Vol.117 若者たちの今・仕事・夢

カテゴリー: 2015年11月09日
===============================

学びあい、わかりあう

多文化NEWS from TOKYO Vol.117 2015年11月9日
特定非営利活動法人 多文化共生センター東京

【Web】 http://tabunka.or.jp
【Twitter】 http://twitter.com/#!/tabunka_tokyo
【Facebook】http://www.facebook.com/tabunkatokyo

===============================

秋も深まりましたが、みなさまいかがお過ごしでしょうか?
特別号につづいて、117号をお送りします。

<<目次>>
■1■ 多文化共生センター東京のこのごろ
■2■ おすすめ多文化情報
■3■ 事務局からのお知らせ 
■4■ あとがき

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■1■ 多文化共生センター東京のこのごろ

・10月23日

「たぶんかフリースクール新宿校」を存続させるためクラウドファ
ンディング Ready for が本日スタートしました!

「たぶんかフリースクール」新宿校は民間のアパートの一室を借り
て運営しています。しかし、新宿校の家賃にもあてていた国の支援
が、その助成方法が変わったため、2015年度から受けられなくなっ
てしまいました。

現在、新宿校を存続させていくことが、大変困難な状況です。どう
か、みなさまのお力をお貸しください。

Ready for
「たぶんかフリースクール新宿校」の存続に力を貸してください
 ↓
http://readyfor.jp/projects/5166


・10月30日

たぶんかフリースクール新宿校では現在、9ヶ国から来た25名の生徒
が勉強しています。勉強の内容は日本語と英語と数学、レベル別に
4クラスにわけての授業です。朝8時50分、生徒たちが続々と登校し
てきます。‥‥

くわしく読む(Ready for)
 ↓
http://goo.gl/mZpxTz

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■2■ おすすめ多文化情報
(多文化共生に関連する、他団体の催しなどを紹介しています)

東京・中野
● 多文化共生推進ワークショップ in 東京 
 外国にルーツを持つ若者たちの今・仕事・夢

主催:(特活)多文化共生マネージャー全国協議会、明治大学山脇ゼミ、
   (特活)多文化共生センター東京
日時:11月14日(土)13:30~17:00
場所:明治大学中野キャンパス 高層棟5階ホール他
後援:総務省、東京都(予定)
協力:中野区、中野区国際交流協会、中野区観光協会、新宿アートプロジェクト

趣旨
 総務省が「地域における多文化共生推進プラン」を発表してまもなく10年
を迎えます。外国にルーツを持つ住民が全国で最も多い東京ではこの間、日
本で学校教育を受けた多くの外国にルーツを持つ若者が育ち、社会人として
歩み始めています。多様性あふれる若者と一緒に、東京における今後の多文
化共生についてともに考えてみませんか?

プログラム
・スペシャルトークby宮本エリアナ(2015年ミスユニバース日本代表)
・パネリストによる話題提供 
 グエンティ ホンハウ ベトナム難民2世 NHKエンタープライズ国際展開センター
 景山 宙 中国出身 東京工業大学大学院
 ティチ イェイェン ミャンマー出身 写真家・新宿アートプロジェクト
 秋元 ヴィニシウス 光 ブラジル出身 高度人材プログラム実行委員長
・分科会
・全体共有

定員400名 

申込:お名前、連絡先(メールアドレス)を明記し、多文化共生センター東京事務局
tokyo@tabunka.jp へお申込みください。

くわしくは
 ↓
http://goo.gl/hT2Nsy
(フェイスブック)


東京・文京
●多言語高校進学ガイダンス

日本語を母語としない親子のための多言語高校進学ガイダンス(説
明会と教育相談)を開催いたします。 高校について、入学するには
どのようにすればよいのか、都立高校、私立高校、サポート校につい
ての情報や、高校でかかる費用(お金)日本の教育システムについて
も説明します。

