心の健康増進メールマガジン

頑張るあなたが行き詰まったときの悩み克服法 2007.9.14

カテゴリー: 2007年09月14日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━                         ━━━━━
━━━━   頑張るあなたが行き詰まったときの悩み克服法   ━━━━
━━━                             ━━━
━━━━     「悩みを自己成長に活かすヒント」      ━━━━
━━━━━                         ━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                       2007年 9月14日(金)発行号



みなさん、こんにちは。笹氣です。

いつも私のメルマガをお読みいただいてありがとうございます。


さて、先週予告いたしました通り、今週から新展開です。


新展開のテーマは、「悩みを自己成長に活かす」です。



人が生きている限り悩みはつきものです。

だったら、

「どうせ悩むのであれば、これを自己成長のチャンスととらえて、
 自分をレベルアップしませんか?」

というのが私からの提案です。


そのためには具体的にどうすればいいのか、それについて
これから毎週、書いていきたいと思っています。


ということで、早速お届けしたいと思います。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★1 ストレスと上手に付き合うポイントとは?
──────────────────────────────────

今、話題の二人、横綱・朝青龍関と安倍晋三首相。

この二人に共通するのは、周囲からのプレッシャーによって
精神的に参ってしまったということではないかと思います。

二人の身近な事情はわからないままにあえて推測で書きますが、
精神面の安定をサポートする心理カウンセラーが
もし彼らのそばについていたなら、
また違った展開になっていたのではないかと思います。

これだけ注目される人ですから、
他人からの様々な期待や誹謗中傷をたくさん受けるのは当然であり、
それによるプレッシャーは計り知れないものがあるでしょう。

それに、横綱や首相といった重要な責任を果たすことを
周囲から要求されますので、そのプレッシャーも
他人にはわからないくらい大きいのではないかと思います。

プレッシャーはストレスにつながります。
そして、ストレスがどんどんたまっていくと精神的に不安定になっていきます。

イライラしたり、怒りっぽくなったり、逆に、落ち込みやすくなったり、
自分に自信が持てなくなることもあるでしょう。

そうなると、適切な判断ができなくなって、
不用意な発言や行動をしてしまったり、
あるいは、どう考えていいのかわからなくなって何も手につかなくなる、
なんてことになったりします。

それがさらにひどくなると、身体機能が異常をきたし、
充分に睡眠がとれなくなったり、食欲がなくなったりして、
体調を崩してしまうことにもなります。

もちろん、ストレスに耐えることができたからと言って、
周りの人との関係がすぐに改善されるわけではありませんし、
山積みの問題が一気に解決することもありません。

そもそも私たち人間が直面する問題の多くには、
いろいろな人の思惑や事情が絡み合っていますので、
すべての人が満足するような結論を導き出すのはかなり難易度が高いことです。

むしろ、関わり合う人たちにとっての妥協点を見出して、
なんとか丸く治めることで解決するものだと思います。

そのためには、
粘り強く解決のための努力を続けることが必要不可欠な場合が多く、
だからこそ、その間にストレスに押しつぶされないようにすることは
とても重要なことです。

それは何も有名人でなくても、ストレスを抱えるすべての人にとっても
同じように重要な課題だと言えるはずです。

ストレスに耐えるということは、
ストレスをきれいさっぱりなくすことではありません。

そもそもストレスというものは、そう簡単にはなくならないものですので、
完全にストレスをなくそうとするのは至難の技です。

そうではなくて、ストレスと上手に付き合うことをめざすのです。

上手に付き合うというのはどういうことかと言うと、
ストレスに押しつぶされないように自分の身を守りながら、
ストレスを少しずつでも軽減しつつ、
なんとか目の前の問題をひとつずつ解決していくということです。

このように考えることのほうが、実際には役に立つと言えます。


つまり、ポイントとなるのは、

・ストレスに押しつぶされないように自分の身を守る。

・目の前の問題をひとつずつ解決する。


という2点です。

ストレスに押しつぶれてしまったら、
問題の解決も何もあったものではありません。

また、目の前の問題がひとつも減らずに残ったままでは
ストレスにさらされた状態が続くことになりますし、
もしもその状態で新たな問題が追加されたとしたら、
さらにストレスが増えることになります。


