心の健康増進メールマガジン

笹氣健治の『心の健康増進メールマガジン』 2017/ 1/ 6

カテゴリー: 2017年01月06日
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

心理カウンセラー笹氣健治の『心の健康増進メールマガジン』

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
常に安定した気持ちを維持して充実した毎日を送れるようになる
ために、ストレスや悩みを解消するヒントをさまざまな切り口で
お届けしていきます。(毎月1~2回不定期発行)
─────────────────────────────
2017年 1月 6日発行(前回発行日:2016年12月23日)



─────────────────────────────
【今回のテーマ】うまく断る方法
─────────────────────────────

新年あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いします。

さて、多くの皆さんは、すでに仕事を再開されていることと思
いますが、年末年始にリフレッシュしたのに、仕事でまたスト
レスを抱えている、なんていう方もいらっしゃるかもしれませ
んね。

仕事上の最大のストレスは人間関係です。

人間関係とは関係ないと思われるようなストレス(仕事量が多
い、モチベーションが上がらない、等)も、つきつめれば人間
関係が原因になっていたりします。

職場や顧客との人間関係がよければ、モチベーションは下がる
ことは少ないですし、仕事の質や量の悩みも人間関係が良好で
あれば、協調して対処することができます。

ということで、新年最初は、人間関係を良好にする方法につい
て考えたいと思います。


人間関係の問題とひとことで言っても、人それぞれ、さまざま
です。そんな中、多くの人に共通する悩みとして、「本当は断
りたいのに、なかなか断れない」というものがあります

忙しい、あまり気が乗らない、なぜ自分が?……といったよう
に本当は引き受けたくないのに、どうしても率直に本音を相手
に伝えられず、もんもんとしてストレスを抱えてしまう……

といったことはありませんでしょうか?

そこで、どうすれば角が立たずにうまく断ることができるか、
その方法として有効な『アサーション』についてご紹介したい
と思います。

アサーションを直訳すると『自己主張』となりますが、ここで
用いるアサーションとは、自分の言いたいことを相手にうまく
伝えつつ、相手の立場も尊重して、お互いに良い関係を築く、
というものです。

アサーションには、『うまく断る』の他にも、『うまくお願い
する』『うまく注意する』『イヤなものはイヤだという気持ち
をうまく伝える』といった、さまざまな場面における対処法が
あります。

今回はその中でも、『うまく断る方法』について考えます。

そのポイントを整理すると、次の6つになります。

1.『断る』とは、どういうことなのかを知る。
2.「ノー」の的を絞る。
3.すぐにその場で答えを出す必要はない。
4.断る場合、理由は簡潔に率直に言う。
5.はっきりと、堂々とした態度と表情で言う。
6.代替案を提示する。

これらをすべて書いていくと長くなりますので、2つずつ3回
に分けてお届けしたいと思います。


1.『断る』とは、どういうことなのかを知る。

断れない人の多くは、『断る』ことを『相手を拒絶すること』
だと誤解しています。

「断ると相手に悪い」「断ると相手にイヤな思いをさせる」と
思い込んでいるのです。

断ることは、相手を拒絶することではありません。

あくまでも断ることは、『自分の正直な気持ちを相手に伝える』
という行為なのです。

ですから、断るのは自分に誠実であるということでもあります。

逆に、「断りたいのに断らない」というのは、自分の気持ちを
偽っているということになります。それは、相手に対して誠実
ではない、と言うこともできます。

他にも、『断る』ということは、次のようにも言えます。

・断るのは、「あなたと私は違う」という当然なことを伝える行
為である。

・断るのは、何ができて何ができないのかをわかってもらうため
の行為である

・断るのは、相手と自分がお互いに納得できる妥協点を探す行為
である。

以上は、『断る』ということをする上で前提となる重要なポイン
トです。

「断ると相手に悪いんじゃないか」「迷惑をかけるんじゃないか」
「気を悪くするんじゃないか」と思ってつい引き受けてしまう人
もいるかもしれません。

しかし、そうやって引き受けておきながら、「相手のせいでスト
レスを抱えている」と嘆くのは、相手にしてみれば、「そんなに
イヤだったら断ってくれればよかったのに…」と思うこともある
かもしれないのです。

「どうせ何を言ってもムダ」と行動する前からあきらめないで、
まずは自分の気持ちを伝えてみる。どんなに上下関係があっても、
対等な人間同士として自分の気持ちを伝えることは許される行為
のはずです。

あとは、その言い方です。

ケンカ腰に訴えるのは論外で、適切な伝え方というものがありま
す。

残りの5つのポイントで、適切な伝え方を解説していきます。



2.「ノー」の的を絞る。

相手から何かを頼まれたり指示されたりして「イヤだな」と思っ
たら、何がイヤなのかを明確にしましょう。

その依頼内容・指示内容をやりたくないのか。
忙しくてできそうにないのか。
自分がそれをやることを納得できないのか。
頼み方・指示の仕方が高圧的でイヤなのか。

「断りたい」「引き受けたくない」と思った理由は何なのか?