高校に入った子どもたちの体験報告や、教科や日本語のサポートが
必要な場合の教育相談、在留資格に関する相談もできます。

■通訳:英語、中国語、タガログ語、タイ語、 ネパール語、の5言語
(そのほかの言語も対 応できる場合がありますので、7月10日まで問
いあわせください)
■日時 11月22日(日) 13:00~16:30 (開場 12:30)
■場所 東洋大学 白山キャンパス 2号館 16階 スカイホール

くわしくは
 ↓
http://www.tokyoguidance.com/ 
(高校進学ガイダンス・ホームページ)


東京・虎ノ門
●シリア・史上最大の人道危機 ~支援の現場で目撃したこと~

主催:AAR(難民支援協会)

「史上最大の人道危機」といわれるシリアから、欧州を目指して
押し寄せる難民がクローズアップされた今年。難民支援の現場で、
何が起きているのか。200万人ものシリア難民が暮らすトルコで支
援活動にあたるAARの景平義文が語ります。ゲストは数々の著書で
知られるイスラムの専門家・宮田律氏。シリアを巡る政治情勢にも
触れながら、今後の展望を解説します。

■日時:12月7日(月)午後7時00分-午後8時30分
■場所:共同通信会館(港区虎ノ門)
要・参加事前申し込み

くわしくは
 ↓
http://goo.gl/QUe8I8
(難民支援協会)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■3■ 事務局からのお知らせ

11月から各高校の学校説明会が本格化します。なかなか日本の高
校がどんな学校なのかイメージを持つことは難しいので、「たぶ
んかフリースクール」の生徒達の多くは、この学校説明会に参加
します。

今後模擬試験を受けたり、保護者、生徒、講師の3者面談をして志
望校を決めたり、いよいよ受験シーズンがはじまります。

今年度より、東京都立で学力検査を実施する全日制高校では、前期
試験での受験科目が5教科(国語、数学、社会、理科、英語)とな
ります。専門用語の多い理科や母国で勉強してきたこととは大きく
違う社会などの科目で、外国にルーツを持つ子どもたちが得点をす
ることは非常に難しいことです。

今年度の受験は非常に厳しい状況になりますが、ボランティア、講
師、スタッフ一同子ども達のサポートにベストを尽くしていきたい
と思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■4■ あとがき

この夏、テレビドラマ化された小説『ある日、アヒルバス』(作:
山本幸久)。原作には山中空(やまなか・くう)という帰国子女が
登場します。

中学生まで海外で育ち、高校生になってから帰国した彼女は、小学
校でいうと低学年程度の漢字しか読み書きできず、日常生活はロー
マ字などでしのいでいます。高校を卒業した彼女が、バスガイドを
目指すことなどによる、笑いと涙の珍騒動の数々が、小説『ある日、
アヒルバス』の魅力です。

小説の登場人物ではあるのですが、漢字の読み書きに苦しむのは、
外国にルーツを持つ方だけではないと、多くの人に知って欲しい
です。そもそも私たちも、小学生のころ、漢字、むずかしかった、
ですよねえ~? (青木)

多文化NEWS from TOKYO
〔発行〕 特定非営利活動法人 多文化共生センター東京
〔編集〕 事務局、広報ボランティア

事務所:〒116-0011 東京都荒川区西尾久6丁目9-7
Office : 6-9-7 Nishiogu Arakawa-ku Tokyo
tel&fax: 03-6807-7937

* このニュースは原則、毎月25日ごろ「まぐまぐ」を使って配信
 する予定です。(通常号が遅延したことをおわびします)

* 購読解除は、以下のサイトから解除の手続きをしてください。
 ⇒ http://archive.mag2.com/0000132425/index.html

◎多文化NEWS from TOKYO のバックナンバーもこちら
 ⇒ http://archive.mag2.com/0000132425/index.html

多文化NEWS from TOKYO

発行周期: ほぼ 月刊 最新号:  2017/06/04 部数:  600部

ついでに読みたい

多文化NEWS from TOKYO

発行周期:  ほぼ 月刊 最新号:  2017/06/04 部数:  600部

他のメルマガを読む