心の健康増進メールマガジン

笹氣健治の『心の健康増進メールマガジン』 2016/12/20

カテゴリー: 2016年12月20日
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

心理カウンセラー笹氣健治の『心の健康増進メールマガジン』

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
常に安定した気持ちを維持して充実した毎日を送れるようになる
ために、ストレスや悩みを解消するヒントをさまざまな切り口で
お届けしていきます。
─────────────────────────────
2016年12月20日発行(前回発行日:2016年12月2日)



─────────────────────────────
【今回のテーマ】努力は報われるか?
─────────────────────────────

みなさん、こんにちは。
心理カウンセラーの笹氣健治です。

さて突然ですが、みなさんは「努力は報われる」と思いますか?
それとも「努力しても報われない」と思いますか?


最近のネットの記事で知ったのですが、神奈川県横浜市では毎年
「市民意識調査」を実施しているそうです。

その中で「今の世の中は努力すれば報われる社会か?」という項
目があって、今年度の調査結果では、「努力は報われると思わな
い」と答えたのが43.4%、「報われると思う」が15.2%だったそ
うです。

過去の結果と比較すると、バブル時代の1988年度の調査では、
44.2%が「努力は報われると思う」、26.7%が「そう思わない」
と答えています。

約30年前と比較すると、「努力は報われると思う」が44.2%→
15.2%に減り、「そう思わない」が26.7%→43.4%に増えていま
す。

「どうせ努力しても何も変わらない」といったような、ある種、
あきらめのような感覚を持っている人が増えている、ということ
でしょうか……。


ちなみに、これを毎日新聞が報道したところ、ネットでは様々な
意見が飛び交ったそうです。

たとえば、次のような意見です。

「ほんとふざけた社会ですわ。こんな世の中で頑張ろうとする奴
はマゾとしかいえない」

「こんなの当たり前だろ。努力は報われるとか言ってるのはAKB
とかウソツキばかり」

「努力をしただけではダメで、結果が出なければ評価はされない」

「努力しても必ず報われるわけじゃないけど、努力しなきゃ報わ
れない」

ちなみに、ふたつめのコメントは、元AKB48の高橋みなみさんが
「努力は必ず報われる」とAKB総選挙のときによく言っていたの
で、それを揶揄したものです。


ところで、人の意見は、その人の体験によって形成されます。

その人の実体験や、見聞きしたことが、その人の意見のベースと
なるのです。

ですから、「努力は報われる」と思う人は、自分が努力した結果
それが報われたと感じる体験をしていると考えられます。

一方、「努力は報われない」と思う人は、その逆に、努力しても
報われたと感じられなかった体験を数多くしている、ということ
になるでしょう。

つまり、上記の調査結果によると、「努力しても報われたと感じ
られない」という体験をしている人が多いということが考えられ
るのです。


努力しても努力してもちっとも報われないと感じられないとき、
人は「無力感」を感じます。

自分にはもうどうすることもできない、という絶望の感覚。これ
が「無力感」です。

無力感を感じると、何もやる気が起きなくなります。

無力感については犬を使った実験があって(動物虐待がそれほど
騒がれなかった時代の実験です)、隣接する2つのエリアの片方
に犬を入れ、床に電気を流します。

すると犬は苦痛を避けるために隣のエリアに移動します。

ところが、その隣のエリアにも同じく電気が流れています。
そこでまた元のエリアに移動します。しかし、そこにも電気が流
れている。つまり、どちらに逃げても電気ショックからは逃れら
れないのです。

犬は、しばらくの間は2つのエリアをピョンピョンと交互に移動
します。でも、やがて移動するのをやめて、その場にうずくまっ
てしまいます。

うずくまっている間も電気は流れて苦痛を感じています。
それでも犬は苦痛の中に身を置き続けます。移動してもムダだと
あきらめたのです。

がんばってもがんばっても、自分にはどうすることもできない。
こういとき、「がんばってもムダだ」という感覚になります。

これを「学習性無力感」と言います。

がんばってもムダだ、という無力感を学習した、ということです。


さて、話を戻します。

努力は報われるのか、それとも、努力しても報われないのか?

という話でした。


この意識調査は、あくまでも、各人の意識を調べているのであっ
て、どちらが真実なのか、どちらが正しいのか、を決定しようと
しているわけではありません。

どちらが真実なのか?──と言えば、

「努力は報われるときもあれば、報われないときもある」
「努力が報われる人もいれば、報われない人もいる」

というのが真実でしょう。

努力が必ず報われるのであれば、誰もが勝者になります。

努力したのに負けた、という人がいるのはおかしくなります。

もちろん、そんなことは現実にはあり得ません。

必ず一方が勝者になり、もう一方が敗者になるのです。


ここで考えたいことがあります。

敗者は努力が報われなかった、と言えるのでしょうか?

たとえば、勝利をめざして血のにじむような努力をした。
しかし、負けてしまった。

この人の努力はまったく報われなかったのでしょうか?

「報われる=勝利」と考えてしまうと、確かに報われなかったこ
とになってしまいます。

でも私は、「勝利しなければ報われたとは言えない」という考え
方はちょっとおかしいと思います。

たとえば、その努力を見ていた人から、うちの会社に来てくれな
いかと言われて、条件のいい就職ができるかもしれません。

その努力を恋人が見ていて、惚れ直してくれるかもしれません。

「報われる=勝利」と限定的に考えてしまうのは、あまりにも
早計だと言えるのではないか、と思うのです。


大事なのは、「努力すること」です。

勝利することではなく、勝利はご褒美みたいなもの、と考えるこ
とはできないでしょうか?