「ノー」と断る前に、何に対して「ノー」なのか、的を絞る必要
があります。

的を絞れば、

「全部はできないが、一部分なら協力できる」
「今はできないが、あとからならできる」
「なぜ私がそれをやらなければならないのか説明してほしい」
「もっと私を尊重した言い方をしてほしい」

といったような、自分は何を望むのか、自分の気持ちもハッキリ
してくるものです。

・具体的に何を断りたいのか?
・何に対してイヤだと思っているのか?

これらを明確にした上で、次はどういう言い方で相手に伝えるか、
というステップに進みます。

それについは、また次回(来週を予定)にお届けいたします。




───────────────────────────────
【Q&Aコーナー】質問・相談を募集します。
───────────────────────────────

このメルマガでは、皆さまからのメールをお待ちしております。
今お悩みのこと、ご質問など、お気軽にメールでお尋ねください。

メルマガ誌面でのご回答にはなりますが、無料で回答させていた
だきます。


※以下の手順でお気軽にご相談ください。


★相談・ご意見・ご要望のメール方法★

次のURLにある「ご相談・ご質問フォーム」からメールを送っ
てください。
http://1po.jp/SpeeverForm/form/mailmagazine

匿名での相談が可能ですし、ご自分のメールアドレスを入力するか
どうかも任意で選択できます。

その他、今後のメルマガで取り上げてほしいこと、ご意見ご要望
などもお待ちしております。


───────────────────────────────
【編集後記】
───────────────────────────────

新年を迎えて、皆さんはどんな目標を立てましたか?

「どうせ目標を立てても達成できた試しがない…」と半ば
あきらめていて、目標を立てることはしないという人も
中には、いらっしゃるかもしれませんね。

目標を立てても、日が経つにつれて忘れてしまったり、
日常的にやるべきことの陰で後回しにしてしまって、
結局、目標は達成できなかったり、ということもあるで
しょう。

ただ、目標を立てるのと立てないのとでは、確実な違いが
あります。

目標を立てなければ、絶対に目標は達成しない、ということ
です。(当たり前ですね……)

ところで、目標には、「結果目標」と「行動目標」があり
ます。

「結果目標」は、たとえば「〇〇資格試験に合格する」と
いったような、達成したい結果を目標にしたものです。

一方の「行動目標」は、「毎日、試験勉強を2時間する」
といったように、行動を目標にしたものです。

「行動目標」は「行動計画」と同じと言えば同じですが、
「計画」と言えるほどの自信がない人は、「目標」として
その実現をめざしてみるといいのではないかと思います。

そして、目標達成の妨げになる大きな要素としては、メン
タル面での問題があります。

こういうときはどうすればいいか──といったお悩みが
あれば、どうぞお気軽にメールでご質問ください。

あるいは、有料にはなりますが、私の個人サポートも
ご活用ください。

ご質問(無料)はこちら↓
http://1po.jp/SpeeverForm/form/mailmagazine
※メルマガ誌上で回答いたします。

個人サポート(対面/メールカウンセリング)は
こちら↓
http://www.1po.jp/counseling.html


では、今年もどうぞよろしくお願いいたします。


また次回お会いしましょう!

笹氣健治


このメルマガのバックナンバーは次のサイトでご覧いただけます。
http://archive.mag2.com/0000132152/index.html



───────────────────────────────
▽ネットで読める・聴ける・買える、笹氣健治の著作物
───────────────────────────────

■笹氣健治の著書一覧
 http://www.1po.jp/books.html


───────────────────────────────
▽笹氣健治が直接あなたのお役に立ちます。

───────────────────────────────
ひとりで悩んでいないで、心の専門家に相談してみませんか?

⇒個人サポート(対面/メールカウンセリング)
 http://www.1po.jp/counseling.html

⇒企業や団体の研修・講演のご依頼・お問い合わせはこちらから
(なるべくご予算に応じます。まずはお気軽にご連絡ください)
 http://www.1po.jp/lecture.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メルマガ『心の健康増進メールマガジン』
───────────────────────────────
発行人:笹氣健治/笹氣健治公式サイト http://www.1po.jp/
Copyright (C) Kenji Sasaki 2003-2017 All Rights Reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

心の健康増進メールマガジン

発行周期: ほぼ 月刊 最新号:  2018/05/04 部数:  2,184部

ついでに読みたい

心の健康増進メールマガジン

発行周期:  ほぼ 月刊 最新号:  2018/05/04 部数:  2,184部

他のメルマガを読む