とは言うものの、こうやって言葉にするのは簡単ですが、
実際にこれを自分一人だけで心がけるのはなかなか難しいものです。

そんな時こそ、心理カウンセラーの出番になります。
心の専門家の確かな心理アプローチスキルによるサポートを受けることで、
この2点が実践しやすくなるのです。


本当にストレスに押しつぶされそうな時には、ぜひ、ためらわずに
カウンセラーのサポートを受けていただきたいのですが、
では、このメルマガではどんなことをお伝えしていこうかと言うと、
カウンセラーは具体的にどのようなサポートをするのか、という視点から
自分一人でもできる対処法や考え方について書いていきたいと思います。

お読みいただいているあなた自身がストレスにさらされた時の参考になるのは
もちろん、カウンセラー等の対人援助をなさる方や管理職のような
対人援助スキルの基本を知っておいた方がいい立場の方の参考になると
思います。



それでは、具体的にこの2点を実践していくためにはどうすればいいのか、
これからひとつずつご紹介していきたいと思います。


まずは、自分の今の状況を正しく認識することがスタートです。


そこでお勧めしたいのが、目の前の問題を箇条書きにして紙に書き出してみる
ことです。

大きなストレスにさらされている時は、たいてい複数の問題を抱えているはず
ですので、仕事のことやプライベートのことなど、なんでもすべて書き出して
ください。

「だいたい書いたかな」と思ったとしても、
もう一度「他にもっとないだろうか?」と自問自答して、
搾り出すように考えます。

そうやってこれ以上ないと思うくらい書き出したら、
次はそれを眺めてみて何か思いついたこと、気づいたことを、それもまた
紙に書いてみましょう。


この取り組みの目的は、自分自身のことを客観的に理解することです。

先ほどの2つのポイントを実行するために、とても重要なことになります。



 ★=【投稿募集】=★

「今、ストレスにさらされている」とお悩みで、
今回ご紹介した取り組みを実際に試してみた方にお願いです。

その時の感想をお聞かせいただけませんでしょうか?


まずは、上記の説明の通り、次の2つに取り組んでみてください。

(1) 目の前の問題をすべて箇条書きにして紙に書き出してみる

(2) それを眺めてみて何か思いついたこと、気づいたことを書く


その上で、この取り組みをやってみて、どんな気持ちになったか、
また、今後どうしようと考えたか、について教えてください。

あるいは、何かうまくいかなかった、という方もいらっしゃるかも
しれませんので、その場合は、どのあたりで行き詰まったかを
教えてください。

この取り組みについて、うまくいくケースとそうでないケースを
検証するのが目的です。

差し支えなければ、(1)(2)で書いたことも合わせて教えていただければ
と思います。

今後、このテーマについて深めていく際の参考とさせていただきますので
よかったらご協力をお願いします。

特に、うまくいかなかったケースについては、今後のメルマガで
その対策を書いていきたいと思います。


(次回に続く)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 @ 今週のセミナー報告 @
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
先週のメルマガ発行から1週間、9/7(金)〜9/13(木)の間に、
今回はセミナーを1つ開催しました。

__________________________________________________________________
9/12(水)「先送り解消法マスター講座」【19時-21時, 仙台開催】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
※本人のご要望により、感想の掲載を控えさせていただきました。

_________________________________________________________________

セミナーにご参加いただいた皆様、どうもありがとうございました。

今後のセミナーの予定は、こちらをご覧ください。
 ⇒ http://www.1po.jp/5_seminar.html


┏PR━ 行動を起こしたい人のための自己点検セミナー収録DVD ━━┓
┃                               ┃
┃   『これであなたも「はじめの一歩」が踏み出せる!』    ┃
┃                               ┃
┃ (講師 笹氣健治, 127分, 2005年3月11日収録, 税込4200円)  ┃
┃                               ┃
┃「はじめの一歩」を踏み出せない原因は、自分でも気づいていない ┃
┃ 無意識の部分が行動を妨げているからです。本DVDでは、   ┃
┃ その“行動を妨げているもの”を取り除く方法をご紹介します。 ┃
┃                               ┃
┃ ★詳細、購入はこちらから                  ┃
┃  ⇒ http://www.1po.jp/4_seminardvd.html          ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 @ スタッフのひとりごと @
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは。オオヤマです。