「努力すること」は、「一生懸命生きること」と言い換えても
いいと思います。

ただし、「一生懸命生きる」というのは、ただ闇雲にがんばると
いうだけでは足りなくて、「創意工夫する」という要素も大切に
なります。

勝つためには、どういう準備やトレーニングが必要かを考えて、
それをやらないといけませんよね。

野球の試合で勝つために、ひたすら走り込みをするだけではだめ
で、守備練習や打撃練習も必要なのは当然のことです。

ですから、「努力したのに報われない」と思う人にとっては、

・どんな結果を得ようとしているのか?(得たいのか?)
・その結果を得るために最善最適なこと(やるべきこと)は何か?

を見直すことも必要ではないかと思います。


たとえば、「努力してもちっとも給料が上がらない」という人で
あれば、『給料を上げるためにやるべきことは何か?』を考えた
上で、その努力をする。

そうしなければ、給料が上がるはずがありません。


考えてみれば当たり前のことなのですが、「努力しても報われな
い」と思い込んでいる人は、この当たり前のことに目が向いてい
ないのではないか、という気がします。

「努力しても報われない」→「だから、努力してもムダ」という
思考パターンに陥っているのです。

これは「隣のエリアに移動しても電気ショックが待っている」→
「だから努力してもムダ」という犬と同じです。


大切なのは、どんな努力をするか?──でしょう。


最後に、「努力しても報われない」と思い込んでいる人に向けて
あえて厳しいことを言わせていただきたいと思います。

「努力しても報われない」と思う人は、「報われるような努力を
していないだけ」ということはないでしょうか?

そう考えることで、努力しないことの理由(言い訳)にしていな
いでしょうか?


あ、それともうひとつ、大切なことを付け加えます。

「どんな結果を得たいのか?」を考えるときの注意点です。

その結果は本当に自分が心から得たいことなのかどうか、よく考
えてみてほしいと思います。

周りの多くの人が得たいと思っていることを、自分も得るべきだ
と思い違いをしていないかどうか──?

その得たいものが、自分の心を震わせるほどに、心から得たいと
思っているものかどうか──?


読者のみなさんの中に、「努力しても報われない」と思い込んで
人生をあきらめかけている人がもしいらっしゃったら、ぜひ今回
お伝えしたことを考えてみていただきたいと思います。


───────────────────────────────
ちょこっとPRさせていただきます…
───────────────────────────────

◆新刊発売中!

『3分で立ち直る方法』(文響社)10月4日発行

へこんだときや、つらい気持ちになったときに気持ちをすぐに
切り替える39個の考え方を紹介しています。価格は1,382円。

※今から6年前に同じタイトルで大和書房から出版された本の
復刻版です。

*アマゾンから購入できます⇒http://goo.gl/imngbN


───────────────────────────────
【Q&Aコーナー】質問・相談を募集します。
───────────────────────────────

このメルマガでは、皆さまからのメールをお待ちしております。
今お悩みのこと、ご質問など、お気軽にメールでお尋ねください。

メルマガ誌面でのご回答にはなりますが、無料で回答させていた
だきます。


※以下の手順でお気軽にご相談ください。


★相談・ご意見・ご要望のメール方法★

次のURLにある「ご相談・ご質問フォーム」からメールを送っ
てください。
http://1po.jp/SpeeverForm/form/mailmagazine

匿名での相談が可能ですし、ご自分のメールアドレスを入力するか
どうかも任意で選択できます。

その他、今後のメルマガで取り上げてほしいこと、ご意見ご要望
などもお待ちしております。


───────────────────────────────
【編集後記】
───────────────────────────────

今日は、書くネタが見つかったので、今までのいつもの金曜日
ではなくて火曜日にこのメルマガをお届けします。

今年も残りあと10日あまりとなりました。

もしかすると、年内の発行はこれで最後になるかもしれません。
(もう1回くらい発行できるかもしれませんが……)

今年を振り返って、私の最大のイベントは、リオオリンピック
を観に行ったことです。

男子体操団体と個人の金メダルの瞬間を観れたことがいい思い
出です。

ブラジルは遠かったですが、はるばる行った甲斐がありました。

さて、来年はどんな一年になるのか──?

いえ、どんな一年に「する」のか、ですね。

そのためにも、ストレスをうまく処理して、モチベーションを
高く維持することが必要です。

来年もそういった関連の内容をお届けしていきたいと思います
ので、どうぞよろしくお願いいたします。

質問もお待ちしております。

では、また次回お会いしましょう!

良いお年を!(とりあえず言っておきます)


笹氣健治


このメルマガのバックナンバーは次のサイトでご覧いただけます。
http://archive.mag2.com/0000132152/index.html



───────────────────────────────
▽ネットで読める・聴ける・買える、笹氣健治の著作物
───────────────────────────────

■笹氣健治の著書一覧
 http://www.1po.jp/books.html


───────────────────────────────
▽笹氣健治が直接あなたのお役に立ちます。

───────────────────────────────
ひとりで悩んでいないで、心の専門家に相談してみませんか?

⇒個人サポート(対面/メールカウンセリング)
 http://www.1po.jp/counseling.html

⇒企業や団体の研修・講演のご依頼・お問い合わせはこちらから
(なるべくご予算に応じます。まずはお気軽にご連絡ください)
 http://www.1po.jp/lecture.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メルマガ『心の健康増進メールマガジン』
───────────────────────────────
発行人:笹氣健治/笹氣健治公式サイト http://www.1po.jp/
Copyright (C) Kenji Sasaki 2003-2016 All Rights Reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ついでに読みたい

心の健康増進メールマガジン

発行周期:  ほぼ 月刊 最新号:  2018/05/04 部数:  2,184部

他のメルマガを読む