情報誌『シティリビング仙台』(9月14日号)の特集記事
「続く=未来の私向上!〜コツコツタイプが最後に笑う!?〜」で
笹氣健治先生のインタビューが掲載されました。

仙台にお住まいで、会社にこの情報誌が届く方はぜひご一読ください。
(仙台以外にお住まいの方には、このコーナーで内容を一部ご紹介させ
 ていただきますので、ご参考になればうれしいです)

女性向けの情報誌なので、仙台在住男性メルマガ読者の方は、
手に取りづらいかもしれませんね…オフィスの女性からちょっとだけ
借りてお読みいただけたらうれしいです(^_^)

さて、皆さんは「よしっ、やるぞ!」と意気込んでも、なかなか続か
ないという経験はありませんか? そんな時の問題解決方法について、
本記事では笹氣先生が分かりやすくアドバイスしています!

先生は「そもそも三日坊主になるのは人間にとって自然なこと」と
捉えて説明をしています。
なるほど…そう考えてみると、気持ちがすこし楽になってきます。
(私もじつは何かと三日坊主になりがちです)

そこで、自分がしたいことを続けるための心構えとしては
「新たなチャレンジをしようと思った自分をほめる」ことと
先生は解説されています。
つまり「リスクがつきまとうチャレンジをしようと決意したこと自体に
意味がある。結果だけがすべてではない。まずは素直に自分をほめてあ
げよう」ということです。

さらに、もうひとつの大切な心構えとして「必ずしもうまくいくわけで
はないことも知っておく」とフォローしています。
これは「新チャレンジに苦労はつきもの。覚悟があるかどうかをまずは
自問自答する。たとえやめる選択をしても自分を責める必要はない」と
いう意味が込められています。

私自身も、最近の三日坊主体験の挫折体験(夕飯の自炊)について
先生の説明をあてはめて考えてみました。すると、確かに冷静に違った
角度で見ることができ「できる範囲でおいしいものをつくる。スーパー
の営業時間に間に合わない時のために現実的に対策を考えよう」「時間
のある土日に好きなものをつくってもいいではないか」という考えに落
ち着きました。

さらに、自分を知るための「簡単セルフチェック」で「無計画タイプ」
と判定されたので、「やっぱりなぁ」とうなずいてしまいました(笑)

私は、ボランティアやカウンセリングの勉強などで帰宅が遅い時でも
「自炊」することにムキになっているわりには、スーパーの営業時間
のことなどあまり考えずに行動して挫折していたからです。

そんな私は、行動に移す前に一度立ち止まって冷静に考えることが
コツのようです。

うまくいかない時は「絶対続けていかなくては」と思い込まずに
「またやってしまった」と思いながらも、
現実的に考えて軽やかに行動に移していきたいなと感じました。

先生の論理的で現実的な考え方、その心理的なアプローチをぜひ
日常的にとりいれてみてはいかがでしょう。

仙台で笹氣先生のセミナーを開催しています。
興味のある方はこちらもご覧ください。
↓
http://www.1po.jp/5_seminar.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 発行者・笹氣健治のひとりごと(編集後記に代えて)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

笹氣です。

まずは、9/5(水)に号外でお願いしたアンケートに対して、
たくさんの方にご協力いただきましたことに、この場を借りて
深く御礼申し上げます。

メルマガ以上のことを本気で学びたい皆さまへ
どのようなサポートを今後ご用意していけばいいのか考えるにあたって、
とても参考になりました。

この結果を踏まえまして、近いうちにまたご案内をさせていただきたい
と思いますので、少しお待ちください。

もちろんメルマガも(新展開にはなりましたが)継続して発行して
参りますので、今後とも変わらずお読みいただければ幸いです。



  *   *   *   *   *   *



突然ですが、韓国語が読める方はいらっしゃいませんでしょうか?

もし皆さんの中にいらっしゃいましたら、ぜひお願いしたいことが
あります。

実は、先日ふとしたことで韓国の大手書店のサイトのあるページに
たどり着きました。

そのページとは、ナント、私の1冊めの本「なぜあなたはその仕事を
先送りしてしまうのか?」の韓国語翻訳本のサイトです!

  このサイトです⇒ http://tinyurl.com/22pvxz

そうなんです。私も知らないうちに、私の本が韓国語に翻訳されて
出版されていたんです!

もちろん「知らないうち」とは言っても、ちゃんと契約は交わしています。

ただ、その話は1年以上前のことで、いつ出版されるのかまでは決まって
おらず、それ以降、韓国の出版社からも連絡がなかったので、すっかり
忘れていたのでした。

お願いというのは、そのサイトにどんなことが書いてあるのかを
教えて欲しいのです。

韓日の翻訳ソフトで、だいたいの内容は理解できたのですが、
韓国内でどんな評価がされているのかがイマイチよく把握できませんでした。

翻訳者のコメントや読者の感想、そして、他の韓国語のサイトも調べて
いただき、この本が韓国でどんな評価を受けているのか、
もし調べていただける方がいらっしゃいましたら、ぜひお願いします。

お礼として最新刊「コミュニケーションの処方箋」にサインをして
プレゼントさせていただきたいと思います。

「調べてもいい」とおっしゃる親切な方がいらっしゃいましたら、
まずはメールでご一報いただけると助かります。⇒ ipponavi@1po.jp

どうぞよろしくお願いします。


それでは、また来週お会いしましょう!



  *   *   *   *   *   *



■私の地元・仙台で、定期的にセミナーを開催しています。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 今後の予定はこちらからご覧いただけます。
 ⇒ http://www.1po.jp/5_seminar.html

 お近くの方、仙台まで足を延ばしてみようかな、と思われる方、
 ぜひご参加をお待ちしています。



■企業や団体の研修・講演もお引き受けしています。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ご依頼・お問い合わせは ⇒ http://www.1po.jp/7_contact.html



■お読みになって疑問に思ったり、質問がある時は、どうぞお気軽に
 お尋ねください。

 他の読者の方にも参考になりますし、このメルマガがより多くの人に
 役立つものになるためにも、ぜひ、メールをお待ちしております。

 ご質問はこちらへ ⇒ ipponavi@1po.jp


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
本メルマガ、笹氣健治の著作に関するご意見ご感想、
また取り上げて欲しい悩みなどがございましたら、
お気軽にメールください。⇒ ipponavi@1po.jp
─────────────────────────────────
発 行▼ 一歩ナビ事務局
発行人▼ 笹氣健治
ご意見・お問い合わせ▼ ipponavi@1po.jp
ホームページ▼ http://www.1po.jp/
Copyright (C) 2007 Kenji Sasaki All rights reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
このメールマガジンの解除は
こちらから⇒ http://www.1po.jp/6_mailmag.html





◎メルマガ「頑張るあなたが行き詰まったときの悩み克服法」〈了〉




【PR】■■ 笹氣健治の著作物紹介 ■■【PR】


●DVD

◎行動を起こしたい人のための自己点検セミナー収録
 『これであなたも「はじめの一歩」が踏み出せる!』
⇒ http://www.1po.jp/4_seminardvd.html

●著書

◎幸せに近づく コミュニケーションの処方箋【新刊】
⇒ http://www.1po.jp/3_books5.html



◎「やる気」のある自分に出会える本
⇒ http://www.1po.jp/3_books4.html



◎なぜあなたはその仕事を抱え込んでしまうのか?
⇒ http://www.1po.jp/3_books3.html



◎「仕事がイヤ!」を楽にするための本
⇒ http://www.1po.jp/3_books2.html



◎なぜあなたはその仕事を先送りしてしまうのか?
⇒ http://www.1po.jp/3_books1.html



◎頑張るあなたが行き詰まったときの悩み克服法
 のバックナンバーはこちら
⇒ http://blog.mag2.com/m/log/0000132152/


心の健康増進メールマガジン

発行周期: ほぼ 月刊 最新号:  2018/05/04 部数:  2,202部

ついでに読みたい

心の健康増進メールマガジン

発行周期:  ほぼ 月刊 最新号:  2018/05/04 部数:  2,202部

他のメルマガを読む